3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
MS&ADカップ2017 (日本女子代表 vs スイス女子代表 2017.10.22) の公式記録ほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




この試合の公式試合記録はこちら。
日本女子代表 vs スイス女子代表 2017.10.22


主審:ケーシー・ライベルト(オーストラリア)
副審1:イ・スルギ(韓国)
副審2:ヤン・ソニョン(韓国)
第4の審判:松下朝香(日本)


JFAのニュース
MS&ADカップ2017 なでしこジャパンvs.スイス女子代表 担当審判員がスタジアムにてトレーニングを実施
に審判団のコメントが掲載されているのですが、なんだこれ、と思うような文章です。これは記事の編集者が雑な仕事をしてますね。



ケーシー・ライベルト主審が提示したイエローカードを中心に確認しておきます。



前半開始直後。

日本代表のキックオフの際、キックオフのキッカーとなった日本代表9番(横山 久美選手)が、キックオフからドリブルするという珍しい反則プレーを披露してくれたようなのですが、テレビの映像ではリプレイさえ流れないという中継でしたので、本当のところはよくわかりません。



後半05分02秒付近。

日本代表6番(宇津木 瑠美選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー(反スポーツ的行為)。スイス代表19番(エセオサ・アイグボグン選手)の後方(股の間)から無理に足を伸ばしてボールをプレーしようとした際、エセオサ・アイグボグン選手の右足のふくらはぎを強くけってしまった形になったため、「無謀な」キッキングと判定されました。



後半30分56秒付近。

日本代表1番(GK、池田 咲紀子選手)がペナルティーエリア内でボールに触れることができずに、スイス代表9番(アナマリア・クルノゴルセビッチ選手)に接触したシーン。PKになっていてもおかしくないと思いますが・・・。

ちなみに、もしPK(ファウル認定)となっていた場合、昨年までなら、相手チームの大きなチャンスを妨害したという理由で「警告(反スポーツ的行為)」されることになりますが、今年度の改正で、主審がPKを与えた場合、警告はされないことになりました。


競技規則 2017/2018 第12条 ファウルと不正行為

反スポーツ的行為に対する警告
(中略)
◦ 相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにファウルを犯す。ただし、ボールをプレーしようと試みて反則を犯し、主審がペナルティーキックを与えた場合を除く。
(後略)


チャンス潰しの項目に例外規定が盛り込まれた形です。



決定機の場合は、ボールをプレーしようと試みて反則を犯した場合、2016年まで「退場」だったものが「警告」になっています。これと混同しないようにしなければなりません。




後半32分08秒付近。

日本代表8番(岩渕 真奈選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー(反スポーツ的行為)。ボールを前方にクリアし終えたスイス代表5番(ノエレ・マリッツ選手)にアフターで激しくタックルしたことが「無謀な」タックルと判定されました。岩渕選手的には、クリアされるボールに対してブロックしにいったつもりかもしれませんが、がっつりボールを蹴り終えた相手選手にタックルをかましているので、イエローカードは免れません。



後半45分32秒付近。

日本代表4番(熊谷 紗希選手)に出されたイエローカードは反スポーツ的行為。これ正当なチャージじゃん、という方がいらっしゃるかもしれませんが、ボールをプレーするため、つまりボールをプレイエリア内に収めるためのチャージではなく相手競技者(スイス代表6番 ジェラルディン・ロイテラー選手)の動きを止めるためだけのチャージだという判定です。

ドリブルでバイタルエリアさらにはペナルティーエリア内に侵入しようとしている相手競技者を戦術的に自分の身体を使って(当てて)押さえたため、「相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにファウルを犯す。」に抵触したという判定です。



といったことろが、カードが出たシーンと気になったシーン、という感じです。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
ボールインプレーおよび ボールアウトオブプレー ・・・ Play of the Week 2017 Week 32


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



競技規則 2017/2018 第9条 ボールインプレーおよび ボールアウトオブプレー

1. ボールアウトオブプレー
ボールは、次のときにアウトオブプレーとなる:
◦ グラウンド上または空中で、ボールがゴールラインまたはタッチラインを完全に越えた。
◦ 主審がプレーを停止した。

2. ボールインプレー
これ以外、ボールは、審判員、ゴールポスト、クロスバー、コーナーフラッグポストからはね返ってフィールド内にある場合も含めてつねにインプレーである。



および

競技規則 第10条 試合結果の決定

1. 得点
ゴールポストの間とクロスバーの下でボールの全体がゴールラインを越えたとき、ゴールにボールを入れたチームが反則を犯していなければ、1得点となる。
ボールが完全にゴールラインを越える前に主審がゴールの合図をした場合、プレーはドロップボールによって再開される。


goal_or_not_001.jpg




を踏まえた上で、下のGIF動画をご覧ください。



(問題)上の映像のシーンは・・・「得点」or「得点ではない」?
1)得点
2)得点ではない







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




一応、答えが見えてしまわないように、改行およびバナークリックのお願いを挟んでおきますので、ご協力をお願いいたします。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。





現場の審判団は、ゴール(得点)であるという確証が得られず、そのままプレーが継続します。しかし、次のアウトオブプレーのタイミングで、チェックを終えたVARから主審に通知があり、得点が認められました。



過去記事 「へぇ~、ペナの内か外かの判定の場合、いちいちレビューエリアに見に行かずVARからの伝達だけで済ませるんですねぇ ・・・ Play of the Week 2017 Week 25」 では、主審の判定ミスの場合、原則として主審がRRA(Referee Review Area)でOFR(On-Field Review)が行われるようだ、と書いたのですが、今回主審はRRAには行かない、という決定を行ったようです。



最終的な審判団の「得点」の決定は、場内のスクリーンに映し出されたリプレイ映像でスタジアム内にいたすべての人に受け入れられたようです。



ということで、正解は
1)得点
です。


比較的簡単だったのではないでしょうか。ということでやや難しい問題を過去記事「(問題)アウトオブプレーのボールは何個?」から紹介しておきます。



out_of_play_102.jpg
 ↑ クリックで更に拡大します。

アウトオブプレーの状態にあるボールの個数は?

1)1個  2)2個  3)3個  4)4個  5)5個






この過去記事 「(問題)アウトオブプレーのボールは何個?」 は、いろんな方が時々SNSなどでご紹介してくださっているようで、アンケートの回答数がこの記事をUPする前の時点で668となっています。(フォローアップの記事を書いた時には回答数は174だったのですが。)



まだ、回答を入力したことがない、という方はこちらも回答をどうぞ。ちなみに、正答率は24.1%(161/668)とかなり低いものとなっています。



なお、正解については、過去記事 「(問題)アウトオブプレーのボールは何個?」 をご覧ください。



最後に、米国プロ審判協会の元記事と、上のGIF動画の元になっている、元記事にも貼られている映像を紹介しておきます。

Play of the Week 32: Ball in and out of play







モルテン ボール専用圧力計 PGA10
molten(モルテン) (2011-08-24)




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですか?



☆ 関連記事 ☆

「へぇ~、ペナの内か外かの判定の場合、いちいちレビューエリアに見に行かずVARからの伝達だけで済ませるんですねぇ ・・・ Play of the Week 2017 Week 25」

「(問題)アウトオブプレーのボールは何個?」



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックしていただけましたよね?


  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2017/10/21) 副審 × 1.0 + 主審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、天候の悪いなか、3種(U15)カテゴリーの副審と主審を1本づつ担当。



まずは副審。こちらは三男の部活の帯同分。主審は別の学校の顧問の先生(3級)で、反対側の副審は、三男のチームメイトのお父さん(4級)。



ぬかるんだグランドで足を滑らせてしまわないように、止まるときにはステップを細かく踏んでとまることを意識しながら担当。特に大きな問題はなかった。



場所を移動して、今度は主審を担当。こちらは長男&次男の母校の顧問の先生から依頼されたもの。副審は、顧問の先生と副顧問の先生でお二人とも4級。



その学校の試合の直後の試合の担当だったこともあり、あまり打ち合わせに時間がとれなかった。



こちらの会場は、雨でほぼ全面がかなりぬかるんだ状態になっていて、さすがに人工皮革のシューズの中までぐっしょり濡れてしまった。



滑りやすい状態だったので、自分で転んだのか相手競技者に転ばされたのか、といった見極めに苦労した。



本人的には身体を止めるつもりだったのだろうけれど、ぬかるんだグランドの影響で身体がとまらず、ボールを蹴り終えた直後の相手競技者のところに突進して思いっきり蹴られている選手が少なからずいた。



ボールを蹴り終えた後に身体を当てられた選手が痛がっていたのであれば、アフターチャージを取るのだけれど、突進されたほうはほとんど影響がなく、むしろ突進して蹴られた選手のほうが痛がっているケースがほとんどだったので、そのままプレーを続けさせた。(一応、次のアウトオブプレーのタイミングなどで、その選手がプレーを継続できる状態に戻っているかどうかの確認は怠らないようにしていたつもり。)



普段なら、プレースキックの時にグランドをスパイクで掘る行為を厳しく取り締まる(反スポーツ的行為)のだけれど、今日はグランドコンディションが非常に悪い状態だったので、ちょっと許容範囲を広めにして対応。(もちろん、タイミングを見計らって「(平らに)均すのはいいけど、深く掘るのはダメだよ~」というような「注意」は実施。)



今日のグランドの状態に限っては、時間を使ってまで厳しく注意するのが最善だとは思わなかったし、プレースキック(特にゴールキック)のミスからの得点ってちっとも面白くない、という考えなので。(「そこ」に何かしらの「駆け引き」があって、その結果相手選手のミスを引き出した、というのであれば、話は違ってくるのですが。)



そうそう、ゴールが直接狙えそうな位置からのフリーキックの壁の操作中に、ある選手に「君の位置が基準ね。ボールが蹴られる前に、前方に移動すると警告の対象になるからね・」と伝えた瞬間、言われたことをしっかり守んなきゃ、と思ったのか、自分が立っている位置の前に足で「線」を描いた。



瞬間的に、「フィールドへのマーキング!」

競技規則 2017/2018 第1条 競技のフィールド

2. フィールドのマーキング
(中略)
競技者がフィールドに許可されていないマークをつけた場合、反スポーツ的行為で警告 されなければならない。試合中に審判がそれを見つけたならば、次にボールがアウトオ ブプレーになったとき、反則した競技者を警告しなければならない。


とは思ったものの、この選手は主審に言われたことをきちんと守ろう、つまりフェアプレーの精神を貫こうとしただけであって、何か悪意をもってフィールドにマーキングしたわけではない、と判断し、

「選手がフィールドにラインを描くと反スポーツ的行為で警告されることになるから、フィールドにラインは描かないでね。」

と軽く注意しながら、描かれたラインを私のほうで足で均して消すという対応をとった。このシーンは杓子定規に競技規則を当てはめるべきではない、という判断。



といったところが、本日の主な内容。



  ← ぬかるんだグランドに結構足を取られて、最後のほうはさすがにふくらはぎはヒクついていましたが、サポーターのおかげで完全に攣ってしまうことはありませんでした。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

EPSONの6色インクタイプのプリンターあれこれ。



週末なので、サッカーとは関係のないお話を。

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にありますので、審判系のお話はそちらでどうぞ。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← こちら。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ ← 4種のサッカーのお話はこちらにたくさんあります。



我が家のプリンターは、3年前に購入したEPSONの 6色インクのエントリーモデルであるEP-706A (過去記事 「EPSON EP-706A というプリンター」参照)です。



2013年9月に発売されたモデルを2014年の12月に購入しました。いわゆる1年落ちの旧モデル品を安く購入しました。



今年度のモデルは EP-710A

 



ただ、スペック的には前年度モデルの EP-709A とほとんど変わっていないようです。



ちなみに、amazonでは現在、スペックがほとんど変わらない前年度モデルが安く売られています。

 



来年の年賀状が発売されて、プリンターの買い替え需要が増えると、この旧モデル品の価格が上昇するかもしれませんので、プリンターの買い替えを検討されている方は、お早めにどうぞ。



ちなみに、6色インクのハイスペックモデルの最新版はEP-880AW/AB/AR/AN

 




前年度モデルはEP-879AW

 

こちらも、最新モデルのEP-880AW/AB/AR/AN とは液晶モニターのサイズが小さい程度の差しかないようです。



プリンターの買い替えを検討されている方の参考になれば、ということで。




☆ 関連記事 ☆
「EPSON EP-706A というプリンター」



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

乱暴な行為のサンプル(その10)(2017 J1 第29節 清水 vs 磐田)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2017明治安田生命J1リーグ 第29節 退場に伴う松原 后選手(清水)の出場停止処分について

【処分理由】
2017年10月14日(土)2017明治安田生命J1リーグ 第29節(清水エスパルス vs ジュビロ磐田)の試合において松原 后選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の相手選手の胸に肘を乱暴に打ちつけた行為は、「乱暴な行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする。




アウトオブプレーになったボールに気を取られ過ぎると、こういう行為を見逃してしまう可能性があります。試合の温度、雰囲気というか気配を感じながらレフェリングしましょう!



競技規則 2017/2018 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則
(中略)
◦ 乱暴な行為を犯す。
(中略)

乱暴な行為
乱暴な行為とは、身体的接触のあるなしにかかわらず、競技者がボールに挑んでいないときに相手競技者に対して、あるいは、味方競技者、チーム役員、審判員、観客またはその他の者に対して過剰な力を用いたり粗暴な行為を行う、または、行おうとすることである。

加えて、競技者がボールに挑んでいないとき、意図的に相手競技者やその他の者に対して頭や顔を手や腕で打つ場合、その力が微小なものでない限り、乱暴な行為を犯したことになる。




この試合の公式試合データはこちら。
2017 J1 第29節 清水 vs 磐田



上記GIF動画の元になっているジュビロ磐田公式チャンネルの公式アカウントがUPしている映像はこちら。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

乱暴な行為のサンプル(その9)(2017 J1 第29節 甲府 vs FC東京)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




2017明治安田生命J1リーグ 第29節 退場に伴うピーター ウタカ選手(FC東京)の出場停止処分について

【処分理由】
2017年10月15日(日)2017明治安田生命J1リーグ 第29節(ヴァンフォーレ甲府 vs FC東京)の試合においてピーター ウタカ選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の相手選手の顔に肘を乱暴に打ちつけた行為は、「乱暴な行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。







競技規則 2017/2018 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則
(中略)
◦ 乱暴な行為を犯す。
(中略)

乱暴な行為
乱暴な行為とは、身体的接触のあるなしにかかわらず、競技者がボールに挑んでいないときに相手競技者に対して、あるいは、味方競技者、チーム役員、審判員、観客またはその他の者に対して過剰な力を用いたり粗暴な行為を行う、または、行おうとすることである。

加えて、競技者がボールに挑んでいないとき、意図的に相手競技者やその他の者に対して頭や顔を手や腕で打つ場合、その力が微小なものでない限り、乱暴な行為を犯したことになる。




この試合の公式試合データはこちら。
2017 J1 第29節 甲府 vs FC東京











にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ゴール前のハンドリング


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



ゴールに向かっているボールを守備側競技者が手で扱うと、決定機(得点)の阻止となり、退場が命じられます。攻撃側競技者がボールを手で扱って得点を試みようとすると、反スポーツ的行為で警告されます。



競技規則を確認しておきます。

競技規則 2017/2018 第12条 ファウルと不正行為

反スポーツ的行為に対する警告
(中略)
◦ (その試みが成功しようとしまいと)ボールを手または腕で扱って得点をしようと試みる、あるいは、得点を阻止しようと試みて失敗する。
(後略)

得点、または、決定的な得点の機会の阻止
競技者が、意図的にボールを手や腕で扱う反則により、相手チームの得点、または、決定的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所にかかわらず、その競技者は退場を命じられる。
(後略)




これらを踏まえた上で、下の映像をお楽しみください。そして、現場で同じようなシーンに遭遇したら、きちんと適切な懲戒処置ができるようにイメージトレーニングをしておいてください。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆