3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
6月14日付け記事のフォローアップ


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




6月14日付け記事、
「(問題)ノーファウル or イエローカード or レッドカード。(あなたの判断は?)」
において、ブログパーツのアンケート機能を使って問題を出題いたしました。



本日までに、204名の方に回答の入力をいただきました。回答の入力にご協力くださった皆様、ご協力ありがとうございました。



それでは、アンケートの集計結果の報告です。



相手競技者がボールに寄せてきている状況で、スパイクの裏を向けた状態で突進し、ボールに触れた後、回避行動を取らずにそのままスパイクの裏を相手競技者に強く当てたというプレーに対し、



1)ボールに先に触れているのでノーファウル      ・・・ 19名
2)無謀な方法でタックルしているのでイエローカード  ・・・ 76名
3)著しく不正なプレーなので一発レッド          ・・・ 109名 ←正解!

という結果でした。



きちんと、レッドカードを選択できた方が109名もいらっしゃいました。ノーファウルだと思われた方は、少しファウルの考え方を変えていただく必要があるように思います。



もし過去に、「相手より先にボールに触れることができれば、どんなプレーをしても良い。」というような内容をどなたかから教わっていたのでしたら、それは間違いですので、今後は常に相手競技者の安全に配慮しながらプレーしていただくようお願いいたします。



☆ 関連記事 ☆

「(問題)ノーファウル or イエローカード or レッドカード。(あなたの判断は?)」



  ← 洗濯機で洗えるすね当てです!



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
著しく不正なプレーのサンプル ・・・ Play of the Week 2017 Week 13


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



先週紹介した、2つのGIF動画





の元になっている映像が紹介されている米国プロ審判協会の記事の紹介です。(今日の記事には先週の記事と重複している部分がありますので、ご了承ください。)



元記事はこちら。
Play of the Week 13: Serious Foul Play


上のGIF動画の元になっている映像はこちら。





上のGIF動画を紹介した過去記事
「ノーファウル or イエローカード or レッドカード。(あなたの判断は?)」
で書いた通り、タックルしたグレーのユニフォームの競技者は、本来レッドカードで退場となるべき反則を犯していました。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則
(中略)

著しく不正なプレー

相手競技者の安全を脅かすタックルまたは挑むこと、また過剰な力や粗暴な行為を加えた場合、著しく不正なプレーを犯したことで罰せられなければならない。 いかなる競技者もボールに挑むときに、過剰な力や相手競技者の安全を脅かす方法で、相手競技者に対し片足もしくは両足を使って前、横、あるいは後ろから突進した場合、著しく不正なプレーを犯したことになる。




いつもこのブログで書いているのですが、スパイクの裏を向けて相手競技者に突進した時点でイエロー確定。回避行動をとらずにそのまま接触してしまった時点でレッドカードの対象となります。ボールに先に触れたかどうかは関係ありません。



上の映像のケースも、ボールに触れたあと、前からアプローチしている相手競技者に配慮して回避行動(=スパイクの裏が当たらないように足を引くような動作)をしていれば、イエローカード止まりとなる可能性はありますが、まったく相手競技者の安全を考えずにボールに挑んでいるので、アウトです。



ちなみに、実際にはこのときの主審は「イエローカード」を提示してしまっています。米国プロ審判協会は、本来レッドカードが提示されなければならないシーンで、イエローカードになってしまった理由について、ポジショニングが悪い(プレーに対して近すぎた)という分析をしています。



元記事では、もう一つサンプル映像を紹介しています。



こちらの映像では主審は正しくレッドカードを提示しています。



米国プロ審判協会は、このときの主審は適切な距離から見ることができているので、両者のボールへのアプローチの方法や接触の強さを正しく見極め、結果としてきちんとレッドカードを提示できた、としています。



また、元記事では、きちんと「当該の選手が立ち上がるのを待ってから」レッドカードが提示されていることにも言及しています。



さて、先の記事のアンケートの集計結果については、明日更新予定の記事で報告します。



☆ 関連記事 ☆

「ノーファウル or イエローカード or レッドカード。(あなたの判断は?)」


 



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判のトレーニング(その30)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




所属する地区の1&2級の審判員の方々が自主的に行っている合同トレーニングに、今回も参加させてもらった。3級の私は自宅に近い会場で行われる場合のみ参加させてもらっている。



フィジカルトレーニングはOさん。



各自で各自の状態に合わせてウォーミングアップ。(約15分間)



最初はラダー&ミニハードルを使った、アジリティー強化メニュー。



続いて、3人組でのトレーニング。



1人はライン上をサイドステップで左右に移動。もう1人が直交する別のライン上を前後に移動。最後の1人(主審役)は自分と先の2人とラインの交点で長方形になる位置に位置取りする。(主審役には広い視野が要求される。)



youtube 上に、審判団が試合前にウォーミングアップのメニューとして実施している映像がありましたので、載せておきます。





フィジカルトレーニングの最後は、体幹トレーニング。



給水休憩後は、プラクティカルトレーニング。



最初のメニューのトレーニングリーダーはKさんで、メニューはペナルティーキック関連。



試合中にペナルティーキックを宣告したあとの、セレモニーの手順の確認。更に、実際にペナルティーキックを行い、キッカー、ゴールキーパー、守備側競技者、攻撃側競技者が単独もしくは複数で違反をした場合の、再開方法と再開場所の確認。必要があれば、懲戒罰も提示しながらロールプレイング。



続いては、Uさんがトレーニングリーダーで、副審系のトレーニング。



連続する判定への対応。



まずは、タッチライン側でオフェンスとディフェンスが最後にどちらが触れたか微妙なボールを瞬時に判断してシグナルし、すぐにオフサイドラインにつき直して、今度はゴールライン側でオフェンスとディフェンスが最後にどちらが触れたか微妙なボールを瞬時に判断してシグナル。このとき、オフサイドの判定も。



最後に、参加者全員でゲームを楽しんで、本日のトレーニングは終了。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

サッカー競技規則2017/18 の日本語版PDFファイルがUPされました


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




(公財)日本サッカー協会(JFA)のサイトに、2017/2018年度版の競技規則の日本語版PDFファイルがUPされました。

PDFファイルへの直リンクはこちら。
サッカー競技規則2017/18



また、今回の改正のポイントをまとめた映像が、youtube 上に 「2017/18 サッカー競技規則の改正について」 という形でUPされています。





下のサイトのページもご確認ください。

2017/2018年競技規則の改正および国際サッカー評議会による重要な決定について (JFA ニュース)

2017/2018年競技規則の改正について (Jリーグ プレスリリース)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

adidasの3ストライプ ゲームソックスの仕様が変更になっていました


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



adidas のストッキングのお話。



amazon の商品の説明 によると、

ソックスの身幅を狭くし、レッグ部分のフィット性を向上。
アンクルからフット全体をサポートする幅広アーチサポートにアップデート。
従来の部分的なアーチサポートと比較し、サポート性とフィット性を向上させた。
L字型のワイドヒールにアップデート。
踵周りのフィット性を向上。


となっています。



う~ん、つま先部分の強度はUPしていないのかぁ・・・。残念。



ほんと、adidas のストッキングってすぐつま先の部分に穴が空くんだよなぁ・・・。asics や DIADORA の黒のストッキングなんてもう何年履いているかわからないくらいなのだけれど、いまだにつま先に穴が空く気配は見えません。



メインで使っているレフェリーウェアがadidasなので、仕方なく adidas のストッキングを買って履いている状態です。
(T_T)



たまにノーブランドの無地のストッキングを合わせることもありますが・・・。



これまでadidas のサッカー用のストッキング(ゲームソックス)を履いたことがある方に伺います。

adidas のストッキングは他のメーカーのストッキングに比べて
1)つま先に穴が空きやすい、と思う。
2)つま先部分の強度はあまり変わらない、と思う。
3)つま先の強度が優れている(穴が空きにくい)、と思う。





私のようにつま先部分の強度に疑問を感じながら利用されている方に朗報です。

下のリンク先のamazon 直の取り扱いのストッキングを購入した場合、クーポンコード入力で15%OFF、更に注文確定時にレジで10%OFFの割引になるようです。(ただし、どちらも期間限定の割引のようです。)



なお、Amazon.co.jpが発送する対象商品を¥ 707分追加しないと通常配送無料にはならないので少し注意が必要ですが。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2017/06/18) 主審 × 2.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、午前中に1本、午後1本の合計2本の主審を担当。



午前中は1種社会人の60分ゲーム(30-5-30)。市区町村のリーグ。知り合いのクラブチームの監督さんから依頼されて、そのチームの帯同分の主審。副審はいつも協会派遣でご一緒させていただくOさんとSさん(どちらも3級)。よく知っている方々なので、非常にやりやすい。試合前の打ち合わせもスムーズにできたし。



両チームの選手と積極的にコミュニケーションを取りながら、試合の温度が上がりすぎないようにしたつもり。



ということで、イエローカードを提示することもなく、無事に試合を終了。



いったん自宅に戻って、軽い食事をとって、今度は午前中とはまったく逆方向の会場へ移動。



今度は3種(U-15)カテゴリーの50分ゲーム(25-5-25)の試合。長男&二男が卒業した学校の部活の顧問の先生からの依頼。副審は別の学校の保護者の方々。天然芝のグランド。



副審さんたちが少し早めに本部のところに来てくださったので、試合前に少し打ち合わせをすることができた。



ただ、初めてペアを組む方で、副審としてどの程度のスキルをお持ちなのか未知数だったため、2つの項目を中心にお願いすることにした。


1つめがオフサイド関連。
オフサイド・ラインキープを励行していただくこと、2つの例外的なシーン(※)を除いて原則としてオフサイドポジションにいた競技者がボールに触れるまでフラグアップを保留してもらうことを確認。

※オフサイドポジションにいた競技者が飛び出してきた相手GKと交錯する恐れがある場合、長い縦パスでオフサイドポジションにいた選手以外の攻撃側競技者がボールに触れられる可能性が消滅した場合



2つめがきわどいゴールの見極め。
シュートされたボールがクロスバーに当たった後、ゴール内でインバウンドしてフィールドに戻ってきたような場合に備えて、すべてのシュートに対して遅れても構わないのできちんとゴールラインまで走ってもらうことを依頼。



そのためにもゴール枠に向かって飛んでいくシュートだけでなく、ボールがゴールラインを越えた場合すべてのシーンできちんとゴールラインまで走って行ってもらうようにお願いしたのだけれど、あまり習慣づいていらっしゃらないようでした。



ハーフタイム中なども繰り返しお願いしたこともあって、試合の終わりころにはきちんとゴールラインまで走っていってシグナルしてくださるようになりました。
\(^o^)/



試合は、クロスバーやゴールポストにボールが当たるシーンはありましたが、私が心配した、ゴール内でインバウンドしたorしない、というような際どいケースはありませんでした。(ヨカッタ、ヨカッタ)



2試合目もイエローカードの提示はなし。



といったところが本日の主な内容。







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

(問題)オフサイド? or オンサイド? 【CLIP16】

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




このところほぼ週1回のペースでフラッシュラグ錯視の補正のトレーニングの記事をUPしていますが、前回の 
(問題)オフサイド? or オンサイド? 【CLIP15】
記事に、アンケートのブログパーツを貼り忘れていたことに今、気がつきました。ということで、先ほどアンケートのブログパーツを追加して記事を更新しておきました。
m(_ _)m


それでは、本日もフラッシュラグ錯視の補正のトレーニングをどうぞ。



(過去記事 「米国プロ審判協会版のオフサイド判定テスト」 で紹介した、米国プロ審判協会が作成したオフサイドの判定テストの映像の紹介です。)



ファイルサイズの関係で映像が少し小さいので、よ~く目を凝らしてご覧ください。
赤い服の選手がオフェンス役、黄色い服の選手がディフェンス役です。



(クリックでGIF動画がスタートします。動画は2回だけ繰り返します。)





あなたの判断は?(どなたでもご参加いただけます。)

1)間違いなくオフサイドであると判断しフラグアップ。
2)オフサイドのような気がするのでフラグアップ。
3)オフサイドではないような気がするので何もしない。
4)間違いなくオンサイド。何もしない。



回答の入力にご協力ください。







正解の前に、本日もバナークリックのご協力のお願いです。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですか?




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 下の正解をご覧になる前に必ずバナークリックをお願いいたします。





それでは、正解です。



正解は「オンサイド」です。オフサイドを選んでしまった方が多くなりそうな気配を感じますが、皆さんきちんと判定できましたか?



(クリックで解説映像が2回流れます。)



一応元の動画の問題側の映像をGIF化してオフサイド判定の瞬間の映像にウェイトをかけたものをUPしておきます。



オフサイドラインは、守備側競技者のもっともゴールライン側、つまり「守備側競技者のかかとの位置」です。



このようなケースでも、副審は瞬時にオン・オフの判定をしています。副審のオフサイドの判定ミスを擁護するつもりはありませんが、この映像をご覧になり、副審を務めている審判員の皆さんの苦労を少しでもお分かりいただければ、と思います。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力をぜひ。
  





☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆