FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
練習内容(2019/08/24) U8


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日の1&2年生の練習は、体育館。



Bコーチと一緒に1&2年生を担当。最初は、体育館全体を使って鬼ごっこ。2年生(7名)vs1年生(11)名での対戦。1分間逃げ切り方式。攻守を入れ替えて3回戦実施したものの、残念ながら両チームとも1分間逃げ切ることができる選手は現れなかった。



ということで、短い給水休憩後、鬼を2人組の手つなぎで実施。この方式だと1分間逃げ切ることが出来る選手が数名。続いて、ボールをドリブルしながら鬼から逃げる方式も実施。鬼にボールを触れられたらアウト。これも1分間逃げ切ることができる選手はいなかったため、やはり鬼を2人組にしたところ、鬼から逃げ切れる選手が現れた。



続いて、マーカーで10ヤード四方のグリッドを作り、その中でボールを指定された方法でコントロールするメニュー。笛1回は、ボールコントローの方法の変更、笛が2回以上の場合は笛の数と同じ人数の組を作ってしゃがむ。人数の組がつくれなかった選手は罰ゲーム。



途中、長い笛でBコーチと私が乱入してボールを蹴り出す。(蹴り出されても、選手はボールを拾ってきて戻る。というのも、その後笛が複数回鳴らされて、人数の組を作るので。)



給水休憩後、ボールを使った運動神経刺激系メニューを少々。その後、体育館の縦の長さを使った、ドリブル系のメニューを実施してからミニゲーム。ミニゲームは1年生、2年生に分かれて実施。私は2年生を担当。ミニゲームは15分ハーフを2本。



練習終了、3時45分。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト



練習内容(2019/08/25) U8


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ


本日は、他の団体がグランドを使用するため、団の練習は体育館で行われました。4年生は招待試合に参加のため、不在。



1時から学年別メニュー。私は2年生を担当。本日の2年生の参加者は、6名。



最初は、ボールを使った運動神経刺激系メニュー。片足で立って、手で持ったボールを上げている足の周り(太ももあたり)を一周させたあと、軸足側の太ももあたりを1周で1セット。これを10セット連続でできるかチャレンジ。軸足を変えた形でもチャレンジしたものの、2年生で10セット連続は難しかった様子。



しばらくボールを使った運動神経刺激系のチャレンジメニューを実施したあと、2人組で、マーカーの上に置いたボールにボールを当てるメニュー。2人がクリアできたペアの勝利。最初は、手で転がすパターン。そのあとは、インサイドキック。これらを数回戦づつ実施。(約30分)



次は、監督と私がパス交換しているボールを、横方向からインサイドキックで狙って当てるメニュー。動いている物体の進路を予測してパスを出す練習。パス交換しているボールにボールを当てることができると1ポイント。3組(6か所)のキックポイントを作り、ポイントが入ったら、場所を反時計周りでローテーション。



10ターン実施し、ポイントが最も高かった選手が優勝。優勝者以外は罰ゲーム。これを3回戦ほど実施。(約30分)



そのあとは、Tic Tac Toeを実施。


2年生で、初めて実施する内容なので、ルールを丁寧に説明てから実施。



頭の中での攻守の切り替えやコーチングのトレーニングになるのだけれど、あまりそのあたりのことには詳しく触れず、とにかくゲームを楽しむことを優先。(約30分)



給水休憩後は、中央のコーンに向かって2人同時に反対側からドリブルでスタートし、同じタイミングで同じフェイント動作を実施して、反対側に抜けていくメニューをいろんなパターンで実施。(約30分)



最後に、ミニゲーム(約20分)を実施して、本日の2年生の練習終了。(練習終了、3時45分。)



サッカー大好きな子どもが勉強も好きになる本
藤代圭一
ジービー (2018-12-18)
売り上げランキング: 21,399






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #23-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #23-2】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




呉屋選手(長崎)の転倒はPK?それとも自分の足に引っかかっただけ?【Jリーグジャッジリプレイ2019 #23-1】



明治安田生命J2リーグ第28節 長崎vs柏、呉屋選手(長崎)がペナルティエリア内で転倒したシーンを取り上げます。一見、呉屋選手が自分で足をもつれさせ転倒したように見えるこのプレーに、主審はペナルティーキックを宣告。この判定は正しかったのか、原 博実、上川 徹、平畠 啓史がそれぞれの視点から徹底討論します。



長崎の呉屋選手が転倒したシーン。後ろ足に接触されて、足が内側(軸足側)に入って転倒するというケースはそれなりに見かけます。ボールに関係のないところであれば、接触は偶発的なものとしてノーファウルで済ませられるのですが、ボールをキープしているorまさにボールに触れようとしている選手がそのような接触を受けて倒れてしまったのであれば、ファウル認定して問題ないと思います。



ただ、そのためには正しいポジションからプレーを見極める必要があるのですが、ペナルティーエリアに近い(バイタルエリアと呼ばれるような)場所でプレーが行われている場合には、迂闊に争点には寄ることができない(選手と接触してしまう可能性が非常に高くなる)ので、なかなか難しいところではあります。(見る角度によっては正しい判定ができないので。)



鈴木 武蔵選手(札幌)の転倒はDOGSOでは?最初に提示されたイエローカードはどうなる?【Jリーグジャッジリプレイ2019 #23-2】



明治安田生命J1リーグ第23節 札幌vs清水、ジェイ選手(札幌)のワンタッチパスでDFラインの裏に抜け出した鈴木 武蔵選手(札幌)がペナルティエリア内で転倒したシーンを取り上げます。様々な疑問が上がったこのシーン、ピッチで何が起こっていたか徹底分析します。原 博実セレクションではオフサイド関連のナイスジャッジを取り上げます。

ま、VARが導入されていれば、間違いなく正しい判定および懲戒罰が示されていたものと思われます。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

Inside Video Review: MLS Week 20 (2019)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






上の映像の元記事は、こちら。
WATCH // Inside Video Review: MLS Week 20



最初の映像は、オフサイドのフラグアップが保留されて、ボールがゴールに入ってからフラグアップされたパターン。VARがチェックをしてオンサイドであることが判明。フラグアップがキャンセルされて、得点が認められました。



2つめの映像は、得点になる直前の長いパスの際にオフサイドだったのかどうか。VARがチェックしたところ、実際にはオンサイドである以前に、オフサイドポジションにいた可能性を疑われた攻撃側選手はボールには触れておらず、ボールに向かう相手競技者を妨害してもいませんでした。(まったくオフサイドではなかった。)



3つめの映像。ゴールキーパーの前でボールのコースを変えた選手がオフサイドポジションにいたのかどうか。フラッシュラグでオフサイドっぽく見えますがが、実はオンサイドでした。



4つめの映像はちょっとややこしくて、白の30番がレイトタックル(ラフプレーでイエローカード)の反則を犯したものの、アドバンテージが適用されてプレーが流されたあと、白の22番がペナ前でチャンス潰し(イエローカード、この試合累積2枚目)の反則を犯しプレーが停止。プレーが止まることになった22番の反則はDOGSO(決定機阻止)に該当する可能性もありましたが、米国プロ審判協会は、主審のSPA(Stopping a Promising Attack、チャンス潰し)という判断を支持しています。



(3&4番目の映像のVARはメキシコ出身のレフェリーでしょうかね。スペイン語訛りの英語ですね。)



独立した別記事
The Definitive Angle: MLS Week 20
では、上の映像の1つめのプレーに対する解説だけが存在しています。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

Inside Video Review: MLS Week 19 (2019)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ





上記映像がUPされている元記事は、こちら。
WATCH // Inside Video Review: MLS Week 19



1つめの映像。主審の判定はイエローカード。しかしVARはレッドカード相当であるとビデオレビューを推奨。ビデオレビューを確認したものの主審は当初のイエローカードの判定を固持。米国プロ審判協会は、主審はレッドカードに変更すべきだった、という見解。



2つめの映像。ゴールの前に「ボールがゴールラインを越えてアウトオブプレー」になったにもかかわらず、プレーが継続され(APP(Attacking Possession Phase)が継続し)、ボールがゴールに入ったケース。「得点or得点ではない」にかかわるケースなので、VARの案件です。ゴールラインの真横からの映像は存在していないものの、存在するすべての映像をチェックし、「ゴールラインを越えたのは明らかである」という結論から、ゴールは取り消されました。



3つめの映像。副審はオフサイドが微妙だと感じたものの、フラグアップを保留。ボールがゴールに入ってから、フラグアップ。VARがチェックし、オフサイドではなかったという確認が行われたケース。VARが導入されれば、このようにオフサイドのフラッグアップが保留されるケースがかなり増えますね。



4つめ以降は、
The Definitive Angle: MLS Week 19
には、解説がありません。



最初は、コーナーキック時の押さえ合いのお話で、最後はコーナーキックで再開されるべきシーンでスローインで再開されてしまって得点となったものの、再開方法についてはVARの範疇ではないため、ビデオレビューには至りませんでした。



最初の3つの映像については、独立した別記事
The Definitive Angle: MLS Week 19
でも解説がありますので、そちらもどうぞ。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

Inside Video Review: MLS Week 18 (2019)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







WATCH // Inside Video Review: MLS Week 18


1つめの映像。ちょっと注意が必要です。というのも、2019/2020年度の改正で、

競技規則 2019/2020 第12条 ファウルと不正行為

ボールを手または腕で扱う
(中略)
これらの反則を除き、次のようにボールが競技者の手や腕に触れた場合は、通常は反則ではない:
(中略)
◦ 競技者が倒れ、体を支えるための手や腕が体と地面の間にある。ただし、体から横または縦方向に伸ばされていない。
(後略)


という新しい基準が明記されています。



しかしながら、1つめの映像は、手が伸ばされているので、アウト(反則)という見解です。



反則がなければ、間違いなくGKと1対1になっていたはずなので、DOGSO(決定機阻止)になります。ハンドリングはボールをプレーしようと試みた反則には含まれないので、PK+レッドカードとなります。



2つめの映像について。主審と副審は当初、チャンス潰しのイエローカードと判定していましたが、VARの進言によるVideo Reviewをした結果、決定機阻止でレッドカードとなりました。



3つめの映像。ボールにチャンレンジをしたゴールキーパーの手を踏んだ攻撃側選手が倒れたシーン。主審の判定は、ノーファウルの判定だったが、VARはDOGSOでPKを進言。しかし、Video Reviewを見ても主審は最初の判断を変更しませんでした。米国プロ審判協会も、接触は軽微なものであり、ノーファウルの判定は明らかな誤りだとは言えない、という見解です。



4つめの映像。主審の判定は、5番の選手のファウル(懲戒罰なし)で10番の選手の接触は偶発的なものである、というものでした。しかし、VARは10番の選手が相手選手の顔に故意に足をおろしたという判断。米国プロ審判協会の見解は、過剰な力で踏みつけ、相手競技者の安全を危険に晒した、という判断。(レッドカード)



上記4つのシーンについては、独立した別記事
The Definitive Angle: MLS Week 18
においても解説がありますので、ぜひご覧ください。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2019/08/18) 2019年度夏合宿二日目


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、夏合宿2日目。



実は、昨日が初日だったのだけれど、私は仕事の都合で初日の練習には参加できず、夜の宿舎でのミーティング(ルール勉強会)からの参加。



ちなみに、ルールの勉強会でのオフサイドの部分の説明は、例年通りタブレットの映像をTVに映すパターン。



テレビに映像を出したときの写真がこちら。

mhl_001.jpg

接続はこんな感じ。

mhl_002.jpg

ま、この写真は、3年ほど前の合宿の時のものですが。



今年はIPhone に映像を入れて、




このような変換器でスマートに接続しようと思っていたのですが・・・。



で、本日は、午前中はグランドで行われた3年生の練習試合の、選手のほうの担当ではなく、審判を務めてくれたお父さんたちのほうの指導を担当。



午後は、グランドで行われた5年生の練習試合をチェック。(ま、正直なところ単純に観戦していただけ。笑)



全ての練習試合が終了したあと、急遽5年生vs4年生の練習試合を20分1本の形で実施することになったので、その試合の審判を担当。



合宿にご協力くださった保護者の皆様、ご協力ありがとうございました&お疲れさまでした。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆