3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
主審によるオフサイドを示すフラグアップのキャンセル ・・・ Play of the Week 2017 Week 2


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




誰に向けたお話で話をすすめましょうか。



選手に向けた形で話を進めます。



オフサイドの反則が成立するには、味方競技者がパスしたまたは触れたボールをオフサイドポジションにいた攻撃側競技者が受け取ると、オフサイドの反則が成立します。



オフサイドポジションにいること自体は反則ではありません。ですので、オフサイドポジションにいて相手競技者がプレーしたボールを直接受け取った場合は、当然オフサイドの反則にはなりません。



争点(ボール)を適正な場所で監視している主審には、どちらの選手がどのように触れたボールなのかは明白であっても、オフサイドラインキープしている副審の位置からは、誰がどのように触れたボールなのかが判断できないケースがあります。(特にボールがレフェリーサイドにある場合)



審判団は試合前に、「オフサイドポジションにいた攻撃側競技者が受け取ったボールの出所が副審の位置から確認できなかった場合、念のためフラグアップする。」というような打ち合わせをしておくことが多いです。



そして、主審が守備側競技者によって意図的にプレーされたボールをオフサイドポジションにいた攻撃側競技者が受け取ったと判断した場合、主審が副審のフラグアップをキャンセルする、という形になります。



ですので、副審がオフサイドのフラグアップをしても、主審がキャンセルする可能性がじゅうぶんあるので、副審がフラグアップをしてもすぐにプレーを止めず、主審の笛がなってからプレーを止めましょう。>選手(特にディフェンダー系)の皆様へ。



というような映像です。では映像をどうぞ。






米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 2: Offside – Referees’ responsibility




ノーズマスクピットR 14個入
バイオインターナショナル (2011-12-13)
売り上げランキング: 1,095





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
(問題)オフサイド? or オンサイド? 【CLIP05】

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ





本日も、過去記事 「米国プロ審判協会版のオフサイド判定テスト」 で紹介した、米国プロ審判協会が作成したオフサイドの判定テストの映像の紹介です。



ファイルサイズの関係で映像が少し小さいので、よ~く目を凝らしてご覧ください。
赤い服の選手がオフェンス役、黄色い服の選手がディフェンス役です



(クリックでGIF動画がスタートします。動画は2回だけ繰り返します。)



これまでCLIP01からCLIP04まで4問紹介しましたが、正解率が低いです。



まず、目が錯覚しているということを認識する必要があります。(フラッシュラグ錯視、フラッシュラグ効果)。ですので、フラッシュラグの補正をしなければなりません。CLIP01~04の映像でどの程度の補正が必要なのか、ということをご確認ください。



そして更に、過去記事を1つ紹介しておきます。

「「if doubt no flag」 という言葉。」

このリンク先の記事をご確認ください。



フラッシュラグ錯視の補正と、「if doubt no flag.」。



この2点を踏まえた上で、あなたの判断は?(どなたでもご参加いただけます。)

1)間違いなくオフサイドであると判断しフラグアップ。
2)オフサイドのような気がするのでフラグアップ。
3)オフサイドではないような気がするので何もしない。
4)間違いなくオンサイド。何もしない。



回答の入力にご協力ください。







正解の前に、本日もバナークリックのご協力のお願いです。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですか?




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 下の正解をご覧になる前に必ずバナークリックをお願いいたします。





それでは、正解です。



正解は「オンサイド」です。



(クリックで解説映像が2回流れます。)



かなり「オンサイド」を選択するように誘導したつもりですが、皆さん正解を選びましたか?



まだオフサイドに見えてしまうという方は、「目は錯覚を起こしている。補正が必要なんだ。」 ということを意識して映像をご覧になり、実際の現場でもフラッシュラグ錯視を補正した上でオフサイドの判定を行ってください。

(実際の現場では、DFがFWと同じ方向に動いているケースも多いので、フラッシュラグ錯視の補正が必要なケースはそれほど多くはありませんが、まったく無い訳ではありません。)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 記事の作成にかなり手間がかかっているのでクリックのご協力をぜひ。
  


ダヴ ボディウォッシュ プレミアム モイスチャーケア つめかえ用 360g×4個セット
ユニリーバ・ジャパン (2016-10-05)
売り上げランキング: 68
 




☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

(問題)オフサイド? or オンサイド? 【CLIP04】

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ





再び、過去記事 「米国プロ審判協会版のオフサイド判定テスト」 で紹介した、米国プロ審判協会が作成したオフサイドの判定テストの映像の紹介に戻ります。




先週の映像同様、ファイルサイズの関係で映像が少し小さいので、よ~く目を凝らしてご覧ください。
赤い服の選手がオフェンス役、黄色い服の選手がディフェンス役です



(クリックでGIF動画がスタートします。動画は2回だけ繰り返します。)





さて、副審を務めているあなたの正直な気持ちは?(どなたでもご参加いただけます。)

1)間違いなくオフサイドであると判断しフラグアップ。
2)オフサイドのような気がするのでフラグアップ。
3)オフサイドではないような気がするので何もしない。
4)間違いなくオンサイド。何もしない。



回答の入力にご協力ください。







正解の前に、本日もバナークリックのご協力のお願いです。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。






皆様だんだん面倒くさくなってきたようで、CLIP03ではバナークリック数が減ってきました。毎回きちんとクリックしてくださっている方には申し訳ないのですが、ちょっとバナークリックのお願いを増やすことにします。ですので少しスクロール量が増えますが、お許しを。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですか?








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 下の正解をご覧になる前に必ずバナークリックをお願いいたします。








それでは、正解です。



余裕の「オフサイド」と思った方が多いのではないでしょうか。



でも正解は「オンサイド」です。




(クリックで解説映像が2回流れます。)



オフェンスとディフェンスの位置関係はほぼCLIP03と同じなのですが、オフェンスの体の倒れ方が違います。CLIP03ではかなり前傾姿勢だったため、オフサイドとなりましたが、この映像ではそれほど前傾姿勢になっていないため、ディフェンダーのかかとのほうがゴールライン側に存在しています。



解説映像を信じない訳ではないのですが、一応元の映像をコマごとに確認してみました。下の映像をご覧ください。(クリックで映像がスタートします。)



(上の映像は、フレームレートを 10 frames per second で作成したものですので、米国プロ審判協会の解説映像の静止画像のタイミングと若干ズレています。)




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 記事の作成にかなり手間がかかっているのでクリックのご協力をぜひ。
  


[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS TIMERS11国内メーカー1年保証つき  RFT-100-1JF
CASIO(カシオ) (2007-03-22)
売り上げランキング: 56





☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2017/03/20) イエローカード2枚、レッドカード1枚

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、三男の学校に長男&次男が卒業した学校が練習試合に来る、ということで押しかけて審判を担当。4月の公式戦の帯同審判の件で、両顧問の先生方との打ち合わせもあったので。



ということで、2校でA戦2試合B戦2試合のスケジュールだったのだけれど、顧問の先生と相談し、A戦2試合を私が担当することに。4月に入ってすぐに始まる公式戦を見据えて。



A戦の試合時間は25-5-25。



最初の試合でのお話。この試合で2枚のイエローカードと、レッドカードを1枚提示。(練習試合だったけれど、きちんとカードを持っていました。)



最初のイエローカードは反スポーツ的行為。



三男たちのチームのカウンターとなり、ゴール前に抜け出ようとするFWの選手を、相手DFが手で押さえてそのスピードを落とさせた。FWのスピードが落ちただけでボールを失ったわけではなかったので、アドバンテージをコール。その後コーナーキックとなったところで笛を吹いて当該の選手にイエローカードを提示。



すぐそばに他のDFが対応できる状態だったので、決定機の阻止とは認定せず、反スポーツ的行為(チャンス潰し)として警告。



2枚目は、三男たちのチームのDFの選手(ちなみにわが団の卒団生)に対して。



得点が相手チームより1点上回っている状況で、後半残り半分というくらいの時間帯。相手チームがオフサイドの反則となり、レフェリーサイドのコーナーエリアに近い場所からの再開となった。



ボールを拾いにいったDFの選手が、再開ポイントにボールをセットし、キックを行うために後方に下がったと思った次の瞬間、助走を開始せずゆっくりとした動作で他のDFの選手にキックを譲った。



う~ん、負けている状況(あるいは同点でも次のステージへの影響がない場合)なら、注意で済ませられるのだけれど、公式戦なら間違いなく遅延行為として警告していただろうということで、イエローカードを提示。



その数分後の、反対側のゴール前での出来事。



レフェリーサイド側から放たれたアシスタントサイド側に放たれたミドルシュートが、ゴールの右サイドのゴールポストの方向の内側に向かっていくのが確認できた。その軌道上に左SBの選手がいたが、恐らくヘディングでのクリアは難しいと思った次の瞬間、ボールが手ではたき落とされるのを確認。



顔付近に強烈なボールが来たので思わず顔をそむけながら手で叩いたというより、顔(頭)では届かないので、思わず手を出してしまったという感じ。



そのハンドリングがなければボールはゴール右隅(右のサイドネットの内側)に突き刺さる可能性が高い軌道だったし、ゴールキーパーもセーブできる可能性が低い場所だったので、笛を吹いてPKをコールしたのち、当該の選手にレッドカードを提示して退場処分に。



練習試合だったので、選手を補充するかどうかは、顧問の先生に任せることにして、当該の選手には「決定機の阻止にあたるので退場です。いったんピッチから出てベンチに戻りましょう(※)。」と伝えたのち、そのチームの顧問の先生には「(練習試合なので)もし、選手の人数を戻したければ(その選手でも他の選手でも)、戻してもらって構いませんよ~。」と伝えた。



結局、選手は補充されることなく、そのチームは1人少ない状況で試合終了を迎えた。



※公式戦ならベンチには戻れません。(ピッチ周辺から離れることが求められるので。)



B戦を挟んで2回目のA戦も主審を担当したのだけれど、その試合は特にカード対象となるようなプレーはなかった。アドバンテージの適用は数回あったと思いますが。



といったところが、本日の主な内容。



人生で2度目のレッドカード提示。2枚ともハンドリングによる決定機阻止。ハンドリングによる決定機阻止の場合、3重罰の解消の対象にはなりません。




競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則

(中略)

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、意図的にボールを手や腕で扱う反則により、相手チームの得点、または、決定的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所に関わらず、その競技者は退場を命 じられる。

(後略)




アディダス レフリーセット2 ブラック Z1187 770153
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 3,093
 ← 新シーズンに向けて新調しませんか???



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

オデッセイ RB1 前期型 ドアミラー交換


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日もサッカーとは関係のないお話です。



狭い路地で対向車があまり端に寄ってくれなかったので、こちら側がギリギリの所を通る羽目になりました。相手が通過するのを待っていれば良かったのだけれど、コーナーセンサーを信頼して少し減速する程度ですれ違うことに。



対向車とすれ違うその瞬間、こちら側には電信柱が・・・。



「コン!」という音がした瞬間、左のドアミラーが変な方向を向いている。軽くぶつけて少し向きが変わった程度なら電動格納ボタンのON/OFFで復帰するのだけれど、今回はなんか根元の様子がおかしい。脱落はしていないのだけれど、ちょっとヤバそうな雰囲気。



電動格納ボタンを押したところ、ず~っと空回りしているモーター音が継続するだけの状態になってしまいました。



やってしまいました。(T_T)



ネットで調べると、ディーラーで新品に交換すると、部品代と工賃を合わせて30,000~40,000円くらいかかるとのこと。自動車の車両保険を使う、という手もあるのだけれど、3等級下がって割引率が57%に下がるのと、満期までの時間を考えてパス。自動車修理工場に安い中古部品を手配してもらって修理することで修理代金を押さえるというプランを検討するも、自分で交換できないかな?と。



幸い、ネットには同じ車のドアミラーの交換に関する情報がたくさんありました。



ということで、オークションで中古の部品を入手して、自分で交換することにチャレンジ。(運よく同じ色の部品が送料込みで4,000円弱で手に入りました。)



手順としては、

1)ドアの内張りを固定している2か所3本のビスを外す。
2)内張りはがしを使ってAピラーの内側のカバーを外す。
3)ドアの内張りの横や下側に養生テープなどを貼って養生しておく。
4)ドアの内張りを内張りはがしを使ってドアから剥がす。その際ドアのワイヤーケーブルやパワーウィンドウの配線コネクタ、ドアカーテシランプの配線を断線してしまわないように注意しながらドア本体と内張を分離する。ロックピンにも注意。
5)ドアミラーの配線を外す。
6)Aピラーの裏側にあるドアミラー(と一体になっている部品)を固定しているナット3本をソケットレンチなどで外し、抜け防止ゴムを固定しているネジをプラスドライバーで外してから、ドアミラーをAピラーから分離する。
7)交換して取り付けるドアミラーの配線を仮接続して、購入した部品のチェック。(電動格納やヒーターなど)
8)あとは6)から順に戻しの作業。

といった感じ。


ドアから内張りを分離する際に、ワイヤーやコードを断線してしまわないようにするところだけ細心の注意を払えば、あとはそれほど難しくないと思います。



ドアワイヤーを外すところと、電源コネクターの抜くところ、ドアカーテシランプをドアに固定しているフックの外し方に慣れていないと手こずるかも知れません。ですので、そのあたりを中心に写真をUPしておきます。



ドアノブワイヤーを取り外す前の状態

door_mirror_001.jpg

ドアノブワイヤーの先端が刺さっているのと、あと2か所フックに引っかかっている場所があります。




ドアノブワイヤーを取り外した状態

door_mirror_002.jpg

この状態のものが固定されているというのが判っていれば、ワイヤーを外すのはそれほど難しくないと思います。作業を1人で行う場合、片手で内張りを支えながらの作業になるのでご注意を。



次にパワーウィンドウなどの電源カプラーの取り外し

door_mirror_003.jpg

カプラーの外し方も知っているのと知らないのでは、作業時間が大違い。カプラーの頭の部分の中央にある「ツメ」を押しながら引き抜くと抜けます。ツメの押し込みが甘いと抜けてくれません。



この形のカプラーが刺さっています。

door_mirror_004.jpg




最後の難関はドアカーテシランプのコードを内張りに密着させるためのフックの取り外し

door_mirror_005.jpg

ツメを折ってしまわないように丁寧に外してあげる必要があります。もちろん、断線にも気をつけながら。



この内張り外しさえできてしまえば、あとはそれほど難しい作業ではありません。




door_mirror_007.jpg door_mirror_006.jpg

左側がドアミラーを外した状態。(右は交換後の状態)

ピラーの内側のいちばん上のナットだけはドアミラーとは関係のないナットなので、それ以外を全部外すとドアミラーが外れるようになります。抜け防止ゴムがあるので、そのゴムが効いている状態になっていれば、すべてのナットを外してもドアミラーが落下してしまうことはありません。(あくまで抜け防止ゴムがきちんと機能していれば、のお話です。)



作業時間は、1時間弱。多分次回からは30分以内でできるかも、という感じ。



RB1のドアミラーを交換しようとしてこの記事に飛んでこられた方は、下のサイトなどもご参考になさるとよろしいかと思います。

オデッセイ ドア内張り 交換 (かねこの雑記 さん)
  ドアの内張りの外し方やワイヤーの外し方が参考になります。

HONDA オデッセイ RB 4WD ミラー交換 ODYSSEY - YouTube
  ドアの内張りの外し方が動画で見ることができます。ドアミラーは後期型なのでちょっと交換が大変な様子です。(私のは前期型なので、ピラーの表カバーごと交換するタイプ。)

RB1 ドアミラー取り外し (トッピーM@RU3&JG1 さん)
  ドアミラーのAピラーからの外し方が参考になります。




あとおまけとして

オデッセイ 修理費用 ・・・ 車修理買い替え.com



  ← 次はキーロックでドアミラーが自動で格納されるようにこれをとりつけてみようかなぁ・・・。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

Mpow 8 LED センサーライト


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




週末なので、サッカーとは関係のないお話です。



防犯などを兼ねてセンサーライトを設置したかったのだけれど、コストがかかるので電源の工事をするのは避けたいなぁ、と思っていました。電池式のタイプだと電池切れの心配があるので、できれば避けたい。でも、それなりの光量は欲しい。



常時点灯している必要はなく、人感センサー式で人が通りかかったときに点灯してくれる機能は必須。防犯用としても機能させたいので。



基本的に雨が降りかかる場所に設置することになるので、防水仕様であることも必須。



あとは、それなりの光量があるもので、耐用年数がそこそこありそうなもの。



簡単にまとめると
1)太陽光充電式であること
2)人感センサーライトであること
3)防水仕様になっていること
4)それなりの光量とそれなりの耐用年数
というような感じ。



で、amazon のカスタマー・レビューを参考に、MPOWの


を購入しました。



光量もそこそこあってセンサーの反応も悪くなかったので、大満足な商品でした。



  

たくさん必要な場合は、セットになっているものを購入したほうがお得です。(私は4個セットを購入しました。)




ちなみに、取り付けに関してはビスが商品に同封されていますが、壁に穴をあけたくないので、



を使用して、外壁などに取り付けました。


mpow_sensor_8_light_4p_2.jpg

とりあえず、半年間ほど使ってみましたが、4つとも問題なく動作しています。



で、もう一か所、センサーライトを設置したい場所が出てきたので、LEDライトの数がもっと多いものを最近追加購入しましたが、それはまた別の記事で。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

迷い笛と遅れた笛 ・・・ Play of the Week 2017 Week 1


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




米国のプロサッカーリーグも開幕したようです。今年も米国プロ審判協会の Play of the Week は毎週更新されるようなので、逐次紹介していきたいと思います。



ただし、紹介と言っても米国プロ審判協会が言わんとするニュアンス的なものをお伝えするだけで、一字一句を翻訳するつもりはありませんので、悪しからず。



さて、Week 1 では、レフェリーの最終的な判断は正しかったものの、迷ったり笛が遅れたために、選手・ベンチ・観客をざわつかせることになったシーンを紹介しています。



1つめの映像。



攻撃側競技者が相手ペナルティーエリア内で倒されてはいるものの、「PKを与えなければならないほどの反則があったのかどうか」というところ。攻撃側競技者が倒れた瞬間、主審は笛を口に咥えたものの最終的には笛を吹かずにファウルはなかったという判断でそのままプレーを続行させた。



2つめの映像。



ハーフウェー付近でDFの選手が味方競技者からのボールを受け取った際、ボールが手または腕に当たった瞬間、やはり主審は笛を口に咥えたもののやはり笛を吹かずに両手でノーファウルのジェスチャー。



3つめの映像。



ゴールライン近くからゴール前にパスを出した攻撃側競技者に対して、ゴールキーパーが完全に遅れてタックル(レイトタックル)。なぜか主審はPKを宣告せずにプレーを続けさせるが、ボールがペナルティーエリア外に出たところでPKを宣告する笛。



4つめの映像は、3つめの映像の拡大リプレイなど。





これらすべての判定に対して、米国プロ審判協会は正しい判定であったと評価しています。しかし、迷いの動作についてはしっかりダメ出しをしています。



選手、コーチそして観客につけ入る隙を与えてしまうことになるので、吹かないなら笛を口のほうに移動させてはいけません、と。



米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 1: Decisive decision making



  ← お薦めです




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆