FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判勉強会(2019/07/15)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、比較的指導者が練習に参加できることがわかっていたので、団の審判員資格保有者の方向けに、審判勉強会を開催。一昨日の練習のあと、監督と相談して急遽開催を決めたにもかかわらず、4人の保護者審判員の方々が参加してくださいました。感謝。



団の保護者審判員の方向けに勉強会を開催するのは、何年振りだろう・・・。



まずは、副審のシグナルの仕方のうち、ボールがゴールラインを越えた場合のシグナルの仕方を確認。しっかりゴールラインまで走っていて、主審と指し違いしないように主審とアイコンタクトを取りながらシグナルする練習。



最初は、勉強会を手伝ってもらうために呼んだ我が家の三男がボールをゴールラインを越えるように蹴り、それに合わせて副審役の方に走ってもらって、ボールがゴールラインを越えたところで、私がゴールキックorコーナーキックをシグナル。これを数回づつロールプレイング。



途中で、私がシグナルを出さないパターンなども挟み、そのような場合にどうするのか、なども確認。(試合前の打ち合わせが重要だというお話などもレクチャー。)



次は、主審系のメニュー。

ボールの出所と、ボールの納まり所の両方をしっかり視野に入れるように体の向きをつくる練習。ボールの出所ではアフターのファウルが行われる可能性があり、次に争点となるボールの納まり所でのファウルにも備えるため。



4人の保護者の方と私と三男の6人で、1人を中心に入れて残り5人でボール回し。中心の1人はボール回しされるボールに対し、しっかりとボールの出所と収まり所が視界に入るような位置取りと身体の向きを作る練習。この時に絶対にボールを跨がないようにする。ボールを跨いでしまうと、収まり所の監視が出来ていないことになるので。



続いて、今度は、誰が何回ファウルしたのかを記憶しておくトレーニング。

今度は周りの5人はボールを蹴らずに、手でパス回しする。途中、ボールを落としたらファウルを犯したと見なして、中央の主審役が笛を吹いて、そのボールを落とした人が1回目であれば、笛を吹いて注意のみ。2回目なら笛を吹いて「イエローカード」を提示。3回目なら笛を吹いて「レッドカード」を提示する、というトレーニング。(外の人数が5人だったので、それほど難しくなかったかな。7人くらいいると、覚えるのが難しくなっていたと思うのだけれど。)



最後に、間接視野を意識したウォーミングアップの方法を紹介。



ハーフウェーライン上を動く人は、前進・後進のパフォーマンス。
タッチライン上を動く人は、サイドステップ。
ピッチ上を動く人は、上の2人が常に直角の位置になる場所を瞬時に探し出して移動する。
この時、頭はラインの交点にいて休んでいる人方に向けることが大切。(片方を注視してしまわないようにする)



当初の予定では、1時間から1時間15分くらいで終わる予定でしたが、その後の質疑応答なども含めると1時間30分くらいになっていました。ご参加くださった保護者の皆様、お疲れさまでした。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
練習試合引率記録(2019/07/14) U8


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、わが団のホームグラウンドに近隣のチームをお招きして、U9およびU8カテゴリーの試合を開催。U9カテゴリーはSコーチが担当し、私は普段練習を担当している2年生(U8カテゴリー)を担当。



ウォーミングアップは、2学年一緒に実施。その後は、2面のピッチでそれぞれのカテゴリーで開催。



本日の2年生の参加者は9名。本来は8人制なのだけれど、相手チームも(2チームとも)10名以上の選手がいたため、相談して9人制で実施。



前回引率したときには、闇雲にボールを蹴るシーンが多かったというような記憶があったのだけれど、今日は試合前に特に何も指示をださなかったのにも関わらず、闇雲にボールを蹴るというシーンがほとんどなかった。(まったく無かった訳ではなかったが。)



1試合目は大敗。基本的に、前がかりになっている状態でハーフウェー付近にいる足の速い選手にボールが渡って、そこからカウンターを喰らって失点というパターンが多かった。あと、やはりわが団のチームのスローインからピンチになるケースも散見。



ということで、わが団以外のチーム同士が試合をしている間に、マグネット付きの人形でそのようなケースにどういう動きをすれば良いのか、あるいはどのような位置取りをしておくのが良いのか、ということを選手に意見を出してもらう形で検討。



2試合目は、マグネット付きの人形で説明したことをしっかり理解してくれたこともあって、かなり失点は減った。そして1試合目はなかった得点も生まれた。残念ながら、試合の終盤に追いつかれてしまったので、勝つことはできなかったけど。



ということで、本日の戦績、1敗1引き分け。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2019/07/13) U10


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、4年生以下がグラウンドでの練習。



5年生を引率しているIコーチに代わって、私が4年生の練習を担当。本日の4年生の参加者は8名。いきなり4年生の練習を担当するように監督から言われたので、ちょっと汗。



とりあえず、5分間各自でリフティングの練習をするように指示して、練習メニューのための準備。



中盤(ハーフウェーライン付近のタッチライン沿い(右サイド)でボールを奪ったというイメージで、いったん中央の選手にボールを預け、中央の選手が縦にドリブルで少し突破を図ってから、右サイドの選手をコーナー付近まで走らせるようなスルーパスを出し、そこから中央にクロスをあげて中央の選手が合わせる、という2人組で得点を目指すパターン。



とりあえず基本の形を覚えてもらうために、パスの方向やドリブルの方向などを、石灰でお絵かきしておいた。



様々なペアで何度も実施。



25分ほど経過したところで、最初の中央へのパスのところを、スイッチでポジションを入れ替える形に変更。また、左足が利き足の選手用に、反対側(左側からのクロス)でもできるように準備。(ただし、反対側は面倒くさいので、ガイドのラインはなし。)



コーンを相手選手に見立てて配置したり、適宜軽い変更を加えながら、途中、給水休憩を挟みながら、みっちり1時間15分ほど実施。



練習開始時から霧雨状態だったのだけれど、雨足が強くなって、途中で練習を中断することになっても良い様に、先にミニゲームを実施しておくことにした。



ミニゲームは20分間(2時50分まで)実施。



練習していた、味方選手を走らせるパスや、パスを出したら自分も動く、パスが出てきそうな場所に走る、ということをゲームの中で実践してもらいたかったのだけれど、なかなかねぇ・・・。



ということで、再びミニゲームの前に行っていたメニューに。今度は、DF1枚とGKを配置。(得点したらGKになれるパターン。アシスト者はDF役に)。



15分ほど経過したところで、若干雨足が強くなり、グラウンドもぬかるみだして、選手たちが滑ってケガをしても、と判断して全学年の練習を中止に。



1&2年生を即座に校舎のほうに引き上げさせ、3&4年生でグラウンド整備を実施。練習終了、3時50分。



グラウンドがぬかるんでこなければ、最後に再び10分ほどミニゲームをしようかな、と思っていたのだけれど、残念。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #17-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #17-2】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2019年07月12日に、Jリーグ公式チャンネルにUPされた2つの映像の紹介です。



ハンド大特集① 飯田選手のプレーはハンド?【Jリーグジャッジリプレイ2019 #18-1】

明治安田生命J1リーグ第18節札幌vs松本、前半67分のシーンをピックアップ。ゴール前の混戦の中、ゴールを守ろうとスライディングで飛び込んだ飯田選手(松本)の手にボールがヒットしたものの、レフェリーの判断はノーファウル。これはハンドの反則を取るべき事象であったか、徹底的に議論します。明治安田生命J2リーグ第21節京都 vs 長崎の亀川選手(長崎)のハンドのシーンも取り上げます。





ハンド大特集② 2019/20 競技規則改正について【Jリーグジャッジリプレイ2019 #18-2】

Jリーグでは8月から導入される2019/20 競技規則。今回の改正は多岐に渡りますが、今回は「ハンドの反則」にフォーカス。
新競技規則に明記された「ハンドの反則」とならないケース
・競技者自身の頭または体(足を含む)から直接触れる
の具体例として明治安田生命J1リーグ第17節FC東京vs横浜FM、室屋選手(FC東京)のプレーを振り返ります。






新しい競技規則のハンドリングの部分を掲載しておきます。

競技規則 2019/2020 第12条 ファウルと不正行為 

ボールを手または腕で扱う
競技者が次のことを行った場合、反則となる。
◦ 手や腕をボールの方向に動かす場合を含め、手や腕を用いて意図的にボールに触れる。
◦ ボールが手や腕に触れた後にボールを保持して、またはコントロールして、次のことを行う。
・ 相手競技者のゴールに得点する。
・ 得点の機会を作り出す。
◦ ゴールキーパーを含め、偶発的であっても、手や腕から相手チームのゴールに直接得点する。

競技者が次のことを行った場合、通常は反則となる:
◦ 次のように手や腕でボールに触れたとき:
・ 手や腕を用いて競技者の体を不自然に大きくした。
・ 競技者の手や腕が肩の位置以上の高さある。(競技者が意図的にボールをプレーしたのち、ボールがその競技者の手や腕に触れた場合を除く)

これらの反則は、ボールが近くにいる別の競技者の頭または体(足を含む)から競技者の手や腕に直接触れた場合でも適用される。

これらの反則を除き、次のようにボールが競技者の手や腕に触れた場合は、通常は反則ではない:
◦ 競技者自身の頭または体(足を含む)から直接触れる。
◦ 近くにいた別の競技者の頭または体(足を含む)から直接触れる。
◦ 手や腕は体の近くにあるが、手や腕を用いて競技者の体を不自然に大きくしていない。
◦ 競技者が倒れ、体を支えるための手や腕が体と地面の間にある。ただし、体から横または縦方向に伸ばされていない。

ゴールキーパーは、自分のペナルティーエリア外でボールを手または腕で扱うことについて、他の競技者と同様に制限される。ゴールキーパーが、自分のペナルティーエリア内 で、認められていないにもかかわらず手や腕でボールを扱った場合、間接フリーキックが与えられるが、懲戒の罰則にはならない。




上の映像で触れられている、JFA-TVの映像のリンクを、ハンドリングの部分から始まるように設定して貼っておきますので、ぜひご確認を。

【修正版】JFA-TV 2019/20 サッカー競技規則の改正について






 ←32Gのカードとリア用のカメラがついてこの値段。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ファウル(ハンドリング)と不正行為の判定問題(その15)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2019シーズンの判定基準「競技規則スタンダード」において、今シーズンは「ハンドリング」がテーマの1つとしてピックアップされています。



ということで、FIFA FUTURO - Learning Modules - の Handball - Video Quizzes を1問づつ出題していこうと思います。ちなみに、過去に1つの記事で数問を一気に紹介するという形で紹介済みではあるのですが、何度も繰り返して学習することで、FIFAの基準が身に着くということを信じて、再び1問づつの形での記事化です。



今回は、第15問となります。



なお、FIFAは審判員に対し、ハンドリングか否かを考える際、下に紹介する項目を考慮しなさいと言っています。(ちなみに、訳語は私が勝手に訳したものですので、気になる方は、元記事のサイトをご確認ください。)



(ハンドリングではない)
・ボールが手のほうに向かって動いた
・手や腕が「自然な位置」にあった
・競技者はボールが手に当たらないようにしようとしていた
・至近距離からのボールが手にあたった

(ハンドリング、懲戒罰なし)
・手がボールのほうに向かって動いた
・手や腕が「不自然な位置」にあった
・競技者が故意にボールに触れるために手を用いた
・遠くからのボールが手に当たった

(ハンドリング+イエローカード)
・ハンドリングの反則を犯すことで相手競技者がボールを保持することを妨げた
・競技者が意図的にボールを手で扱うことで得点することを試みた
・競技者がゴール方向に向かっているボールを手で扱った(決定的な得点の阻止ではない)
・競技者がボールを手で扱うことで審判員を欺くことを試みた

(ハンドリング+レッドカード)
・競技者が手でボールを扱って得点を阻止した
・競技者がボールを手で扱うことで、決定的な得点の機会を阻止した



これらの項目を踏まえた上で、それぞれのプレーは、ハンドリングかどうか、ハンドリングの場合に再開方法および懲戒罰が必要かどうかをお考え下さい。なお、元記事とは若干異なる回答形式となっていますので、ご了承を。



Video15


「ファウル(ハンドリング)と不正行為の判定問題(その15)」

1)No Foul + No Card
2)Indirect Free Kick + No Card
3)Indirect Free Kick + Yellow Card
4)Indirect Free Kick + Red Card
5)Direct Free Kick + No Card
6)Direct Free Kick + Yellow Card
7)Direct Free Kick + Red Card
8)Penalty Kick + No Card
9)Penalty Kick + Yellow Card
10)Penalty Kick + Red Card





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← バナークリックがお済の方のみ、スクロールして正解をご確認ください。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 正解をご覧になる前に1回だけで結構ですのでクリックしてくださいますよう、お願いいたします。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ



Video 15 FIFAの判定と解説


・ハンドリングの反則を犯すことで相手競技者がボールを保持することを妨げた
・手がボールのほうに向かって動いた
・競技者が故意にボールに触れるために手を用いた
 』
(『』内を範囲選択(反転表示)すると表示されます。)



ということで、正解(FIFAの判定)は、
9)Penalty Kick + Yellow Card
です。 (『』内を範囲選択(反転表示)すると表示されます。)



ゴール前に詰めている味方選手へのラストパスをハンドリングで阻止しているので、イエローカードになります。
(『』内を範囲選択(反転表示)すると表示されます。)



この記事は、
FUTURO 2013 - Learning Modules - Handball - Video Quizzes
のサイト内の
Videos 13 - 17 >>
を参考にして作成しています。



☆ 関連記事 ☆

「2019シーズンの判定基準「競技規則スタンダード」がUPされました」

「ハンドリングか否か(問題集その3)」









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

競技規則 2019/2020 日本語版PDFがUPされました


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2019/2020年度版の日本語版競技規則が日本協会のサイトにUPされました。

サッカー競技規則2019/20 ・・・ PDFファイル

恐らく、審判員資格保有者(今年度新規に取得された方を除く)には、まもなく郵送されてくるとは思いますが、それまで待てない、という方は、上のリンク先のPDFファイルをどうぞ。


なお、

2019/20年の競技規則改正について [19.05.16]

【別紙1】サッカー競技規則2019/20_主な改正の概要[19.05.16]

【別紙2】サッカー競技規則2019/20_適用開始日について[19.05.16]

の通達および通達に付随する資料もご確認を。



それから、競技規則 2019/2020 の内容を反映させた(チーム役員に対する懲戒罰(警告・退場)の記録が記載できる)審判報告書のフォーマット(日本協会版)はこちら








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #17-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #17-2】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2019年07月04日にJリーグ公式チャンネルにUPされた動画の紹介です。



シュートが当たって町田選手のゴールに でもそれってハンドリングでは?【Jリーグジャッジリプレイ2019 #17-1】



明治安田生命J1リーグ第17節 鹿島vs広島、小池選手(鹿島)の初ゴールと思われたシーンをピックアップ。このシーン、後で公式記録が訂正され町田選手(鹿島)のゴールとなったが、町田選手に当たったのならハンドではとの声を多数いただきました。マルチアングルの映像を用いて、ハンドリングがあったか検証します。



結局、町田選手(鹿島)の手に当たっているという明確な映像はないようで・・・。その場合、疑わしきは罰せずの大原則が適用されることになりますね。



宮原選手(名古屋)のプレーに関しては、下半身の動きはまったく問題ないと思います。私見ですが、宮原選手の左手が相手選手を突き飛ばしたように主審には見えたのではないのかなぁ~、(つまり上半身の反則をとった)と感じます。アプローチも、4つめの映像にあるショルダー対ショルダーではなく、斜め後方からだったし。





エリア内の決定機阻止 三重罰が適用されるのはどんな時?【Jリーグジャッジリプレイ2019 #17-2】

明治安田生命J1リーグ第17節 神戸vs名古屋、ダビド ビジャ選手(神戸)のドリブル突破を止めたランゲラック選手のスライディングタックルをピックアップ。このシーン、「決定的な得点の機会の阻止(DOGSO)」で退場では?との声が上がりましたが、ペナルティエリア内の「決定的な得点の機会の阻止(DOGSO)」に対する三重罰を避けるため、一定の条件下では退場ではなく警告が提示されるのが正しいジャッジ。DOGSOの4条件を覚えた方にお勧めな、上級編の内容です。



永井選手(FC東京)のプレーはについては、過去記事の 「ファウルにならない正常なチャージング」 をご覧いただければ、と思います。









☆ 関連記事 ☆

「ファウルにならない正常なチャージング」




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆