FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2018/07/22) 副審 × 2.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、所属する地区の協会から派遣されて、1種(社会人)の公式戦(トーナメント戦)の副審を2本担当。試合時間は60(30-10-30)分。正規の時間で勝者が決しない場合は、PK戦。



主審(2級)と反対側の副審(3級)ともに、協会からの派遣。



1試合目の出来事。



私が担当したサイドでの1点目のお話。オンサイドから絶妙なタイミングでディフェンスの裏に飛び出した選手にパスが通り、パスを受け取った瞬間には、ディフェンスが置いてけぼりの状態となっていた。パスを受け取った瞬間だけみると、あらかじめオフサイドポジションにいたように見えるものの、パスが出た瞬間には確実にオンサイドにいたので、ボールがゴールに入ったのを確認したのち、主審とアイコンタクトをとりながら、ゴールの合図(ハーフウェーライン方向に20mほど走る)を実施。



ディフェンスの選手数名からは、オフサイドではないか、というアピールがあったが、毅然とした態度で対応。ま、途中、迷うような仕草や動作をしていなかったこともあり、私が自信をもって判断していると感じてくれたのか、抗議のようなものは一切なかった。(感じとしては、「今のオフサイドじゃなかった?ちゃんと見てくれていた?」というような確認的なものだった。)



その後、私が担当しているサイドで再び得点となった。



ドリブルでゴール正面を突破してきた選手が、足を伸ばしたディフェンスと交錯して倒れたように見えた。ただ私の方からは、ディフェンスの足が攻撃側選手の足を直接捉えたのか、それともボールを捉えたあとのディフェンスの足に攻撃側選手の足が当たったのかまでは判断できなかった。



ボールが私がいるほうとは反対側のほうににこぼれ、詰めてきた別の攻撃側選手がボールをゴールに押し込む形となった。



ペナルティーエリア内でのプレーだったために、主審は明確なアドバンテージのコールをせず、Wait&Seeをかけていたのかな?と思い、試合後に主審に聞いたところ、最初のプレーに関しては「ノーファウル」という判断だった様子。(主審が正しいポジションからプレーを監視していたことは判っていたし、ペナルティーエリア内での守備側チームのプレーであるため、ファウルサポートをする気はさらさらなかったのですが。)



といったところが1本目のお話。



2本目のお話。



試合前の打合せで、タッチラインに近づかずにスローインが行われた場合は、ファウルスロー扱いにするが、タッチラインから離れすぎているかどうかの判断は、我々副審が行うことになっていた。



試合中、私の担当するタッチライン側でのスローイン時に、微妙にタッチラインから離れた位置からスローインが行われた。私のいる位置に近い位置からのスローインであれば、「ラインに近づいて投げ入れましょう」という声かけができたのだけれど、わたしのいる位置から少し離れた場所であったため、声掛けができなかった。



主審がアイコンタクトで、「今のスローイン、距離遠くね?」と聞いてきた。正直どうしようか悩んだものの、今回はOKと判断し、主審にも「(微妙だけれど、一応)セーフにします。」とアイコンタクト&ジェスチャー。



直後に、そのスローインを行った選手が私の近くを通った際に、「○○番さん、スローインもう少しラインに近づいて投げてくださいね~」という声掛けをしておいた。



昔の競技規則では、スローインは最大1m程度であればラインから離れて行っても良いというような記述が「競技規則に関する質問と回答(通称Q&A)」に書かれていましたが、現在はその記述はありません。記述がなくなったのは、1m以上離れても良くなったわけではなく、フィールドに限りなく近づいて行わなければなりません。



日本語版の競技規則では、
◦ フィールドに面し、
と書かれているのですが、英語版では
• face the field of play
と書かれています。

face ですから、顔をつけた状態、つまり目の前に競技のフィールドがなければなりません。



試合中、私が担当しているサイドのペナルティーエリア内で守備側選手が転倒し、その選手の近くにボールが転がった。次の瞬間、攻撃側選手からは「ハンド(リング)!」のアピール。



私の位置からは、倒れた守備側選手自身の身体が死角となって、手がボールのほうに動いて当たったのか、手が不自然な位置にあったのかなどが一切確認できなかった。



ただ主審は、正しい位置からプレーを監視しており、ファウルではないという判断を示していたので、問題はなかった。(試合後に確認したところ、手は身体にくっついた状態で、不自然な位置ではなく、至近距離からのボールで、手はボールの方向に動いていなかった、ということだった。)



1試合目は私の担当するサイドでほとんどオフサイドはなかったのだけれど、2試合目はオフサイドが結構たくさんあった。実際にフラグアップしたのは3~4回だと思うのだけれど、オフサイドポジションにいた選手がボールに触るのを待って(Wait&Seeをかけて)フラグアップを保留して、ゴールキックになったケースなども数回あった、という感じ。



2試合目は、決着がつかずにPK戦となった。私の担当しないほうのゴールで行われたため、私はセンターサークルでキックを行う選手の送り出しと、その他の選手の管理を担当した。



といったところが、本日の主な出来事。副審として特に大きなミスなどはなかったと思う。










にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
審判記録 主審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、知り合いの中学校のサッカー部の顧問の先生から依頼されて、3種カテゴリーの公式戦の主審を1本担当。試合時間は60(30-5-30)分。正規の時間を満了しても勝者が決しない場合は、延長戦10(5-5)分ののちPK戦が行われることになっていたけれど、延長戦は行われなかった。



副審のお二人も私同様、同じ先生から依頼された、普段協会の割り当てなどでご一緒させていただく方々(どちらも3級)。第4の審判員は別の中学校のサッカー部の顧問の先生(3級)。



試合前に、4審を含めて入念に打ち合わせ。念のためPK戦になった場合の項目なども。



本日の主な出来事。



両チームともフェアプレーを心掛けてくれたようで、ファウル数は比較的少なめだったと思う。アドバンテージを適用したシーンはなし。カード提示もなし。



途中から出場した選手の交代直後のテンションがやや高く、スローインの再開前(インプレー前)に相手競技者と体を押さえ合っていた。そこで、笛を吹いて試合を停止し、少し時間をとって両者を近くに来るように指示し、他の選手にもしっかり伝わるように「注意」を実施。



比較的早い段階でこの注意を行ったせいか、その後のコーナーキックなどは露骨に押さえ合うようなシーンは見られず、時間をとって「注意」を実施するようなことはなかった。



そうそう、もう1つ試合中に「注意」を実施したシーンがありました。



後半が始まってしばらくしてから、得点が上回っているチームのスローインの際、スローアーがいったん頭上に持って行ったボールをフィールドに投げ入れず、動作を中断してすぐ近くにいる味方競技者にボールを渡した。



試合時間の残りが少ない状況だったり、頭上でボールを保持する動作を長く継続していたり、遠く離れていた味方競技者とスローアーを交代したのであれば、即「警告」だったのだけれど、時間帯やスローアーの交代に要した時間などを考慮して、今回は笛のあと「注意」するだけに留めた。



「今の(スローアーの交代)は、遅延行為となるよ。次同じことをしたら「イエロー(カード)」出すよ~。」と。



試合中に、私自身の大きなミスはなかったと思う。



ただ、口に笛を持って行ったにもかかわらず笛を吹かなかった、いわゆる「迷い笛」が1回。インストラクターからは、いったん口に笛を持っていったなら、必ず「吹き切れ」と指導されているのに・・・。
orz


どんなシーンだったか、というと、体格が小柄な選手が身体の大きな選手に身体を合わせられて転倒した。接触があって転倒したので、瞬間的に「ファウルか?」と思い、笛を口に運んだのだけれど、口に加えた瞬間、「ん、今のファウルか?身体の大きな選手はファウルしたのではなく、小柄な選手がフィジカルで負けただけだ」と思い直して、笛を吹くのを最終的にやめた。



笛を口に持っていきながら吹かなかったので、小柄な選手のチームのベンチやチームメイトには少しフラストレーションを与えてしまったかもしれない。



普段からできるだけ「迷い笛」をしてしまわないよう、かなり気を付けているのだけれど、久々にやってしまいました。



あと試合前にもミスが1つ。



昨夜と今朝、このタフな試合に備えて「芍薬甘草湯」を服用しておこうと思いながら、まったく飲んでいませんでした。コメント欄でこの薬は「即効性」があるよ~と教えていただいてので、バッグの中の小物入れの中に常時入れている「芍薬甘草湯」を一包取り出し、試合開始直前にペットボトルのお茶で服用しました。



このとき、手で持っていたはずのレフェリーホルダー(審判記録カードを入れて試合中に記録するためのフォルダ)を、うっかりバッグの中に落とし込んでいたことにまったく気が付いていませんでした。



コイントスなどのセレモニーを終えて、キックオフを行うチームのほうにマークをしようと胸ポケットのレフェリーホルダーを探しても見当たらない。「ん、パンツのポケットに入れてしまったのか?」と探すものの、見当たらない。



予備のホルダーがレフェリーバッグの中にあり、今回たまたまレフェリーバッグを本部席のテーブルの足元においてあったので、あまり時間的なロスはなく、事なきを得ましたが、内心ちょっと焦りました。(今回の会場は本部席がピッチに面している会場でした。)



もしかしたら、「ん、あのレフェリーはなぜセレモニーのあと本部席のところに戻ったんだ?」と感じた人は何人かはいたかも。(笑)



といったところが、本日の主な内容。




 ← 事前に服用を忘れて、直前に服用したことでちょっとしたプチパニックに。でも、引きずることはありませんでした。もちろん試合中に足がつることもありませんでした。(ただ、最後の方はかなりヤバい感じではありましたが。)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2018/06/30) 主審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、長男&次男が卒業した学校の部活の顧問の先生から依頼されて、3種(U-15)カテゴリーの公式戦の主審を1本担当。副審はその学校とは別の学校の保護者の方々。そのお二人と試合前に少し打ち合わせする時間をとることができた。



打合せとしてお話させていただいた感触として、お二人とも初心者という訳ではないものの、あまりたくさんの内容や、やや複雑な内容をお願いすることは避け、オフサイドの判定と、ゴール内からのボールのかき出しの2つを大きな柱として見極めてもらうような感じで依頼をした。



なので、タッチジャッジなど(スローイン、ゴールキック/コーナーキック)については、原則として私のシグナルに合わせてもらうことにして、お二人の負担を軽減する形をとった。(ただ、副審のほうでも判断できた場合は、必要に応じて旗を持ち替えて脇を30度程度開く形で小さなシグナルをしてもうらうことにしていた。)



試合中の出来事など。



試合開始前のセレモニーのあと、コイントスの前に、両チームのキャプテンに対して、「笛が鳴るまでプレーを続け、笛が鳴ったらすぐプレーを止めるように伝えてください。」という旨を確認しておいた。



A2サイドのライン際の攻防のあと、フィールド内にいた選手がボールを手で止めた。相手チームの選手たちからは「ハンド(リング)!」のアピール。



その時、私にはA2側の副審さんが、試合前の打合せ通り、旗を30度程度開いて保持してくれていたのが確認できたので、選手たちには「副審からきちんとラインを越えたという通知が届いていたので、ハンドリングではなくスローインで再開するよ~。」と声掛けしたところ、選手たちは納得してくれた。



「ただ、基本的には笛が鳴るまではプレーを続けましょう!」ということも改めて伝えることも実施しておいた。



オフサイドについては、原則としてオフサイドポジションにいた選手がボールに触れるか、ボールをプレーしようとする相手競技者を妨害するまでフラグアップを保留してもらうことを確認していたのだけれど、飛び出してきたGKとオフサイドポジションにいた攻撃側競技者とが交錯しそうな場合については、選手の安全を考慮し、早めにフラグアップしてもらうことも併せて伝えていた。(あとオンサイドの2列目からの飛び出しがない、オンリーワンの状態が確定した場合も、途中でフラグアップしてもらうことにしていました。)



後半、オフサイドポジションにいた選手が飛び出してきたGKとボールを競るような形になった、(GKのほうが若干先にボールに触れた。)



A1のほうを見ると、微妙な動きをしていたので、オフサイドを疑ったものの、私の位置からは確実にオフサイドだとは判断できなかったので、この直後に得点となったら、得点のコールの前に副審さんに確認を入れにいくつもりにしていた。



しかしながら、結局得点にはならなかったので、試合後に聞いてみたところ、ボールに触れるまでフラグアップを保留するということを意識し過ぎて、GKとの接触の可能性に対する意識が薄れてしまっていたらしい。



このあたりが、普段から一緒に試合を担当していない方とペアを組んで試合を担当する場合の難しさかな。



といったところが、本日の主な出来事。




 ← 笛要らないから値段下げて!って感じ。ま、これでも当初に比べてかなり値段が下がりましたが。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2018/06/24) 副審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、ちょっとイレギュラーな形で、3種の都道府県リーグの副審を1本担当。試合時間は70(35-10-35)分。



主審および反対側の副審も面識のある方で、どちらも3級。試合前に、主審を中心に第4審も含めて4人で入念に打ち合わせを実施。



試合中の主な出来事。



といっても、私の担当するサイドではオフサイドはなかった(反対側のサイドでは1回だけ)。ファウルサポートもなかった(ファウルサポートしようかと主審のほうを見た瞬間に主審の笛が鳴っていた)。



私の担当するサイドで前半に何度か得点となったが、オフサイド判定を含む際どいものもまったくなかった。



試合の終盤に、主審のジャッジに対する不平不満っぽいやや大きめの声が、ベンチの控え選手のほうから聞こえたので、当該の選手のほうに向かって「黙りましょう!」という声かけを1度だけ実施。



といったところが、本日の主な内容。




 ← 先週の主審時に、少し足首をひねってしまったようで、まだ少し痛むなぁ・・・。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2018/06/23) 主審 × 1.0 イエローカード × 2枚


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、長男&次男が卒業した中学校の部活の顧問の先生から依頼されて、3種の公式戦の主審を1本担当。



試合時間は50(25-5-25)分。久しぶりの雨の中でのレフェリング。人工芝のグランドのため、試合中に足を滑らせてしまわないか心配だったのだけれど、DIADRAのトレーニングシューズは雨で濡れた人工芝でもしっかりグリップしてくれて、試合中に足が滑ってしまうことは一度もありませんでした。



人工皮革なので、試合中にシューズ内がぐしょぐしょになることもなかったし。まったく水が浸潤してこなかったわけではありませんが、ほとんど気にならないレベルでした。



ちなみに、私が今日履いたモデルは終売になっているので、後継モデル(?)と思われるシューズのリンクを貼っておきます。よろしければリンクをご利用ください。






副審のお二人は、依頼元の学校の対戦相手のチームの保護者の方々。試合前に少し打ち合わせをすることができた。



試合中の出来事。



アドバンテージを適用したのは1回のみで、しかもロールバックすることになった。



中盤の選手が背後から相手選手に「どん!」と押された拍子にボールが足に当たり、自陣側にボールを戻す形になった。場所的にはハーフウェーライン付近で、味方のセンターバックの選手のほうにボールが転がり、センターバックの選手がクリア気味に前線にボールを送れば、大きなチャンスになるだろうと思いアドバンテージをコールしたのだけれど、思いのほか相手FWの選手の寄せが早く、結果ボールをコントロールせざるを得なくなり、ボールを失ってしまう可能性も出てきてしまったので、ロールバックすることに。(私的にはもうちょっとセンターバックの選手がボールに早く寄っていれば、しっかり前線にボールを送れたのに・・・、という感じ。)



あとは、最初のコーナーキック時にGKの横でFWとDFが小競り合いをしているのを確認。インプレー前に笛を吹いて一旦試合を止め、両者をいったん左のゴールポストよりも外側に呼び出して、他の競技者にも聞こえるように大きめの声で注意を実施。この注意が効いていたようで、試合終了までの数回のコーナーキックにおいて、特に目立つような小競り合いはなかった。



後半、2枚のイエローカードを提示。



最初は、遅延行為。



勝っているほうのチームのプレーの再開が非常に遅い。何度か速やかにプレーを再開するように促しているのだけれど、試合の残り時間がなくなるにつれて、だんだん酷くなってきた。ゴールキックとなったボールも誰も取りにいこうとせず、近くにいた負けているほうのチームの選手が取りにいくということもあった。



ついには、自陣深い位置でスローインとなった際、最初はやはり誰もボールを取りに行こうとせず、やっとボールを取りにいった選手がボールを持って再開場所に戻ってきてプレーが再開されると思った瞬間、他の味方選手を呼んでスローアーを交代しようとしたため、その選手を「遅延行為」で警告。



もう一枚は、「反スポーツ的行為」。

後半の正規の時間が満了する直前、勝っているほうのチームのGKが交代することになった。味方のDFの選手が「遅延行為」で警告されていることもあり、GKはそれほど露骨に交代に時間を費やそうという素振りは見せていなかった。が、相手チームの選手が、その交代して退くGKに対して言葉汚く罵るような罵声を浴びせたため、相手チームの選手を挑発するような言動を行った、ということで警告(反スポーツ的行為)。



一瞬、「厳重注意」だけで済ませることも検討したものの、「注意」で済ませた場合に、試合の温度が一気に上昇してしまう可能性が高くなると判断し、イエローカード提示を選択。



といったところが本日の主な内容。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆