3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2016年度 私の審判活動のまとめ(集計)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




2016年度が終了したので、私の審判活動の集計です。みなさん、担当した試合、きちんとREFEREES' DIARY に記録つけてますか?



以下、自分用のメモですので、あしからず。


2016年度 (3級 U13)

 1種(主審)     ・・・  3.0
 1種(副審)     ・・・  8.0
 1種女子(副審)  ・・・  1.0 
 2種(副審)     ・・・  1.0
 2種女子(主審)  ・・・  1.0
 3種(主審)     ・・・  30.0
 3種(副審)     ・・・  10.0
 4種(主審)     ・・・  6.0
 合計        ・・・ 60.0

(主審 40.0   副審 20.0)

イエローカード    ・・・ 9枚
レッドカード      ・・・ 1枚 

※2種・・・高校生 3種・・・中学生 4種・・・小学生 社会人・・・シニアを含む


メモ。
2016年度の試合担当数は60.0試合。イエローカードの提示数は過去最多の9枚。レッドカードも1枚提示。
3級になって丸8年が経過。9年目に突入。3級昇格後に担当した試合は通算485.0試合(練習試合を含む)。 
 



以下、過去記事より転載。



2015年度 (3級 U12)

 社会人(主審)   ・・・  5.0
 社会人(副審)   ・・・  9.0 
 2種(副審)     ・・・  1.0
 2種女子(主審)  ・・・  2.0
 2種女子(副審)  ・・・  3.0
 3種(主審)     ・・・ 12.0
 3種(副審)     ・・・  6.0
 4種(主審)     ・・・ 33.5
 4種(1人制主審) ・・・  6.0
 4種(副審)     ・・・  1.0
 合計        ・・・ 78.5

(主審 58.5   副審 20.0)

イエローカード    ・・・ 8枚
レッドカード      ・・・ 1枚 




2014年度 (3級 U15U11)

 社会人(主審)   ・・・  4.0
 社会人(副審)   ・・・ 16.0 
 社会人女子(副審)・・・  1.0
 2種(副審)     ・・・  5.0
 2種女子(副審)  ・・・  2.0
 3種(主審)     ・・・ 17.0
 3種(副審)     ・・・  8.0
 4種(主審)     ・・・ 12.0
 4種(1人制主審) ・・・  0.0
 4種(副審)     ・・・  2.0
 合計        ・・・ 67.0

(主審 33.0   副審 34.0)

イエローカード    ・・・ 3枚
レッドカード      ・・・ 0枚 




2013年度 (3級 U14U10)

 社会人(副審)   ・・・  7.0
 社会人女子(副審)・・・  1.0
 2種(副審)     ・・・  1.0
 2種女子(副審)  ・・・  2.0
 3種(主審)     ・・・ 24.0
 3種(副審)     ・・・  5.0
 4種(主審)     ・・・ 11.5
 4種(1人制主審) ・・・  3.0
 4種(副審)     ・・・  1.5
 合計        ・・・ 56.0

(主審 38.5   副審 17.5)

イエローカード    ・・・ 6枚
レッドカード      ・・・ 0枚 




2012年度 (3級 U13U9)

 社会人(副審)   ・・・  5.0
 社会人女子(副審)・・・  1.0
 2種女子(副審)  ・・・  1.0
 3種(主審)     ・・・ 25.0
 3種(副審)     ・・・ 12.0
 4種(主審)     ・・・  6.0
 4種(1人制主審) ・・・  4.0
 4種(副審)     ・・・  1.0
 4種(補助審判)   ・・・  4.0

 合計        ・・・ 59.0

(主審 35.0   副審 24.0)

イエローカード    ・・・ 5枚
レッドカード      ・・・ 0枚 


 

2011年度 (3級 U12U8)

 社会人(副審)     ・・・  3.0
 社会人女子(副審)  ・・・  2.0
 3種(主審)       ・・・  3.0
 3種女子(主審)    ・・・  1.0
 3種(副審)       ・・・  7.0
 3種女子(副審)    ・・・  1.0
 4種(主審)       ・・・  24.5
 4種(1人審判主審)  ・・・  2.0
 4種(副審)       ・・・ 16.5
 4種(4th、補助審判) ・・・  4.5

 合計          ・・・ 64.5

(主審 30.5   副審 29.5)

 イエローカード     ・・・ 6枚
 レッドカード       ・・・ 0枚 


   

2010年度 (3級、U15U11U7)

 社会人(主審)     ・・・  1.0
 社会人(副審)     ・・・  5.0
 3種(主審)       ・・・  7.0
 3種(副審)       ・・・  6.0
 4種(主審)       ・・・ 20.5
 4種(副審)       ・・・ 11.5
 4種(予備審/4th)  ・・・  3.0
 2種女子(副審)    ・・・  1.0

 合計          ・・・ 55.0

( 主審 28.5   副審 23.5 )

  


2009年度 (3級、U14U10)

 社会人(副審)     ・・・  4.0
 3種(主審)       ・・・  2.0
 3種(副審)       ・・・ 11.0
 4種(主審)       ・・・ 16.5
 4種(副審)       ・・・  3.0
 4種(予備審/4th)  ・・・  6.5
 社会人女子(副審)  ・・・  1.0
 2種女子(副審)    ・・・  1.0

 合計          ・・・ 45.0

( 主審 18.5   副審 20.0 )


 

2008年度 (4級、U13U9)

 社会人(主審)   ・・・  1.0
 社会人(副審)   ・・・  2.0
 3種(主審)     ・・・  5.0
 3種(副審)     ・・・ 11.0
 3種(4th)      ・・・  1.0
 4種(主審)     ・・・  3.0
 2種女子(副審)  ・・・  1.0

 合計        ・・・ 24.0

( 主審 ・・・ 9.0  副審 ・・・ 14.0 )

 


2007年度 (4級、U12U8)

 3種(主審)  ・・・  4.0
 3種(副審)  ・・・  9.0
 4種(主審)  ・・・ 13.0
 4種(副審)  ・・・ 10.0 

 合計     ・・・ 36.0 

( 主審 ・・・ 17.0   副審 ・・・ 19.0 )




↑ 競技規則に書かれていないレフェリングのコツが満載の本です。 





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
審判記録 (2017/04/23) 主審 ×1.0 イエローカード1枚


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、三男の帯同で3種カテゴリーの公式戦の主審を1本担当。試合時間は25-5-25。



副審は、顧問の先生と三男のチームメイトのお父さん。



試合開始早々、ファウルを認定し、ハーフウェー付近でフリーキックとなった。クイック気味のキックが行われた直後、3mくらいの場所、つまり10ヤード離れていないファウルを犯した選手本人が、キックされたボールをブロックすべく足を投げ出し、その足にボールが当たった。



「あ~ぁ、やっちゃった。当たっていなければ大目にみてカードを提示しないで済ませる、ということもできたんだけどなぁ・・・」
と思いながら、笛をタンギングしながら吹いて当該の選手のところに駆け寄ってイエローカードを提示。



競技規則 2016/2017 第13条 フリーキック

3. 違反と罰則
フリーキックを行うとき、相手競技者が規定の距離よりボールの近くにいる場合、アドバンテージが適用できる場合を除いてキックは再び行われる。ただし、競技者がフリーキックをすばやく行って、ボールから9.15m(10ヤード)離れていない相手競技者がボールをインターセプトした場合、主審はプレーを続けさせる。しかしながら、相手競技者が意図的にフリーキックを妨害した場合、その競技者はプレーの再開を遅らせたことで警告されなければならない。




ファウルを犯した選手が再開場所から10ヤード離れようとしているところに、キッカーがボールをわざと蹴ってぶつけた場合や、離れようと歩いている足に蹴られたボールが偶発的に当たったのなら、そのままプレーを続けさせなければなりませんが、今回は完全に再開場所から離れないままにフリーキックを妨害する目的で行われたものなので、アウトという判断。



(キッカーがキックを行っておらず、妨害されたというアピールだけなら、試合開始直後ということで、厳重注意で済ませる、というゲームマネジメントもありだったと思います。)



この試合に勝利すると、都道府県大会出場の権利を大きく引き寄せることになるので、かなり激しい試合になると予想し、荒れる兆候を見逃さないようにするべく、かなりこまめに介入。



コーナーキックのケースで2回、スローイン時に1回、インプレー前の小競り合い(押し合い圧し合い)を、試合を停止してインプレー前に相手競技者を押していた競技者もしくは両者を近くに来るように呼び、他の競技者にも牽制する意味で、やや大きめの声で注意。(でも、結局1試合で3回も介入することになってしまいましたが・・・。)



ただ、ラフプレーや乱暴な行為などで、イエローカードやレッドカードを提示することはありませんでした。



そういう意味では、まぁまぁのゲームマネジメントができたかな、という感じ。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2017/04/22) 副審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、3級審判員仲間のYさんの紹介で、あるクラブチームの帯同分の副審を担当。U-15カテゴリーの都道府県リーグで、70分ゲーム。



主審は別のチームの関係者の方(3級)、反対側の副審はやはりYさんから紹介された、Sさん(3級)。



前半、私が担当していないほうのサイドで、ボールをクリアしたゴールキーパーに、相手競技者がアフターで突っ込んで接触し、ゴールキーパーが痛むというプレーが起きた。



ゴールキーパーは少しの間痛んでいたが、しばらくしてプレーが再開となった。



ペナルティーエリア内から守備側チームのフリーキックで再開することになったのだけれど、ゴールキーパー自身がキックを行うことになった。



ゴールキーパーが右真横にいるDFの選手に右足のアウトサイドでキック。ボールを受け取った選手はそのままドリブルを開始。「ん、インプレー要件を満たしてないじゃん。」と思ったが、主審も反対側の副審もノーリアクション。



一瞬、フラグアップ&左右に振って「ペナルティーエリア内から行われるフリーキックのインプレー要件を満たしてませんよ~。」と伝えることも考えたのだけれど、DFから最前線にボールが蹴られてそのチームがチャンスシーンを迎えるというような展開にはならなかったので、結局フラグアップなどは行わず、仕方なく私もスルーすることに。



競技規則 2016/2017 第13条 フリーキック

3. 違反と罰則

(中略)
ペナルティーエリア内で守備側チームがフリーキックを行ったとき、ボールが直接ペナルティーエリアから出なかった場合、キックは再び行われる。
(後略)



ゴールキックがペナルティーエリアから直接蹴り出されないとやり直しになることは皆さんご存知なのですけれど、ペナルティーエリア内から行われる守備側チームのフリーキックもエリアから直接蹴り出されないとやはりやり直しです。(っていうか、ゴールキックもペナルティーエリア内から行われる守備側チームのフリーキックの一種と見なすことができますね。)



結構、見落とされてというか、このルールを知らない方もいらっしゃるようで、偶に見かけます。ご存じなかった方は、ぜひ覚えておいてください。



SHUNSUKE NAKAMURA  The Secret of Direct Free Kick 中村俊輔 直接フリーキックの極意 [DVD]
ビデオメーカー (2017-03-31)
売り上げランキング: 27,275




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2017/04/15) 主審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は三男の帯同で3種(U-15)カテゴリーの公式戦の主審を担当。



オフサイドフラグアップに気が付くのが遅れたために笛が遅れたのが1回。ややプレーに巻き込まれてしまったのが2回ほど。ただしボールに当たったのはなし。



といったところが反省材料。



その他の試合中の出来事を少々。



前半キックオフを行ったチームが前半の途中で失点し、再びキックオフすることになった。キックオフを行おうとする競技者が、自陣側に蹴り込むために、両足とも相手陣地内に踏み入れた状態でキックオフを行おうとしているので、笛を吹いて再開を保留し、「両足とも相手陣地内に入った状態では行えないよ。軸足だけでもハーフウェーライン上に留まっている必要があるからね。」という注意を実施してから再開した。



競技規則 2016/2017 第8条 プレーの開始および再開

1. キックオフ
進め方
• コイントスに勝ったチームが、前半に攻めるゴールを決める。
• 相手チームがキックオフを行う。
• トスに勝ったチームは、後半開始のキックオフを行う。
• 試合の後半には、両チームはエンドを替え、反対のゴールを攻める。
• 一方のチームが得点したのち、他方のチームがキックオフを行う。

全てのキックオフの際:
• すべての競技者は、フィールドの自分たちのハーフ内にいなければならない。
• キックオフをするチームの相手競技者は、ボールがインプレーになるまで9.15m (10ヤード)以上ボールから離れなければならない。
• ボールは、センターマーク上に静止していなければならない。
• 主審が合図する。
• ボールは、けられて明らかに動いたときインプレーとなる。
• キックオフから相手競技者のゴールに直接入れて得点することができる。




これまでの「●ボールは、けられて前方に移動したときインプレーとなる」という項目はなくなったものの、「• すべての競技者は、フィールドの自分たちのハーフ内にいなければならない。」という項目はこれまで通りなので、そのルールは守ってもらわないとね。



この試合の一方のチームは、先週副審を担当したときに、ファウルスローが多かった。



スローインをあまり細かく取り過ぎると、APT(アクチュアル・プレーイング・タイム、試合中の実際のプレー時間)が短くなってしまうので、実は試合前の打ち合わせで副審のお二人には、「副審側ではラインの踏み越えだけ監視してください。」とだけお願いし、それ以外はすべて私のほうで監視します、と伝えていた。



極力ファウルスローでAPTが短くなることを避けるために・・・。



投げ方が微妙なものは、かなり黙認(投げ終わったあとに、丁寧にスローインをしましょう、というような注意は実施)したのだけれど、ラインを踏み越えてしまうことが多く、副審からファウルスローのシグナルが届いてしまう。フラグシグナルが来てしまうと、ファウルスローを取らざるを得なくなってしまう。



2回ほど踏み越えてファウルスローとなった選手がスローインを行おうとする気配があったので、「しっかりタッチラインに近づきましょう。でもラインを踏み越えないように!」と声掛けをしたにも関わらず、投げ終わったあとに副審からラインを踏み越えたという合図が・・・。(涙)



それからスローインの時のお話をもう一つ。



A2側でスローインとなった時に、スローアーのひざから出血しているのが確認できたので、ベンチにこの出血をしている選手をフィールドから退出させる旨を伝えた。1人減る状態になるので、ベンチが代わりの選手をすぐさま1人入れる雰囲気なら、再開を保留してすぐに選手交代の手続きをしようと思ったのだけれど、その気配がなかったので、1人少ないまま試合を再開した。



次のアウトオブプレー、その次のアウトオブプレーと、アウトオブプレーの度に本部および当該のチームのベンチを確認するが、一向に代わりの選手が入ってきそうな気配がない。



結局、しばらくしてから出血していた選手が、止血を終えて復帰してきた。



試合後に、クールダウンしながらその時の話をその学校のチームのコーチと話したら、「(出血した選手の代わりに)出場しようと準備するような選手が誰1人ベンチにいなかったので、代わりを入れなかった。」とのこと。なるほど。「俺を出せ!」というような積極的なアピールをするような控え選手がいなかった、ということらしい。



確かにそういう選手でなければピッチに入れても意味がないかも。



そのコーチ曰く「むしろ1人減った状態のほうが11人いた時よりも1人1のプレーは良かった。」とのことだった。各人が「相手チームより1人少ない状態だから、俺が頑張らなくては!」と思ってプレーをしたせいかも。



試合中、「なんで代わりの選手を入れてこないんだろう?」と思っていたのだけれど、そういうところを見てたのね~。



といったところが、本日の主な内容。



ジュニアサッカー 監督・コーチ入門

池田書店
売り上げランキング: 378,156




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2017/04/09) 副審 × 1.0 + 主審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、3種の公式戦の副審と主審をそれぞれ1本づつ担当。



最初は副審。三男の部活のチームの帯同分。試合時間は25-5-25。グランドコンディションは不良。私が担当したサイドのタッチラインは、コーナーエリア付近がドロドロのグッチャグッチャという感じ。ボールを追ってゴールラインまで到達した際、止まるために踏ん張ると滑って転倒することが容易に予想できたので、その付近で停止するときは、細かくステップを踏んで減速することを毎回徹底し、転倒を回避。



私が担当するサイドでは前半にオフサイドが1回のみ。ファウルサポートもなし。スローイン時にスローアーの右足がタッチラインを完全に踏み越えてフィールド内に入った状態でスローインを行ったので、ファウルスローのサポートが1回。



といったところ。



会場を移動して、今度は長男&次男が卒業した学校の部活の顧問の先生から依頼された主審。やはり試合時間は25-5-25。グランドコンディションは、かなりの不良。フィールド全体が完全にぬかるんだ状態。どこで滑って転倒してもおかしくない、という状態。



ボールが止まる止まる。



今日の1番のテーマは、「(私自身が)転ばない、ケガをしない」。



開始早々、フィールド内にできていた微妙な段差で危うく右足を捻挫しそうになった。少し痛みがあったが、瞬間的な痛みで終わりそうだったので、ほんの1~2分痛みをこらえながらのレフェリング。



しばらく右足を庇いながら走ったこと、2試合目だったこと、悪いグランドコンディションの中で滑らないようにいつもとは違う走り方をずっと実施していたことなどが影響し、ふくらはぎはパンパンな状態だったところに、飛び出していたゴールキーパーの背後を狙うループシュートが放たれた。



ボールがゴールに入るか、ボールがゴール手前で失速するか、慌てて戻るゴールキーパーがボールに追いつくか、というような感じだったので、その日1番のダッシュを実施した瞬間、両足のふくらはぎに違和感が発生。



「あ、これ以上ダッシュを続けたら、両足とも完全に攣る!」と感じたため、ダッシュをやめジョグに変更。最悪際どいシーンになってしまったら副審(3級のSさんが担当してくれていました)に判断を完全に任せることになってしまうなぁ、と思った瞬間、ボールはぬかるんだグラウンド上で完全に失速し、ゴールラインのかなり手前でゴールキーパーが余裕をもって処理する形となった。



しばらくアウトオブプレーのタイミングなどで、こまめに両足のふくらはぎのストレッチを入れるようにしたため、無事試合終了まで足を持たせることができた。



バッグの中にはエアーサロンパスが入っていたのに、なぜ1試合目終了後のクールダウン時にエアーサロンパスを噴霧しておかなかったんだろう・・・。エアーサロンパスを吹き付けておけば、もう少し楽だったかも。



【第3類医薬品】エアーサロンパスジェットα 300mL
久光製薬 (2010-07-06)
売り上げランキング: 399
 




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆