3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判のトレーニング(その32)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




所属する地区の1&2級の審判員の方々が自主的に行っている合同トレーニングに、今回も参加させてもらった。3級の私は自宅に近い会場で行われる場合のみ参加させてもらっている。



最初は、フィジカルトレーニング。
トレーニング・リーダーはTさん



筋トレ、走り方、体幹系のトレーニングをみっちりと。



続いて、プラクティカルトレーニング。
トレーニング・リーダーはNさん



ペナルティーエリア境界付近のファウルにおける副審との協力がテーマ。



参加者のケガを防止するため、オフェンス役の選手がパンツの後ろにしっぽのように出しているビブスがディフェンス役の選手に引き抜かれたところがファウルが起きたタイミング、という体でのロールプレイング。



その場所が、ペナルティーエリアの内側なのか、外側なのか。副審はどう感じて、何かシグナルしているのか、など。



最初はターゲット(ビブスをつけたオフェンス役)の選手は1名で実施。



ビブスをつけたオフェンス役を増やすことで、難易度がUP。これにオフサイドの判定やタッチジャッジを入れれば、更に難易度UP。そして、ディフェンス役もビブスをつけて、攻守どちら側がファウルを犯すかがわからないようにすれば、ほぼ実戦形式。



難易度を上げながら、時間いっぱいまで参加者全員が主審・副審役を何度もロールプレイング。




 



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
審判のトレーニング(その31)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



所属する地区の1&2級の審判員の方々が自主的に行っている合同トレーニングに、今回も参加させてもらった。3級の私は自宅に近い会場で行われる場合のみ参加させてもらっている。



最初はフィジカルトレーニング。

トレーニングリーダーはOさん。

ラダーなどを使ったアジリティー強化系のメニューをたっぷり。



給水休憩後は、プラクティカルトレーニング。

トレーニングリーダーはKさん。

参加者を、オフェンス役、ディフェンス役、審判役に分け、ペナルティーエリアの境界付近での反則に対してロールプレイング。



私が主審役の時、ペナルティーエリア内で、オフェンス役の選手がディフェンス役の選手に倒された。ディフェンス役の選手はオフェンス役の選手のやや斜め後方から、無謀なタックルを仕掛けたファウルだった。



私の判定は、タックルが真後ろから行われたものではなかったが、やや無謀なタックルだったということで、PKを与えて守備側競技者を警告するべくイエローカードを提示した。



私のレフェリングをチェックしてくださった上級審判員の方とのレビューの際、イエローカードを提示した理由を説明したのだけれど、「では、決定機の阻止に関してはどうでした?」と質問されて、ハッとした。



正直、判定した瞬間は、タックルの方向と深さに意識を奪われていて、決定機の阻止かどうかについてはあまり意識していなかった。



そこで、上級審判員さんと会話しながら、反則が行われた場所が、ゴールの右ポストとゴールエリアの右側の境界線の中間で、ゴールラインから1or2m程度の場所でボールはまっすぐゴール方向には向かっておらず、左サイドにクロスは上げられても、シュートはできなかったと思うので、決定機の阻止にはあたらない、と思います、と伝えた。



一応、私の現場で感じた感触を尊重してくださったが、外からチェックしてくださっていた上級審判員さんからは、決定機の阻止に該当するプレーに見えたような感じだったみたい。



そう、この「プレーの方向」に関しては、2017/2018の改正で少し改正が入っているんですよねぇ・・・。


競技規則 2017/2018 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則
(中略)
◦ 競技者がフリーキックで罰せられる反則を犯し、全体的にその反則を犯した競技者のゴールに向かって動いている相手競技者の得点、または、決定的な得点の機会を阻止する(下記の「得点、または、決定的な得点の機会の阻止」に規定される“警告”の場合を除く)。


※2017/2018 の改正で下線部分が追加されました。



あの場所で、あの方向だったら、「決定機の阻止」を視野に入れないといけないのかもしれません。ただ、プレー自体は「ボールをプレーしようとした足がボールに届かず相手競技者の足にのみ当たった」ものなので、例外規定に当てはまるものだとは思いますが。



実際の現場でこんなプレーが起きた場合に、きちんとここまで冷静に考えを巡らせられるかな。もし、現場で同じようなケースに遭遇し、これだけのことを瞬時に考えられることができれば、今回のトレーニングが非常に役立ったことになるのですが・・・。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2018 FIFA World Cup Russia に向けたレフェリーの取り組み


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



日本代表を含む各国の代表が最終予選を戦っています。



国際審判員の皆さんも、大会に向けて頑張っている様子が、FIFAのサイトにUPされていました。



記事の中で紹介されている映像のリンクを貼っておきます。このブログ上では再生できないので、youtube上で再生してご覧ください。



FIFAの元記事はこちら。
Referees' road to Russia continues









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判のトレーニング(その30)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




所属する地区の1&2級の審判員の方々が自主的に行っている合同トレーニングに、今回も参加させてもらった。3級の私は自宅に近い会場で行われる場合のみ参加させてもらっている。



フィジカルトレーニングはOさん。



各自で各自の状態に合わせてウォーミングアップ。(約15分間)



最初はラダー&ミニハードルを使った、アジリティー強化メニュー。



続いて、3人組でのトレーニング。



1人はライン上をサイドステップで左右に移動。もう1人が直交する別のライン上を前後に移動。最後の1人(主審役)は自分と先の2人とラインの交点で長方形になる位置に位置取りする。(主審役には広い視野が要求される。)



youtube 上に、審判団が試合前にウォーミングアップのメニューとして実施している映像がありましたので、載せておきます。





フィジカルトレーニングの最後は、体幹トレーニング。



給水休憩後は、プラクティカルトレーニング。



最初のメニューのトレーニングリーダーはKさんで、メニューはペナルティーキック関連。



試合中にペナルティーキックを宣告したあとの、セレモニーの手順の確認。更に、実際にペナルティーキックを行い、キッカー、ゴールキーパー、守備側競技者、攻撃側競技者が単独もしくは複数で違反をした場合の、再開方法と再開場所の確認。必要があれば、懲戒罰も提示しながらロールプレイング。



続いては、Uさんがトレーニングリーダーで、副審系のトレーニング。



連続する判定への対応。



まずは、タッチライン側でオフェンスとディフェンスが最後にどちらが触れたか微妙なボールを瞬時に判断してシグナルし、すぐにオフサイドラインにつき直して、今度はゴールライン側でオフェンスとディフェンスが最後にどちらが触れたか微妙なボールを瞬時に判断してシグナル。このとき、オフサイドの判定も。



最後に、参加者全員でゲームを楽しんで、本日のトレーニングは終了。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判のトレーニング(その29)

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



所属する地区の1&2級の審判員の方々が自主的に行っている合同トレーニングに、今回も参加させてもらった。3級の私は自宅に近い会場で行われる場合のみ参加させてもらっている。



前半はフィジカル系のトレーニング。



まずは、セルフでウォーミングアップ&ストレッチ。私は、その日試合を担当して、ふくらはぎにかなり疲れが出ていたので、少し軽めのアップ。



続いてラダーを使って俊敏性のトレーニング。体幹を意識しながら。身体の軸がブレないように。



その次が、紹介を兼ねてフットサルのフィットネス・テストを、1級基準で。(涙)

(2017.04.22 追記。Ariet Test と呼ばれるものです。

当然、私は1級基準では走れていません。
追記、ここまで。)



クールダウンを兼ねて、体幹トレーニング。



私が参加した回のなかで、1、2位を争うハードなフィジカルトレーニングだった。



給水休憩後は、プラクティカル・トレーニング。



まず最初は、オフサイド判定(フラッシュラグ)。

01_001.gif

こんな感じのもの。これに副審のフィジカル系のトレーニングを追加した形。



副審役の参加者がフラグをもって実際に判断し、反対側で上級審判員の方がチェック。結構、みなさんディフェンス役の選手のかかとの位置がオフサイドラインになることと、フラッシュラグの補正に苦労されていましたね。



私は、これまでに何度かこのトレーニングを受けているし、米国プロ審判協会の映像も記事にしてUPしているので、チェックしてくださった上級審判員さんと意見が分かれるということはありませんでした。
\(^o^)/



次は、ペナルティーエリア境界付近のディフェンスファウルが起きたという設定でのプラクティカル。



ファウルの判定から懲戒罰の処置などをロールプレイングで実施し、そのパフォーマンスを上級審判員の方がチェックしてくださった。



最後に、参加者全員でミニゲームを楽しんで、この日のトレーニングは終了。







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆