FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2020 レフェリング スタンダード


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







Jリーグが中断中ですが、2020年2月20日付けで、JFATVおよびJFAの競技規則のサイトに、2020シーズンのレフェリングのスタンダードに関する映像がUPされていましたので、紹介しておきます。





ハンドリングの反則のところは、しっかり頭に入れておきましょう!



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト



これを見ればVARの基本が分かる!JリーグからのVARの基本講座。


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







2/7付けで、Jリーグの動画サイトにUPされていた映像です。



1分間の映像で、本当に基本についてのみの説明ですが、「おさらい」ということで。



  



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

【公式】VAR導入のために。審判員が行っているトレーニングとは!?


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







2020シーズンのJ1は全てVARが導入されます。日本より先行している米国のMSLでも、VARが介入すべきではなかったという公式見解がでているシーンがあるように(過去記事 「Inside Video Review: MLS Week 26 (2019)」 など参照。)、日本のJ1でもきっと起きると思います。



ただ、そういうケースが1つでも減るように、J1担当の審判員の皆さんがVARのトレーニングを積んでいる、ということも知っておいていただけたら、ということでJリーグ公式チャンネルに、UPされている映像を紹介しておきます。



まだご覧になっていない方は、ぜひご確認を。

【公式】VAR導入のために。審判員が行っているトレーニングとは!?




以下、JリーグのVARに関するニュースリリース

ビデオ・アシスタント・レフェリー導入について(2019/01/24)

2020シーズンのビデオアシスタントレフェリー導入試合について(2019/09/24)



☆ 関連記事 ☆

「Inside Video Review: MLS Week 26 (2019)」

「Inside Video Review: MLS Week 30 (2019)」

「Inside Video Review: MLS Week 31 (2019)」

「Inside Video Review: MLS (2019) のまとめ」




 ← 今ならキャンペーンの割引があるようです



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

競技規則改正 2019/20(主な改正と明確化の概要)のPDFより


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







2019年5月21日付け記事、
「競技規則改正 2019/20(主な改正と明確化の概要) のPDFファイルほか」
で、日本協会のサイトにUPされているPDFファイルを紹介するとともに、変更箇所の内容のかなりラフな抜粋をしておきましたが、ちょっとラフすぎるので、試合前に「ささっと」確認できるように、簡単にメモにしておこうと思います。



競技規則改正 2019/20(主な改正と明確化の概要)



あくまで、3級審判員が現場で困らないようにするためのメモなので、絶対に必要のないRRAとかVORなどVARに関係する項目などは載せませんので、あしからず。また、内容を把握するためのメモなので、競技規則通りの文言を使用していないこともご了承を。



・チーム役員にもイエロー/レッドが提示できる。特定できない場合は、より上位のコーチに。(第5条)(第12条)
・PKになった場合、キッカーは負傷の状況の確認やフィールド内での治療を受けてからキックを行うことができる。(第5条)
・トスに勝ったチームは、キックオフも選択可能。(第8条)
・ドロップボールの方法の一部変更。
 ペナ内はGKにドロップ。ペナ外の場合は、最後に触れた場所で最後に触れたチームの任意の選手にドロップ。その他の選手は4m以上離す。(第8条)
・ボールが審判員に当たってゴールに入ったり、攻守が変わったり、新たな攻撃が始まった場合、ドロップボール。(第9条)
・相手ゴールにボールを投げ入れて得点することができない。(第10条)
・GKが自陣ペナ内で不正に「ハンド」しても、懲戒罰はなし。(※バックパスが頭上を越えてゴールに入りそうになった場合など)(第12条)
・GKが手で扱うことができないボール(味方のスローインやバックパス)をキックミスしたあとは、手で扱える。(第12条)
・懲戒罰の準備が整う前にクイックリスタートで得点の機会が得られそうな場合に限って、懲戒罰の提示を次のアプトオブプレーのタイミングまで待つことが可能。(ただしDOGSOのレッドは、結果に関わらずイエローに格下げとなる。)(第12条)
・得点が取り消されても、その「取り消された得点」を喜び過ぎていた場合のイエローは取り消しにはならない。(第12条)
・言葉による反則は、すべて「間接FK」で再開。(第12条)
・物をけりつける反則は、、物を投げつける反則と同じ方法で罰せられる。(第12条)
・「間接FK」の合図は、直接得点にならないと判断できた時点で「下げて良い」。(第13条)
・ペナルティーエリア内からの守備側チームのキックは、けられて明らかに動いた時点でインプレー。(第13条)
・壁が3人以上の場合、攻撃側は1m以上壁から離れる。1m以内に侵入したら、守備側の「間接FK」。(第13条)
・PK時、GKはゴールポスト・クロスバー・ネットに触れていないこと。(第14条)
・PK時、GKは少なくても片足をゴールラインか、ラインの上方に置いていなければならない。ラインの後方にいることはできない。(第14条)
・PKの合図後、キックの前に反則が犯された場合、懲戒罰を提示後にキックを行わなければならない。(第14条)
・スローイン時、相手競技者はスローアーからではなくスローインされる場所から2m以上離れなければならない。(第15条)
・ゴールキック時、けられて明らかに動いた時点でインプレー。ペナルティーエリアから出る必要はない。(第16条)



2019/2020年度版の競技規則で担当する場合、あるいは更新や割り当てを受けるための試験の前に、このページをご利用ください。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

過去記事をいくつか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ








ボールに先に触れてもレッドカードになるケースはあります。「ボールだろ!」という言葉は、解説者の言葉としては妥当ではありませんね。

「ボールに先に触れても反則(退場)となるケース … 2011 Referee Week in Review - Week 21 (米国サッカー協会)より」


あるいは

「(問題)ノーファウル or イエローカード or レッドカード。(あなたの判断は?)」

あたりの記事も思い出していただきたいところ。



ただ、下の映像のシーン(主審は「レッド」、VARは「イエロー止まり」という見解で介入が入ったケースで、米国プロ審判協会は、VARが介入すべきしきい値には達していなかった、つまりVARが介入すべきではなかった、という見解。)に通じるものがあるような気もするので、今回の介入が本当に妥当だったのかどうか、というところには興味がありますね。



過去記事 「Inside Video Review: MLS Week 11 (2019)」


PKのシーンは、

相手の足の軌道上にスパイクの裏を置きにいった、という判断ですね。蹴られたのではなく、後ろからスパイクの裏を置きに行ったでしょ、という判断。



「相手競技者のキックの軌道上にスパイクの裏を置きに行くと反則(イエロー)」というお話は、

「2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選(2015.09.03 日本代表 vs カンボジア代表)の公式記録ほか」
とか
「EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会 第2節 日本代表 vs 香港代表(2019.12.14)の試合データほか」


といった、過去記事をご参考にどうぞ。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆