FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
10月8日付け記事のフォローアップ



10月8日付け記事 「(問題)ペナルティーキックがインプレーになる前に飛び出したゴールキーパーによって弾かれたボールを、やはりインプレー前にペナルティーエリア内に侵入していた攻撃側競技者がゴールに押し込んだ場合の再開方法は?」 のフォローアップです。



まずは、アンケートの回答の入力にご協力くださった皆様、ご協力ありがとうございました。また、多くの皆様にバナークリックのご協力もいただきましたことを、お礼申し上げます。



できましたら、本日もバナークリックにご協力いただければ幸いです。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ ← クリックのご協力を。





このプレーの再開方法を問うものでした。本日までに359名という非常に多くの方に、回答の入力をいただきました。それでは、回答数と正答率です。

1)キックオフで再開する。(得点を認める)     
  ・・・ 回答数 21
2)ゴールキーパーを警告し、得点を認めてキックオフで再開する。
  ・・・ 回答数 20
3)ペナルティーキックをやり直す。
  ・・・ 回答数 75 ← 正解 正答率 20.6%
4)ゴールキーパーを警告し、ペナルティーキックをやり直す。
  ・・・ 回答数216
5)守備側チームの間接フリーキックで再開する。
  ・・・ 回答数 28



約2割の方しか、正しい再開方法を選んでいませんでした。この記事をきっかけに、現場で正しい再開方法を選ぶレフェリーが増えることを願うばかりです。




 ← 23インチのモニターがこの値段で買えるのかぁ・・・。そろそろこの19インチのモニターを更新しようかな。でも、まだ使えるしなぁ・・・。



☆ 関連記事 ☆

「(問題)ペナルティーキックがインプレーになる前に飛び出したゴールキーパーによって弾かれたボールを、やはりインプレー前にペナルティーエリア内に侵入していた攻撃側競技者がゴールに押し込んだ場合の再開方法は?」



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト



(問題)ペナルティーキックがインプレーになる前に飛び出したゴールキーパーによって弾かれたボールを、やはりインプレー前にペナルティーエリア内に侵入していた攻撃側競技者がゴールに押し込んだ場合の再開方法は?


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



またまた、米国プロサッカー協会の映像を借りて、出題します。下の映像をご覧になり、回答を入力ください。






ポイントを整理しておきます。
1)ゴールキーパーは、インプレー前にゴールラインから離れています。
2)キッカーは反則を犯していません。
3)インプレー前にペナルティーエリア内に侵入したキッカーの味方競技者が、ゴールキーパーが弾いたボールをゴールに押し込んでいます。
4)ゴールキーパーの味方競技者(守備側競技者)は反則を犯していません(反則を犯していないものとします)。

これらを踏まえて、

正しい再開方法は?

1)キックオフで再開する。(得点を認める)
2)ゴールキーパーを警告し、得点を認めてキックオフで再開する。
3)ペナルティーキックをやり直す。
4)ゴールキーパーを警告し、ペナルティーキックをやり直す。
5)守備側チームの間接フリーキックで再開する。







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← バナークリックがお済の方のみ、スクロールして正解をご確認ください。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 正解をご覧になる前に1回だけで結構ですのでクリックしてくださいますよう、お願いいたします。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 最近、クリックにご協力してしてくださる方が少なくなっているので、スクロールが多くなります。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ今回、たくさんクリックのご協力がいただけると、多分次回のスクロール量はぐっと減ります。(笑)






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ クリックはお済ですよね?






それでは解説です。



ボールがゴールに入っているので、
1)は攻撃側競技者の反則がなかった場合の再開方法なので、不正解。
2)は、得点を認めているのに更にゴールキーパーが警告されることになっていて、守備側には重すぎる罰となっていますのでありえません。不正解。
4)は、ゴールキーパーが違反をしてボールがゴールに入らなかった場合の再開方法なので、不正解。
5)は、キッカーがボールを後方に蹴った場合の再開方法なので、不正解。(ボールがゴールに入った場合で警告なしの守備側間接FKとなるのは、キッカーがボールを後方に蹴って、他の攻撃側競技者がそのボールを蹴ってボールがゴールに入った場合のみ)



競技規則の要約表を載せておきますので、今一度ご確認を。

lowofthegame_2019-2020_14_3_002.jpg



ゴールキーパーが反則して一時的にボールをセーブしていますが、(主審がアドバンテージを適用して)ボールがゴールに入った形になっているので、競技規則的には「ボールがゴールに入った」として考えるようです。



今回のケースは、ゴールキーパー(守備側競技者)とキッカーではない攻撃側競技者、つまり両チームの競技者が反則を犯しているので、下の条文が適用されます。

競技規則 2019/2020 第14条 ペナルティーキック

2. 反則と罰則
(中略)
◦ 競技者がより重大な反則(例えば不正なフェイント)を犯した場合を除き、両チームの競技者が反則を犯した場合、キックが再び行われる。(後略)


(ボールがゴールに入っているので、ゴールキーパーは警告されません。)



皆さん、正解を選ぶことができましたか? 「ゴールキーパーへの警告」を意識してもうらうような選択肢にしておきましたが、引っかかっていませんよね? 



「ボールがゴールに入っている時点で、『ゴールキーパーの警告』が入っている選択肢は除外できる。」ということがしっかり頭に入っていれば、選択肢は1)3)5)だけになっていたはずです。



ということで正解は、
3)ペナルティーキックをやり直す。
です。



ま、この記事で再開方法はともかく、「ボールがゴールに入ったのにゴールキーパーが警告される、というようなケースは存在しない。」ということだけでも覚えていただければ、現場で重大な適用誤りをしてしまう可能性がぐっと減ると思いますので。




米国プロ審判協会の解説を聞いたり読んだりしたい、という方は、

WATCH // Inside Video Review: MLS Week 26
あるいは
The Definitive Angle: MLS Week 26
をご覧ください。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 今日の記事は参考になりましたか?
  


[カシオ] 腕時計 スタンダード W-735H-1AJF ブラック
CASIO(カシオ) (2014-10-17)
売り上げランキング: 89





☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

(問題)このゴールは認めるべき?それとも認めない?


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



米国プロサッカー協会の映像を借りて、出題します。下の映像をご覧になり、回答を入力ください。




(問題)黒チームの得点を
1)認める。
2)認めない。

なお、黒チームにオフサイドの反則はありません。(要するに赤の選手が倒れたことに対して、どう考えるべきか、という問題です。)







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← バナークリックがお済の方のみ、スクロールして正解をご確認ください。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 正解をご覧になる前に1回だけで結構ですのでクリックしてくださいますよう、お願いいたします。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ



それでは、正解です。

正解は、
「2)認めない。」
です。



皆さん正解を選ぶことができましたか?



米国プロ審判協会は、「接触は意図的なものではなかったが、不用意に相手競技者を躓かせていて、その相手競技者が躓いたことで、マークが外れ、躓かせた張本人である攻撃側競技者がリターンボールに対してフリーな状態で走り込むことができ、ボールをゴールに押し込むことができた。」というような感じの見解です。



上の文章は、米国プロ審判協会のこちらの記事に記載があります。



一応、元記事から関係する部分を抜粋しておきます。

PRO’s Decision: This action, which was off-the-ball and had not been seen by the on-field officials, was almost certainly unintentional; however, it was careless and took Davis out of the play as it caused him to fall, thereby giving Kaye a clear unmarked run onto a return ball from which he scored.

The referee correctly canceled the goal and awarded a direct free kick to New York Red Bulls.



これ、普通ならオフ・ザ・ボールの動きの中での偶発的な接触として、ノーファウルで処理されるような接触です。なので、上の映像でもレフェリーはそのままプレーを流していますが、VARがAPP(Attacking Possession Phase)が継続している中で、接触があり、相手競技者を躓かせたことでフリーになった競技者がシュートを放ったことを確認して、レフェリーにビデオレビューすることを推奨しました。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 今日の記事は参考になりましたか?
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

競技規則 2019/2020 日本語版PDFがUPされました


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2019/2020年度版の日本語版競技規則が日本協会のサイトにUPされました。

サッカー競技規則2019/20 ・・・ PDFファイル

恐らく、審判員資格保有者(今年度新規に取得された方を除く)には、まもなく郵送されてくるとは思いますが、それまで待てない、という方は、上のリンク先のPDFファイルをどうぞ。


なお、

2019/20年の競技規則改正について [19.05.16]

【別紙1】サッカー競技規則2019/20_主な改正の概要[19.05.16]

【別紙2】サッカー競技規則2019/20_適用開始日について[19.05.16]

の通達および通達に付随する資料もご確認を。



それから、競技規則 2019/2020 の内容を反映させた(チーム役員に対する懲戒罰(警告・退場)の記録が記載できる)審判報告書のフォーマット(日本協会版)はこちら








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

5月6日付け記事のフォローアップ


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




5月6日付け記事 「(問題)再開方法は?(ファウル? or シミュレーション? or ノーファウル?)」 のフォローアップ記事です。



本日までに、140人の方が、回答の入力にご協力くださいました。皆様、ご協力ありがとうございました。なお、間もなく 5月16日付け記事 「(問題)これはオフサイドですか?」 のフォローアップ記事をUPする予定です。まだ回答の入力がお済でない方は、お早めに。



回答数と正解率は、以下の通りです。

1)白チームの直接フリーキックで再開する ・・・27名 ← 正解
2)青チームの間接フリーキックで再開する ・・・25名
3)青チームのスローインで再開する     ・・・88名

ということで、正解率は19.3%でした。



足を蹴られてしまうのを避ける動きと、ファウルされたフリをして主審を騙そうとする動きの違いをしっかり現場で見極めて判断しましょう。



詳しくは、過去記事 「(問題)再開方法は?(ファウル? or シミュレーション? or ノーファウル?)」 をご覧ください。








☆ 関連記事 ☆

「(問題)再開方法は?(ファウル? or シミュレーション? or ノーファウル?)」



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆