3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
(問題)1対1になったゴールキーパーがペナルティーエリアの外で相手競技者を倒してしまったがボールはゴールに入った、さぁどうする?


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



コメント欄にいただいた質問の回答を書きかけたのですが、折角ですので記事にしてUPしておきます。



(問題)1対1になったゴールキーパーがペナルティーエリアの外で相手競技者を倒してしまったが、ボールはゴールに入った。さぁ主審のあなたはどう対応する?

補足情報。
・ゴールキーパーは自分がペナルティーエリアの外に出たことを自覚しており、足でボールに触れようとしましたが、ボールには触れることができず、相手競技者の足だけを引っかける形で倒してしまいました。
・ゴールキーパーが相手競技者を倒した瞬間からボールがゴールに入るまでの間、「笛は吹かなかった」とします。



適切だと思う選択肢を選んで回答ください。

1)フリーキックを宣告し、ゴールキーパーを退場処分にする
2)フリーキックを宣告し、ゴールキーパーを警告する
3)得点を認めたのち、ゴールキーパーを退場処分にする
4)得点を認めたのち、ゴールキーパーを警告する
5)得点を認め、キックオフで再開する(懲戒処置はしない)




(選択肢の項目を修正しました。)



それでは解説です。



あ、そうそう、解説を読まれる前に、
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。



ゴールキーパーがファウルを犯したのち、ボールがゴールに入っているということは、プレーの方向はゴール方向であり、他の守備側競技者が付近にいなかったということが分かります。



従って明らかに「決定的な得点の機会の阻止」という状態だったことになります。そして、反則(ファウル)はペナルティーエリアの外で行われているので、「3重罰の解消の対象」にはならず、本来であればゴールキーパーは退場処分となるべきシーンです。



が、この場合、アドバンテージの適用が認められます。(できればアドバンテージのコールをしておくほうが望ましい。)



原則として、退場処分となるような反則が起きた場合、アドバンテージを適用すべきではない、と競技規則には書かれていますが、「違反直後に得点の機会がない限り」という但し書きがついています。



競技規則 2016/2017 その他のアドバイス

1. アドバンテージ
主審は、違反または反則のいずれかが起きたときにアドバンテージを適用することができるが、アドバンテージを適用するのかプレーを停止するのかを判断するうえで、次の状況を考慮する。

• 反則の重大さ。違反が退場に値する場合、違反直後に得点の機会がない限り、主審はプレーを停止し、競技者を退場させなければならない。
(後略)




設問のシーンのような場合、違反直後に得点の機会が継続しているので、慌てて笛を吹いて試合を止めずに「少し待つ」という余裕が必要です。もし、戻ってきた守備側競技者にクリアされてしまったり、ボールがゴールから逸れてゴールラインを割ってしまったなら、その時点で笛を吹いて、ファウル認定をして直接フリーキックをコールします。



(これは反則がペナルティーエリア内で行われた場合にもあてはまります。詳しくは過去記事 「決定機の阻止と笛のタイミング ・・・ Play of the Week 2014 week 10 」 をご覧ください。)



さて問題のケースでは、笛が保留されているので、アドバンテージが適用され、得点を認めることができます。(というか、得点を認めなければなりません。)



その場合、本来退場処分となるべきゴールキーパーの懲戒処分が変わってきます。これはきちんと競技規則の第12条に規定されています。


競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

3. 懲戒処置
(中略)
アドバンテージ
警告や退場処分となる反則に対して、主審がアドバンテージを適用したとき、この警告や退場の処置は、次にボールがアウトオブプレーになったときに実施されなければならない。ただし、決定的な得点の機会の阻止と判断される反則がありながらも、主審の判断 によりアドバンテージが適用され、その結果として得点となった場合、その反則を犯した競技者は反スポーツ的行為で警告される。




ですので、この問題のケースの場合、得点後のキックオフの前に、ゴールキーパーを「反スポーツ的行為」で必ず警告しなければなりません。



従って、問題の正解は
4)得点を認めたのち、ゴールキーパーを警告する
となります。



ちなみに、ファウルのあと、ボールがゴールに入る前に笛を吹いてしまった場合には、
1)フリーキックを宣告し、ゴールキーパーを退場処分にする
で対応しなければなりません。



☆ 関連記事 ☆

「決定機の阻止と笛のタイミング ・・・ Play of the Week 2014 week 10 」

「決定的な得点の機会の阻止があっても慌てて笛を吹いてはいけない ・・・ Play of the Week 2015 Week 8」



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですよね?








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
「ファウル」と「ファール」どちらが正解なのか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




サッカーの英語版の競技規則には「Foul」という言葉があり、これを日本語版の競技規則では「ファウル」と訳しているので、このブログ上でも必ず「ファウル」という言葉を使っています。



「Foul」 なんだから「ファール」という表現を使ってもいいんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるのではないか、と思います。



しかしながら、日本サッカー協会はホームページ上の JFA・Jリーグ サッカー用語集 の中で、

一般的なサッカー用語英文表記  解説 誤った使い方、サッカー界
では使用していない用語
ファウルFoulファール、と音引きに
しない。


と記載しています。



コメント欄にコメントをくださる方が、結構「ファール」という言葉をお使いになられているので、ちょっと記事にして紹介させていただくことにしました。



サッカーレフェリーズ〈2016/2017〉
浅見 俊雄 日本サッカー審判協会
アドスリー
売り上げランキング: 196,383




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

オブストラクションとインピーディングの違い


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




コメント欄にご質問をいただいたので、記事にさせていただきます。



サッカーでは、ボールが自分のプレイエリア内に存在している場合に限り、相手競技者の動きをブロックすることが許されています。(「スクリーン」プレーと呼ぶこともあります。)



で、ボールが自分のプレイエリアにはなく、そして自分がボールをプレーしようとせずに、ただ単純に相手競技者がボールに向かうことを妨げることを、現在の英語版の競技規則では「impede」という動詞を使って「反則」だと定義しています。



ここからは推測なのですが、古い競技規則では、このimpedeという動詞の代わりに、「obstruct」という動詞もしくはその名詞形である「obstruction」という単語が使われていたのではないでしょうか。(少なくとも2004年度版の英語版の競技規則では既にimpedeが使われています。)



ですので、結論からいうと、サッカーで相手競技者の進行を妨げる反則のことを、昔は「オブストラクション」といったのだけれど、現在は競技規則の言葉を正しく使用して表現するなら「インピーディング」となります、ということですね。



で、これまでは「身体的な接触を用いずに相手競技者の進行を妨げた場合」は「インピーディング」として間接フリーキックで罰せられる反則で、「身体的な接触を用いて相手競技者の進行を妨げた場合」は「ホールディング(相手競技者を押さえる)」として直接フリーキックで罰せられる反則という感じでした。



しかし、2016/2017年度の改正で、

直接フリーキックで罰せられる反則の1つに、
身体的な接触によって相手競技者を妨げる。
・impedes an opponent with contact
が新たに追加されました。



そして、間接フリーキックで罰せられる反則のほうは、
身体的接触を伴わずに、相手競技者の進行を妨げる。
・impedes the progress of an opponent without any contact being made
という形で、アンダーラインの部分が追加されました。



つまり、ボールがプレイエリアにない状態で相手競技者の進行を妨げた場合、身体的な接触があれば「直接FK」で、身体的な接触がなければ「間接FK」で罰せられる反則になりますよ~、という形になりました。



もしかしたら、身体的な接触を用いて相手競技者の進行を妨げているのに、間接FKで罰してしまっていることが散見されていたので、両者を区別しましょう、ということで文章が見直されたのかもしれませんね。



☆ 関連記事 ☆

「オブストラクション(インピーディング)」



[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS TIMERS11国内メーカー1年保証つき  RFT-100-1JF
CASIO(カシオ) (2007-03-22)
売り上げランキング: 94





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2017シーズンの競技規則スタンダード


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




Jリーグ公式チャネルがUPしている動画に、日本サッカー協会審判委員会副委員長の上川さんが、Jリーグ開幕直前にレフェリングのスタンダードについて解説している映像がありましたので、紹介しておきます。



「このレフェリング・スタンダードですが、選手や審判だけではなく、『サッカーに関係するすべての方々が正しい競技規則の解釈、適用について、同一した理解が得られるようにすることを目的に作られたものです。』」



結構、実際の現場で遭遇した時に判断に迷うようなプレーのシーンがたくさん含まれていると思います。審判活動される方は、ぜひ何度も繰り返してご覧になられることをお薦めします。



ハンドの基準、皆さんの基準と同じでしたか???



違和感を感じた方は、先日の記事 「ハンドリングかどうかを瞬時に見極める ・・・ Play of the Week 2016 Week 29」 もどうぞ。







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

(問題)ゴールキーパーが手で触れることができないボールは?

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




まずは、競技規則の確認から。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

2. 間接フリーキック
競技者が次のことを行った場合、間接フリーキックが与えられる:
(中略)
ゴールキーパーが自分のペナルティーエリア内で、次の反則のいずれかを犯した場合、間接フリーキックが与えられる:
(中略)
・ ボールが味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされる
(後略)




今日の記事は、いわゆるバックパスに関するお話です。



さて、バックパスはどこからがバックパスなのでしょうか? アンケート機能を利用して、皆さんの認識を確認してみたいと思いますので、回答のご協力を。











にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。





今回は、正解というよりは、私の見解です。(あくまで私見ということにしておきます。)




日本語版では

・ ボールが味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされる

と書かれていますが、英語版ではどう表現されているかというと

•it has been deliberately kicked to the goalkeeper by a team-mate

となっています。



日本語で「キック」と表現すると、脚のどの部分を使っても「キック」になってしまう感覚なのですが、オックスフォード英英辞典のオンライン版でkickを調べてみると、

[transitive, intransitive] to hit somebody/something with your foot
(人や物をあなたのfootで打つこと)

と書かれています。



じゃぁ、footはオックスフォード英英辞典のオンライン版でどう説明されているか、というと

[countable] the lowest part of the leg, below the ankle, on which a person or an animal stands
(脚の最下部、足首以下、・・・)

と書かれています。



つまり、英語を母国語として使っている人にとっては、競技規則の
•it has been deliberately kicked to the goalkeeper by a team-mate
の文章は、

「味方競技者がゴールキーパーに対して意図的に足首以下の部分を使って蹴ったボール」
というニュアンスで読み取っているものと思われます。



なので、一応、1)が正解になるんじゃないかな、と。



ただし、その試合の主審の基準が1)ではない可能性があるので、選手の皆さんはくれぐれもご注意を。(すねでボールを扱ってバックパスの反則を取られても、当方では責任を負いかねます。笑)



ちなみに、一旦足首以下でボールを扱ったあと、最後に膝でゴールキーパーにパスをした場合、競技規則の裏をかいたという理由(反スポーツ的行為)で罰せられます。ゴールキーパーがボールに手で触れたかどうかは問われず、即アウトの反則です。



競技規則を確認しておきます。



反スポーツ的行為に対する警告
(中略)
• 競技者が競技規則の裏をかき、(フリーキックからも含め)意図的に味方のゴールキーパーに頭や胸、膝などでボールをパスする。ゴールキーパーがボールに手または腕で触れたか否かは関係しない。
(後略)




(この文章が頭に入っている方は、上の問題において1)or2)を選択されたハズだと思いますが・・・。)




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 今日の記事はいかがでしたか?クリックのご協力を。



☆ 関連記事 ☆

「味方が足で蹴ったボールでもゴールキーパーが手でさわれる場合」







  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆