3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
決定機の阻止のサンプル(その6)(2017 J2 第16節 金沢 vs 松本)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2017明治安田生命J2リーグ 第16節 退場に伴う廣井 友信選手(金沢)の出場停止処分について

【処分理由】
2017年5月28日(日)2017明治安田生命J2リーグ 第16節(ツエーゲン金沢 vs 松本山雅FC)の試合において廣井 友信選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手は相手選手の決定的な得点機会を反則行為により阻止したことから、「著しい反則行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。





拡大リプレイの映像がないので、何とも言えないのですが、廣井 友信選手はボールをプレーできる可能性がない状況で相手競技者を倒しているので、もし反則がペナルティーエリア内で起きていたとしても、レッドカードの対象です。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、意図的にボールを手や腕で扱う反則により、相手チームの得点、または、決定的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所に関わらず、その競技者は退場を命 じられる。

競技者が自分のペナルティーエリア内で相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、反則を犯した競技者は、次の場合を除き警告される:
• 相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則の場合。あるいは、
• 反則を犯した競技者がボールをプレーしようとしていない、または、その競技者が ボールに挑む可能性がない。あるいは、
• 反則がフィールド上のどこであってもレッドカードで罰せられるものであるとき(例 えば、著しく不正なプレー、乱暴な行為など)。

上記の状況すべてにおいて、その競技者は退場となる。

次の状況を考慮に入れなければならない:
• 反則とゴールとの距離
• プレーの方向
• ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
• 守備側競技者の位置と数




この試合の公式試合データはこちら
2017 J2 第16節 金沢 vs 松本



上記GIF動画の元になっている、ツエーゲン金沢の公式アカウントがUPしているハイライト映像はこちら。










にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
過剰な力のサンプル(その2) (2017 J2 第16節 横浜 vs 名古屋)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




2017明治安田生命J2リーグ 第16節 退場に伴う佐藤 謙介選手(横浜FC)の出場停止処分について

【処分理由】
2017年5月27日(土)2017明治安田生命J2リーグ 第16節(横浜FC vs 名古屋グランパス)の試合において佐藤 謙介選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、過剰な力で相手選手を踏みつける行為は「著しい反則行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。




Jリーグの公式チャネルにもこの映像はあるのですが、これだとスタンピング(踏みつけ)の様子がよくわかりません。グランパスの公式チャネルがUPしている映像には、下のような拡大リプレイがありましたので、今回はグランパスがUPしているハイライト映像をGIF化しました。




ぱっと見、やや厳しい懲戒罰のように感る方もいらっしゃるとは思いますが、相手競技者が選手生命にかかわるような重傷を負いかねないプレーなので、致し方無いと思います。



ちなみに、「踏みつける」という言葉の反則は、競技規則には存在しておらず、「ける」の反則に含まれます。なので、必要以上な強さで相手競技者を強く踏みつける行為は、「過剰な力でける」反則とみなされます。

競技規則 2016/2017 ファウルと不正行為

1. 直接フリーキック
競技者が次の反則のいずれかを不用意に、無謀に、または、過剰な力で犯したと主審が判 断した場合、直接フリーキックが与えられる:
• チャージする。
• 飛びかかる。
• ける、またはけろうとする。
• 押す。
• 打つ、または、打とうとする(頭突きを含む)。
• タックルする、または、挑む。
• つまずかせる、または、つまずかせようとする。

(中略)

• 過剰な力とは、競技者が必要以上の力を用いて相手競技者の安全を危険にさらすこと であり、このようにプレーする競技者には退場が命じられなければならない。

(後略)




この試合の公式試合データはこちら。
2017 J2 第16節 横浜 vs 名古屋



上記GIF動画の元になっている名古屋グランパスの公式アカウントがUPしているハイライト映像はこちら。










にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

よく見てたなぁ ・・・ PKの2度蹴り (Manchester City vs Leicester 2017/05/13 の試合から)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






上の映像では、キッカーが足を滑らせただけのように見えますが、実は、





滑ってボールより前に出ていた軸足に効き足で蹴られたボールが当たっているので、反則になります。



競技規則を確認しておきます。

競技規則 2016/2017 第14条 ペナルティーキック

1.進め方
(中略)
ボールは、けられて明らかに動いたときインプレーとなる。
他の競技者がボールに触れるまで、キッカーは再びボールをプレーしてはならない。
(後略)


本人に2度ボールに触れる意志がなくても当たってしまっているので、2度プレーしたと見なされます。



基本的にサッカーでは、リスタートに携わった選手が連続してボールに触れてはいけない、というルールがあります。(詳しくは、過去記事 「リスタート者がインプレー後に続けてボールに触れてしまったら・・・」 参照。



分かりやすい2度蹴りなら、誰でも気が付くのですが、上の映像のように、瞬間的に2度連続して触れた場合と、ゴールポストあるいはクロスバーから跳ね返ったボールに触れた場合は、見逃してしまいがちですので、皆さん現場でお気を付けください。



ちなみに、ゴールポストやクロスバーから跳ね返るのはペナルティーキックの時だけとは限りません、フリーキックやコーナーキックでも起こりうるので、注意が必要です。





上の映像は、2014.10.14 日本代表 vs ブラジル代表 の親善試合で起きた出来事です(ちなみに、主審は見逃しています。過去記事  「サッカーにはリスタート者が連続してボールに触れちゃいけない、というルールが存在する」 参照。)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 今日の記事は参考になったよ、という方は、すみませんがクリックのご協力を。



☆ 関連記事 ☆

「リスタート者がインプレー後に続けてボールに触れてしまったら・・・」

「サッカーにはリスタート者が連続してボールに触れちゃいけない、というルールが存在する」







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

決定機の阻止のサンプル(その5)(2017 J2 第12節 金沢 vs 千葉)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



同じ試合で、同じ理由で別のレッドカードが出ています。(昨日付けの記事 「決定機の阻止のサンプル(その4)(2017 J2 第12節 金沢 vs 千葉)」 参照)




2017明治安田生命J2リーグ 第12節 退場に伴う若狭 大志選手(千葉)の出場停止処分について

【処分理由】
2017年5月7日(日)2017明治安田生命J2リーグ 第12節(ツエーゲン金沢 vs ジェフユナイテッド千葉)の試合において若狭 大志選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、
同選手は相手選手の決定的な得点機会を反則行為により阻止したことから、「著しい反則行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする。






Jリーグ公式チャンネルのハイライト映像には、拡大リプレイがないので、若狭大志選手が相手競技者を押さえているのか押しているのかがはっきりしませんが、、少なくとも自分ではボールをプレーできる可能性がないので、例え反則が行われた場所がペナルティーエリア内であっても、レッドカードが提示されます。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、意図的にボールを手や腕で扱う反則により、相手チームの得点、または、決定的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所に関わらず、その競技者は退場を命 じられる。

競技者が自分のペナルティーエリア内で相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、反則を犯した競技者は、次の場合を除き警告される:
• 相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則の場合。あるいは、
• 反則を犯した競技者がボールをプレーしようとしていない、または、その競技者が ボールに挑む可能性がない。あるいは、
• 反則がフィールド上のどこであってもレッドカードで罰せられるものであるとき(例 えば、著しく不正なプレー、乱暴な行為など)。

上記の状況すべてにおいて、その競技者は退場となる。

次の状況を考慮に入れなければならない:
• 反則とゴールとの距離
• プレーの方向
• ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
• 守備側競技者の位置と数



この試合の公式試合データはこちら。
2017 J2 第12節 金沢 vs 千葉



上記GIF動画の元になっているJリーグ公式チャンネルがUPしている公式ハイライト映像はこちら。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。


アンブロ レフリー3点セット BLK UAS6608S
デサント
売り上げランキング: 26,525



  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

決定機の阻止のサンプル(その4)(2017 J2 第12節 金沢 vs 千葉)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2017明治安田生命J2リーグ 第12節 退場に伴う野田 紘史選手(金沢)の出場停止処分について

【処分理由】
2017年5月7日(日)2017明治安田生命J2リーグ 第12節(ツエーゲン金沢 vs ジェフユナイテッド千葉)の試合において野田 紘史選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、
同選手は相手選手の決定的な得点機会を反則行為により阻止したことから、「著しい反則行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする。






金沢の5番(太田 康介選手)がプレーの方向がゴール方向から逸れているというようなアピールをしているように見えます。(あくまで私個人の推測です。)



確かにプレーの方向が少しゴール方向からずれているようにも感じられるのですが、ゴールキーパーがそれほど前に出てきてはいない状況であるため、じゅうぶんゴール方向に軌道を修正できる余裕(スペース)があったという判断だと思います。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、意図的にボールを手や腕で扱う反則により、相手チームの得点、または、決定的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所に関わらず、その競技者は退場を命 じられる。

競技者が自分のペナルティーエリア内で相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、反則を犯した競技者は、次の場合を除き警告される:
• 相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則の場合。あるいは、
• 反則を犯した競技者がボールをプレーしようとしていない、または、その競技者が ボールに挑む可能性がない。あるいは、
• 反則がフィールド上のどこであってもレッドカードで罰せられるものであるとき(例 えば、著しく不正なプレー、乱暴な行為など)。

上記の状況すべてにおいて、その競技者は退場となる。

次の状況を考慮に入れなければならない:
• 反則とゴールとの距離
• プレーの方向
• ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
• 守備側競技者の位置と数





この試合の公式試合データはこちら。
2017 J2 第12節 金沢 vs 千葉




上記GIF動画の元になっているJリーグ公式チャンネルがUPしている公式ハイライト映像はこちら。





[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード W-735H-1AJF メンズ
CASIO(カシオ) (2014-10-17)
売り上げランキング: 940




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆