FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
DOGSO大特集 大﨑選手のプレーはDOGSO?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #5】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







DOGSO大特集 大﨑選手のプレーはDOGSO?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #5】



新型コロナウイルスの影響でJリーグは中断中ですが、今週もジャッジリプレイは配信中!今回のテーマは昨年大きな反響をいただいた「DOGSO」(徹底的な得点の機会の阻止)。2019年のJリーグで発生した事象を比較しながら、DOGSOの4要件を再確認していきます。そして今回はスペシャルゲストとして那須 大亮さんが番組初登場!J1通算400試合出場という素晴らしい記録を達成した那須さんの貴重な懐かし映像も見られる今回のジャッジリプレイは必見です。



やっぱり深野さんの解説は分かりやすくて良いですねぇ・・・。



副審のオフサイド判定もそうですが、サッカーの審判は、「瞬間の映像」を脳内で巻き戻して再生する能力を求められます。



もし、脳内で「瞬間の映像」を巻き戻して再生する能力を鍛えたいという方は、米国プロ審判協会のオフサイド・テストのページがトレーニングに最適です。

https://www.proassistantreferees.com/perception-test-5/

選択肢を選ぶとすぐに正解は「緑」、不正解なら「赤」(実際にはピンク?)に反転するので、正解・不正解が瞬時に分かります。ちなみに、No.15(&16)、No17(&18)は「激ムズ」です。(フラッシュラグをしっかり補正できないと正解は選べません。)







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト



遠藤選手(長野)のプレーはハンドの反則?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #4-1】ゴール前の加藤選手(群馬)はオフサイド?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #4-2】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







2020年03月20日(金)に、Jリーグの動画サイトにUPされた映像の紹介です。

遠藤選手(長野)のプレーはハンドの反則?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #4-1】



新型コロナウイルスの影響でJリーグはまだ中断中ですが、今週もジャッジリプレイは配信中!今回のテーマは「ハンドの反則」。昨シーズンの競技規則改正で、一部のケースでは自分の体から直接手にボールが当たった場合はハンドの反則とはならない、との変更がありました。昨シーズン中に発生した似たような2例を比較し、どのようなケースはハンドの反則となりどのようなケースはならないか、理解を深めます。キーワードは「意図的なプレー」。



あくまで、個人的な見解ですが、遠藤選手(長野)は滑り込みながら少しは自分の体を大きく見せることを期待した位置に右腕をもっていっているんじゃないかなぁ、という気がします。つまり、競技規則的には、「・手や腕を用いて競技者の体を不自然に大きくした。」を適用すべきシーンかな、と。



そうすれば、意図的かどうかなんて考えなくても、「通常は反則」で済む話になるのですよねぇ・・・。



ゴール前の加藤選手(群馬)はオフサイド?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #4-2】



先週お届けしたオフサイド特集を受けて、サポーターの方からご投稿いただいた2019明治安田生命J3リーグ 第11節 群馬 vs鳥取 13分のシーンが今回のテーマ。ヘディングシュートをゴール前でプッシュしに行った加藤選手(群馬)のポジションはオフサイド。ボールに触れば確実にオフサイドとなるシーンですが、加藤選手はボールに触れずそのままゴールイン。この場合、相手競技者への影響を与えたかどうかがオフサイドの判定の分かれ道となります。主審、副審はどのようにこのプレーを見たか。またどのように判定されるべきだったか、オフサイドへの理解を深められる面白い事象です。


 ← 割り当ても団の練習もないので、ドローンでも買って操作の練習でもしようかな。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ゴール前のパトリック選手はオフサイド? 【Jリーグジャッジリプレイ2020 #3】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







2020年03月13日(金)に、Jリーグの動画サイトにUPされた映像の紹介です。DAZNの番組のほうでは、プレミアリーグ(?)のオフサイド判定(?)に関する内容もあったようですが、著作権関係の問題でしょうか、youtubeにUPされている映像ではカットされているようです。

なので、吉田さんの「さっき言ったオフサイドの項目を1つ1つ消していくと、どれも該当しない・・・。」(3分50秒~)というくだりのつながりが今一つこの映像の魅力を減少させている感が否めませんが、それでも吉田さんの解説の分かりやすさが溢れた映像になっています。

ゴール前のパトリック選手はオフサイド? 【Jリーグジャッジリプレイ2020 #3】



新型コロナウイルスの影響でJリーグは中断中ですが、ジャッジリプレイは毎週配信。 今週はオフサイド特集です。2019シーズンに発生したオフサイド関連の事象を題材に、オフサイドへの理解を深めます。2019明治安田生命J1リーグ第1節 広島vs清水、サロモンソン選手のゴールのシーン。豪快なシュートがゴールネットに突き刺さりましたがGKの前にはパトリック選手が。パトリック選手は相手GKに影響を与えたのか?2019JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第5節 G大阪vs清水の三浦選手のゴールのシーンも扱います。

吉田さんの、「私がレフェリーだったらどこを見ているか、ということを説明していいですか」の言葉のあとに続く、攻撃側選手がゴールに向かってシュートを放つタイミングでの主審が意識しなければならない項目は、非常に参考になります。



そうそう、吉田主審といえば、黄色のFOX40を愛用されていました。クラッシックのほうなのか、ミニのほうなのかまでは調べていませんが・・・。

 

↑ 左がFOX40クラッシック、右がFOX40ミニ。amazonの写真ではミニのほうが大きく見えますが、実際は名前の通りミニのほうが小さいです。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

金森選手(鳥栖)のスライディングタックルはノーファウル?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #2-1】藤田選手(甲府)のプレーはハンド?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #2-2】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






2020/3/6 (金) にJリーグの動画サイトにUPされた映像の紹介です。

金森選手(鳥栖)のスライディングタックルはノーファウル?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #2-1】



新型コロナウイルスの影響でリーグ戦の開催は延期となっていますが、ジャッジリプレイは今週も配信!今回は第1回目の配信で扱えなかった第1節のシーンがテーマ、特に今シーズンのフィジカルコンタクトに対する判定基準を考えます。「激しく、フェアで、エキサイティングな試合」を目指すJリーグ。どこまでのコンタクトが許容されるのかを第1節の実際のシーンで検証。川崎Fvs鳥栖では金森選手が激しく大島選手選手にタックルに行くシーンが。試合中はノーファウルの判定となりましたが、このシーンを振り返ります。激しいコンタクトが多く熱い試合となった柏vs札幌の判定基準についても扱います。



小幡・1級審判インストラクターの解説は、JFAの見解と考えて良いのでしょうかねぇ・・・。金森選手のタックルは、明らかに大島選手の背後からのアプローチで、しかもボールに触れていない(金森選手の足に押された大島選手の足がボールに当たっている)ように見えて仕方がないのですが・・・。

(私が普段担当する3種の土のグランドでの試合で、このようなプレーを見かけたら、ファウル/ノーファウルを迷うのではなく、カードあり/カードなしを迷うと思います。)



柏の2番(鎌田選手)のプレーも、結果として自分がプレーできていない、つまりボールがプレイエリアない状態で相手競技者をチャージして相手競技者の進行を妨げていると判断すべきシーンだったような気がします。(これから、この程度はJではとらない、というスタンダードにするのは構いませんが、国際基準とズレないかなぁ・・・。)

競技規則 2019/2020 第12条 ファウルと不正行為

競技者が、相手競技者とボールの間に自らを置くことは、ボールがプレーできる範囲にあり、相手競技者を手や体で押さえていない限り、反則ではない。ボールがプレーできる範囲にある場合、その競技者は正しい方法で相手競技者によりチャージされることがある。




これなら、タフなプレーだとよ~く判りますが。



藤田選手(甲府)のプレーはハンド?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #2-2】



明治安田生命J2リーグ第1節、町田vs甲府のシーンの中から、藤田選手の手にボールがヒットしたように見えたシーンをピックアップ。映像的には手に当たっているのはほぼ確実、VARが導入されていないJ2の試合ですが、・レフェリー、アシスタントレフェリーにはどう見えていたか・もしVARがあったらどのように判定されるか・ファウルを取られるべき場面であればカードは提示されるかなど様々な疑問に、Jリーグ開幕戦主審の小幡真一郎さんが答えます。



[カシオ] 腕時計 スタンダード W-735H-1AJF ブラック
CASIO(カシオ) (2014-10-17)
売り上げランキング: 508

 ← バイブレーション機能がついたカシオの腕時計。しかもカウントダウンタイマーもついています。


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2020シーズン開幕 リーグ戦初のVAR判定!【Jリーグジャッジリプレイ2020 #1-1】立田選手のプレーは何故ノーカード?DOGSOの可能性は?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #1-2】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







2020年2月28日にJリーグの動画サイトにUPされた、ジャッジリプレイの紹介です。

2020シーズン開幕 リーグ戦初のVAR判定!【Jリーグジャッジリプレイ2020 #1-1】



2020シーズンのJリーグがついに開幕。明治安田生命J1リーグ全試合に導入されることとなったVARが、早速第1節からその威力を発揮しました。リーグ戦初のVAR判定は今シーズンの開幕戦となった湘南vs浦和。ゴールラインを割りかけたボールに鈴木選手(浦和)の手があたったのでは?と湘南側がアピール。リーグ戦で初のオンフィールドレビューが行われた場面を振り返ります。初のVARオンリーレビュー判定が行われた川崎Fvs鳥栖の判定も取り上げています。



立田選手のプレーは何故ノーカード?DOGSOの可能性は?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #1-2】



明治安田生命J1リーグ第1節、清水vsFC東京 89分のシーンをピックアップ。DFのバックパスが短くなったところをレアンドロ選手(FC東京)が寄せてボール奪取。GKを交わして後はボールを流し込むだけと見えた状況で、後方から立田選手(清水)がスライディング。タックルを足に受けたレアンドロ選手は転倒しPKの判定となりましたが、レフェリーの判定はノーカード。昨シーズンこの番組で取り上げたDOGSOでは?という声を多数いただきました。ノーカードの判定となった背景は、主審の判断はDOGSOではなく…。横浜FMvsG大阪でVARが威力を発揮したDFとの入れ替わり時のオフサイド判定も取り上げます。



深野さんの解説が非常にわかりやすかったですね。

深野 悦子・・・世界の舞台に立った日本人審判員(JFAサイトより)




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆