3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
試合引率記録(2018/02/18)  U9


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、早朝からU9カテゴリーの試合(3試合)を引率。本日の3年生(U9カテゴリー)の参加者は、全員参加(8名)。



審判員資格を持っている保護者が仕事の関係で帯同することができないということで、審判も担当。久ぶりの8人制1人審判。U9カテゴリーなので、ボールの大きな移動はそれほどないものの、かといってオフサイドが無い訳ではないので、展開を読みながら最適なポジションに移動しておくことに留意した。



ファウルはほとんど無いので、ファウル判定にはほとんど頭を使わなかったが、ポジショニングには非常に頭を使った。選手に接触してしまえば、こちらはケガをしないが選手をケガさせてしまう可能性が高いため、その部分にもかなり注意を払った。



相互審なので、3試合分(12分ハーフ3本)を担当する予定だったが、2試合目のチームの審判を担当してくださった相手チームの保護者の方が、前後半とも審判を担当してくださるという申し出をしてくださったので、お言葉に甘えさせてもらったため、12分ハーフ2本を担当した。(うち、オフサイドの反則を罰したのは1回だけだったと思う。)



以下、3年生の選手たちの様子。



1試合目。前半私が主審を担当したため、何も指示ができなかったのだけれど、あらかじめ伝えてあった指示通りのことをやってくれていた。ちなみに、フォーメーションも選手たちが自分たちで決めたもの(3試合とも)。フォーメーションに関して私が口を出したのは、3試合ともGKを3人の別の選手が担当すること、ということくらい。



ハーフタイム中に、主審を担当しながら気が付いたことをちょっとアドバイスしたが、前半にリードしていたので、同点に追いつかれるまでは黙ってプレーを見守っていようと決め、結局試合中のコーチングは一切しなかった。



試合後に、得点シーンを全員で振り返って、それらのシーンでもっと改善できることや工夫できそうなシーンを確認。



2試合目は、前述の通りず~っとベンチにいることができることになったので、失点するor得点が相手チームより下回るまで黙っていようと思っていたのだけれど、試合開始早々に立て続けに失点してしまったので、ズルズルと大量失点してしまわないように、ちょっとコーチングを実施。



相手チームがわが団同様、パスではなく個人の力でボールを運ばせるタイプのチームだったので、ハーフタイム中に各選手に対してボールを奪われてもしつこくボールを奪い返しにいくよう指示し、後半の間もその点に絞ってコーチング。



選手たちは、指示された通りに動き、後半は失点することなく1点差まで追い上げたが、同点までにはならなかった。(ちょっと前半に失点し過ぎたかな。)



1試合目のあとの振り返りで、得点したときに、もしゴールキーパーなどに当たって跳ね返ってくることを考えて動いていた選手がいなかったことに触れていたのだけれど、2試合目の途中にそれが起きた。



わが団の選手が放ったシュートがクロスバーに当たって跳ね返ってきたが、詰めていた選手がおらず、遅れての対応となった。それでも攻撃が続いていたが、そのボールが今度は左ポストに当たって戻ってきて、最後は相手チームの選手にタッチラインに蹴り出されてしまった。



残念だったけれど、これで味方選手のシュートの際に、跳ね返ってくるボールに備えて詰めていることの大切さを8人のうち何人かは感じてくれたかな。



3試合目は、比較的早い段階で先制&追加点となったので、コーチングは必要最低限なものに留めておいた。選手たちのフォーメーションを見ると、何も指示をしていないのに1&2試合目とは大きく変わっていた。恐らく自分たちで話し合って変えてきたのだろう。なかなかやるな~。



ということで、本日の戦績は2勝1敗。



ジュニアサッカー 監督・コーチ入門

池田書店
売り上げランキング: 346,974
 





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
練習内容(2018/02/17) U10 U9


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、午前中三男の部活の練習試合の観戦&審判に出かけたため、練習には30分遅れて参加。



1時30分からの学年別メニューから担当。本日仕事で不在のKコーチの代わりに、3&4年生を担当。本日の3&4年生の参加者は9名。



最初は、いつもの通りボールタッチ系。



その後、1.5m四方のグリッドを作り、2組で向き合ってパス交換。同じグリッドを使っている隣のペアのボールに当てたり当てられたりしないようにしながらのパス交換。ボールに当てた人と当てられた人は罰ゲーム(腕立て伏せ1回)。



1分ごとにローテーションして実施。パス足の指定なし、左足限定でのパス、ダイレクトパスというように難易度を上げながら実施。



これらを2時15分くらいまで。



そのあとは、このところこの学年を担当した時に実施している、2人組でパス交換しながらゴールを目指すメニューを実施。簡単に書くと、最初は壁パス。からのドリブル後、左サイドを駆け上がってくるペアの前にどうぞのパスを出してシュートさせる、というメニュー。



今日は9人なので、3人組にして、1人はDF役。ただし、普通にDF役として投入してしまうと、「形(やらせたいこと)」が崩壊してしまうので、DF役のスタート位置と迂回場所を調整。壁パス&ドリブルがスムーズに実施できれば、DF役には邪魔されない。(ギリギリ左サイドの選手のシュートの妨害に間に合うかどうかという感じ。)



3人でローテーションしたあとは、組み合わせを変えて、実施。その後、左サイドの選手のシュートを、左サイドの深い位置から中央へのクロスに変更して、更に実施。途中給水を取りながら、3時30分まで。



3時30分に、給水、マーカー&コーンの片づけ、ミニゲーム用ピッチ作りを指示し、あらかじめ伝えてあったミニゲーム終了時刻(4時)を確認。



4年生は一生懸命ピッチ作りをしているが、3年生は遊んでしまっている。ミニゲームの時間がどんどん減ってしまうのに・・・。ということで、ミニゲームが開始できたのは3時40分だった。



練習終了、4時15分。




サッカーで子どもがみるみる変わる7つの目標 (edu book)
池上 正
小学館
売り上げランキング: 185,049
 



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

試合引率記録(2018/01/06) U9


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、所属する地区の協会から派遣されて、4種カテゴリーの試合の主審を担当してきたのだけれど、その内容は明日の更新でUPすることにし、昨日、午前中に引率したU9カテゴリーの公式戦の引率の記録をUPします。



本来ならこの学年はKコーチが引率を担当するのだけれど、Kコーチがお仕事の関係で引率ができないため、私が担当。本日の試合の参加者は10名(3年生8名、2年生2名。)



1対1の技術を磨くというKコーチのテーマに沿って、最初の試合の前半は原則ドリブルという指示を出した。パスはしないように、と。ただ、これは闇雲なキックをさせないことが主旨なので、明らかにフリーな状況の味方選手を狙ったパスを出した場合などは、黙認した。



選手たちはきちんと指示を守った上に、複数得点してくれた。最初の得点は、ゴール前にいたフリーな味方選手へのパスからの得点だったけど、当然不問に。



前半はきちんと約束(指示)を守ってくれたので、後半は「自陣内は完全にドリブルのみ。パス厳禁。相手ゴール陣地内は、自分の前を複数の相手選手にふさがれた状況で、横にフリーな状況の味方選手を見つけられた場合に限ってはパスOK。」という指示に変更。



後半もほぼほぼ指示を守ってくれて、試合に勝利することができた。



2試合目は、選手たちにいろんなポジションを経験してもらうべく、大幅にポジションを入れ替えた。そうしたら、カタガタになってしまった。完全に私のミス。後半は一部ポジションを戻したりしてみたけれど、あまり効果がなかった。(ま、相手チームも強かったのですが。)



効果がなかったことを考えると、ポジションを戻したりするような小手先の対応をとってしまったことを大いに反省。
orz



相手チームは、こちらが目指しているプレーをしっかり見せつけてくれた。完敗。



ということで、試合後にきちんと試合の振り返りを実施。



「どうして試合に負けてしまったのか、その理由を考えてみましょう」と話し、10人全員に答えてもらった(挙手した順)。答えを聞く前に、「君たちが思ったことや感じたことは、おそらく全てが正解で、間違いなんてないから、何でもいいから言ってみて」とハードルを下げて問いかけたので、全員が思ったこと・感じたことを答えてくれた。中にはちょっとピントがずれた回答をしてくれた選手もいたけれど、うまく誘導してそれなりの答えになるようにしたつもり。



いろんな「気づき」があったので、最後のまとめとして、「みんなちゃんと気づいているのだから、今度は試合中にみんなで気がついたことを話したり、直さなくちゃいけないところについて声を掛けあったりしてみようね。」と話して帰り支度を開始。



本日の戦績、1勝1敗。



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法 (edu book)
池上 正
小学館
売り上げランキング: 14,660





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2018/01/06) U9


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、今年最初の練習日ということで、初蹴り。



最初に監督から団員全員に対して簡単なお話が行われ、そのあと全学年一緒に40×30のサイズのピッチで鬼ごっこ。



1時30分より、低学年から順に紅白戦。2年生と3年生は2学年合同で実施。前半の主審を私が担当。後半は、中学1年生のOG(弟が3年生の団員)に主審を経験してもらうことになった。私もピッチ内に入って、ポジショニングなどを中心にアドバイス。



その後5&6年生の紅白戦(10分×2本)、5&6年生vsOB(15-5-15)の主審も担当。年末痛めたハムストリングを再び痛めてしまわないように注意しながら担当。(今回は約10日ほどで痛みがなくなっていたので、思っていたよりは軽度でした。)



団員たちに、ぜんざいを振舞っていただいた育成会の皆様、ご協力ありがとうございました。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2017/12/09) U10 & u9


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、普段この4年生&3年生を担当しているKコーチが不在だったため、私が代わりに担当。本日の練習参加者数は、4年生2名、3年生7名の計9名。



最初は2mほど離れて置いたコーンを8の字で周回する、ドリブル&ボールタッチ系のメニュー。2人組で2周ごとに交代するメニュー。私が監督と事務的な連絡・打ち合わせをしたいたので、5&6年を担当しているTコーチが気を利かせて選手たちに与えてくれていたメニューを引き継いだ形。



1時40分からは、1対1のメニュー。ゴールから25m程度離れた場所にスタート場所を3か所作り、攻撃側がボールを守備側の股下をくぐらせてスタート。途中、障害物となるコーンをところどころにちりばめているのと、一応私もGKとしてゴールマウスの前に立っているので、守備側が圧倒的に有利。



ということで、得点されたら守備側の選手は罰ゲーム(腕立て伏せ1回)。得点できなくても攻撃側にはペナルティーなし。



全員が全員と対戦するというのを2セットほど実施。



続いては1、5m四方のグリッドで向き合った選手とパス交換する練習。同じグリッド内でパス交換している別のペアのボールに自分たちのボールを当てないようにタイミングを見計らう。



ボールを当ててしまった人と、ボールを当てられた人はその場で罰ゲーム(腕立て伏せ1回)。時間を区切って、パス交換の相手を変化させながら、またパス交換の種類も、左足限定とか、ダイレクトパス限定などを織り交ぜながら、しばらく実施。



給水休憩後の2時20分からは、2人組でパス交換しながらゴールを目指す練習。実際の試合での動きをイメージしたメニュー。



選手たちにパスを出す方向や、ドリブルする位置、パスを出した後に動き出す方向などが分かるように、最初は石灰でラインを書いて実施。(将来的には書かなくてもイメージできるようになってもらいたおのだけれど・・・。)また、相手DFがいるイメージのところにはコーンを配置。(ま、うごかない相手DFはいないのだけれど・・・。)



最初は、書いている線を完全に無視してただ単純にボールを追ってしまう選手が散見されたが、繰り返し何度も実施しているうちに、徐々に書かれた線の上を動けるようになってきた。ただ、本当は地面に書いた目印の線は、すぐに消すつもりだったのだけれど、消せたのは練習の最後のほうだった。



実際の試合では相手選手の位置や人数によって動き方もかわってくるのだけれど、とりあえず基本的なパターンの1つになるように、繰り返し何度も何度も実施。



ある程度繰り返したところで、今度は3人組にして、1人を鬼(DF役)で投入。DF役はスタートと同時にちょっと遠回りしてからボールを追う。



パス交換する2人はスムーズにパスやドリブルできれば、鬼に追いつかれることはないのだけれど、ちょっとでももたつくと鬼にボールを奪われることになる。圧倒的に攻撃側の2人が有利なので、2人でボールをゴールに入れることができなかった(鬼にボールを奪われた、シュートが枠を外した)場合は、攻撃側2人は罰ゲーム(腕立て伏せ1回)という形で実施。



ペアを変えたり、最後のステップを増やしたり(最初は外側の選手がドリブル後にシュートする形だったものを、中央へのクロスにして中央側の選手がそれに合わせる)という形で、みっちり1時間30分。(途中、給水休憩含む)



4時からミニゲーム。



ミニゲームの前に、今日練習でやったことを思い出しながら、ミニゲームをしてね、とお願いしたのだけれど、ほとんどの選手は普通にミニゲームを楽しんでいた。そんな中、今年から入団したT君が、先ほどやっていたメニューの動き方(パスを出した後にDFのいないサイドにするするする、と移動)をしてくれた。残念ながら、そこにラストパスは来なかったけれど、普段のT君とは別人の動きだったので、絶賛しておいた。



練習終了、4時30分。



 





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆