3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
著しく不正なプレーのサンプル ・・・ Play of the Week 2017 Week 13


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



先週紹介した、2つのGIF動画





の元になっている映像が紹介されている米国プロ審判協会の記事の紹介です。(今日の記事には先週の記事と重複している部分がありますので、ご了承ください。)



元記事はこちら。
Play of the Week 13: Serious Foul Play


上のGIF動画の元になっている映像はこちら。





上のGIF動画を紹介した過去記事
「ノーファウル or イエローカード or レッドカード。(あなたの判断は?)」
で書いた通り、タックルしたグレーのユニフォームの競技者は、本来レッドカードで退場となるべき反則を犯していました。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則
(中略)

著しく不正なプレー

相手競技者の安全を脅かすタックルまたは挑むこと、また過剰な力や粗暴な行為を加えた場合、著しく不正なプレーを犯したことで罰せられなければならない。 いかなる競技者もボールに挑むときに、過剰な力や相手競技者の安全を脅かす方法で、相手競技者に対し片足もしくは両足を使って前、横、あるいは後ろから突進した場合、著しく不正なプレーを犯したことになる。




いつもこのブログで書いているのですが、スパイクの裏を向けて相手競技者に突進した時点でイエロー確定。回避行動をとらずにそのまま接触してしまった時点でレッドカードの対象となります。ボールに先に触れたかどうかは関係ありません。



上の映像のケースも、ボールに触れたあと、前からアプローチしている相手競技者に配慮して回避行動(=スパイクの裏が当たらないように足を引くような動作)をしていれば、イエローカード止まりとなる可能性はありますが、まったく相手競技者の安全を考えずにボールに挑んでいるので、アウトです。



ちなみに、実際にはこのときの主審は「イエローカード」を提示してしまっています。米国プロ審判協会は、本来レッドカードが提示されなければならないシーンで、イエローカードになってしまった理由について、ポジショニングが悪い(プレーに対して近すぎた)という分析をしています。



元記事では、もう一つサンプル映像を紹介しています。



こちらの映像では主審は正しくレッドカードを提示しています。



米国プロ審判協会は、このときの主審は適切な距離から見ることができているので、両者のボールへのアプローチの方法や接触の強さを正しく見極め、結果としてきちんとレッドカードを提示できた、としています。



また、元記事では、きちんと「当該の選手が立ち上がるのを待ってから」レッドカードが提示されていることにも言及しています。



さて、先の記事のアンケートの集計結果については、明日更新予定の記事で報告します。



☆ 関連記事 ☆

「ノーファウル or イエローカード or レッドカード。(あなたの判断は?)」


 



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
(問題)オフサイド? or オンサイド? 【CLIP16】

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




このところほぼ週1回のペースでフラッシュラグ錯視の補正のトレーニングの記事をUPしていますが、前回の 
(問題)オフサイド? or オンサイド? 【CLIP15】
記事に、アンケートのブログパーツを貼り忘れていたことに今、気がつきました。ということで、先ほどアンケートのブログパーツを追加して記事を更新しておきました。
m(_ _)m


それでは、本日もフラッシュラグ錯視の補正のトレーニングをどうぞ。



(過去記事 「米国プロ審判協会版のオフサイド判定テスト」 で紹介した、米国プロ審判協会が作成したオフサイドの判定テストの映像の紹介です。)



ファイルサイズの関係で映像が少し小さいので、よ~く目を凝らしてご覧ください。
赤い服の選手がオフェンス役、黄色い服の選手がディフェンス役です。



(クリックでGIF動画がスタートします。動画は2回だけ繰り返します。)





あなたの判断は?(どなたでもご参加いただけます。)

1)間違いなくオフサイドであると判断しフラグアップ。
2)オフサイドのような気がするのでフラグアップ。
3)オフサイドではないような気がするので何もしない。
4)間違いなくオンサイド。何もしない。



回答の入力にご協力ください。







正解の前に、本日もバナークリックのご協力のお願いです。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですか?




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 下の正解をご覧になる前に必ずバナークリックをお願いいたします。





それでは、正解です。



正解は「オンサイド」です。オフサイドを選んでしまった方が多くなりそうな気配を感じますが、皆さんきちんと判定できましたか?



(クリックで解説映像が2回流れます。)



一応元の動画の問題側の映像をGIF化してオフサイド判定の瞬間の映像にウェイトをかけたものをUPしておきます。



オフサイドラインは、守備側競技者のもっともゴールライン側、つまり「守備側競技者のかかとの位置」です。



このようなケースでも、副審は瞬時にオン・オフの判定をしています。副審のオフサイドの判定ミスを擁護するつもりはありませんが、この映像をご覧になり、副審を務めている審判員の皆さんの苦労を少しでもお分かりいただければ、と思います。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力をぜひ。
  





☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

インプレー中に復帰することが主審によって承認されるのはタッチライン側のみ ・・・ Play of the Week 2017 Week 12


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ





主審が競技者の負傷の状態を確認するためにチームドクターなどがピッチに入ることを許可した場合、負傷した競技者は必ずいったんフィールドから離れなければなりません。



チームドクターの入場が許可された状況で、負傷した競技者が速やかにピッチを離れなかったために「反スポーツ的行為」で1枚目のイエローカードが出ています。


競技規則 2016/2017 第5条 主審

3.職権と任務
負傷
(中略)
主審がドクターまたは担架搬送者のフィールドへの入場を認めたときは、競技者は担架に乗って、または、歩いて、フィールドから離れなければならない。競技者が拒んだならば、反スポーツ的行為で警告されなければならない。
(後略)




インプレー中にフィールドに復帰できるのはタッチライン側からのみと競技規則で定められているので、ゴールライン側で復帰を要求する競技者に対して主審は復帰の承認を与えることができません。主審から復帰の承認が出ないことにしびれを切らせて承認を得ずにフィールドに復帰してしまい、今度は「主審の承認を得ずにピッチに復帰した」という理由で2枚目のイエローカードが出てしまいました。



競技規則 2016/2017 第5条 主審

3.職権と任務
負傷
(中略)

• 競技者が重傷を負った場合、プレーを停止し、確実にその競技者をフィールドから退出させる。負傷した競技者がフィールド内で治療を受けることはできず、プレーが再開された後に復帰する。ボールがインプレー中はタッチラインからのみ復帰することができるが、ボールがアウトオブプレー中であれば、いずれの境界線からであっても 復帰できる。フィールドから退出する要件につき、次の場合のみ例外とする:
(後略)




主審からフィールドから離れるように命じられた競技者が、主審の承認を得ずに復帰した場合の懲戒罰に関しては、第12条に記載されています。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

警告となる反則
競技者は、次の場合警告される:
(中略)
• 主審の承認を得ず、フィールドに入ったり、復帰したり、意図的にフィールドから離 れる
(後略)




映像の中での主審の対応に誤りはないのですが、これ、違うゲームマネジメントの方法もあります。



負傷した競技者は明らかに試合の再開を遅らせようとする意図が感じられるので、1枚目のイエローカードは妥当だと思います。「負傷の状況を確認するためにドクターの入場を認めたにも関わらず、速やかに(フィールドから離れることが可能な状況であったのに)フィールドから離れなかったため、反スポーツ的行為で警告します。」

のあとに、

「治療が終わっても(主審である)私が許可するまでフィールドに復帰できません。許可なくフィールドに復帰した場合、『警告』の対象となりますから注意しましょう。」

という声掛けをしておけば、2枚めのイエローカードの提示をしなくて済みます。

もっと親切に対応するのであれば、更に

「タッチライン側からであれば、復帰の許可を受ければインプレー中でもフィールドに復帰することができますが、ゴールライン側の場合は、アウトオブプレーのタイミングでしかフィールドに復帰できませんから、注意しましょう!」

という声掛けをしてもかまわないと思います。



あくまで「できるだけ不必要なカードを出さないゲームマネジメント」を目指す場合のお話で、必ずしもこのような声掛けをしなければならない、というものではありません。



(チーム役員として負傷した競技者のためにピッチに入った場合、処置後に競技者をすぐにピッチに戻せるように、タッチライン側に出る癖をつけておくことをお薦めします。)



ちなみに、懲戒罰が伴う反則に起因する負傷の場合のフィールドからの退出や、負傷者が出血を伴っている場合の復帰の方法に関しては注意が必要なのですが、記事の内容が散らかってしまうので、ここでは触れず、別の機会にしたいと思います。




米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 12: Re-entering the field of play




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。





  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

(問題)オフサイド? or オンサイド? 【CLIP15】

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日はフラッシュラグ錯視の補正のトレーニングをどうぞ。



過去記事 「米国プロ審判協会版のオフサイド判定テスト」 で紹介した、米国プロ審判協会が作成したオフサイドの判定テストの映像の紹介です。



ファイルサイズの関係で映像が少し小さいので、よ~く目を凝らしてご覧ください。
赤い服の選手がオフェンス役、黄色い服の選手がディフェンス役です。



(クリックでGIF動画がスタートします。動画は2回だけ繰り返します。)




あなたの判断は?(どなたでもご参加いただけます。)

1)間違いなくオフサイドであると判断しフラグアップ。
2)オフサイドのような気がするのでフラグアップ。
3)オフサイドではないような気がするので何もしない。
4)間違いなくオンサイド。何もしない。



回答の入力にご協力ください。



(2017.06.17 追記。アンケートのブログパーツ↑を貼り忘れていたので、追加しました。)



正解の前に、本日もバナークリックのご協力のお願いです。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですか?




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 下の正解をご覧になる前に必ずバナークリックをお願いいたします。





それでは、正解です。



正解は「オフサイド」です。先週紹介した映像よりもさらに簡単だったと思いますが、皆さんきちんと判定できましたか?



(クリックで解説映像が2回流れます。)



今回は必要ないかもしれませんが、一応元の動画の問題側の映像をGIF化してオフサイド判定の瞬間の映像にウェイトをかけたものをUPしておきます。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 記事の作成にかなり手間がかかっているのでクリックのご協力をぜひ。
  


[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS TIMERS11国内メーカー1年保証つき  RFT-100-1JF
CASIO(カシオ) (2007-03-22)
売り上げランキング: 41
  ←安定のレフェリーウォッチ




☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

(問題)オフサイド? or オンサイド? 【CLIP14】

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日はフラッシュラグ錯視の補正のトレーニングをどうぞ。



過去記事 「米国プロ審判協会版のオフサイド判定テスト」 で紹介した、米国プロ審判協会が作成したオフサイドの判定テストの映像の紹介です。



このブログを毎日チェックされている方にとっては、今日の映像は簡単かも。



ファイルサイズの関係で映像が少し小さいので、よ~く目を凝らしてご覧ください。
赤い服の選手がオフェンス役、黄色い服の選手がディフェンス役です。



(クリックでGIF動画がスタートします。動画は2回だけ繰り返します。)




あなたの判断は?(どなたでもご参加いただけます。)

1)間違いなくオフサイドであると判断しフラグアップ。
2)オフサイドのような気がするのでフラグアップ。
3)オフサイドではないような気がするので何もしない。
4)間違いなくオンサイド。何もしない。



回答の入力にご協力ください。







正解の前に、本日もバナークリックのご協力のお願いです。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですか?




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 下の正解をご覧になる前に必ずバナークリックをお願いいたします。





それでは、正解です。



正解は「オフサイド」です。きちんと判定できましたか?



(クリックで解説映像が2回流れます。)



今回も、元の動画の問題側の映像をGIF化してオフサイド判定の瞬間の映像にウェイトをかけたものをUPしておきます。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 記事の作成にかなり手間がかかっているのでクリックのご協力をぜひ。
  


[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS TIMERS11国内メーカー1年保証つき  RFT-100-1JF
CASIO(カシオ) (2007-03-22)
売り上げランキング: 41
  ←安定のレフェリーウォッチ




☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆