3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
飲水(給水)タイムのとりかた(の例) 【再々掲示】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



暑くなってきました。今年も過去にUPした、飲水(給水)タイムのとりかたに関する記事から転載して、再掲示しようと思いますが、Cooling Break と 飲水タイムは別物であるということを認識しておいてください。(ちなみに、Cooling Break に関してはこちらの過去記事をご参照ください。)




----- 以下、過去記事より転載 -----


 

そろそろ、飲水タイムが実施される季節になってきました。

 

飲水(給水)タイムに関しては、

「飲水に関する通達が改定されました」

「審判時の積極的な給水と、給水タイム中の監視項目など」 

「飲水(給水)タイムの際に選手交代は可能」 

「飲水タイムや選手交代などオフィシャル系の試合停止後は、笛の合図で再開しましょう」

といった記事を過去にUPしています。

 

審判初心者の方にとっては、「飲水タイムってどうすれば良いの?」という方もいらっしゃると思います。

 

通達や競技規則の確認については、上記の記事を見ていただくことにして、今日の記事では、実際に担当する試合で飲水(給水)タイムを実施する場合において、注意しなければならないことと、あらかじめ行なっておいたほうが良いことなどをまとめておこうと思います。

 

あくまで、1つの例としてお読みください。

 

 

◇試合前に確認しておくこと

 

1)飲水タイムを実施するかどうか決定する

試合中に飲水タイムを実施するか実施しないかについては、試合前に主審を中心とする審判団が決定をしましょう。(大会本部が設置されている場合は、大会本部も含めて協議します。)

 

2)空費された時間に加算するかどうかを確認する

飲水タイムを実施する場合は、飲水に要した時間を空費された時間として加算する(ロスタイム/アディショナルタイム扱い)か、加算しない(ランニングタイム扱い)を大会規程やリーグ規定で確認します。

 

大会規定などで定められていない場合、飲水タイムは空費された時間としてアディショナルタイムに加算するのが基本です。(30秒~1分が目安です。)

 

私の所属する地区では、原則として3種はアディショナルタイム加算扱い、4種はランニングタイム扱いです。

 

3)ベンチに通知する

飲水タイムを実施する場合、試合開始前に各チームの指導者に対し、飲水タイムを実施する旨を通達します。このとき、飲水タイム中に選手がフィールドの外に出ないよう、飲水タイムの合図後すみやかに飲水用のボトルをタッチライン上に並べるように依頼するとともに、飲水タイム中の選手への指示は認められないということも忘れず伝えておきましょう。

 

これは、できるだけ速やかに試合を再開させるための「事前の準備」です。

 

4)飲水タイム中の監視分担を確認する

副審1(A1)もしくは8人制の場合は補助審判と飲水タイム中にどちらがどちらのベンチを監視するのかを取り決めておきます。主審が本部から見て左(対戦表の左)側のベンチ、副審1(A1)または補助審判が本部から見て右(対戦表の右)側のベンチを監視するのが一般的です。

 

時々、本部のところまで戻らずに、「ぼけっ~」っとフィールド内に留まっている主審の方を見かけますが、選手が勝手に入れ替わっていたり、飲水タイム後に人数が増えていたりした場合は、主審の責任(任務を果たせていないこと)になりますので、しっかり監視できる位置に移動しましょう。(飲水タイム後の再開時の人数チェックを副審の方々にお願いしておいても良いと思います。) 

 

また、監視をしながら主審自身や副審(A1、A2とも)も飲水できる環境をあらかじめ作っておくことも重要です。

  

◇飲水タイムのために試合を止める

 

5)飲水タイムのタイミングを見計らう

試合の前半・後半の半分付近になったら、飲水タイムを視野にいれます。(20分ハーフの試合であれば、9分頃から。)

 

両チームにとって公平(EVEN)なアウトオブプレーのタイミングを見計らいます。理想は、本部(ベンチ側)のタッチラインでハーフウェーラインに近いところからスローインとなった時に飲水タイムを取れると良いのですが、そう都合よくボールは出てくれません。

 

ゴールキックや、本部に近いほうのコーナーアークから行なわれるコーナーキックの際に飲水タイムを実施しても良いと思いますが、本部に遠いほうのコーナーキックの場合は、多くの選手がベンチ前までの距離を走って往復することになるので、避けてあげた方が良いでしょう。

 

基本的には全てのアウトオブプレーのタイミングで飲水タイムにすることが可能ですが、ディフェンスファウルで攻撃側がフリーキックをクイックスタートする可能性が残っている場合は、ワンテンポ待ちましょう。

 

クイックスタートの可能性が消滅したら、フリーキックのタイミングで飲水タイムをとっても構わないと思いますが、その場合は再開場所をしっかり記憶しておきましょう。ちなみに、フィールドへのマーキングおよびボールの置きっ放しはNGです。

 

6)笛を吹いて試合を停止する

オフィシャル系の試合停止になりますから、選手交代同様、必ず笛を吹いて(オフサイドやファウルでアウトオブプレーになったタイミングで飲水タイムをとる場合は、改めて笛を吹き直して)試合が止まったことを通知します。

 

このとき、時計を止めて空費された時間の計測に入るのが理想ですが、再開時に時計を再始動させるのを忘れる可能性があるので、そのリスクを考えると時計は止めず、タイムアップ時に30秒~1分を空費された時間として加算したほうが無難だと思います。(私の場合、実際には時計を止めずに時計を止めたフリをする、ということがよくあります。)

 

7)再開ポイントを記憶し、ボールを主審の管理下に置く

主審が責任をもって再開ポイントを記憶しておきましょう。タッチライン上やフィールド上にボールを置きっ放しにしておられる方も見かけますが、再開時にボールがなくなっていた、なんてことにならないように、基本的には主審がボールを持って移動します。

 

場合によっては、再開場所に近い副審(A1あるいはA2)に持っておいてもらってもOKです。副審に預けている場合は、主審の管理下にあると言えますので。(間違っても観客には預けないように。主審の管理下にあるとは言えなくなりますよ~。)

 

8)審判自身も給水しながら監視する

事前に打合せした通りに飲水タイム中の監視を行ないます。選手に対して「水分を取った選手からすみやかにフィールドに戻りましょう。」と飲水タイム開始時に声掛けすれば、ベンチの指導者が選手に指示を出してフィールドへの復帰が遅れるという事態の予防になります。

 

それでも選手に指示を出している指導者に対しては、「(飲水タイム中の)選手への指示は禁止されていますよ。」と毅然とした態度で対応しましょう。

 

無いとは思いますが、指示を聞くためにフィールドに戻らないという状態が長く続いた場合は、速やかにフィールドに戻らなかった選手を「遅延行為」として警告することも視野に入れましょう。

 

審判自身もこのタイミングで給水できますが、あくまで監視をしながら飲水します。ボトルを探すなどのためにフィールドに背を向けた状態やフィールドから離れるという状態が継続することのないように、あらかじめ事前に準備をしておきましょう。

 

9)選手交代がある場合は、交代してINとなる選手をタッチラインの中央(ハーフウェーライン付近)で待機させる

飲水タイムはアウトオブプレーのタイミングで行なわれます。選手交代もアウトオブプレーのタイミングで認められます。ですので、飲水タイムのタイミングで選手交代を行なうことは可能なのですが、飲水中に選手に入れ替わられてしまうと、管理が難しくなるので、交代してINする選手を本部前(ハーフウェーラインのところ)で待機させ、OUTになる選手は他の選手と同様にフィールド内(タッチライン上)で飲水させます。

 

飲水を終えた選手をフィールドに戻し、最後にOUTとなる選手とINとなる選手を入れ替えて交代手続きを完了させます。(INする選手の用具チェックもお忘れなく。) 

 

◇飲水タイムを終えて試合を再開させる

  

10)再開ポイントを示し、選手がポジションについたことを確認する

飲水タイム時に人数を増やすような不正を行なう指導者はいないと思いますが、飲水タイム後にINすることを伝えられていた選手が、正規の交代手続きを経ずに勝手にフィールド内に立ち入っているかもしれません。(その場合、主審の許可なくフィールドに入ったということで、当該の選手を警告し、いったんフィールドの外に出す必要があります。)

 

副審と協力して人数チェックを速やかに実施します。(明らかに選手の人数に変化がないと思われる場合は、省略することも可能ですが、できればチェックしておいたほうが無難です。) 

 

11)副審(補助審判)がスタンバイできているかも確認する

試合再開前に副審が何か異常を知らせていないかどうか、きちんとオフサイドラインについて就けているかどうかを確認します。

 

12)試合を再開するための笛を吹く

笛で試合を止めたら、笛で再開するのが基本です。必ず笛を吹いて試合を再開しましょう。(ファウル時の笛はプレーを停止させますが、試合の停止はしていません。)時計を停止させていた場合は、再開の笛のあとに時計を再始動させることをお忘れなく。 

 

  

こんな感じかなぁ・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 参考になったよ、という方はクリックのご協力をお願いいたします。 

  

私自身、今シーズンは飲水タイムをまだ1度も経験・実施していないので、漏れがあるかもしれません。(その場合は、こっそり記事を加筆しておきます。)

 

※天候が大きく変化(曇り→晴天)して、後半からのみ飲水タイムを実施することは、スマートではありませんが、可能です(選手の安全を最優先に考えましょう)。ただし、その場合はハーフタイム時(後半開始前)に、必ず両チームのベンチに対し、後半は前半とは異なり飲水タイムをとる、という通知をしっかり実施しておきましょう。 

 

----- 転載 ここまで -----


 

☆ 関連記事 ☆

「インプレー中に水分をとることはできない」

「飲水に関する通達が改定されました」

「審判時の積極的な給水と、給水タイム中の監視項目など」 

「飲水(給水)タイムの際に選手交代は可能」 

「飲水タイムや選手交代などオフィシャル系の試合停止後は、笛の合図で再開しましょう」

「Cooling Break」



ロッテ ヒヤロン 1個入×12セット
ロッテ (2014-06-09)
売り上げランキング: 2,936

 ← おたくのチームのドクターバッグには入っていますか? 



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
(再掲示) ◆競技規則系の過去記事のまとめ(2012年度分)


本日の記事では、2012年度にUPした競技規則系の記事を振り返ります。


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。

 

2012.04.04 「間接フリーキックのシグナル(片手をあげる)を降ろすタイミング」

2012.04.05 「PK戦におけるキッカー側のGKの控える位置」

2012.04.06 「先々週の大会で見かけたシーンの積み残し分」 

2012.04.09 「3月27日付記事のフォローアップ」 

2012.04.13 「アンダーシャツの襟の色は何色でも構わない」 

2012.04.17 「バックパスか否か」

2012.04.18 「イエローカード覚悟の遅延行為」

2012.04.19 「ユニフォームの裾をショーツに入れるようには指導しない」

2012.04.25 「アンケートの結果(ユニフォームの裾の件)」

2012.04.26 「『サッカーレフェリーズ』という本(その2)」 


2012.05.01 「♪ あなたな~らどうする~」

2012.05.07 「ミサンガなどを隠すためのリストバンドは認められない」

2012.05.09 「Referee-Week-in-Review 2011 のまとめ(最終版)」 

2012.05.10 「飲水(給水)タイムのとりかた(の例)」 

2012.05.11 「インプレー中に水分をとることはできない」 

2012.05.17 「アンダーショーツのお話」 

2012.05.18 「アンダーショーツの話のおまけ」 

2012.05.21 「用具チェック時に選手に触れてはいけない」

2012.05.22 「用具チェック時のチェック項目など」

2012.05.23 「試合前の用具チェックの仕方(の例) その1」

2012.05.24 「試合前の用具チェックの仕方(の例) その2」

2012.05.25 「アゼルバイジャン戦の公式記録ほか」

2012.05.25 「アゼルバイジャン戦の記事のおまけ」 

2012.05.29 「ユニフォームシャツの裾出しに関して」 

2012.05.30 「オフサイドポジションにいることは反則ではない(清水 vs C大阪 の試合から その1)」

2012.05.31 「キーパーチャージという反則はない(清水 vs C大阪 の試合から その2)」 
 

2012.06.01 「アディショナルタイム中に時間が空費されたら・・・(清水 vs C大阪 の試合から その3)」 

2102.06.02 「意図的なパスでなくても結果としてパスになればオフサイド」 

2012.06.04 「W杯最終予選(2012.06.03 日本代表 VS オマーン代表) の公式記録ほか」 

2012.06.05 「西村主審がFC東京戦で清水に出した8枚のイエローカードの理由を考える(その1)」 

2012.06.06 「西村主審がFC東京戦で清水に出した8枚のイエローカードの理由を考える(その2)」

2012.06.07 「手や腕を使わなくてもホールディングの反則となるケース(第10節 仙台 vs 清水 の試合から)」 

2012.06.08 「反則となってしまうショルダーチャージの悪い見本(第10節 仙台 vs 清水 の試合から)」

2012.06.11 「W杯最終予選(2012.06.08 日本代表 vs ヨルダン代表)の公式記録ほか」

2012.06.13 「正しいショルダーチャージ」  

2012.06.14 「W杯最終予選(2012.06.12 日本代表 vs オーストラリア代表)の公式記録ほか(その1)」

2012.06.15 「W杯最終予選(2012.06.12 日本代表 vs オーストラリア代表)の公式記録ほか(その2)」

2012.06.17 「フリーキックのために時間は追加されないが、ペナルティーキックの場合は時間が追加される」 

2012.06.18 「栗原選手の2枚目のイエローカード時の別角度からの映像」

2012.06.19 「反スポーツ的行為とラフプレーの関係」

2012.06.20 「審判のトレーニング (その13)」

2012.06.21 「競技者の装身具を試合中に発見したら(その2)」

2012.06.22 「ゴールキーパーが手からボールを放すのを微妙な距離を保って妨げたら」

2012.06.27 「コーナーキックから直接得点することができる」

2012.06.28 「同時にたくさんの選手交代を行う方法(第4の審判員ネタ)」




2012.07.02 「すね当て止めの色が・・・(2012年度の競技規則改正より、その1)」

2012.07.03 「ドロップボールから直接ゴールに入っても得点にはならない(2012年度の競技規則の改正より、その2)」 

2012.07.04 「交代直後にスローアーになることが・・・」 

2012.07.06 「ゴールキーパーどうしのユニフォームが同色になっても構わない」 

2012.07.09 「ゴールキーパーがペナルティーエリア内で相手選手を倒した場合」 

2012.07.11 「ゴールキーパーのユニフォーム関連」 

2012.07.12 「ボール用空気圧計(エアーゲージ)のお話」 

2012.07.13 「たとえ倒されても笛が鳴るまでプレーは続ける・・・キリンチャレンジカップ(なでしこJAPAN vs オーストラリア女子代表)の試合から」 

2012.07.15 「キリンチャレンジカップ(2012.07.11 U-23日本代表 vs U-23ニュージーランド代表)より、その1」 

2012.07.16 「キリンチャレンジカップ(2012.07.11 U-23日本代表 vs U-23ニュージーランド代表)より、その2」 

2012.07.17 「キリンチャレンジカップ(2012.07.11 U-23日本代表 vs U-23ニュージーランド代表)より、その3」 

2012.07.18 「7月9日付記事「ゴールキーパーがペナルティーエリア内で相手選手を倒した場合」のおまけ」 

2012.07.24 「オフサイドの判断は足元どうしの位置の比較とは限らない(東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャ
ルマッチ より)」
 

2012.07.25 「パスの意図がなくても結果としてパスになればオフサイド(東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチ より)」 

2012.07.26 「「イエローカードなし」だったけれど(東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチ より)」 

2012.07.27 「祝ロンドンオリンピック初戦勝利!(U-23日本代表対スペイン戦)の前半&後半のカードの理由(速報ベース)。」  

2012.07.29 「U-23日本代表 vs U-23スペイン代表の試合から」 

2012.07.31 「U-23 日本代表 vs U-23 モロッコ代表の試合から」 

  
2012.08.01 「カードを提示するまでプレーを再開させない(その2)」 

2012.08.02 「U-23 日本代表 vs U-23 ホンジュラス代表 の試合のイエローカードの理由」 

2012.08.03 「U-23 日本代表 vs U-23 ホンジュラス代表 の試合から(その1)」 

2012.08.04 「U-23 日本代表 vs U-23 ホンジュラス代表 の試合から(その2)」

2012.08.05 「U-23 日本代表 vs U-23 ホンジュラス代表 の試合から(その3)」 

2012.08.06 「U-23 日本代表 vs U-23 エジプト代表の試合のイエロー&レッドカードの理由など」 

2012.08.08 「U-23 日本代表 vs U-23 メキシコ代表 の試合のイエローカードの理由」  

2012.08.10 「祝 銀メダル獲得。(なでしこJAPAN対アメリカ女子代表の試合のマッチレポートなど)」 

2012.08.11 「U-23 日本代表 vs U-23 韓国代表 の試合のイエローカードの理由」 

2012.08.12 「本「サッカーレフェリーズ」の2012/2013年度版」 

2012.08.13 「2012年 Jリーグ第21節 鹿島アントラーズ vs ジュビロ磐田 の試合から」 

2012.08.15 「2011 レフェリー座談会 という番組」 

2012.08.16 「♪ あなたな~らどうする~ (パート2)」 

2012.08.21 「ゴールエリア内からのゴールキックを含む守備側のキックは・・・」 

2012.08.22 「オフサイド時は旗を右手で上げなければならない」 

2012.08.23 「「審判目線」(松崎康弘、前・審判委員長著)の本の紹介(その1)」  

2012.08.24 「「審判目線」(松崎康弘、前・審判委員長著)の本の紹介(その2)」 

2012.08.27 「「サッカーを100倍楽しむための審判入門」(松崎康弘、前・審判委員長著)の本の紹介」 

2012.08.28 「日本人の審判員としてワールドカップで主審として笛を吹くためには」

2012.08.29 「1級審判員になるためには」

2012.08.30 「JFAレフェリーカレッジ」 

2012.08.31 「サッカー競技規則 2012/2013 の発送が開始されたようです」

 
2012.09.03 「競技規則2012/2013 の日本語訳などが見直された部分」 

2012.09.04 「「過剰な力」のサンプル」 

2012.09.11 「競技規則に明確には書かれていない笛の使い方(逆シグナルしてしまってシグナルを修正した場合は、必ず「笛で再開」を)」

2012.09.12 「笛の使い方(強弱・長短をつける)」 

2012.09.13 「キャプテンマーク(アームバンド)について」

2012.09.14 「何が原因で何が起きたのかを論理だてて説明する練習をどうぞ。」

2012.09.17 「W杯最終予選(2012.09.11 日本代表 vs イラク代表)の公式記録ほか」 

2012.09.18 「ファウルか否かの判断をする練習にもってこいの映像かな」 

2012.09.19 「オフサイドか否か(その1、シュート系のボールに対するアプローチ)」

2102.09.20 「オフサイドか否か(その2、スルーパス系のボール)」 

2012.09.21 「オフサイドか否か(その3、その他のケース)」 

2012.09.24 「オフサイドポジションからの戻り(通称:戻りオフサイド)を図で表すと」 

2012.09.25 「時々見逃されてしまうオフサイド」

2012.09.26 「オフサイドポジションにいること自体は、反則ではない」

2012.09.27 「ボールに触るまで待たずにオフサイドのフラグアップをしてもよい2つの例外(その1、なが~い縦パス系のボール)」

2012.09.28 「続・ボールに触るまで待たずにオフサイドのフラグアップをしてもよい2つの例外(その2、GKとの接触が懸念される時)」

2012.09.30 「18日付記事のフォローアップ」
 


2012.10.01 「オフサイドの再開場所」

2012.10.10 「ゲキサカの松崎康弘・前審判委員長のコラムが最終回。」

2012.10.15 「日本代表 欧州遠征 第一戦 vs フランス代表 (2012/10/12) の公式記録ほか」

2012.10.16 「ブラジル代表戦の前半の2枚のイエローカードの理由」 

2012.10.18 「アディダス レフリー ベーシックピステトップ」

2012.10.19 「主審がプレーに巻き込まれて選手と交錯し、一時的に任務を継続できなくなったら・・・」

2012.10.23 「オフサイドポジションとは(その1)」

2012.10.24 「オフサイドポジションとは(その2)」

2012.10.25 「オフサイドポジションとは(その3)」

2012.10.29 「過失か故意か」

2012.10.30 「8人制サッカー競技規則 の第1版と第2版」

2012.10.31 「『わかりやすいサッカーのルール』という本」

 
2012.11.01 「手でボールを保持しているゴールキーパーへのチャレンジはできません」

2012.11.02 「おっと、間違えた!」 

2012.11.05 「(問題)インプレー中に味方競技者に乱暴な行為を働いたときの再開方法は?」

2012.11.06 「2012Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝 の公式記録 ほか」 

2012.11.07 「「痛!(1発レッドサンプル集)」」 

2012.11.08 「正しいスローインの方法で、ボールを相手競技者の頭に意図的に投げつけたら・・・」

2012.11.09 「2006/2007 年度版の競技規則に関する質問と回答 のPDFファイル」 

2012.11.12 「コーナーキックが直接ゴールに入った場合にゴールを否定するオフサイドはありえない。ありえるのはオフェンスファウルのみ。」

2012.11.13 「スピンツォ の SPT-100 というレフリーウォッチ(バイブレーション機能付き)」 

2012.11.14 「W杯最終予選( 2012.11.14 オマーン代表 vs 日本代表) の公式記録ほか」

2012.11.15 「W杯最終予選( 2012.11.14 対オマーン代表戦 )の試合から その1」

2012.11.16 「W杯最終予選( 2012.11.14 対オマーン代表戦 )の試合から その2」

2012.11.19 「11月12日付記事のフォローアップ」

2012.11.20 「11月5日付記事(味方競技者への乱暴時)のフォローアップ」

2012.11.21 「モルテンの「バルキーン」という笛」

2012.11.22 「足を相手選手の頭に当ててしまっても反則にはならないケース」

2012.11.26 「アディショナルタイムのベンチへの通知は正規の時間が満了してから」

2012.11.27 「コイントス時の身体の向きを意識していますか?」

2012.11.28 「FINTA のレフリー4点セット」

2012.11.29 「息抜き映像 PART2」

2012.11.30 「(問題)コーナーキックのインプレー要件」

 
2012.12.03 「得点後ユニフォームを脱いだらイエローカード(2012年度第34節 浦和レッズ vs 名古屋グランパスより)」 

2012.12.04 「スローガンを見せるためにシャツを脱いだ競技者は競技会の主催者によって罰せられる(2012年度第34節 浦和レッズ vs 名古屋グランパスより)」

2012.12.05 「オフサイドの判断が非常に難しかっただろうなぁ、と思われるシーン」

2012.12.06 「(問題)ゴール内にいる攻撃側選手にボールが当たったら・・・」

2012.12.10 「11月30日付記事のフォローアップ」

2012.12.11 「♪ あなたな~らどうする~ (パート3)」

2012.12.12 「ヴォルフガンク・シュタルク主審が誤審を謝罪」

2012.12.14 「12月6日付け記事のフォローアップ」

2012.12.17 「(問題)フリーキックが直接ゴールに入ったが、主審が間接フリーキックの合図を怠っていた場合は?」

2012.12.18 「FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2012 の公式記録ほか」

2012.12.20 「adidas のcafusa (カフサ)というボール」

2012.12.25 「12月17日付記事のフォローアップ」

2012.12.26 「アンケート機能を使った過去記事のまとめ1(No.1~5)」

2012.12.27 「アンケート機能を使った過去記事のまとめ2(No.6~10)」

2012.12.28 「アンケート機能を使った過去記事のまとめ3(No.11~15)」




2013.01.04  「天皇杯決勝(2013/01/01)の公式記録ほか」

2013.01.07  「(問題)選手交代時に頭上に掲げたフラグを下すタイミングで正しいものはどれか?」 

2013.01.10  「オフサイドライン・キープのコツ」 

2013.01.15  「1月7日付け記事のフォローアップ」

2013.01.16  「オフサイドだと思って笛を吹いたらゴールキーパーと同じレベルからDFが現れた!」 

2013.01.17  「試合時間を5分間違えて笛を吹いてしまったら・・・」 

2013.01.21  「(問題)中断しようとしたゴールキックが足に当たって動いてしまい、慌てたキッカーがもう一度キックしたら?」 

2013.01.30  「(問題)試合中にスパイクを交換した選手がフィールドへの復帰を求めています」 

2013.01.31  「1月21日付記事のフォローアップ」

  
2013.02.06  「『平常心 サッカーの審判という仕事』 という本」

2013.02.07  「ラトビア戦の公式記録(PDF)が、まだUPされないので・・・」 

2013.02.08  「キリンチャレンジカップ(2013.02.06 日本代表 vs ラトビア代表)の試合を見て」 

2013.02.11  「オフサイドポジションからの戻り(戻りオフサイド)の例」 

2013.02.12  「1月30日付け記事のフォローアップ」

2013.02.13  「一時的にフィールドの外に出た選手の復帰方法のまとめ(インプレー中に偶発的に出た場合を除く)」

2013.02.14  「スパイクが脱げた状態でプレーしゴールしても、脱げた直後のプレーであればゴールが認められる」 

2013.02.18  「(問題)得点が認められるのはどれ? 」

2013.02.19  「出場停止10試合の悪行とその内訳」 

2013.02.24  「FUJI XEROX SUPER CUP 2013 の公式記録ほか(その1)」 

2013.02.25  「FUJI XEROX SUPER CUP 2013 の公式記録ほか(その2)」

2013.02.26  「FUJI XEROX SUPER CUP 2013 の公式記録ほか(その3)」 

2013.02.27  「2月18日付け記事のフォローアップ」 

 
2013.03.11  「(問題)守備側チームが自陣ゴールエリアの外から直接フリーキックで再開しようとしています」 

2013.03.12  「ゴールキーパーが手で保持したまま自陣ペナルティーエリアから飛び出てしまったら」 

2013.03.18  「審判はゴールキーパーがボールを手でセービングしたからといって油断してはいけません、という例。」 

2013.03.21  「イエロー&レッドカードの理由を考える練習をどうぞ」 

2013.03.22  「相手競技者への配慮を欠いて「けろう」としてしまうと反則」 

2013.03.25  「サッカー競技規則2012/2013 (書店版)のお話」

2013.03.27  「ヨルダン戦の前半はカードなし(速報版)。後半はイエローカード5枚。じゃなくて、どうやら4枚の様子。」 

2013.03.27  「W杯最終予選(2013.03.26 ヨルダン代表 vs 日本代表)の公式記録ほか」

2013.03.28  「3月11日付け記事のフォローアップ」
 


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

(再掲示) ◆競技規則系の過去記事のまとめ(2013年度分)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



昨日に引き続き、過去記事の再掲示です。
 


本日の記事では、2013年度中にUPした競技規則系の過去記事を一挙に載せておきます。お時間のある方は全部、お時間の無い方は、気になるタイトルだけでもクリックしてリンク先の記事をご覧ください。



2013.04.03 「ハーフウェー付近のオフサイドの判断・・・パスが出た時に自陣内にいた選手が、相手陣地内に飛び出してもオフサイドにはならない」

2013.04.09 「オフサイドポジションからの戻り(通称:戻りオフサイド)をGIF動画で表現すると・・・」

2013.04.10 「オフサイドポジションからの戻りのGIF動画(その2)」

2013.04.12 「オフサイドポジションからの戻りのGIF動画(その3)」

2013.04.17 「守備側競技者も攻撃側競技者と一緒に偶発的にゴールラインを越えた場合の考察」 

2013.04.23 「(問題)この得点は認められる?認められない?」 

2013.04.25 「第7節の闘莉王選手のプレーについて」


 
2013.05.01 「4月23日付け記事のフォローアップ」 

2013.05.02 「相手チームのゴールに限り、コーナーキックから直接得点することができる。」

2013.05.03 「ファウルか否かを判断するヒント(その1)」

2013.05.04 「ファウルか否かを判断するヒント(その2)」

2013.05.06 「技術と審判の協調(テクニカル・ニュース vol.54)」

2013.05.07 「2013シーズンスタンダード(判定基準)」

2013.05.08 「(問題)シミュレーションで選手を警告したあとの再開方法は?」 

2013.05.09 「正しいスローインの方法」

2013.05.13 「2013年J1第10節 大宮VS広島 の試合から」 

2013.05.14 「だからアフターチャージなどアフター系のファウルは厳しく取り締まられる」 

2013.05.15 「今季のこれまでの決定機の阻止(Jリーグ)」 

2013.05.16 「5月8日付記事のフォローアップ」 

2013.05.20 「副審が見極められる限界(副審の視野の限界)と対応策を考える」 

2013.05.21 「今回の誤審の背景にあったのでは?と思われる別の誤審2つ。」 

2013.05.22 「FIFAが微妙な判定の場合、場内でのVTR再生を禁止することになったきっかけのシーン」 

2013.05.23 「「プレーに干渉する」のFIFAの解釈」

2013.05.24 「「相手競技者に干渉する」のFIFAの解釈」

2013.05.25 「「オフサイドポジションにいることで利益を得た」とは」

2013.05.26 「2005年7月15日の通達「オフサイドの適用について(連絡)」の全文」

2013.05.27 「得点が認められると判断したときの副審の合図は?」

2013.05.28 「競技規則(ガイドライン側)に記載されている副審のシグナル」 

2013.05.29 「副審のゴールキックの合図はどこで行うのが正しい?」 

2013.05.30 「(問題)正しい再開方法を選択せよ(トリックPK)」 

2013.05.31 「キリンチャレンジカップ(2013.05.30 日本代表 vs ブルガリア代表)の公式記録ほか」 

 

2013.06.03 「ペナルティーキックの完了のタイミング」 

2013.06.04 「W杯最終予選(2013.06.04 vs オーストラリア代表)の試合から(その1)」

2013.06.05 「W杯最終予選(2013.06.04 vs オーストラリア代表)の試合から(その2、公式記録ほか)」 

2013.06.06 「飲水(給水)タイムのとりかた(の例) 【再掲示】」 

2013.06.10 「5月29日付記事「副審のゴールキックの合図はどこで行うのが正しい?」のフォローアップ」

2013.06.11 「W杯最終予選(2013.06.11 イラク代表 vs 日本代表)の試合から(その1)」 

2013.06.12 「W杯最終予選(2013/06/11 イラク代表 vs 日本代表)の試合から(その2、公式記録ほか)」 

2013.06.13 「迷い込んだ犬を投げてレッドカード。契約も解除。」

2013.06.14 「5月30日付記事「(問題)正しい再開方法を選択せよ(トリックPK)」」 

2013.06.16 「コンフェデレーションズカップ2013(2013.06.16 日本代表 vs ブラジル代表)の試合から」 

2013.06.18 「オフサイドの判断の練習にどうぞ。」 

2013.06.19 「オフサイドが取り消されて得点が認められた本当の理由」

2013.06.20 「守備側選手が蹴ったボールに当たってもオフサイドが成立」 

2013.06.21 「コンフェデレーションズカップ2013(2013.06.20 日本代表 VS イタリア代表)の試合から」 

2013.06.24 「コンフェデレーションズカップ2013(2013.06.22 日本代表 VS メキシコ代表)の試合から」

2013.06.26 「ゴールキーパーが後方から2人目の相手競技者となっているレアなケース」 



2013.07.01 「副審の基本動作(シグナル)・・・米国サッカー協会版」

2013.07.02 「主審の基本動作(シグナル)・・・米国サッカー協会版」

2013.07.03 「FIFA版の競技規則が2013/2014年度版に更新されました」

2013.07.04 「2013/2014年 競技規則の改正について ・・・JFAトピックス より」

2013.07.05 「コンフェデレーションズカップ2013のハイライト集」 

2013.07.06 「FIFAの国際審判員リスト」

2013.07.08 「飲水タイムはアディショナルタイム加算の対象です。」

2013.07.09 「選手交代に要した時間も空費された時間として追加されなければなりません」

2013.07.11 「副審のファウルサポート」

2013.07.17 「【予告】ガイドラインのオフサイドの解説図をGIF動画化して順次記事にします。」

2013.07.18 「「1.プレーに干渉する」の図をGIF動画化」

2013.07.19 「「2.プレーに干渉する」の図をGIF動画化」

2013.07.20 「「3.プレーに干渉する」の図をGIF動画化」

2013.07.21 「【速報ベース】 東アジアカップ2013(2013.07.21 日本代表 vs 中国代表)の試合から」

2013.07.22 「東アジアカップ2013(2013.07.21 日本代表 vs 中国代表)のダイジェスト」

2013.07.24 「「4.プレーに干渉する」の図をGIF動画化」

2013.07.25 「「5.プレーに干渉する」の図をGIF動画化」

2013.07.26 「東アジアカップ2013(2013.07.25 日本代表 vs オーストラリア代表)のマッチレポートとダイジェスト」

2013.07.28 「【速報ベース】東アジアカップ2013(2013.07.28 日本代表 vs 韓国代表)の試合から」

2013.07.29 「東アジアカップ2013(2013.07.28 日本代表 vs 韓国代表)のマッチレポートとダイジェスト」



2013.08.02 「(公財)日本サッカー協会のサイトの競技規則が2013年度版に更新されました」

2013.08.07 「まだ実際に試合中にプレーオン(アドバンテージ)をかけたことがない、という方に参考になりそうな映像を見つけました」

2013.08.08 「大迫選手の3点目は解釈の変更でオフサイドにならなかったわけではありません。」

2013.08.12 「過去記事へのいざない(その1)」

2013.08.13 「過去記事へのいざない(その2)」

2013.08.14 「キリンチャレンジカップ2013 (20130814 日本代表 vs ウルグアイ代表 )の試合から」

2013.08.15 「過去記事へのいざない(その3)」

2013.08.16 「過去記事へのいざない(その4)」

2013.08.21 「過去記事へのいざない(その5)」

2013.08.22 「過去記事へのいざない(その6)」

2013.08.23 「過去記事へのいざない(その7)」

2013.08.27 「合宿中の審判勉強会のお話。」

2013.08.28 「「6.相手競技者に干渉する」の図をGIF動画化」

2013.08.29 「「7.相手競技者に干渉する」の図をGIF動画化」

2013.08.30 「ファウルの場所の特定(ペナルティーエリアの内か外か)・・・2010 Referee Week In Review Week 1 Clip1」



2013.09.02 「セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ(2013Jリーグ ディビジョン1 第24節)の試合から」

2013.09.04 「「8.相手競技者に干渉する」の図をGIF動画化」

2013.09.05 「「9.相手競技者に干渉する」の図をGIF動画化」 

2013.09.06 「キリンチャレンジカップ2013(2013.09.06 日本代表 vs グアテマラ代表)の公式記録ほか」 

2013.09.10 「キリンチャレンジカップ2013(2013.09.10 日本代表 vs ガーナ代表)の公式記録ほか」 

2013.09.11 「(問題)アウトオブプレーのボールは何個?」

2013.09.12 「アドバンテージの適用やクイックスタートの保障ばかりを意識し過ぎてもいけない・・・2010 Referee Week In Review Week 1 Clip2」

2013.09.17 「イエローカードをもらわないようにしながら、ペナルティーエリア周辺での相手チームのクイックスタートを防ぐ方法」 

2013.09.18 「 9月11日付け記事のフォローアップ」 

2013.09.19 「オフサイドラインキープとフラグアップ・・・2010 Referee Week In Review Week 1 Clip3」 

2013.09.25 「(問題)ペナルティーキックを行う競技者がボールを味方競技者にヒールキックで後方にけり、そのボールを味方競技者がゴールに入れた。」

2013.09.26 「2013年度版の「サッカーレフェリーズ」が発売になったようです」

2013.09.27 「“Wait and See” ・・・2010 Referee Week In Review Week 2 Clip 1」 

2013.09.30 「「10.利益を得る」の画像をGIF動画化」 



2013.10.01 「「11.利益を得る」の画像をGIF動画化」 

2013.10.02 「「12.利益を得る」の画像をGIF動画化」

2013.10.03 「9月25日付け記事のフォローアップ」

2013.10.04 「ベンチコントロール…2010 Referee Week In Review Week 2 Clip 2」

2013.10.06 「ハーフタイム中にフィールドプレーヤーがゴールキーパーになったことを主審に知らせないと・・・」 

2013.10.08 「「13.利益を得る」の画像をGIF動画化」

2013.10.09 「柔道PK・・・アヤックス vs ミラン の試合から」

2013.10.10 「さいたまダービーの2枚のレッドカード」 

2013.10.11 「後方からの無謀なスライディングタックル ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 2 Clip 3」 

2013.10.15 「国際親善試合(日本代表 vs ベラルーシ代表)の試合から」 

2013.10.17 「噛みついて10試合の出場停止。(「かみつき」スアレス、出場停止処分を受け入れる)」

2013.10.18 「ゴールキーパーがボールから手を離すのを妨げたら反則 ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 3 CLIP 1」 

2013.10.22 「際どいゴールと副審の協力 ・・・ 2013 J1 第29節 川崎 vs 磐田 の試合から」

2013.10.23 「ゴールネットのチェックが甘いと・・・」 

2013.10.24 「チーム役員が決定機の阻止?!」 

2013.10.25 「試合を完全に止めてから壁の操作に入らないと厄介なことになりますよ、という例 ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 3 CLIP 2」

2013.10.28 「「14.利益を得る」の画像をGIF動画化」 

2013.10.29 「審判のトレーニング(その16)」

2013.10.30 「ゴールに向かっているボールのほうに手を動かして当ててしまうと・・・」 



2013.11.01 「審判冥利に尽きる?! ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 3 CLIP 3」

2013.11.05 「オフサイドの解説図のGIF動画掲載記事のまとめ」

2013.11.06 「意図的でなくても味方競技者からボールを受け取ると・・・」

2013.11.08 「ペナルティーエリアの内か外か ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 4 Clip 1」 

2013.11.09 「ボールを弾ませているゴールキーパーからボールを奪うことはできません。たとえ身体的な接触がなくても。」

2013.11.13 「パントキックが攻撃側選手の背中に当たってゴール!」

2013,11.15 「スローインは正しい場所から再開させましょう ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 4 Clip 2」

2013.11.17 「国際親善試合(2013/11/16 日本代表 vs オランダ代表)の試合から」

2013.11.20 「国際親善試合(2013/11/19 日本代表 vs ベルギー代表)の試合から」 

2013.11.22 「オフサイドかPKか ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 4 Clip 3」 

2013.11.25 「手や腕にボールが当たってすぐ「ハンド!」と叫ぶ選手が多いのですが・・・」 

2013.11.26 「(選手や審判員としてサッカーをする方は)結婚指輪のサイズは余裕をもって作りましょう!」

2103.11.28 「レフェリーの最適なポジション ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 5 Clip 1 」



2013.12.02 「審判の勉強になりそうなシーンがたくさんなので紹介しておきます。(2013年J1 第33節 柏 vs 東京 の試合より)」

2013.12.05 「ゲームコントロール ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 5 Clip 2~4」 

2013.12.06 「カフサの次のボールは 『brazuca(ブラズーカ)』」 

2013.12.11 「テクニカルニュース Vol.58(2013年11月26日発行) より」 

2013.12.12 「ボールに触れなくてもボールに反応している相手競技者と接触または明らかに邪魔したらオフサイド ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 5 Clip 5 」 

2013.12.16 「FIFA Club World Cup Morocco 2013 開幕戦(Raja Casablanca 2:1 Auckland City FC)の決勝点は・・・ 」 

2013.12.17 「すね当てはストッキングによって完全に覆われていなければならない」 

2013,12.18 「靴紐が解けている選手がプレーに参加(ボールにアプローチ)しています。さて主審のあなたはどうする?」 

2013.12.19 「相手競技者が危険にさらされていることを無視したチャレンジ(1発レッド集) ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 6 clip 1~4」 

2013.12.21 「不必要な笛と必要だったのに吹かれなかった笛」 

2013.12.22 「副審はゴールキックやオフサイドの合図を左手で行ってはならない」 

2013.12.24 「副審はシグナルをするために旗を持ち替えなければならなくなった場合、腰より低い位置で反対の手に持ち替えなければならない」

2013.12.25 「(問題)試合開始前のメンバー表提出時にメンバー表には記載されていたもののキックオフ後に到着した選手は試合に参加できる?参加できない?」 

2013.12.27 「オフサイドの判断・・・2010 Referee Week In Review Week 7 clip1~3 より」



2014.01.01 「天皇杯決勝(2014.01.01 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島)の公式記録 ほか」

2014.01.04 「『笛が鳴るまでプレーは続けなさい』ということを教えるのにちょうど良い教材(第92回高校サッカー3回戦 三重県代表 四日市中央工業高校 vs 神奈川県代表 桐光学園高校 の試合から)」 

2014.01.05 「キーパーチャージという反則は現在存在しない(第92回高校サッカー準々決勝 履正社(大阪) vs 四日市中央工業(三重)の試合から)」

2014.01.06 「12月25日付け記事のフォローアップ」

2014.01.09 「著しく不正なファウルプレーと副審のサポート・・・2010 Referee Week In Review Week 7 clip4~5 より」

2014.01.12 「オフサイドか否か&レッドか否か。連続して起きる際どいプレーを瞬時に的確に判断しなければならない。(第92回全国高等学校サッカー選手権大会 準決勝 富山第一(富山) vs 四日市中央工業(三重) の試合から)」 

2014.01.15 「(問題)交代されようとした競技者がフィールドから離れようとしません。主審のあなたが取るべき処置は?」 

2014.01.20 「本歌取り?!(かつー@審判問題を考える会さん のブログ記事を受けて)」 

2014.01.22 「同じ試合で2枚めのイエローカードが出されると・・・2010 Referee Week In Review Week 8 Clip1~2 より)」 

2014.01.24 「1月15日付け記事のフォローアップ」 

2014.01.27 「だから、それは反則だって!(正しいルール解説を入れて報道してよね、やべっちFCさん)」

2014.01.30 「主審を欺こうとする行為は許されてはいけない・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 8 CLIP3~4 より」 



2014.02.12 「ファウル?ノーファウル?シミュレーション?・・・2010 Referee Week In Review Week 8 より」

2014.02.13 「笛のあとなので「ゴール」は無効⇒「退場+PK」にしようと思ってレッドカードを提示したが副審からの助言を受けてオフサイドを認め無罰に」

2014.02.19 「『過剰な力』とは・・・2010 Referee Week In Review Week 9 Clip1 & 2 より」

2014.02.20 「2月12日付け記事のフォローアップ」 

2014.02.21 「2月13日付け記事の一部訂正とフォローアップ」 

2014.02.26 「『乱暴な行為』とは・・・2010 Referee Week In Review Week 9 Clip3 より」 

 

2014.03.03 「昨日の試合中のお話をもう少し」

2014.03.05 「主審がその職務を続行できなくなったら・・・キリンチャレンジカップ2014(日本代表 vs ニュージーランド代表)の試合より」

2014.03.06 「手を道具として使えばファウルまたはイエロー。武器として使えばレッド。(2010 Referee Week In Review Week 10 Clip1&2 より)」 

2014.03.10 「フェアプレーとその場合の再開方法(2014ドイツ・ブンデスリーガ第24節ニュルンベルク対ヴェルダー・ブレーメンの試合から)」

2014.03.11 「「すぐに試合で役に立つ!サッカーのルール 審判の基本」という本」 

2014.03.13 「自分自身を大きく見せるために広げられた手にボールが当たるとアウト・・・2010 Referee Week In Review Week 10 Clip3 より」

2014.03.18 「ゴールキーパーの靴紐が解けています。主審のあなたはどうする?」 

2014.03.19 「ファウルが行われても慌てて笛を吹かない・・・2010 Referee Week In Review Week 11 clip 1 から」 

2014.03.20 「アドバンテージについて」 

2014.03.23 「試合中に犬が乱入してきたら」

2014.03.26 「肩から上への許容範囲の接触・・・2010 Referee Week In Review Week 11 clip 2 から」 

2014.03.27 「危険な方法でのプレー(その2)」 

2014.03.30 「試合中のボールに試合と関係のないボールが当たると・・・」




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

(再掲示) ◆競技規則系の過去記事のまとめ(2014年度分)


連休中にもかかわらず、このブログにアクセスいただき、ありがとうございます。



先日、2015年度にUPした、競技規則系の記事のまとめをUPしました。まとめ系の記事はタイトルを読んで内容がイメージできれば素通りしていただき、タイトルを読んで内容がイメージできなければクリックして記事をご覧いただけるとよろしいかと思われます。



本日は2014年度にUPした競技規則系の記事のまとめの記事を再掲示しておきます。



先述の通り、タイトルを読んで内容をイメージできない記事を中心にご覧いただければ、と思います。もちろん、お時間のある方は全ての過去記事をご覧くださって構いません。(笑)



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。





2014.04.01 「2010 Referee Week In Review Week 11 clip 3 からの出題です」 

2014.04.02 「美しすぎる副審」

2014.04.08 「2014 J1 第6節 名古屋 vs 広島 の試合より」 

2014.04.09 「2014 J1 第6節 G大阪 vs 鹿島 の試合より」 

2014.04.10 「問題。オフサイド?それともゴール?・・・2010 Referee Week In Review Week 12 のclip1 より」 

2014.04.11 「4月1日付け記事のフォローアップ

2014.04.14 「2014 J1 第6節 柏 vs C大阪 の試合より」 

2014.04.15 「正しいオフサイドライン・キープが正しい判定を導く・・・・・・2010 Referee Week In Review Week 12 のclip2 より」 

2014.04.16 「ボールを手で保持しているゴールキーパーにチャレンジはできないが、これはOK」 

2014.04.18 「4月10日付け記事のフォローアップ」 

2014.04.21 「2014 J1 第8節 鹿島 vs 神戸 の試合から」 

2014.04.23 「アドバンテージ適用時に気をつけなければならないこと ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 12 のclip3 より」

2014.04.24 「現在の競技規則ではテクニカルエリア内で立ちっぱなしでいることは許されています」 

2014.04.28 「2014 J2 第4節 カマタマーレ讃岐 vs 松本山雅 の試合から」

2014.04.30 「こんな決定機の阻止のパターンもあります・・・ 2010 Referee Week In Review Week 13 のclip1 より」

 

2014.05.01 「決定機阻止のサンプル」

2014.05.07 「マルチボールシステムとは」

2014.05.08 「競技者が試合中のボールに試合に関係のないボールをぶつけると」 

2014.05.10 「【訂正記事】競技者が試合中のボールに試合に関係のないボールをぶつけると」

2014.05.14 「試合の時間帯や得点差に関係なくレッドカード・・・2010 Referee Week In Review Week 13 のclip2 より」

2014.05.16 「飲水(給水)タイムのとりかた(の例) 【再掲示】」

2014.05.21 「ゴールインのシグナルはどちらの手で行うのが正しい?・・・2010 Referee Week In Review Week 13 のclip3 より」

2014.05.23 「なでしこジャパン vs 中国女子代表(2014/05/22) の試合から」

2014.05.27 「キリンチャレンジカップ2014 (日本代表 vs キプロス代表)の試合から」

2014.05.28 「なでしこジャパン vs オーストラリア代表(2014/05/25)の試合から」

2014.05.29 「カードなしorイエローカードorレッドカード、さぁどうします? ・・・2010 Referee Week In Review Week 14 のclip1より 」



2014.06.02 「得点時にシャツを脱いで個人的なメッセージを見せると・・・ナビスコカップ2014第7節 浦和レッズvs名古屋グランパス の試合から」

2014.06.03 「コスタリカ戦(2014/06/03)の公式記録ほか」

2014.06.05 「ヘッドバットは乱暴な行為 ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 14 のclip2より」

2014.06.06 「5月29日付け記事のフォローアップ」

2014.06.07 「ザンビア戦(2014/06/07)の公式記録ほか」

2014.06.10 「 Laws of the Game 2014/2015 の英語版がリリースされてました」

2014.06.13 「ブラジル代表対クロアチア代表の試合(ワールドカップ2014ブラジル大会 開幕戦)の公式記録ほか」

2014.06.14 「西村主審はPK宣告直後、「逃げた」訳ではない。」

2014.06.15 「日本代表 vs コートジボワール代表の試合(2014/06/15 ワールドカップブラジル大会 グループリーグ)の試合から」

2014.06.19 「副審のサイドステップの有効性 ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 14 のclip3より 」

2014.06.20 「日本代表 vs ギリシャ代表の試合(2014/06/20 ワールドカップブラジル大会 グループ C)の公式記録ほか」

2014.06.25 「日本代表 vs コロンビア代表の試合(2014/06/25 ワールドカップブラジル大会 グループ C)の公式記録ほか」

2014.06.26 「「ポジティブ・レフェリング」という本」

2014.06.27 「かみつきスアレス、また相手選手に噛みついて、FIFAから決勝トーナメントの出場権利剥奪される」

2014.06.30 「装身具に関する通達の解除通達」




2014.07.01 「ワールドカップ初のcooling breaks(飲水タイム)」

2014.07.02 「ファウルされた選手が倒れながら報復的な行為をする場合もある ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 15 のclip1より」

2014.07.09 「チアゴ・シウバ選手に出された警告に関して」

2014.07.10 「刻々と変化する状況の中での意思決定 ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 15 のclip2より」

2014.07.11 「6月30日付け記事のフォローアップ」

2014.07.13 「日本の放送では流れなかったオランダ vs アルゼンチン のPK戦の映像」

2014.07.14 「テクニカル・ニュース vol.60 (2014年3月26日発行)より」

2014.07.17 「こういうのホントに嫌!・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 16 のCLIP1より」

2014.07.23 「セットプレー時のコントロール ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 16 のCLIP2より」

2014.07.24 「やっぱりW杯前の大会基準でペナルティーエリア内のホールディングは厳しく対応する約束になっていたようですねぇ・・・」

2014.07.25 「飲水(給水)タイムのとりかた(の例) 【再掲示】」

2014.07.30 「2人の競技者が同時に倒れた時には何か起きることをイメージしておく・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 16 のCLIP3より」



2014.08.01 「ゴール前までしっかりボールを追っかけてますか?(2014 J1 18節 徳島ヴォルティス vs ヴァンフォーレ甲府 の試合から)」

2014.08.03 「競技規則 2014/2015年度版PDFファイルがUPされました」

2014.08.06 「2回連続して守備側競技者からはね返ったボールに触れてもやっぱりオフサイド」

2014.08.07 「テクニカル・ニュース vol.62(2014年7月25日発行) から」

2014.08.08 「adidas 主催の西村さんのトークショーがあったらしい」

2014.08.18 「フェアでタフなプレーを目指して」

2014.08.19 「富士ゼロックス スーパーカップ2010 のダイジェスト映像」

2014.08.20 「オフサイドか否か・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 17 のCLIP2より」

2014.08.21 「富士ゼロックス スーパーカップ2008 のダイジェスト映像」

2014.08.27 「意図的なプレーかはね返りか・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 17 のCLIP3より」



2014.09.01 「コイントスの映像集」

2014.09.03 「第4の審判員にできること・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 18 のCLIP1より」

2014.09.04 「いつのまにか youtube にJFAのオフィシャルチャネルが」

2014.09.05 「キリンチャレンジカップ2014(2014.09.05 日本代表 vs ウルグアイ代表)の公式記録ほか」

2014.09.08 「なぜカードが提示されているのか、を考えてみましょう」

2014.09.09 「キリンチャレンジカップ2014(2014.09.09 日本代表 vs ベネズエラ代表)の公式記録ほか」

2014.09.10 「ゴールキーパーに対する反則 ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 18 のCLIP2より」

2014.09.11 「決定的な得点の機会を味方選手が阻止してしまうという、ごく稀なケース」

2014.09.12 「幸いまだ副審時に顔でボールを受けた経験はありません。胸で受けた経験はありますが。」

2014.09.13 「得点が認められるのは?」

2014.09.16 「先日の記事のおまけ。」

2014.09.17 「スパイクの裏を相手に向ける行為はカードの対象です ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 18 のCLIP3より」

2014.09.18 「書店版の競技規則2014/2015 が発売に」

2014.09.19 「困った!競技規則のPDFファイルが今年度(2014/2015年度)版から画像化されていてcopy&paste ができない!」

2014.09.22 「主審担当時にシグナルが「他人の関係」の振り付けになってませんか?」

2014.09.25 「シミュレーションを見抜くには ・・・ 2010 Referee Week In Review - Week 19 の clip1 より」

2014.09.26 「審判のトレーニング(その20)」

2014.09.28 「2014J1リーグ 第25節 ベガルタ仙台 vs 鹿島アントラーズ の試合から」

2014.09.30 「これ、よく見極めたなぁ・・・ 2014 J1リーグ 第24節 ガンバ大阪 vs セレッソ大阪 の試合から」




2014.10.02 「猛烈ではあるが正当なタックル ・・・ 2010 Referee Week In Review - Week 19 の clip2 より」

2014.10.08 「(問題)ペナルティーキックのキッカーがキックフェイントを行ってからキックを行いボールがゴールに入った。さて、どうする?」

2014.10.09 「際どいオフサイドの見極めが必要な場合はフィールドに正対しサイドステップでラインキープしましょう ・・・ 2010 Referee Week In Review - Week 19 の clip3 より」

2014.10.10 「キリンチャレンジカップ2014 (2014.10.10 日本代表 vs ジャマイカ代表) の公式記録ほか」

2014.10.13 「国際親善試合(2014.10.14 日本代表 vs ブラジル代表)の公式記録ほか」

2014.10.16 「サッカーにはリスタート者が連続してボールに触れちゃいけない、というルールが存在する」

2014.10.17 「「不用意な」と「無謀な」の境界と「繰り返しの違反」 ・・・ 2010 Referee Week In Review - Week 20 の clip1 より」

2014.10.22 「どこからを「異議」とすべきか ・・・ 2010 Referee Week In Review - Week 20 の clip2 より」

2014.10.23 「フリーキックが行われるときボールは停止していなければならない」

2014.10.27 「2014 J1 第30節 清水 vs 広島 の試合から」

2014.10.29 「セレモニー形式のフリーキック時の確認手順 ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW - WEEK 20 の CLIP3 より」




2014.11.06 「2人の相手選手が同時に倒れたら、何かが起きると思ってダッシュで寄る ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW - WEEK 20 の CLIP4 より」

2014.11.09 「武藤選手 新人得点タイ記録と今村主審のファインプレー ・・・ 2014 J1 第31節 名古屋グランパス vs FC東京 の試合から」

2014.11.10 「2014 J1 第31節 柏レイソル vs 徳島ヴォルティス の試合から」

2014.11.11 「守備側競技者が自陣ペナルティーエリアの外側で攻撃側競技者を押さえ始めてそのままペナルティーエリアの内側まで押さえ続けると ・・・ バイエルン vs ドルトムント(2014/11/01) の試合から」

2014.11.12 「これも遅延行為 ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 21 clip1 より」

2014.11.14 「KIRIN CHALLENGE CUP 2014 (2014/11/14 日本代表 vs ホンジュラス代表)の公式記録ほか」

2014.11.18 「KIRIN CHALLENGE CUP 2014 (2014/11/18 日本代表 vs オーストラリア代表)の公式記録ほか」

2014.11.19 「当たることを期待して広げられた手 ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 21 clip2 より」

2014.11.20 「審判のトレーニング(その21)」

2014.11.26 「触るまで待っていればこんなミスは起きなかった ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 21 clip3 より」




2014.12.03 「レッドカード(退場)となるスライディングタックルのサンプル ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 22 CLIP1より」

2014.12.04 「サッカーレフェリーズ〈2014/2015〉 という本」

2014.12.10 「イエローカード提示後は、笛による再開が必要 ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 22 CLIP2 より」

2014.12.17 「アドバンテージを適用したファウルがイエローカードで警告すべき内容だった場合、次のアウトオブプレーのタイミングで必ずイエローカードが提示されなければならない ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 22 CLIP3 より」

2014.12.18 「それは本来なら認められない行為で警告される場合がありますよ。」

2014.12.24 「次の争点を意識したポジショニングの重要性 ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 23 CLIP1 より」





2015.01.02 「【再掲示】 フリーキック時の壁の操作 (その2)」

2015.01.06 「日大藤沢 vs 静岡学園 の試合から」

2015.01.07 「「やばっ、ドリブルで突破されそう。抜かれるとかなりヤバイ。ええぃ、ファウルして止めちゃえ!」はイエローカードの可能性大 ・・・ 2010 Referee Week in Review - Week 24 clip1 より」

2015.01.08 「「最新サッカー用語大辞典」 という本」

2015.01.12 「AFCアジアカップ オーストラリア2015( vs パレスチナ代表 2015.01.12)の試合から」

2015.01.13 「決定機の阻止かどうか(第93回全国高等学校サッカー選手権大会決勝の試合から)」

2015.01.14 「超速攻カウンターの場合は副審のサポートが必須 ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 24 CLIP1 より」

2015.01.16 「AFCアジアカップ オーストラリア2015( vs イラク代表 2015.01.16)の試合から」

2015.01.18 「だから国際マッチには国際基準というファウル基準が存在しているんだってっば。」

2015.01.20 「AFCアジアカップ オーストラリア2015( vs ヨルダン代表 2015.01.20)の試合から」

2015.01.21 「スタンピング(stomping/jumping on the opponent)は一発レッド ・・・ 2010 Referee Week in Review - Week 24 clip3 より」

2015.01.23 「AFCアジアカップ オーストラリア2015( vs UAE 代表 2015.01.23)の試合から」

2015.01.29 「カードを出すだけが審判の仕事ではない ・・・ 2010 Referee Week in Review 25 Clip1 より」





2015.02.02 「予測と準備(展開を考えながらポジショニングする)」

2015.02.04 「時には間(ま)をとる必要も ・・・ 2010 Referee Week in Review 25 Clip2 より」

2015.02.10 「副審がショーツのバックポケットを叩いたら、それはレッドカードの合図 ・・・ 2010 Referee Week in Review 25 Clip3 より」

2015.02.17 「4種年代のゴールキーパーに対して不用意レベルのファウルが行われた時に考えたいこと」

2015.02.18 「オフサイドっぽく見えるのだけれどオフサイドではないケース ・・・ 2010 Referee Week in Review Week 26 Clip1」

2015.02.19 「基本的に試合後に対戦チームの関係者とジャッジに関する話はしないほうが無難です」

2015.02.20 「昨日の記事のおまけ(日刊スポーツの記事)」

2015.02.24 「こんなパターンもあるのか。頭の中に入れておこっと。」

2015.02.25 「オフサイドポジションの選手のほうにパスが出されたからといって、あわててフラグアップしてはいけない ・・・ 2010 Referee Week in Review Week 26 Clip2 より」




2015.03.01 「FUJI XEROX SUPER CUP 2015 の公式記録など」

2015.03.02 「ゴールのすぐ前(ゴールラインから1m)のところで攻撃側の反則が行われた場合の再開場所」

2015.03.03 「上川委員長のコメントと両チームの+Quality宣言の内容(FUJI XERX SUPER CUP 2015 から)」

2015.03.04 「オフサイドの判定は真横から確認しないと見誤る ・・・ 2010 Referee Week in Review Week 26 Clip3 より」

2015.03.05 「FUJI XEROX SUPER CUP 2015 の試合から(その1)」

2015.03.06 「FUJI XEROX SUPER CUP 2015 の試合から(その2)」

2015.03.09 「FUJI XEROX SUPER CUP 2015 の試合から(その3)」

2015.03.10 「FUJI XEROX SUPER CUP 2015 の試合から(その4)」

2015.03.11 「FUJI XEROX SUPER CUP 2015 の試合から(その5)」

2015.03.12 「危険なタックル ・・・ 2010 Referee Week in Review Week 26 Clip4 より」

2015.03.13 「ボールがラインを越えた?越えていない? & 迷い笛は絶対にやめましょう!」

2015.03.14 「2015 J1 第1節 清水 vs 鹿島 の試合から」

2015.03.16 「2015 J1 第2節 柏 vs 仙台 の試合から」

2015.03.17 「空中戦の見極めポイントは選手の目 ・・・ 2015 J1 第2節 鹿島 vs 湘南 から」

2015.03.18 「オフサイドなのに罰しなかった例とオフサイドではないのに罰してしまった例 ・・・ 2010 Referee Week in Review Week 27 Clip1&2 より」

2015.03.19 「ゴールキーパーが味方競技者と交錯して転倒。ボールは手で押さえている。さぁ、どうする。」

2015.03.23 「騙すほうがいけないのか騙されるほうがいけないのか(2015年 J1 第3節 神戸 vs FC東京 の試合から)」

2015.03.25 「オフサイド・トラップの掛け損ない (2015 J1 第3節 甲府 vs G大阪 の試合から)」

2015.03.26 「主審は常にボールを管理下(監視下」)に置いておく必要があります ・・・ 2010 Referee Week in Review Week 27 Clip3 より」

2015.03.27 「KIRIN CHALLENGE CUP 2015 (2015/03/27 日本代表 vs チュニジア代表)の公式記録ほか」

2015.03.29 「3月19日付け記事のフォローアップ」

2015.03.30 「U-23 日本代表 vs U-23 ベトナム代表(2015.03.29)の試合から」

2015.03.31 「JAL CHALLENGE CUP 2015 (2015.03.31 日本代表 vs ウズベキスタン代表)の公式記録ほか」

 


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆