FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
試合引率記録(2018/02/17) U8 U7


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、わが団のホームグラウンドに近隣のチームをお招きして、U8カテゴリーの試合を開催。わが団は、U8以下の18名を2チームに分けてそれぞれ3試合戦った。(最終試合は、わが団のチーム同士の対戦だったため、実質は紅白戦。)



一方のチームのベンチ指導者をSコーチにお願いし、私は2年生3名+1年生6名(うちU6カテゴリーの選手1名)から構成されているほうのチームを担当。



試合前のウォーミングアップは、私が担当し2チーム合同で実施。



今日対戦したチームは、わが団と同じでこのカテゴリーではほとんどパスサッカーをしないチームだったので、選手にとって良い練習になったような気がします。(このカテゴリーでパスサッカーをされてしまうと、わが団の場合フルボッコされた状態になってしまうので・・・。)



試合には勝てなかった(紅白戦を除いて1敗1引き分け)ものの、試合中に闇雲にボールを蹴るようなシーンがほとんどなく、ドリブルでボールを失ってもすぐに別の選手がボールを奪い返してすぐさまドリブルで突破しようと試みるというようなシーンがたくさん生まれていた。



あとは、もっと相手を騙す動き、つまり有効なフェイント動作をそれぞれの選手にどのように練習で身につけさせていくか、といったところが、我々の課題。



あと驚いたのは、2年生のK君はオフザボールのときに、しっかり首が振れていた。ディフェンシブなポジションをとることが多かったのだけれど、その際自陣ゴールの位置、味方GKの位置を常に意識してプレーできていた。カウンターを喰らった際も、素早く戻ってくることができる足もあるし、ボールを奪う技術もあったため相手が決定的な状態を創り出す前に、しっかりその相手のチャンスを潰してくれたというシーンが多々あった。あとはボールを奪われない技術をどう身につけてもらうか。



ということで、私が担当したほうのチームの本日の戦績、2敗1引き分け(紅白戦を含む)。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
練習内容(2019/02/09) U8 U7


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日の低学年(3年生以下)の全体練習は、Kコーチが担当。最初は、パントキックで高く蹴り上げられたボールを、2人組で争って奪うメニュー。ただし、ボールに触れることが出来るのは、いったん地面で跳ね返って再び落下してきた状態になったボール。これを約20分間。



その後、2年生以下は別の場所に移動して、別メニュー。私とSコーチで担当。



最初は、線おに。最初、2年生(5名)vs1年生(7名)で実施したところ、鬼が多すぎてアッという前に全員が捕まってしまったので、鬼の人数を減らした形で鬼をローテーションしながら数回対戦。



続いて、ボールを制止した状態でのボールタッチ系を一通り実施したあと、7m四方のグリッド内でボールを動かしながらボールタッチ系&人数の組を作るメニュー&ボール出し。1回の笛でタッチ系メニューの変更、複数回の笛の場合は、笛の回数と同じ人数の組を素早く作り、長い笛の場合はボール出し開始。



笛の数と同じ人数の組を作るメニューを実施したものの、本日の1&2年生の参加者数の合計が12名で、5回以上の笛を吹かないと「あぶれる」選手が出ないので、今日は複数回笛を吹くメニューは少なめに実施。



給水休憩後、お互い中央のコーンから10ヤードほど離れた場所から同時にスタートして、同じタイミングで同じ方法でコーンの横を通過するメニュー。例えば、お互い同時にコーンに向かってドリブルを開始し、コーンの手前で左足でボールを跨いだあと右足のアウトサイドでコーンの右側にボールを送ってコーンの横を通過するメニューなど。



最終的には、ボールを跨いだ後にマルセイユ・ルーレットをするというメニューまで、様々なパターンを実施。



再び給水休憩後、右サイドからのグラウンダーの強めのクロスをトラップしてゴールにシュートする練習を約20分実施した後、ミニゲーム。本日のミニゲームは、2年生 vs 1年生。2年生が1点先制したところで、1年生側にSコーチを参戦させた。


(練習終了、4時10分。)



池上正の子どもが伸びるサッカーの練習

池田書店
売り上げランキング: 65,749




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2019/02/03) U8 U7


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は高学年が公式戦で不在だったため、練習は3年生以下のみ。



全体練習の前半は最初は3学年全員で、Kコーチが担当。3学年を4チームに分け、チーム対抗のボールを使った陣取り(ボール取り)ゲームを実施。(名称があったと思うけれど、忘れちゃった。)



最初は中央(4チームの陣地以外の場所)に置かれたボールを、より多く集めたチームの勝ち。中央に置かれたボール以外に、相手陣地内に置かれたボールも奪う(横取りする)ことが可能。Kコーチが笛を吹いた時点でチームが支配していたボールをカウントし、3戦の合計が多いチームの勝ち。



1戦目は手でボールを扱うパターン。2戦目は足でのドリブルのみ。3戦目はドリブルの他に、チームでパスも利用可能。



1時30分から、1&2年生は場所を移して練習。ここからは私が担当。(Sコーチがサポート)もう少し走ってもらいたかったので、昨日同様、40m×30mの広さで、1分間逃げ切り方式の鬼ごっこ。昨日とまったく同じではつまらないので、ちょっと違う形。(でも2年生vs1年生の形式は一緒。)



本日の参加は、2年生5名、1年生10名。



最初は、単純な鬼ごっこ。鬼にタッチされないように逃げ切る方式。続いて、やわらかいボールを当てる鬼ごっこ。
ball_001.jpg
顔に当たってもまったく問題のないボールだけれど、一応顔より下に当たったボールのみ有効。



その後は、サッカーボールをドリブルし、鬼にエリア外に蹴り出されないように逃げるメニュー。



給水休憩後、再びやわらかいボールを使って、キャッチボール系のメニューを実施。最初はアンダートス、その後上投げも。ま、以前からそうなのだけれど、親子でキャッチボールをする家庭がかなり減っているようで、ほとんどの選手のボールの投げ方が弱弱しいし、ボールキャッチもままならない状態。ということで、今日はサッカーボールよりも小さいサイズのボールで遊ぶ時間も追加。



3mの距離離れたペアとボールを落とすことなくキャッチボールを10回連続させられるか?というようなゲームを、ペアをローテーションしながら実施。(上投げだとほとんど相手がキャッチできないので、アンダートスでのキャッチボール。)



その後、サッカーボールに変えて、スローインの投げ方でワンバウンドでペアと失敗することなく10回連続でキャッチできるかどうかというゲームも実施。



給水休憩後、1対1で攻守に分かれてゴールを目指すメニュー。攻撃側は、ゴールに背を向けた守備側選手の股の下のボールを蹴って、ドリブルスタートし、ゴールを目指す。守備側はボールが蹴られたら反転してボールを奪いに行き、ゴールラインまたはタッチラインの外にボールを蹴り出せばOK。15人全員と対戦(攻守はじゃんけん)するように指示。



短い給水休憩後、相手ゴールキックをカット(インターセプト)してシュートする練習。



相手チームのフリーな選手にボールが蹴られるように、あえてマークを外しておいて、ボールが蹴られた瞬間に、ボールをカット(インターセプト)するようなシチュエーションを疑似的に作り出して説明したけれど、理解できたかなぁ・・・。



最後のミニゲームは、昨日同様、それぞれの学年別で実施。2年生のほうはSコーチと監督にお任せして、私は1年生のほうを担当。



練習終了、4時。



キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レジャー用品 カラー ボール 50球 PEUX-2505
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
売り上げランキング: 71,995





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2019/02/02) U8 U7


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日の低学年(2年生&1年生)の全体練習は私が担当。



最初は、グランド1/4(40m×30m)を使って、鬼ごっこ。1分間の逃げ切り方式。2年生(6名)vs1年生(9名)で対戦。1分間で1年生は2年生の全員を捕まえ切ることができないし、1年生全員は2年生に捕まえ切られてしまう状態。



ということで、2年生に少しハンデを与えるために、追う時も追われるときも2年生はボールを抱えて走らせてみたのだけれど、あまりハンデにはならなかった。



おまけとして、2年生全員にボールを2個、つまり両腕でボールを抱えさせるようにして逃げさせ、その状態で1年生に追わせたところ、ほぼ1分で2年生全員を捕まえることに成功。



短い給水休憩をとり、7m四方のグリッド内で、ボールを動かしながらボールタッチ系メニュー。1回の笛で、メニューチェンジ。複数回の笛で、笛の回数と同じ人数の組を作る。長い笛でボール出し。



その後、ボールを使った運動神経刺激系メニューを実施して、全体練習終了。



2時からの学年別メニューも、Sコーチにサポートしてもらう形で2&1年生合同で実施。最初は、20ヤード離れたマーカーの中央にコーンを立て、両側のマーカーから同時にドリブルでスタートして、ペアと同じタイミングでコーンの横を通り過ぎる練習。1年生用と2年生用の2レーン準備。



笛の合図でのスタートではなく、ペアと呼吸を合わせてスタートする方式。スタートは合わせられても、コーンの先にいる相手をよく見ていないので、最初はなかなかコーンの横を通過するタイミングが合わせられない。ということで、繰り返し反復練習。



シザースを入れるパターンや、ルーレットを入れるパターンも実施。1年生の一部、最近入団した選手など数名はルーレットの動きができていなかったので、その間Sコーチに2年生をみてもらって、私の方で1年生の全員に今一度足と身体の動かし方をレクチャー。



この2人組で向かい合ってドリブルするメニューを、途中給水を挟みながら約60分。



その後、Sコーチに強めのクロスを左コーナー付近から蹴ってもらい、ゴール前に走り込んでワントラップしてシュートする練習。これを約20分。



最後に、学年別に分かれて、それぞれミニゲーム。1年生は私が担当。2年生は、Sコーチと監督が担当。(1年生は15分1本、2年生は20分1本。)



練習終了、4時。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2019/01/20) U8 U7


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日の低学年(3年生以下)の全体練習は、私が担当。



最初は、グランドの1/4(40m×30m)を使って、鬼ごっこ。3年生 vs 2年生&1年生。1分間の逃げ切り方式。攻守を入れ替えて対戦。その後、グランドの縦半分(80m×30m)を使って同じく鬼ごっこ。本当は最初に80×30のサイズで実施するつもりだったのだけれど、3年生が勝手に40×30の広さで逃げたので、2回戦目でサイズを広げる形になった。



その後は、10ヤード四方のグリッドの中で、お遊び。3年生にボールを持たせ、笛が鳴った時にボールを持っていると罰ゲームというゲーム。ボールを持っていない選手の前に立ってその選手の名前を呼んで、ボールを渡す。名前が分からない場合は、「お名前は?」と聞いて、改めてその名前を呼んで渡す。(今日は体験入団の1年生は2名いました。)



その逆、笛が鳴った時にボールを持っていないと罰ゲームのパターンも。



その後、10ヤード四方のグリッド内で、ボールを動かしながらボールタッチ系のメニュー。笛1回で、ボールタッチのメニュー変更、笛2回以上の場合は、その笛の数と同じ人数の組を作ってしゃがむ。組の人数を間違えたり、組に入り損ねたら罰ゲーム。長い笛の場合は、「ボール出し」。



短い給水休憩のあと、ボールを使った運動神経刺激系メニュー。(要するに直接サッカーの動きには関係のないメニュー)をしばらく実施して、低学年の全体練習を終了。



午後2時からの学年別練習では、Sコーチと一緒に2年生&1年生を担当。本日の2年生の参加者は5名、1粘性の参加者は体験入団の2名を含めて10名。



まず最初は、Sコーチによるドリブル系のメニュー。2チームに分かれて、数個のボールで実施。



メニュー的には、とっても面白いと思うのだけれど、「コーチの狙い」を理解していない選手が「次に何をすれば良いのか」がわからず動きが止まってしまったり、あるいは「楽」をして休んだままでいることもできてしまうので、そのあたりにメニューの改善余地がありそう。折角2チームに分けたのだから、得点を競い合うような形にすれば、「楽」をする選手が減りそうなのだけれど、メニュー的に得点管理が難しそう。(ボールがたくさんあるので、コーチが全てを管理するのは難しい。)



15分ほどこのメニューを実施し、そのあとは私がメインで担当。



このところ実施している、ゴール前で強いグラウンダーのボールを受け取って(トラップをして)すぐにシュートをする練習。Sコーチにボールを出してもらって、私はゴール前でコーチング。



1)右サイドから、2)左サイドから、のボールは強めのグラウンダー。その後、右斜め後方からのボールは、ゴール前(ゴールキーパーの前)でボールをワンタッチしてボールのコースを変えてから、ゴールキーパーのいない場所にシュートを打ち込む練習。最後は、バウンド系のやや処理の難しいボールをやはり右斜め後方から投げ入れて同じようにゴール前でボールをワントラップしてからシュートする練習。



3時30分から、10分ハーフ×2本のミニゲームを、学年ごとに実施。2年生をSコーチに任せて、私は1年生を担当。(練習終了、4時)










にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆