3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ファウルと不正行為の判定(その38)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、ファウルと不正行為の判定問題です。映像をご覧になって、正しい再開方法と懲戒罰の組み合わせを選んで回答を入力してください。審判資格の有無にかかわらず、どなたでもご参加いただけます。回答入力後にバナークリックのご協力もよろしくお願いいたします。




(ファウルと不正行為 問題38)

1)No Foul + No Card
2)Indirect Free Kick + No Card
3)Indirect Free Kick + Yellow Card
4)Indirect Free Kick + Red Card
5)Direct Free Kick + No Card
6)Direct Free Kick + Yellow Card
7)Direct Free Kick + Red Card
8)Penalty Kick + No Card
9)Penalty Kick + Yellow Card
10)Penalty Kick + Red Card





FIFAが示す考慮項目

1)チャレンジする際、競技者が注意を払わずに行動しましたか?
2)相手競技者は危険な状況に置かれていますか?
3)競技者はチャレンジの際、どの程度の速さや強さを用いましたか?
4)競技者は身体のどの部分を使って接触をしましたか?
5)相手競技者のどの部分に接触が行われましたか?



FIFAの解説
白の4番は、不用意に相手競技者を蹴っている。



競技規則の関係する文章
◦ 不用意とは、競技者が相手に挑むとき注意や配慮が欠けていると判断される、または、慎重さを欠いてプレーを行うことである。懲戒処置は必要ない。



ということで、正解(FIFAの決定)は、
5)Direct Free Kick + No Card
です。



この記事は、
WV Soccer Association Referee Program (West Virgina Soccer Association)
のサイト内の
Videos 36 - 40
を参考にして作成しています。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。







  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
ファウルと不正行為の判定(その37)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、ファウルと不正行為の判定問題です。映像をご覧になって、正しい再開方法と懲戒罰の組み合わせを選んで回答を入力してください。審判資格の有無にかかわらず、どなたでもご参加いただけます。回答入力後にバナークリックのご協力もよろしくお願いいたします。





(ファウルと不正行為 問題37)

1)No Foul + No Card
2)Indirect Free Kick + No Card
3)Indirect Free Kick + Yellow Card
4)Indirect Free Kick + Red Card
5)Direct Free Kick + No Card
6)Direct Free Kick + Yellow Card
7)Direct Free Kick + Red Card
8)Penalty Kick + No Card
9)Penalty Kick + Yellow Card
10)Penalty Kick + Red Card






解説が見えてしまわないように、改行およびバナーを挟んでおきます。本日もバナークリックのご協力をお願いいたします。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ








FIFAの示す考慮項目

1)チャレンジする際、競技者が注意を払わずに行動しましたか?
2)相手競技者は危険な状況に置かれていますか?
3)競技者はチャレンジの際、どの程度の速さや強さを用いましたか?
4)競技者は身体のどの部分を使って接触をしましたか?
5)相手競技者のどの部分に接触が行われましたか?



FIFAの解説
赤の13番は、無謀な方法で相手競技者にタックルしている。

(競技規則の関連文章)

◦ 無謀とは、相手競技者が危険にさらされていることを無視して、または、結果的に危険となるプレーを行うことであり、このようにプレーする競技者は、警告されなければならない。




ということで、正解(FIFAの決定)は、
6)Direct Free Kick + Yellow Card
です。


(そうですか、イエロー止まりですか・・・。私はレッドを選んでしまいました。)










この記事は、
WV Soccer Association Referee Program (West Virgina Soccer Association)
のサイト内の
Videos 36 - 40
を参考にして作成しています。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ファウルと不正行為の判定(その31~35)の記事のフォローアップ


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




各問題の映像と、本日までの回答数および正解率のみ表示しておきます。正答率が50%に満たなかった問題については、正解率を赤文字で表示しておきます。


ファウルと不正行為の判定(その31)


FIFAの決定は
「Indirect Free Kick + Yellow Card」
回答数82、正解率18%
6割近くの方が、PKを選択されてしまいました。

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その31)」 をご確認ください。




ファウルと不正行為の判定(その32)


FIFAの決定は、
「Direct Free Kick + Yellow Card」
回答数106、正解率63%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その32)」 をご確認ください。



ファウルと不正行為の判定(その33)


FIFAの決定は、
「Penalty Kick + Yellow Card 」
回答数116、正解率31%
シュートコースに身体を滑り込ませた際に身体に密着させていない手や腕にダイレクトにボールが当たった場合はハンドリングの反則になるという1つの基準とも言えます。

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その33)」 をご確認ください。



ファウルと不正行為の判定(その34)


FIFAの決定は
「10)Penalty Kick + Red Card 」
回答数115、正解率52%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その34)」 をご覧ください。



ファウルと不正行為の判定(その35)


FIFAの決定は、
「Direct Free Kick + Yellow Card」
回答数111、正解率70%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その35)」 をご覧ください。










にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ファウルと不正行為の判定(その36)



明日の更新では、ファウルと不正行為の判定の(その31)から(その35)までのフォローアップ記事をUPする予定です。まだ回答の入力をお済ませでない方は、リンク先の記事でどうぞ。

「ファウルと不正行為の判定(その31)」
「ファウルと不正行為の判定(その32)」
「ファウルと不正行為の判定(その33)」
「ファウルと不正行為の判定(その34)」
「ファウルと不正行為の判定(その35)」




審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、ファウルと不正行為の判定問題です。映像をご覧になって、正しい再開方法と懲戒罰の組み合わせを選んで回答を入力してください。審判資格の有無にかかわらず、どなたでもご参加いただけます。回答入力後にバナークリックのご協力もよろしくお願いいたします。




(ファウルと不正行為 問題36)

1)No Foul + No Card
2)Indirect Free Kick + No Card
3)Indirect Free Kick + Yellow Card
4)Indirect Free Kick + Red Card
5)Direct Free Kick + No Card
6)Direct Free Kick + Yellow Card
7)Direct Free Kick + Red Card
8)Penalty Kick + No Card
9)Penalty Kick + Yellow Card
10)Penalty Kick + Red Card






解説が見えてしまわないように、改行およびバナーを挟んでおきます。本日もバナークリックのご協力をお願いいたします。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 1日1回のクリックが有効です!






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ





FIFAが示す考慮項目

1)チャレンジの際、競技者は注意や配慮を欠いていましたか?
2)チャレンジの際、競技者は注意を払わずに行動しましたか?
3)競技者はフェアな方法でボールをプレーする機会がありましたか?
4)競技者は身体のどの部分を使って接触をしましたか?
5)相手競技者のどの部分に接触が行われましたか?
6)チャレンジはチャンスとなる攻撃を阻止しましたか?



FIFAの解説
黄色の15番は、ペナルティーエリア内で不用意に相手競技者を押している。



競技規則の関係する文章
◦ 不用意とは、競技者が相手に挑むとき注意や配慮が欠けていると判断される、または、慎重さを欠いてプレーを行うことである。懲戒処置は必要ない。



ということで、正解(FIFAの決定)は、
8)Penalty Kick + No Card
です。








この記事は、
WV Soccer Association Referee Program (West Virgina Soccer Association)
のサイト内の
Videos 36 - 40
を参考にして作成しています。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ファウルと不正行為の判定(その35)



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、ファウルと不正行為の判定問題です。映像をご覧になって、正しい再開方法と懲戒罰の組み合わせを選んで回答を入力してください。審判資格の有無にかかわらず、どなたでもご参加いただけます。回答入力後にバナークリックのご協力もよろしくお願いいたします。






(ファウルと不正行為 問題35)

1)No Foul + No Card
2)Indirect Free Kick + No Card
3)Indirect Free Kick + Yellow Card
4)Indirect Free Kick + Red Card
5)Direct Free Kick + No Card
6)Direct Free Kick + Yellow Card
7)Direct Free Kick + Red Card
8)Penalty Kick + No Card
9)Penalty Kick + Yellow Card
10)Penalty Kick + Red Card






解説が見えてしまわないように、改行およびバナーを挟んでおきます。本日もバナークリックのご協力をお願いいたします。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 1日1回のクリックが有効です!






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ





FIFAが示す考慮項目

1)競技者は、相手競技者を押さえることで相手競技者がボールを保持するのを妨げましたか?
2)競技者は、相手競技者を押さえることで相手競技者が有利な位置を得ようとするのを妨げましたか?
3)競技者は相手競技者を手あるいは身体で押さえていますか?
4)競技者は相手競技者をボールから引き離すという戦術的な目的のために相手競技者を押さえていますか?




FIFAの解説
白の16番は、相手競技者をボールから遠ざけるために相手競技者を押さえている。反スポーツ的行為。



関係する競技規則の文章
相手競技者を押さえることは、手、腕、または体を用いて相手競技者の進行や動きを妨げることを含む。
懲戒の罰則
●相手競技者を押さえて、相手競技者がボールを保持すること、または有利な位置を得ようとすることを妨げる競技者は、反スポーツ的行為で警告されなければならない。


(これらの文章は2015/2016年度版には存在していましたが、2017/2018年度版には存在していません。存在はしていませんが、このファウルがファウルではなくなったわけではありません。)



ということで、正解(FIFAの決定)は、
6)Direct Free Kick + Yellow Card
です。



この記事は、
WV Soccer Association Referee Program (West Virgina Soccer Association)
のサイト内の
Videos 31 - 35
を参考にして作成しています。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆