FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
Inside Video Review: MLS Week 23 (2019)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ





上記映像の元記事は、米国プロ審判協会のこちら
WATCH // Inside Video Review: MLS Week 23



1つめの映像は、先日の「(問題)このゴールは認めるべき?それとも認めない?」 の記事で紹介した映像ですので、省略します。



2つめの映像について。いわゆるハンドオフ系の反則。争点に入ろうとしている、あるいは既に争点に入っている相手競技者をあらかじめ押しておいて自分が優位にプレーしようとするのは、反則です。この反則は、「ボールの出所とボールの納まり所の両方を同時に見る(※)」ということを常に意識していないと見落としがちになる反則です。

※ボールの出所で行われる可能性の高いアフター系の反則と、ボールの納まり所で行われる主に手の不正な使用となる相手競技者をあらかじめ押したり押さえておくような反則の、両方が行われる可能性があるということを意識して、その両方(ボールの出所と収まり所)を同時に視野に入れるようなポジショニングや身体(主審自身の身体)の向きで対応させることが重要になります。



3つめの映像の話は、ちょっとややこしいです。まず、コーナーキックが行われて、守備側選手が倒されてボールをプレーする機会を不正に奪われたと判断した主審が笛を吹いたのとほぼ同時にボールがゴールに入ります。VARは攻撃側チームの反則はなかったと判断し、主審にビデオレビューを確認することを推奨し、主審もファウルはなかったことを確認します。そこで次は主審の笛が、ボールがゴールに入る前だったのか後だったのかという問題になります。VARは笛はボールがゴールに入った後(ボールがゴールに入った時点で主審は笛を口に当てていなかった)ということが確認されて、得点が認められました。



4つめの映像について。

競技規則 2019/2020 第12条 ファウルと不正行為

ゴールキーパーがボールを手でコントロールしていると判断されるのは次のときである:
◦ ボールがゴールキーパーの両手で持たれているとき、または、ボールがゴールキーパーの手と他のもの(例えば、グラウンド、自分の体)との間にあるとき、ボールに手または腕のいずれかの部分で触れているとき。ただし、ボールがゴールキーパーからはね返った、または、ゴールキーパーがセーブした場合を除く。
◦ ゴールキーパーが広げた手のひらでボールを持っているとき
◦ ボールを地面にバウンドさせる、または、空中に投げ上げたとき

ゴールキーパーが手でボールを保持しているとき、相手競技者はゴールキーパーに挑むことができない。


ゴールキーパーが両手で持ったあと、攻撃側競技者が挑んだ、という判断ですね。



これらの4つの映像については、米国プロ審判協会の別の独立した記事
The Definitive Angle: MLS Week 23
でも触れられていますので、ぜひそちらもご覧ください。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト



Inside Video Review: MLS Week 22 (2019)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






上記映像の元記事は、米国プロ審判協会のこちら
WATCH // Inside Video Review: MLS Week 22



1つめの映像。主審は、ボールをコントロールできる可能性が低かったと判断して、レッドカードではなくイエローカードを提示しましたが。ゴールからの映像では、攻撃側競技者はボールをコントロールできる可能性が高かったことが推測された、ということで、「手で相手競技者を押さえたことで、相手チームの決定的な得点の機会を阻止したとして、レッドカードになりました。



2つめの映像。守備側競技者は、ボールに触れることなく(あるいはボールに笛っる前に)相手競技者に接触をして、プレーを妨害しています。決定的な得点の機会の阻止に当たるのですが、ボールをプレーしようとして反則を犯しているので、「PK+警告」となりました。(主審は、当初ノーファウルとしてプレーを流しています。)



3つめの映像。守備側競技者が自陣ペナルティーエリア内でハンドリングの反則を犯しているように見えますが、実は攻撃側競技者によってシャツを引っ張られていたために、ボールを手で扱ってしまった形になりました。従って、主審は守備側チームの直接フリーキックで再開しました。



4つめの映像。至近距離から跳ね返ったボールが守備側競技者の腕に当たっているのですが、守備側競技者の手や腕は不自然な位置で、守備側競技者を不自然に大きくしているので、アウト(PK)です。



これらの4つの映像については、米国プロ審判協会の別の独立した記事
The Definitive Angle: MLS Week 22
でも触れられていますので、ぜひそちらもご覧ください。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

Inside Video Review: MLS Week 21 (2019)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ





上記映像の元記事は、米国プロ審判協会のこちら
WATCH // Inside Video Review: MLS Week 21



1つめの映像について。

映像だけご覧になるとよくわからないかも知れませんので、解説をしておきます。主審はラフプレー(イエローカード)だと判断し、累積で2枚目のイエローカードということで、黒の17番の選手にはレッドカードが提示され、既に当該の選手はピッチを離れています。

VARはラフではなく、一発レッドカード相当だとして、主審にVideo Reviewすることを推奨し、ビデオを確認した主審が、イエローカードを取り消して、一発レッドカードを提示しているのですが、当の本人は当初のイエローカードの累積によるレッドカードで退場しているので、キャプテンに説明しながらレッドカードを提示しているので変な感じになっています。(既に退場になっているから、別にこのビデオレビューは必要ないのでは?と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、累積2枚のレッドカードと、一発レッドでは出場停止期間など重さが違うので、この訂正は重要なものになります。)



2つめの映像のお話。ゴール前でのハンドリングに関して。2019/2020年度の改正で明確化された部分。

競技規則 2019/2020 第12条 ファウルと不正行為

ボールを手または腕で扱う
(中略)
競技者が次のことを行った場合、通常は反則となる:
◦ 次のように手や腕でボールに触れたとき:
 ・ 手や腕を用いて競技者の体を不自然に大きくした。
 ・ 競技者の手や腕が肩の位置以上の高さある。(競技者が意図的にボールをプレーしたのち、ボールがその競技者の手や腕に触れた場合を除く)
これらの反則は、ボールが近くにいる別の競技者の頭または体(足を含む)から競技者の手や腕に直接触れた場合でも適用される。
(後略)


手や腕が身体から離れて身体を不自然に大きくしたので、ハンドリングの反則を犯したと見なされました。



3つめの映像はのお話。ホールディングが相手競技者がボールを自由にプレーする機会を奪ったのかどうかが争点で、これは不正なホールディング、というのが米国プロ審判協会の見解で、Video Review system が正しく使用された、と結論付けています。



これらの3つの映像については、米国プロ審判協会の別の独立した記事
The Definitive Angle: MLS Week 21
でも触れられていますので、ぜひそちらもご覧ください。







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

Inside Video Review: MLS Week 20 (2019)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






上の映像の元記事は、こちら。
WATCH // Inside Video Review: MLS Week 20



最初の映像は、オフサイドのフラグアップが保留されて、ボールがゴールに入ってからフラグアップされたパターン。VARがチェックをしてオンサイドであることが判明。フラグアップがキャンセルされて、得点が認められました。



2つめの映像は、得点になる直前の長いパスの際にオフサイドだったのかどうか。VARがチェックしたところ、実際にはオンサイドである以前に、オフサイドポジションにいた可能性を疑われた攻撃側選手はボールには触れておらず、ボールに向かう相手競技者を妨害してもいませんでした。(まったくオフサイドではなかった。)



3つめの映像。ゴールキーパーの前でボールのコースを変えた選手がオフサイドポジションにいたのかどうか。フラッシュラグでオフサイドっぽく見えますがが、実はオンサイドでした。



4つめの映像はちょっとややこしくて、白の30番がレイトタックル(ラフプレーでイエローカード)の反則を犯したものの、アドバンテージが適用されてプレーが流されたあと、白の22番がペナ前でチャンス潰し(イエローカード、この試合累積2枚目)の反則を犯しプレーが停止。プレーが止まることになった22番の反則はDOGSO(決定機阻止)に該当する可能性もありましたが、米国プロ審判協会は、主審のSPA(Stopping a Promising Attack、チャンス潰し)という判断を支持しています。



(3&4番目の映像のVARはメキシコ出身のレフェリーでしょうかね。スペイン語訛りの英語ですね。)



独立した別記事
The Definitive Angle: MLS Week 20
では、上の映像の1つめのプレーに対する解説だけが存在しています。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

Inside Video Review: MLS Week 19 (2019)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ





上記映像がUPされている元記事は、こちら。
WATCH // Inside Video Review: MLS Week 19



1つめの映像。主審の判定はイエローカード。しかしVARはレッドカード相当であるとビデオレビューを推奨。ビデオレビューを確認したものの主審は当初のイエローカードの判定を固持。米国プロ審判協会は、主審はレッドカードに変更すべきだった、という見解。



2つめの映像。ゴールの前に「ボールがゴールラインを越えてアウトオブプレー」になったにもかかわらず、プレーが継続され(APP(Attacking Possession Phase)が継続し)、ボールがゴールに入ったケース。「得点or得点ではない」にかかわるケースなので、VARの案件です。ゴールラインの真横からの映像は存在していないものの、存在するすべての映像をチェックし、「ゴールラインを越えたのは明らかである」という結論から、ゴールは取り消されました。



3つめの映像。副審はオフサイドが微妙だと感じたものの、フラグアップを保留。ボールがゴールに入ってから、フラグアップ。VARがチェックし、オフサイドではなかったという確認が行われたケース。VARが導入されれば、このようにオフサイドのフラッグアップが保留されるケースがかなり増えますね。



4つめ以降は、
The Definitive Angle: MLS Week 19
には、解説がありません。



最初は、コーナーキック時の押さえ合いのお話で、最後はコーナーキックで再開されるべきシーンでスローインで再開されてしまって得点となったものの、再開方法についてはVARの範疇ではないため、ビデオレビューには至りませんでした。



最初の3つの映像については、独立した別記事
The Definitive Angle: MLS Week 19
でも解説がありますので、そちらもどうぞ。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆