3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
卒団式(2016/03/13) U12


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



「2010年度新入団の選手たち」のカテゴリーで記事をUPするのは、今日が最後です。

 

我が家の息子を含む19名の6年生が、本日団を巣立っていきました。



卒団生の皆さん、保護者の皆様、ご卒団おめでとうございます。



今日の卒団式において、多くの選手たちから「監督・コーチに教えてもらってサッカーが好きになった」「毎週練習にくるのが楽しみだった」と言ってもらえたことが何よりうれしかったです。



中学に行って、サッカーではなく別のスポーツを始める選手もいるとは思いますが、団が存続している限り、君たちはいつでもサッカーをしに戻って来ることができます。



いつでも遊びに来てね。そしてかわいい後輩たちにサッカーの楽しさを教えてあげてください。まってるよ。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
夏合宿2日目


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


本日は合宿2日目。



大きなトラブルもなく2日間の日程を終えることができました。保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。



午後の練習試合で、イエローカードを提示したので、そのお話を。



二男に審判の経験をさせようということで、三男の試合の笛を担当させていました。一応、私もフィールドに入って、ポジショニングなどをアドバイスしたり、たまに私自身がポジショニングのデモを目の前で見せながら行う形で。なので、イエローカードは私が提示しています。(邪魔な存在であるレフェリーが2人もフィールド内にいたので、選手にはちょっと迷惑をかけたのだけれど・・・。)



イエローカードの内容は、反スポーツ的行為。



中央(センターサークル付近から)右サイドに大きな縦パス系のボールが出た。そのボールを左サイドバックの選手が、肩にボールを当てて阻止しようと思ったものの、届かないということで脇を開けて「腕」の部分でボールをコントロール。(要するに長いパスの途中で腕を使ってインターセプト。)



ゴールキーパーが飛び出してきて右サイドの選手がボールを受け取れなかったり、右サイドの選手がボールに触れる前にボールがタッチラインを越えてしまう可能性もあったが、右サイドの選手がボールを受け取れる可能性がノーチャンスではなかった。



ということで、

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

ボールを手または腕で扱う

(中略)

懲戒の罰則

競技者が意図的にボールを手または腕で扱ったことによって反スポーツ的行為で警告されるケースは様々である。例えば、
●意図的にボールを手または腕で扱って、相手競技者がボールを保持することを妨げる。
(後略)


に該当したという理由で、イエローカードを提示。



2013年度版までは、「相手競技者がボールを受け取るのを阻止する。」という訳語だったのですが、2014年度版から「相手競技者がボールを保持することを妨げる。」という訳語に変更されています。



私が担当する試合で、このケースでイエローカードを提示することになった経験はあまり記憶にないですね。(私が主審を担当していない試合では何度か見かけたことはあるプレーですが。)




経口補水液 オーエスワン(OS-1) ゼリー 200g×6袋
大塚製薬
売り上げランキング: 1,416



 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2015年度夏合宿初日




審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


本日、今年度の夏合宿の初日です。



とりあえず、これから宿に向かってミーティング(ルール勉強会)で講師担当です。準備のための一時帰宅中。



ミーティングのあと指導者の打ち合わせなどを済ませて、時間的・肉体的な余裕があれば、今日の様子をもう少し細かくUP(追記)する予定です。




大塚製薬オーエスワン(OS-1)ゼリー200g×30個セット
大塚製薬
売り上げランキング: 12,369



 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2015/07/25) U7 U12 (その2)

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


一昨日の記事の続きです。



コーナーキック時の守備の際、ゴールキーパー以外の選手が必ずニア側のゴールポストのところにしっかり立つ、という意識がついたので、今度はペナルティーエリアの手前で相手チームにフリーキックの権利を与えてしまった場合の守備の練習。



裏を返せば、ペナルティーエリアの手前で直接フリーキックの権利を得た場合の攻撃パターンの紹介でもあるのだけれど。




まずは、選手全員に、フリーキックの権利を得た場合に3つの条件が揃えば、基本的に「素早いリスタート(クイックリスタート)」が認められる、ということを説明。(ただし、レフェリーによっては試合を止めちゃう人もいるけどね~、ということも説明。)



その3つの条件は、

1.正しい再開場所(ファウルが起きた場所)からプレーが再開される
2.きちんとボールが停止された状態からプレーが再開される
3.もととなったファウルに対してイエローカードなどの懲戒罰が提示されていない

というもの。



で、簡単な説明をしたあと、実際に選手を攻守に分けて、これまたロールプレイング。



まずは、レフェリーからイエローカードをもらわないようにしながら、相手チームのクイックリスタートを防ぐための手段を伝授。


ボール(再開場所)に近づき過ぎないようにしながらボールとゴールの間に入る。
→ 露骨にボールの前に立ってクイックリスタートを妨害しようとすると、遅延行為で警告の対象になる。

相手キッカーが「壁が近い」とアピールするような「微妙な距離」に立つ。
→ あくまで守備の隊形が整うまでクイックリスタートされないことが目的。

もしそれでもクイックリスタートされてしまった場合で、明らかに規定の距離離れていない場合は、キックされたボールをブロックするような動作を絶対にしない。
→ 規定の距離離れていないということで警告の対象になる。(ただし、キッカーがわざとボールをぶつけてきた場合は、警告されないので、そのままプレーできる。)

守備側は試合を止めてセレモニー形式でリスタートすることを要求できない。
→ クイックリスタートを行うかセレモニー形式のリスタートを行うかの選択権はあくまで「ファウルされたチームの権利」で、守備側に試合を止める権利はない。

 

といったあたりを簡単に説明して、実際に普段キッカーを務めることが多い選手にドリブルをさせ、DF役の選手にペナルティーエリアの外側でわざと「押さ」せたところで、私が笛。



で、最初はクイックリスタートのパターンを練習。



続いて、セレモニー形式になった場合の、壁の位置の調整の仕方も説明。これも場所に応じていろんな守り方、壁の立て方があるのだけれど、とりあえず3枚の壁でニアポスト側を切る方法だけ伝授。(あんまり一度にたくさん説明しても頭の中が混乱するだけだと思うので。)



攻守を入れ替えて、何度か実施。



更に、普段キッカー役を務めることはないが、キッカー役をチャレンジしたい、という選手に手を上げさせてみたところ、7~8人の選手が手をあげた。(おっ、なかなかみんな積極的でよろしい。)



ということで、希望する選手全員がキッカーを経験したあと、給水休憩をとって、最後のミニゲーム。



4チームに分かれて2面で実施。5分×3本(総当たり)。



練習終了、4時45分。




 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2015/07/25) U7 U12 (その1)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。



監督がお休みのため、本日の低学年の全体練習はKコーチが担当。



最初は、10ヤード四方のグリッドの外側から放り込まれるボールに当たらないようにする練習。ボールの数が最大3個まで増えていくいつものメニュー。



その後は、ボールを使った運動神経刺激系メニューをたっぷり。



1時50分からの学年別メニューでは、1年生を担当。本日の1年生の参加は5名。



今日は非常に暑くて熱中症に注意する必要があるので、練習時間を短めにすることと、あまり汗をかかないメニューにしたいと考え、いきなりPK戦方式の対決をすることに。



自分がGKのときに、4人の選手からのキックを受けて、もっとも得点されなかった選手の勝ち、という方式。



ということで、PK戦のやり方を簡単にレクチャー。



ゴールキーパーは、キッカーに蹴られてボールが動くまで、ゴールラインよりも前に動くことができないし、あらかじめゴールラインより後ろに下がっていることもできない。



キッカーは主審が笛で合図するまでキックを開始することができないよ、ということだけ説明。



すると、1人いました。軸足をセットしてからキックフェイントする選手が。



う~ん、1年生でそれを思いついたことはとっても素晴らしいことなんだけれど、現在のルールではそのキックフェイントは「警告」になっちゃうんだよね~、というようなことを追加で説明。



準備や説明に時間がかかったこともあり、結局1巡しかできなかった。本当は2巡くらいしたかったんだけどね~。



給水休憩後は、ミニゲームを2時50分までの約20分間実施。ピッチサイズは30m×20m。ゴールラインの5mくらい内側にコーンを2本寝かせておいておき、ボールがコーンに当たれば得点、ピッチ外に出たボールは、最後に触れた競技者に関係なくボールを拾った人がボールが出た場所からスローインで投げ入れる方式。(ゴールラインからもスローイン。そのためにゴールをゴールラインの5m内側に配置しているので。)



5人なので、2対3。2人チームの方が立て続けに2得点してしまったので、3人のほうに私が参戦。ただし、私は直接得点しない約束。後半の残り3分くらいにやっと同点の状況まで持ち込めたので、私は戦列を離脱。本当は前半終了くらいまでに追いついて離脱したかったのだけれど・・・。



試合後に、コメントおよびストレッチを実施して、1年生の練習終了、3時5分。(目標より5分遅れ。)



3時10分からは、6年生の学年別メニューを担当。Tコーチに5&6年生全員の指導をしてもらっても良かったのだけれど、先週の6年生の招待試合を帯同したときに、セットプレーの守備がまったくのダメダメだったので、監督がいない隙にレクチャー。



ま、やっぱり熱中症の心配もあって、体よりも頭を使うメニューということで。



最初は、コーナーキック。



いろんな考え方(守り方)があるのだけれど、とりあえず、GKや中央あるいはファーサイドからの攻撃に対応することをメインに考え、ニアポストにDFを1枚張り付かせて、そのDFがニア側でボールの軌道が変化してニアポストすれすれを通過するパターンのボールをシャットアウトさせる方式を伝授。



18人を攻守半分に分け、攻撃側は毎回4人、守備側毎回GK+DF4人が適宜入れ替わりながらロールプレイング。コーナーキックのキッカーは私が担当。ふわっと浮かせたボールを蹴ってあげたいので、マーカーの上にボールをセットしてキック。



コーナーキックからダイレクトに近いプレーでボールをゴールに入れることができたら、守備側全員が腕立て伏せ。もちろん、連帯責任ということで、その時はフィールドに立っていなかった選手も腕立て伏せ。



攻守を入れ替えながら、繰り返し実施。



何回か繰り返したところで、そろそろ給水させたいな、ということでコーナーキックからのボールを、ヘディングできた選手から給水に。



その時、守備側だったらクリアする方向、攻撃側だったらゴール方向にヘディングできた選手から休憩。18人全員で一斉に。



最初の方は、スムーズに選手がどんどん抜けたのだけれど、途中から効率が悪くなった。残り4人になったところで、キックされる残りのボールが3球だということを宣言。3級終わった時にまだ抜けることができなかった選手は腕立て伏せ10回、という罰ゲームを設定して実施したところ、結局4人のうち2人が抜けることができなかった。



給水休憩後は、今度はペナルティーエリアの手前でファウルが起きたときの、クイックリスタートとセレモニー形式のリスタートの仕方を伝授。



これについては、少し話が長くなりそうなので、後日改めてUPしようと思います。



ま、「フリーキック時の壁の操作 (その2)」 の記事の内容を指導者の立場で指導しただけなのですが。



ということで、(その2)に続く。




↑ 今日、あるスポーツショップでこれと同等の商品を見かけました。夏場の、飲水タイム時にこれに氷を入れて選手に吹きかけてあげたら喜ばれそうな気がします。(これも、後日記事にしようっと。)


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆