FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
練習内容(2010/12/11) U8 U7
 

 

本日の全体練習は、監督が実施。

 

1時30分からの学年別メニューでは、1年生14人と2年生9人の計23名を担当。今日は、夕方の個人的なスケジュールが詰まっているので、練習は少し短めになることを先に連絡。

 

最初の練習は、ボールタッチ系と柔軟ストレッチ系のメニューを実施。ボールタッチ系は1年生と2年生で回数に差をつけて実施。

 

ストレッチと柔軟系は、じっくりみてあげたかったのだが、今日は時間がないのと2学年で23名もいるので、細かくチェックしてあげることはできなかった。

 

ストレッチの後は、ワンバウンドでのリフティングの練習のあと、ノーバウンドでのリフティングの練習。その後、ボールを使った少し運動神経刺激系のメニューを少々実施。

 

給水休憩後の2時からは、スローインと先週練習したゴールキーパー系の練習、パントキック、プレースキックの復習。

 

1年生にはボールの蹴り方(ボールを当てる足の場所、軸足の置き場所、そして「ボールの真ん中」を蹴ることなど)を説明。一人ひとりチェックする時間がなかったので、次の機会のときに忘れずチェックするようにしたい。

 

2時25分に給水をとって、1年生VS2年生でミニゲームを実施。学年別に2面のコートを作るという方法もあったが、コートを作っている時間が惜しい状態だったので、ラインが引かれているグランドの1/4の大きさ(40×50m)のフィールドで、ボールを2個使って実施。

 

今日は違うボールを追っている選手同士の交錯はなかったが、ファウルされて傷む選手が2名とボールが顔に当った1名発生。すべて2年生。おいおい1年生に負けてるぞ2年生。頑張れ~。ま、いずれも大きな怪我ではなかったので、一安心。

 

12分ハーフを2本する予定だったのだけど、結局25分1本となってしまった。1年生の本日の練習はここまで。ミニゲーム後に、ちょっと簡単な説明をして、練習終了。(3時)

 

1年生の練習終了の練習終了時の挨拶や連絡事項の伝達のあいだ、2年生には、みんなで話し合って同じぐらいのチーム戦力になるようにチーム分けをして、先ほどと同じフィールドで2年生だけでミニゲームをしておくように指示。

 

1年生のケアを終えて2年生のところに戻ってみると、すごいことになっている。フィールドから離れている選手が1名とミニゲーム中にも関わらず地面にお絵かきしている選手が2名。あちゃ~。

 

2年生には「自分たちだけで」というのは、ちょっと早かったかな。いや、私の指示の出し方が悪かったのかな。いつも3年生に出すような指示しかしなかったもんね。う~ん反省。次はもうちょっと指示の出し方を工夫してみようっと。

 

勉強になったぞ。次回に活かさなくっちゃ。

 

3時30分に2年生の練習を終了。グランド整備(トンボ掛け)を2年生だけに任せていると約束の時間に遅れそうな状況になってしまったので、トンボ掛けを先導して速やかにグランド整備を実施。

 

コーンを片付けて、次にトンボを使う3年生の練習場所の横に並べられている筈のトンボを見ると、きれいに並んでいなかった。それを見たS君が、ひとりトンボをきれいに並べ直している。良く気がついたね。そしてよく行動したね。素晴らしい。GOOD。

 

練習終了後の挨拶時に、みんなの前でそのことを褒めてあげるのを忘れてしまったなぁ・・・。これも今日の反省材料だなぁ。

 

記事にしていないことも含めて、ちょっと今日は反省材料が多い1日だったなぁ。

 

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト