FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
今思えば、カードを提示してあげたほうがよかったかなぁ・・・
 

10日ほど前の、我が団主催のU-12カテゴリーの招待試合で主審を担当した時のお話。

 

試合はA、B2つのブロックの2位同士の試合で、全体の3位決定戦。順位決定戦であるため、両チームともその試合の後にもう試合はない。

  

まず最初に、ゴールキーパーがボールを手でキャッチした。相手チームのキャプテンと思われる選手が他の選手に「〇〇、まだ(パントキックを)蹴らせるな!」という指示を出したのが聞こえた。

 

「まさか?」と思ったが、やはりゴールキーパーに近づいていこうとしている選手がいる。

 

慌てて「△△番、(手でボールを保持しているゴールキーパーに)近づいていっちゃダメだよ。離れて。」と声をかけて、イエローカードの対象となる行為が起こる前に、注意を促した。

 

しばらくして、そのチームのペナルティーエリア付近で、相手チームがフリーキックの権利を得た。するとまた先ほどのキャプテンと思われる選手が、「▲▲、ボールの前に立て」という指示を出している。

 

「あちゃ~、またイエローカードの対象となるような指示を出している。」と感じた私は、すぐさまボールに近づいていこうとする選手に、離れるよう声をかけた。(少年カテゴリーなので、7m以内に近づく前に。)

 

いつも、カードを出さずに済ませることが可能な場合は、可能な限り事前に選手に声をかけて、カード提示を回避するようにしているので、今回もいつもの基準といえばいつもの基準での対応だった。

 

で、今思えば、カードが累積で引き継がれる試合はなかったので、声掛けしないでカードを提示してあげたほうが、指示した選手および指示されて動いた選手のためになったのかなぁ、と。

 

私が選手としてプレーしていた頃(小学生の頃)は、上記2つのプレーはごく「当り前」のプレーで、審判からカードを提示された記憶はない(と思う。)

 

でも、少なくとも私が審判の資格を取得した2005年度の段階では、両方とも反則になっている。

 

そのキャプテンは、なぜそのような指示を出したのだろうか。

 

指導者または保護者からそのような指導を受けたのだろうか。

 

それとも、単純に自分で思っただけなのか。う~ん・・・。

 

いずれにしても、やっぱりカード提示をしてあげたほうが、彼らのためになったような気がしてきた。

 

というのも考えてみれば、累積を気にしないでカード提示できる試合って、そんなに頻繁にある訳じゃないんだよねぇ・・・。カードを提示されたことで、強い印象をもってくれれば、二度と同じ失敗をしないだろうから。 

 

ただ、カード提示はしなかったものの、試合中に私(主審)が注意して牽制したプレーと同じプレーを繰り返すことはなかったので、それらのプレー(行為)はいけないんだ、ということを認識してくれたかなぁ・・・。(そうであれば嬉しいのだけど・・・。)

 

>>続きを読む

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト