FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ドロップボールのやり方
 
 

過去にドロップボールに関係する記事をいくつか書いていますが、ドロップボールそのもののやり方については、きちんと書いていなかったので、今日はドロップボールのやり方を説明する記事を書こうと思います。 

 

どんな場合にドロップボールになるのかということと、ゴールエリア内でドロップボールすることになった場合は注意、ということは記事の最後の関連記事のところを読んでいただくことにして、とにかく「ドロップボールのやり方」です。

 

ドロップボールは、主審が片手でボールを持ち、腰の高さから落とします。

 

ドロップボール自体のやり方はこれだけです。

 

ただ、1)ドロップボールで再開する場所は? 2)何人もの選手がドロップボールに参加しにきたらどうするの? 3)ボールが地面に落ちる前に誰かが触れてしまった場合は? 4)ドロップしたボールが誰にも触れることなくフィールドの外に出た場合は?

などの問題が考えられます。 

  

まず、1)ドロップボールで再開する場所 について。

ドロップボールは、主審が笛を吹いて試合を停止したときに、ボールがあった位置からの再開となります。従って、(ドロップボールが公平になるよう、可能な限り EVEN な場所にボールがある時に笛を吹いて試合を停止するようにしましょう。)

 

ただし、ボールがゴールエリア内にあるときに試合を停止した場合は、ボールがあった地点に最も近いゴールラインに平行なゴールライン上でドロップします。(「ゴールエリア内でドロップボールすることになったら・・・。」 の記事参照。)

 

続いて、2)何人もの選手がドロップボールに参加しにきた場合 について。

ガイドラインには、主審はドロップボールに誰を参加させる・参加させないの決定はできないと書かれています。また、ドロップボールに参加できる最少・最大人数も定められていません。

 

しかし、実務上は、

 

「ドロップボールで再開します。両チームの選手はこちらに来てください。」と声をかけると、だいたい両チーム1名づつの選手が来ます。

 

このとき、例えば片方のチームから2名の選手(相手チームの選手と合わせて合計3名)がドロップボールに参加しにきたとしても、主審は両チーム1名づつのドロップボール参加を強制できない、ということですね。 

  

3級のインストラクターから、

「ドロップボールは、別に両方のチームの選手を(ドロップボールに参加させるために)呼ばなくても構わない。明らかに片方のチームの選手がボールを支配している状況で試合を停止せざるを得なかったような場合は、ボールを支配していたチームの選手だけを呼んで、ドロップボールで再開しても構わない。」

 

と教わりました。もちろん、そのドロップボールから直接ゴールが決まってしまう状況を主審が作り出してしまっては、「公平」とは言えないので、注意が必要です。

 

東京都サッカー審判協会の Q&A では、ゴールキーパーが捕球した瞬間にプレーを止めるのは、避けた方が良い、という記載があります。しかし、4種または3種の試合であれば、自分がコントロールしているボールを、相手チームの負傷者のためにフィールドの外に蹴り出すということをできない(知らない)選手がいるので、ペナルティーエリア付近で負傷して倒れている選手がいたら、ゴールキーパーが捕球したタイミングでプレーを止めてしまったほうが良い場合もある、と私は思います。(あくまで、私個人の考えです。)

 

ちなみにその場合は、ゴールキーパーの前でドロップボールを行い、(ボールが地面に触れたのち)ゴールキーパーに手で捕球させればOKです。

 

ただ、ゴールキーパーがすぐにパントキックしようものなら、次の争点(ボールの落下点)の近くで監視する、という基本的な役割が果たせなくなります。(だから東京都サッカー審判協会は、ゴールキーパーが捕球した瞬間にプレーを止めるのは避けた方が良い、としているのかも知れません。)

 

もし、ゴールキーパーが捕球した瞬間にプレーを止めた場合は、ゴールキーパーの前でドロップして、予測される次の争点までしっかりダッシュで移動しましょう!

 

3)ボールが地面に落ちる前に誰かが触れてしまった場合 について。

ボールがグラウンドに触れたときにプレーが再開される、となっているので、ドロップボールをやり直しします。

 

4)ドロップしたボールが誰にも触れることなくフィールドの外に出た場合 について。

まずこの状況は起きないと思います。そんなにフィールドの境界線の近くでドロップボールする状況を生み出すくらいなら、もう少し待ってボールがフィールドの外に出てアウトオブプレーになってから試合を停止すべきなので・・・。

 

ま、もし、突風が吹いてボールがフィールド外に出ることもあるかもしれないので、書いておきます。この場合は、「ドロップボールのやり直し」となります。

 

最後に、競技規則には書かれていない、ドロップボールを行う時の実務上の注意事項を1つ。

 

ドロップボールをする時には、近い方のタッチラインを背にしてドロップボールしましょう。何も考えずにドロップボールすると、再開直後に巻き込まれる可能性が高くなります。(巻き込まれて気がつきました。私の立っていた位置が悪かったのだと。)

 

それでは、競技規則およびガイドラインの関係する部分を確認します。まずは、競技規則側です。


 

競技規則 第8条 プレーの開始および再開

ドロップボール

ボールが依然インプレー中に、主審が競技規則のどこにも規定されていない理由によって一時的にプレーを停止する必要があるとした場合、試合はドロップボールで再開される。 


進め方

主審は、プレーを停止したときにボールがあった場所でボールをドロップする。ただし、ゴールエリアでプレーが停止された場合、ドロップボールは、プレーを停止したときにボールがあった地点に最も近いゴールラインに平行なゴールエリアのライン上で行う。

ボールがグラウンドに触れたときにプレーが再開される。


違反と罰則

次の場合、ボールを再びドロップする。
●ボールがグラウンドに触れる前に競技者がボールに触れる。
●ボールがグラウンドに触れたのち、競技者が触れることなくフィールドの外に出る。 

ボールがゴールに入った場合:
●ドロップしたボールがけられて直接相手競技者のゴールに入った場合、ゴールキック
が与えられる。
●ドロップしたボールがけられて直接そのチームのゴールに入った場合、相手チームに
コーナーキックが与えられる。
 

 

続いてガイドライン側です。

 

競技規則 ガイドライン 第8条 プレーの開始および再開

ドロップボール

(ゴールキーパーを含む)すべての競技者がドロップボールに参加することができる。ドロップボールに参加が必要な最小、最大競技者数は定められていない。主審は、誰がドロップボールに参加してよいのかどうかの決定を行うことはできない。
 

 

(2012.07.03 注記。2012年の競技規則の改正でドロップボールの違反と罰則部分の文章が追加されています。追加された部分は

 

ボールがゴールに入った場合:
●ドロップしたボールがけられて直接相手競技者のゴールに入った場合、ゴールキックが与えられる。
●ドロップしたボールがけられて直接そのチームのゴールに入った場合、相手チームにコーナーキックが与えられる。

 

です。詳しくは、「ドロップボールから直接ゴールに入っても得点にはならない(2012年度の競技規則の改正より、その2)」 を参照ください。)

 
佐久間 サクマ式ドロップス 120g×6袋
佐久間製菓
売り上げランキング: 16,131

  

☆ 関連記事 ☆

「ドロップボールから直接ゴールに入っても得点にはならない(2012年度の競技規則の改正より、その2)」

「ゴールエリア内でドロップボールすることになったら・・・。」 

「イエローカード提示後にドロップボールで再開となる稀なケース」 

「試合中のボールに、試合に関係のないボールが当たると・・・。」 

 


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト