FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ボールをゴールキーパーに渡す(返す)つもりが・・・
 

 

先日、「負傷者のために選手がボールをフィールドの外に出したら・・・」という記事で、主審から「相手ゴールキーパーに(ボールを)渡そう/返そう」というアドバイスはしないほうが無難です、というような記事を書きました。

 

やはり相手チームのゴールキーパーに返すつもりが、ゴールに入ってしまったという例はあるようで、youtube 上に映像がありましたので紹介しておきます。

 

このような場合でも、ゴールは有効になってしまいます。では、その後両チームはどのようにしたのでしょうか?答えは、映像でご確認ください。


YouTube: The really FairPlay



  

映像を見る限り、主審が選手に対してゴールキーパーにボールを返すように指示した訳ではなさそうです。こういう事態になると厄介なので、主審が下手なアドバイスをしないほうが良い、と以前の記事で書いたわけです。

  

とはいうものの、万一、自分が担当する試合で、「ゴールキーパーに渡すつもりのボールがゴールに入ってしまった」ような場合、その後主審である自分がどうすれば良いのかについては記事にしなかったので、今日の記事ではそのことについて考えてみることにします。

  

選手たちの自主性に任せても良いのでしょうけど、キックオフで試合を再開する前に、両チームのキャプテンを呼んで、確認・協議をするほうが良さそうです。

 

まず、誤ってボールがゴールに入ってしまった状況であるということの確認。続いて、その得点をどのように相殺するのかということについてを協議し、その協議の結果が速やかに実行されるよう、それぞれのキャプテンに協力を要請する。

 

あくまで強制するのではなく、選手達が自ら Fair Play を実行できるように導くのが審判(主審)の役割だと思います。

 

ちなみに youtube の映像では、失点した側のチームの選手が相殺のための得点を入れていますが、誤って得点した選手自身に自殺点(オウンゴール)を入れさせたほうが何かと都合が良いような気がします。試合の残り時間との兼ね合いもありますが・・・。

 

このようなケースがあった場合で、リーグの得点王などに影響がある場合はどうなるのでしょうねぇ・・・。これは審判のほうで規定する問題ではなく、各リーグで規定しておくべき問題でしょうね。(私が心配することではないですね。)


http://www.j-league.or.jp/awards/2010/item-topscorer.html 

 

とにかく、担当している試合でこのようなことが起きないように祈るしかないですね。くわばらくわばら。

molten(モルテン) メディカルバッグ MMDB
molten(モルテン) (2011-05-19)
売り上げランキング: 13,654

  

☆ 関連記事 ☆

「負傷者のために選手がボールをフィールドの外に出したら・・・」

 



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト