FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録 主審 × 1.0
 

 

二男の帯同で、全国大会に繋がる地区大会の予選の主審を担当。

 

副審は、次の試合の両チームから1名づつ。試合開始直前にしか副審の方がどなたか判らないので、例によって簡単な打合せのみ。 

 

オフサイドラインをキープしていただくことと、ラインアウト時に私のほうで小さいシグナルを出しておくので間違えている(私がワンタッチを見切れなかった)ときはアイコンタクト時に首を振りながら逆を指してください、その場合私のほうでシグナルを合わせますから、ということだけ伝えて打合せ終了。

 

できるだけ試合がブツギリにならないように、可能な限り(3回ほど)プレーオンを採用したが、ファウルの笛をかなり吹いた。特に前半。

 

ある選手が手の不正な使用をしたので、1回目はファウルをとっただけだったが、2回目に「次はカードになるから注意しようと」と注意をしたのだけれど、やっぱり手の不正な使用を繰り返す。3回目は前半終了間際に発生。3回目なので、仕方なくイエローカード提示。(理由は「繰り返し競技規則に違反した」ため。)

 

手の使い方がまずいから注意するように言ったのに~。

 

ハーフタイム中に両ベンチの指導者が「(この主審には)手のファウルをかなりシビアに取られる」という注意伝達があったのか、後半は前半に比べると両チームともに手の不正な使用はかなり大幅に減少した。通常、試合終盤、疲れて足が動かなくなってくると比較的「手のファウル」が増えてくるのだけれど、そういうこともなかった。

 

「手を使わないで相手とボールの前に身体を入れよう!」というベンチからの指示が、後半何度も聞こえたので、ハーフタイム中も同じような指示が出ていたのではないかと勝手に推測しているのですが。

  

そんなこともあって、後半、選手から「引っ張ってる!」というようなアピールがあった。ただ、その時は争点との間に他の選手が入ってしまっていてきちんと確認できなかった。なので、ファウルを取れなかったし、自信をもって「ノー(ファウル)」と叫ぶことができなかった。要するに私のポジショニングが悪かったのが原因。素直に反省。くやし~。

 

担当した試合で発生した手の不正な使用(プッシング、ホールディング)以外のファウルなどを羅列しておきます。

 

オフサイドフラッグは前半終了時に1回のみ。ただ、前半終了のタイミングだったので、そのままハーフタイムに突入。

 

ジャンピングアットが1回。ヘディングの競り合い時に既に落下点に入っている選手の後方から飛び乗るような状態になったため。

 

それからファウルタックル(スライディングがボールではなく、アフターで相手選手の足に入った状態になったもの)が1回。厳密にはトリッピングになるのかな。ま、いづれにしてもファウルには間違いない。

 

相手選手のダメージはそれほどなかったし、後方からのラフなスライディングというものでもなかったので、カード提示はなし。ただ、明らかに足に入っていたので、「注意」はしておいた。「相手の足にスライディングしちゃダメだよ、あぶないから」と。

 

手の不正な使用を厳しく取り締まったことで、選手達のラフなプレーではなく、タフなプレーをたくさん引き出せたのであれば嬉しいのだけどなぁ・・・。 

  
>>続きを読む

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト