FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
練習内容(2011/05/07) U8 
 

 

本日の低学年の全体練習は監督が実施。新入団の選手たちは今日が初日。1年生から4年生まで10数人の選手が入団してくれた。

 

体験入団の2日めが雨で中止になってしまったため、新1年生の入団生がちょっと少なめだけど、入団できるのでそのうち増えてくれることを期待。(体験入団ができるのは団の責任者である監督がいる時だけになりますが・・・。)

 

低学年の全体練習の内容。

 

10ヤード四方のグリッド内に1年生から3年生までの全選手が入り、4人の指導者が外から蹴るボールに当たらないように逃げる。当たってしまった選手は、グリッドの外に出て、ボールを蹴る側にまわる。

 

最初はボール1個で実施。しばらくしてから2個、更に3個に増して実施。中にいる選手はグリッド内で全てのボールを見渡せるポジションに素早く移動することがポイントになるのだけど・・・。

 

監督が説明したけど、どうしても一番近いまたは近づいてくるボールに気を取られすぎちゃうよね。周りを見渡して最適な場所に移動するという練習なんだけど、なかなかうまくできていないなぁ・・・。

 

グリッド外から放り込まれるボールを、キックからスローインに変更して更に実施。ただし、ボールがダイレクト(ノーバウンド)の場合はセーフ。ワンバウンド以上したボールに当たった場合のみOUTとなり、投げ入れる側に回る。これも最初はボール1つから実施して、最大3個まで。

 

そのあとは、ボールを使った運動神経刺激系メニュー。新入団の選手に3年生の既存の選手が指導役でついて教える。ただ、今日は3年生の参加が少なかったので、一部2年生にも指導役になってもらった。

 

2時からの学年別メニューでは2年生を担当。本日の2年生の参加は新入団の5人の選手を含めて19人。多い・・・。人数が多いのはとっても嬉しいことなのだけど、一度に面倒を見ることができる人数の倍くらいいて大変。

 

最初はボールタッチ系&柔軟運動&ストレッチ系メニューを実施。新入団の5人の選手に合わせて普段よりゆっくり&じっくり実施。(約40分)

 

給水休憩後の2時45分からは、10ヤード四方の四隅にコーンを配置して、2チーム対抗でのリレーを実施。

 

最初は、単純にランニングでのリレー。右回り&左回りの両方実施。2年生はこのメニューを実施したことがなかったようなので、最初にゆっくり行う練習も実施。その練習時に次の人にタッチする際のルールなどを説明。

 

最初は手で次の人とタッチする方式で実施し、次はボールをバトン代わりに手渡し(パスは禁止)する方式で実施。

 

その後はドリブルでも実施。最初は普通にコーンの外側を周回する方式、その後ボールはコーンの内側を通過させ、身体はコーンの外側を通過させる方式で実施。

 

2チームでの競争にしたほうが盛り上がるだろうと思ってこのメニューを実施したのだけど、1チームに9人または10人となってしまい、待ち時間が多くなってしまい、効率的な練習という意味ではちょっと失敗だったかな。反省。今度から人数が多い時は2チームではなく4チームでやってみるかな。

 

他のドリブル系のメニューもちょっと調べておかなくちゃ。

 

とにかくもう少し1人あたりの空き時間を減らしたい。ただ空き時間が少なくなりすぎるときついメニューになるので、少し試行錯誤を重ねてみたいと思う。

  

3時20分に最後の給水休憩をとり、ミニゲーム用のコートを2面作り、4チーム(1チーム5人)でミニゲーム。 

 

10分ハーフを2本。ハーフで対戦チームを変更。対戦できなかったチームもあったけど、いつもの通り終了時間を予告していたので、本日は3時55分で練習終了。

 


☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト