FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2011年07月09日付記事のおまけ
 

 

先日の「交代枠を使い切った状態でゴールキーパーが退場になると・・・」の記事で紹介したJリーグの試合の映像で、岡田主審が数枚のイエローカードを出しています。

 

その理由を公式記録で確認するという約束をしたので、今日はその確認の記事です。

 

もう一度、youtube のリンクを貼っておきます。


YouTube: 京都サンガ - ヴィッセル神戸 GK退場

 
 

まず、最初は松岡選手の退場について。

 

Jリーグの公式記録で

http://www.j-league.or.jp/data/view.php?c=kobe&t=suspend&g=j1_1&y=2010 

2010年度のヴィッセル神戸の第22節のところを確認すると、

 

松岡選手のところに「C2C1CS」とあるので、その試合の中で既に「C2:ラフプレー」で1回目の警告を受けているところに、「C1:反スポーツ的行為」によって2枚目の警告となり、「CS:同じ試合の中で二つめの警告を受けた」ために退場となりました。

 

最初の警告は上記の映像ファイルでは映っていないので、2枚目の警告となったプレーのみ確認します。

 

映像の最初から42秒付近のリプレイ映像が一番解りやすいと思うのですが、松岡選手は手を使っていないものの、左足で

反スポーツ的行為に対する警告 の

●相手競技者を抑えて、戦術的な目的で、ボールから遠ざける、またボールに向かうのを妨げる。

に相当する反則を犯したという判断だと思います。(恐らく副審(A1)の助言を採用したと思われます。プレーオンはかかっていなかったようですが・・・。)

 

続いて、ゴールキーパーの榎本選手の2つの警告について。公式記録では「C2C2CS」となっていますので、両方とも「C2:ラフプレー」での警告となっています。

 

反スポーツ的行為に対する警告 の

●戦術的な目的で、相手競技者に干渉する、また大きなチャンスとなる攻撃の芽を摘むファウルを犯す。



●ボールを手で扱って、相手競技者がボールを受け取るのを妨げる、また攻撃の展開を防ぐ(ゴールキーパーが自分のペナルティーエリアにあるボールを扱う場合を除く)。

 

のところにも相当するような気がしますが、公式記録としては、

●直接フリーキックとなる7項目の反則を無謀に行う。

に該当するプレーだ、という判断のようです。

 

以前の記事にも書きましたが、競技規則上は、「●直接フリーキックとなる7項目の反則を無謀に行う。」についても、「反スポーツ的行為に対する警告」に分類されています。

 

しかし、日本サッカー協会では、審判報告書に記載する際、直接フリーキックとなる7項目の反則を無謀に行なったとして警告した場合は、「ラフプレー」として警告の理由を分類し、一般的な「反スポーツ的行為」とは区別して記入することになっており、Jリーグでも同様に区別しているようです。

 

☆ 関連記事 ☆

「交代枠を使い切った状態でゴールキーパーが退場になると・・・」 

 


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト