FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
練習内容(2011/07/30) U9&U8
 

 

本日の練習は、体育館。低学年の全体練習は、監督が実施。

 

最初は鬼ごっこ系メニュー。続いて、体育館をラインを使って、ダッシュ&ターンの練習。2人組で運動神経刺激系のメニューを数種類実施して、最後は2人組で監督がパントキックしたボールをワンバウンドしてから落下してくるボールを奪い合うメニュー。

 

1時50分から学年別メニュー。

 

今日は、指導者が少ないので、3年生9人と2年生14人の合計23人を担当。

 

最初にボールタッチ&バランス系の運動を約30分。2時25分まで。

 

2時30分からは、ウレタンマットを引っ張りだしてきて、ダイビングヘッドの練習。

 

最初は、ウレタンマットの端から50cmのところでボールを下向きに保持し、選手に走り込んでこさせて、ダイビングヘッドの練習。

 

何回か実施したところで、今度は走ってくるスピードに合わせて、ボールを軽く投げ上げて、マットにダイビングしながら頭にあてる練習。頭に合わせられない場合は、手ではたいてもOKとした。(サッカーの試合で、ゴール前で手ではたいたらイエローカードだけど。)

 

最初のうちは、手ではたいていた選手も、何回かやっているうちに、ほとんど頭で合わせられるようになっていた。ただ、しっかりおでこにボールを当てず、てっぺん(頭頂部)にボールが当たっている選手が何人かいたけど。

 

これも約30分。

 

3時から、3年生と2年生をそれぞれ半分づつ、4チームに分けてミニゲームを実施。3分づつの総当たり戦。

 

最後に3年生(9人)対2年生(14人)の23人でのミニゲームを5分。

 

芋洗い状態の狭い中からどうやってボールをドリブルしながら抜け出すか。細かなタッチの練習を、学年別メニューの一番最初にやっているんだけどねぇ・・・。

 

練習終了、3時50分。

 


☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト