FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
練習内容(2011/07/31) U9

週末はアクセスしてくださる方が少なめで、どうしてもバナーのリンクのクリックが低調です。28日に記録した300ポイントの効果が切れる3日後までに、もう少しポイントがあれば、サッカーカテゴリーでのベスト10入りも夢ではないかも、ということで、


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックをお願いいたします。。
  


本日の低学年の全体練習は、監督が実施。10ヤードのグリッド内でボールに当たらないように動くという練習メニューのあと、ボールを使った運動神経刺激系メニュー、2人組でパントキックされたボールの取り合いという内容。

 

1時50分からの学年別メニューでは、3年生(7人、あとから8人)を担当。

 

ボールタッチ系&柔軟運動系を約30分。

 

給水休憩後の2時30分からは、ボールトラップ&シュート。ゴールキーパーは、シュートが入ったら交代するいつもの方式。

 

昨年までは、インサイドキックの練習と並行してボールトラップの練習をしていたのだけど、ボールトラップの練習が真剣にならないというか、ボールトラップがどれだけ重要で大切なことがあまり理解しないまま練習するより、先にボールトラップの重要性を身体で感じてもらってから、インサイドキックと一緒に練習したほうがいいかな、ということで、最近このメニューを重点的に練習している。

 

試合中に静止した状態でボールを受ける(トラップする)よりも、走りながらボールを受けることのほうが圧倒的に多いので、ボールの出所とボールの受け場所(走り込む場所)を変化させながら30分間みっちり。

 

なかなか、しっかりボールトラップできない。ま、今まで練習してないのだから、ある意味当然。今は、トラップが上手くできるようにならないと、シュートまでいけない、ということが解ってくれれば、それでOK。

 

より実戦に近い、強いボールを意識してボール出し。スピードのない弱いボールではあまりトラップの練習にならないので。午前中、都道府県リーグ(女子)の試合の副審を1本担当してきてきていたので、この練習が終わる頃には足がパンパンだった。

 

ボールトラップとインサイドキックの基礎練習は、人数が揃っているときに、ということで、給水休憩後は、10ヤード四方のグリッドの四隅にコーンを置いて、ドリブル系のメニュー。このメニューをするのは久しぶり。最近は、ボールトラップと落下点に入る練習が中心だったので。

 

2チームに分かれて実施。人数が7人だったので、片方のチームに私が入って練習。本来なら、チーム対抗で実施するのだけど、今月から入団した選手がいるので、今日は対抗戦方式は採用せず。

 

今日のテーマは、「しっかり、きっちり、丁寧に」という感じ。

 

約20分しっかりドリブル系のメニューを実施して、給水休憩後、ミニゲーム(10、10、5)の25分。最後の5分はトンボを2年生が使用中だったので、時間調整。

 

4時、練習終了。

  

 

# 3年生の練習が終わって、選手達を解散したあと、6年生のミニゲームにも参戦したので、今日はしっかり足のケアをしてから寝ないと、明日階段の上り下りがつらいかも・・・。

 


☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト