FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
手や腕を使わなくてもホールディングの反則となるケース(第10節 仙台 vs 清水 の試合から)
 

相変わらず長い表題でごめんなさい。

 

でも、本当は、

「手や腕を使わなくても体を用いて相手競技者の動きを阻止すれば相手競技者を抑えたこと(ホールディングの反則)になる」

という表題にしたかったのですが、それではあまりに表題としては長すぎるかな、ということで、なんとか「手や腕を使わなくてもホールディングの反則となるケース」という、可能な限り短く、でも記事本文の内容に興味を持ってもらえるようなぎりぎりの長さまで短くしたつもりです。

 

すみません、表題が長くなった言い訳をくどくどと書いてしまいました。

m(_ _)m

 

さて、競技規則を確認しておきます。

 

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

相手競技者を押さえる

手、腕、または体を用いて相手競技者の進行や動きを阻止することは、相手競技者を押さえることである。

(中略)

懲戒の罰則
●相手競技者を押さえて、相手競技者がボールを保持することを妨げる、または有利な位置を得ようとするのを阻止する競技者は反スポーツ的行為で警告されなければならない。
●相手競技者を押さえて、決定的な得点の機会を阻止した競技者は、退場が命じられなければならない。
●その他の相手競技者を押さえる状況では、懲戒の罰則を与えてはならない。
(後略)

 

昨日の記事でも簡単に触れたのですが、もう少し掘り下げて解説しておきます。(昨日の映像よりは短い、別の映像にしておきます。)


YouTube: 2012年 J1第10節 仙台vs清水 カルフィンヨンアピンの退場

 

上記 youtube の映像ファイルの1つめの映像をご確認ください。(2つめの映像は、別記事にします。)

 

清水エスパルス(白のユニフォーム)の4番(カルフィン・ヨン・ア・ピン選手)が、ベガルタ仙台の10番(梁勇基選手)の進路に身体を置き、身体を当てて進行(動き)を阻止したため、ファウルとなりました。

 

ファウルタックルやファウルチャージの反則であれば、「無謀な」と判断されるかどうかが微妙、即ちイエローカードが提示されるかどうか微妙な「強さ」だと思われます。(その場合、警告の理由としてはC2:ラフプレーとなります。)

 

しかし、相手競技者を抑える(ホールディングの)反則の場合は、露骨に相手競技者を抑えたり、有利な位置を得ようとするのを阻止したら、ガイドラインに書かれている通り「反スポーツ的行為」として警告されます。(警告の理由としては、C1:反スポーツ的行為) 

 

今回、カルフィン・ヨン・ア・ピン選手がホールディングすることで梁勇基選手が有利な位置を得ようするのを妨げたために、反スポーツ的行為として警告されました。

http://www.j-league.or.jp/data/2/?league=j1&genre=suspension&c=shimizu

(第10節のカルフィン・ヨン・ア・ピン選手の欄の最初のC1)

 

心情的にというか、感覚的には相手競技者の進行を妨げているので、競技規則の「相手競技者の進行を妨げる」という間接フリーキックで再開される反則のように考えてしまうかもしれませんが、この「相手競技者の進行を妨げる」という反則は、「身体的な接触がない」場合です。

 

相手競技者に接触することなく相手競技者の進行を妨げた場合は、オブストラクション(相手競技者の進行を妨げる)となり、相手チームの間接フリーキックで再開となります。ただし、このオブストラクションは、競技者自らがボールをすぐにプレーできる範囲に身体を置いていない場合のみ適用されます。

 

つまり、ボールのすぐ近くに自らの身体を置き、すぐにボールをプレーできる状態を維持しながら相手競技者に接触も含めてブロックすることは許されています。(ただし、その場合でも手や身体で相手競技者を抑えると反則になります。)

 

競技規則を確認しておきます。

 

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

相手競技者の進行を妨げる

相手競技者の進行を妨げるとは、ボールが両競技者のプレーできる範囲内にもないとき、相手競技者の進路に入り込み、その進行を妨げる、ブロックする、スピードを落とさせる、進行方向の変更を余儀なくさせることである。

すべての競技者は、フィールド上においてそれぞれ自分のポジションをとることができる。ただ相手競技者の進路上にいることは、相手競技者の進路に入り込むこととは同じでない。

体を相手競技者とボールの間に置くことは、許される。戦術的な理由で相手競技者とボールの間に自らを置くことは、ボールがプレーできる範囲にあり、相手競技者を手や体で抑えていない限り、反則ではない。ボールがプレーできる範囲にある場合、その競技者は正しい方法で相手競技者によりチャージされることがある。


 

競技規則 第12条 ファウルと不正行為

間接フリーキック

(中略)
競技者が次のことを行ったと主審が判断した場合も、間接フリーキックが相手チームに与えられる。
(中略)
●相手競技者の進行を妨げる。
(後略) 


 

相手競技者に接触して相手競技者の進行を妨げた場合は、相手競技者を抑えたことになる、という判断については、2006/2007年度版までの競技規則では、Q&Aという形で明記されていましたが、現在の競技規則には掲載されていません。(しかし、現在も有効だと判断されます。)

 

競技規則 2006/2007 Q&A 第12条 ファウルと不正行為 

Q.25 競技者が身体を接触させ相手競技者の前進を妨げた。主審のとるべき処置は何か?

A.25 反則した競技者は相手競技者を抑さえたことにより直接フリーキックまたはペナルティーキックで罰せられる。


 

といったところを理解した上で、先の映像ファイルの1つめの映像をもう一度ご覧ください。

 

その際、カルフィン・ヨン・ア・ピン選手の視線もよ~く観察してみてください。ボールを見てプレーしていません。接触がアクシデントのように装っていますが、視線からは梁勇基選手をファウルで妨害することだけしか考えていないように見受けられてしまいます。 

 

以上から、佐藤隆治主審のファウルの見極めおよびカード提示は適正だったと思われます。

 

2つめの映像に関する解説は、明日の記事で。

 
アディダス レフリーセット2 ブラック Z1187 770153
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 1,771



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト