FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2012/06/23) 主審 × 1.0
  

 

本日は、二男の帯同でU-15カテゴリーの公式戦の主審を担当。

 

試合時間は25-5-25。審判は4人制の後審判方式で、1つ前の試合の対戦チームから2名づつ出し合う方式(1試合目は違います)。

 

第四の審判員もいるので、非常にやりやすいのだけれど、アディショナルタイムの通知を忘れないようにしないと。

 

副審の1人は、同じ中学校の保護者の方だけれど、他の2名の方は初めてペアを組む方だった。ただ、試合の30分前に集まっていただくことができたので、比較的細かいところまで打合せすることができた。

 

ただ、副審はお二人とも4級の方だったので、あまり高度(?)な要求はしませんでしたが。

 

1stファウルは手のファウル。守備側選手が味方から縦パスを受けた相手選手を手を使って押している。前は向かせちゃいけないのだけれど、その時に手は使っちゃいけない。

 

そのあとしばらくして、笛を吹くか流すか一瞬迷ったプレーが1つ。

 

ボールをキャッチしたゴールキーパーにボールをプレーしようと突っ込んでいった攻撃側選手が軽く接触。

 

ゴールキーパーが手で捕球してパントキックできる状態だったし、ラフプレーとして警告するほどのアフターファウルではなかったのだが、試合開始早々だったこともあり、安易にゴールキーパーに突っ込むようなことを試合中に繰り返されても困るので、やはり笛を吹いて「注意」を与えることにした。(もちろん、その選手の番号も頭の中にインプット。)

 

オフサイドは後半に2本ほどだったと思う。2本ともA2サイド。1本目は事前の打ちわせ通り、オフサイドポジションにいた選手がボールに触れるまで待ってくれてのフラグアップだった。(GOOD JOB!)

 

2本目は、明らかにオフサイドポジションにいた選手しかボールを追っていない状況だったので、早めのフラグアップだったが、全く問題なし。(これも、事前の打合せ通り。)

 

プレーオンの採用は3回。うち2回ロールバック。成功率は33%とちょっと低め。

 

最初のロールバックは、ディフェンスファウル(ホールディング)でプレーオンをかけようとしたところで、オフェンスファウルが発生してしまったが、そのままディフェンスファウルがあったというコール(プレーオン)をして、笛を吹き直してオフェンス側のフリーキックで再開することにした。

 

じゃないと、周囲が「なんでオフェンスファウルなのに、オフェンス側のフリーキックなの?」と思われると感じたから。

 

で、ディフェンスファウルを犯した選手には、「君の手のファウルが先だったから、相手チームのフリーキックになったよ。」ということと、オフェンスファウルを犯した選手には、「ファウルされたことに対する報復行為ととられかねないプレーだったよ。ファウルはきちんと見て反則を取るから報復のファウルはしないように。」と、お互いがヒートアップしないように少し時間をとってから、プレーを再開。

 

2つめのロールバックは、小柄なFWの選手が2人の守備側選手に囲まれながら頑張っていた時。守備側選手が手を使って押しているが、FWの選手はなんとか頑張っている。プレーオンをかけておこうと思ってコールした瞬間、体が押されたことでバランスを崩したFWの選手の足がボールをタッチラインの外に押し出してしまったので、ロールバックしてFKで再開。

 

あとは、相手選手を派手に押した選手に対して、注意を与えた。

 

その直前にもその選手に対し、「後方から押した」ということで反則をとっていたし、今回のほうが先ほどよりも「強い押し」だったので、「2回目だよね。次にファウルを犯した場合は『警告』になるよ。」と、強めの注意を与えた。

 

幸い、その選手が試合終了前までに反則を犯すことがなかったので、イエローカードは出さずに済んだ。

 

曇り空だったが、やはり気温があがってきているので、正直後半は少しバテ気味だった。ちょっと走り込みが足りないのだと思う。5月末に3試合の主審/日をこなすことができたので、油断してなまけていた。やはり夏場はしっかり走り込まないといけないなぁ。

 

カウンターは意識してしっかり追うようにしたのだけれど、本当はもう少しアシスタントサイドに寄らなければいけないところを寄せきれていないところがあった。

 

インストラクターが見ていたら、バッチリ見抜かれただろうなぁ、「走り込みが足りないから、後半バテてアシスタントサイドを寄り切れていなかった。」と。

 

このところ走り込みをサボり気味だったことを大きく反省。

 

それから、アディショナルタイムの通知(前半0分、後半1分)はそれぞれ忘れずにできたのだけれど、後半の3回の選手交代時に、すべて「主審~」と4審からコールされてしまった。

 

試合中に4審のほうをあまりケアできていなかった。(副審の方に、選手交代がある場合に、フラグでのサポートを依頼しなかった、ということもありますが・・・。)

 

折角4審がいる試合なので、もう少し試合中に4審のほうも見るようにしなくては。

  
>>続きを読む

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト