FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
オフサイドポジションとは(その1)


 

  

過去記事 「オフサイド(あくまで審判初心者の方むけの解説です)」 などでも解説した通り、「相手陣地内での待ち伏せ行為」を反則とするのが「オフサイド」です。

 

じゃぁ、どのような場合に「待ち伏せ」となるの?

ということになりますが、そのことに関しては、「オフサイドポジション」という概念で定義されています。 

 

このオフサイドポジションに関しては、タイトル化して記事にしていなかったので、記事にしておきます。( 「オフサイドポジションにいること自体は、反則ではない」 という記事は過去に書いているのですが、その記事では定義をきちんと解説していませんでしたので。)

 

まずは競技規則の文章の確認から。

 

競技規則 第11条 オフサイド

オフサイドポジション 

オフサイドポジションにいること自体は、反則ではない。

競技者は、次の場合オフサイドポジションにいることになる。
●競技者がボールおよび後方から2人目の相手競技者より相手競技者のゴールラインに近い。

競技者は、次の場合オフサイドポジションにいないことになる。
●競技者がフィールドの味方半分内にいる。または、
●競技者が後方から2人目の相手競技者と同じレベルにいる。または、
●競技者が最後方にいる2人の相手競技者と同じレベルにいる。


 

定義なので、非常に難解な文章で書かれていますが、誤解を恐れず簡単に表現すると、

「相手陣地内で、ボールより相手ゴールラインに近い位置にいると、待ち伏せ行為で反則とする。ただし、相手チームのゴールラインから数えて2人以上の相手チームの選手が存在している場合は、待ち伏せとは言えない(言わない)ので反則にはならない(反則にはしない)。」

という感じです。 

  

あくまで「相手陣地内で待ち伏せ」する行為を反則とするものなので、攻撃側チームの選手が自分の陣地内にいた場合は、反則にはなりません。また、既にボールが相手チームのゴールラインから数えて2人めの選手よりもゴールライン側にある場合は、ボールよりもゴールライン側に位置取りしない限り、反則にはなりません。

 

なお、判断するタイミングは、「(結果的に)その選手へのパスとなったパスが出された(蹴られた)瞬間」です。

 

競技規則 第11条 オフサイド

反則

ボールが味方競技者によって触れられるかプレーされた瞬間にオフサイドポジションにいる競技者は、次のいずれかによってそのときのプレーにかかわっていると主審が判断した場合にのみ罰せられる。
●プレーに干渉する。または、
●相手競技者に干渉する。または、
●その位置にいることによって利益を得る。


 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 「な~んだ、簡単じゃん!」と思った方は、クリックのご協力を。 

 

明日の更新では、審判初心者の方が間違えやすいケース(似たような状況でオフサイドになるケースとオフサイドにならないケース)を図で解説する予定です。


オフサイドはなぜ反則か (平凡社ライブラリー)
中村 敏雄
平凡社
売り上げランキング: 350,151



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト