FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ラトビア戦の公式記録(PDF)が、まだUPされないので・・・
 

日本国内で行われた日本代表の試合の場合、日本語版のPDFファイルが、SAMURAI BLUE のホームページ上にUPされるのですが、現段階ではまだUPされていないので、簡単に。

 

ラトビア戦のイエローカードは、28分にラトビアの13番(カスパルス・ゴルクシュス選手)に出された1枚のみ。

 

理由は、岡崎選手の後方からアプローチして足をかけたという行為に対して、ラフプレーという判断なのだと思うのですが、もしかすると「繰り返し」かもしれません。

 

というのは、

  

この試合のファーストファウルは、試合開始直後(0分13秒付近)にカスパルス・ゴルクシュス選手が岡崎選手に対して激しくチャージングして、ファウルチャージとなったものでした。

 

そして、前半21分06秒付近で、先にボールの落下点に入ってヘディングしようとしていた岡崎選手の斜め後方から遅れて入ってきたカスパルス・ゴルクシュス選手が岡崎選手を押しのけた(チャージングした)ため、やはりファウルチャージという判定。

 

28分のプレーよりも、どちらかというと21分のプレーのほうが「ラフプレー」かなぁ、という感じです。

 

28分にイエローカードを出しながら左手で行っているキム・ジョンヒョク主審のジェスチャーが、「落ち着いてプレーしよう」と言っているような感じです。

 

ということで、「警告」の理由は、たぶん「ラフプレー」だとは思いますが、「繰り返し」の可能性もあります

 

(「繰り返し」なら、「2回目(のファウル)とか3回目」というようなジェスチャーが入ってもよいと思うのですが、そのような気配はありませんねぇ。)

 

PDFがUPされたら、答え合わせをしたいと思います。

 

http://samuraiblue.jp/timeline/20130206/

 ↑ このページに、日本語版PDFファイルへのリンクが出現するはずなんですけれど・・・。

 

(2013.02.25 追記。

長らくPDFファイルへのリンクが表示されなかったので、諦めていたのですが、いつのまにかリンクが表示され、公式記録のPDFファイルが確認できました。

答え合わせの結果、「繰り返し」でした。)

http://www.jfa.or.jp/national_team/match/2013/20130206kcc/schedule_result/pdf/m01.pdf  


 ← 日本代表の選手が試合後にスタッフから手渡されて着用していたのは、多分これですね。リンクは紺色が表示されていますが、これの黄色版ですね。もちろん、胸にJFAのマークと大きなKIRINの文字がプリントされたものでしたが。

 

 

あ、そうだ。

皆さん、1月30日付け記事 「(問題)試合中にスパイクを交換した選手がフィールドへの復帰を求めています」 の回答の入力は終えられていますか?

 

現在、140名くらいの方に回答を入力いただいていますが、前回の1月21日付けの問題に比べると100名位回答数が少ないです。あまり興味のない問題だったのかなぁ~。

 

正答率も低く、現在50%くらいです。まだ回答していない、という方は、上記のリンクからどうぞ。(連休明けにフォローアップの記事で正答数を集計する予定ですので、回答入力はお早めにどうぞ。)

 

 
>>続きを読む

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト