FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
練習内容(2013/02/09) U9&U10
 

本日の低学年の全体練習は、監督が実施。蛇じゃんけんをアレンジしたような感じのものをしばらく実施したあと、ボールを使った運動神経刺激系メニュー。

 

1時30分からの学年別メニューでは、3年生(18名)を担当。ただ、本日はTコーチがお休みのため、高学年の全体練習が終わり次第、4年生(11名)も一緒に担当することになった。

 

最初はボールタッチ系&ストレッチメニュー。これらをささっと済ませて、先週から開始した、股抜きしてからゴールを目指すという1対1の勝負をする練習。

 

左右2か所のスタート場所を用意し、勝ったら右サイド、負けたら左サイドに移動して勝負。しばらく私もオフェンス役またはディフェンス役で参加していたが、オフェンス役がファーストタッチで強いボールでディフェンス役の股を抜いてゴール前でワンタッチでゴールするというパターンが多くなってきたので、私がGK役として入ることにした。

 

ディフェンス役を抜く際に、GKとの距離感を考えてボールをコントロールさせるため。要するにワンタッチのプレーではなく、タッチ数の多いプレーをしてもらうため。

 

2時10分からは、高学年の全体練習を終えた4年生も合流して一緒に練習。スタート場所を中央にも用意して、3ヶ所で勝負。

 

勝ったら、ゴールに向かって右側、負けたらゴールに向かって左側のスタート位置の列に並ぶ。学年に関係なく、同じ選手と対戦しないよう(いろんな選手と対戦するよう)に指示。

 

2時30分からは、10ヤード四方のグリッドの四隅にコーンを立て、各辺の中央にマーカーを置いてパス&ゴーの練習。3年生用と4年生用を別々に用意。

 

3年生は先週実施した内容なので、自分たちで練習できるだろうということで、4年生のほうをメインに指導。

 

スペースに移動してトラップ&パス。1つ前の場所にボールが入ったらコーンからマーカーに移動を開始しなさい、と言っているのに、早く動いてマーカーのところで待っている。それじゃぁ、マークにつかれちゃうでしょ、と先週3年生に言ったことと同じことを指導。

 

4年生のパスがなんだか雑。味方選手にやさしくない。自分本位で受け手のことを考えていない。それじゃぁ、試合中にパスは通らないというか、繋がらないでしょう?という感じ。

 

先週の3年生同様、パスの受け手は先に声を出してパサーに合図を送り、パサーはレシーバーの名前をコール。名前を呼ぶことで、パスが少し丁寧になったかな。パスを受け取って欲しいという気持ちが入ったような感じになったかなぁ・・・。 

 

3時10分に3年生を集め、現在の練習の片づけ、給水休憩、ミニゲームのためのチーム分け(戦力が偏らないようにする)と、ミニゲームのための準備(ビブス、ゴールなど)を自分たちで行うように指示し、ミニゲームの終了時刻を3時45分に設定。(片づけと準備を早く済ませれば、ミニゲームの時間は長くなるし、時間がかかればミニゲームの時間は短くなる。)

  

指示だけ出して、私は4年生のほうに戻った。

 

4年生は3時5分頃から10ヤード四方のグリッド内で、4対4のパスゲームを行っていた。チームにつきグリッドの外側2ヤードでそれぞれ2か所設定されたゴールゾーンでパスを受け取れれば、1点。

 

ずーっとゴールゾーンで待ち伏せすることもできるが、そうなるとグリッド内は4対3の状況になるので、ディフェンス時は不利になる。

 

状況を見極めて、パスが受けられるスペースを探しながら、最終的にゴールゾーンでパスが受けられることを目指す。頭を使う(考える)メニュー。

 

この4対4のゲームをチームを入れ替えながらしばらく繰り返し、4時に最後の給水休憩をとって、25分1本のミニゲームを実施して練習終了。

 

ということで、3年生は4時、4年生は4時45分、練習終了。

 

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト