FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
一時的にフィールドの外に出た選手の復帰方法のまとめ(インプレー中に偶発的に出た場合を除く)

 

選手が一時的にフィールドの外に出るケースが、いくつかあります。プレーの流れのなかで偶発的に出た場合を除きます。

  

大きく分けると2つ。用具交換系と負傷系。

 

昨日、フォローアップ記事を掲載した1月30日付けの記事では、用具交換系はアウトオブプレーのタイミングでしか復帰できないことを確認しました。

 

復帰の方法は、アウトオブプレーまで待たなければならない場合と、インプレー中でも復帰できる場合があるので、それぞれ競技規則を確認してまとめておきます。

 

指導者の方は、選手を復帰させる場合に、きちんと指導し、主審の許可を得ずに選手がフィールドに復帰してイエローカードで警告されることがないよう、ご注意ください。

  

なお、3人制審判での原則としてのお話ですので、ご了承ください。(第4の審判員がいて、主審から権限を委譲されている場合は、本来アウトオブプレーのタイミングまで待たなければならない場合でも、権限を主審から委譲されている第4の審判員のチェックを受けたあと、主審の許可が得られれば、インプレー中でも復帰できる場合があるようです。)

 

まずは用具交換系 

1)競技規則で規定されている用具(ユニフォーム類、靴、すね当てなど)を主審に指摘されて、あるいは自ら申し出て交換した場合。

(身につけることが許されていない装身具類を試合中に主審に発見され、イエローカードで警告された後、フィールド外に出て外すように指示された場合を含みます。 過去記事 「競技者の装身具を試合中に発見したら(その2)」 参照。)

 

競技規則 第4条 競技者の用具

違反と罰則

本条に関する違反があった場合、

●違反をした競技者は、主審にフィールドから離れて用具を正すように指示される。
(中略)
●用具を正すためにフィールドを離れるように求められた競技者は、主審の承認なくフィールドに復帰してはならない。
●主審は、競技者のフィールドへの復帰を認める前に用具が正されたことを点検する。
●競技者は、ボールがアウトオブプレーのときのみにフィールドへの復帰が認められる。 


 

上記の条文から、アウトオブプレーのタイミングで、主審のチェックを受けてからフィールド内に復帰します。(逆を言えば、主審はフィールドの外にいる復帰を求める競技者のところに駆け寄ってチェックをする必要があります。) 

 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済みですか?

 

続いて負傷系

2) 出血がともなう負傷の場合

選手同士が交錯して頭部から出血した。ボールが顔面をヒットして鼻血が出た。スライディングしてひざを擦りむいて血が滲んでいる、などのケース。(過去記事 「出血した選手の復帰」 参照。)

 

競技規則 第5条 主審

職務と任務

主審は、
(中略)
●負傷によって出血した選手を確実にフィールドから離れさせる。その競技者は、止血を確認した主審の合図を受けてからのみ復帰できる。
(後略)

 

上記条文から、止血を確認してからフィールド内に復帰させます。(チェックはフィールドの外で行います。)

 

3)出血がともなわない負傷の場合

選手同士の交錯、ボールが直撃した、足がつった、などのケース。(過去記事 「負傷した競技者がフィールドに復帰できる場所」 参照。)

 

競技規則 ガイドライン 第5条 主審 

負傷した競技者

(中略)
ボールがインプレー中、負傷した競技者はタッチラインからフィールドに復帰するものとする。ボールがアウトオブプレー中であれば、負傷した競技者はいずれの境界線からであっても復帰することができる。
(後略) 


 

唯一、インプレー中でもフィールドに復帰させることができるケースです。ただし、インプレー中でも復帰できるのは、タッチライン側のみで、ゴールライン側からは復帰できません。(アウトオブプレーのタイミングであれば、ゴールライン側からでも復帰できます。)

 

ということで、まとめると

「出血がともなっていない負傷の場合は、インプレー中でもタッチライン側から復帰できるが、それ以外はアウトオブプレーのタイミングを待って、主審自身が確認をしてからフィールド内に復帰させましょう。」

ということになります。

 


 ↑ 洗濯機で洗えるソフトタイプのシンガード。

 

☆ 関連記事 ☆

「競技者の装身具を試合中に発見したら(その2)」 

「出血した選手の復帰」 

「競技者は、血液のついた衣服を身につけることは許されない」

「負傷した選手の復帰 ほか … 2011 Referee Week in Review - Week 23 (米国サッカー協会)より」 

「負傷した競技者がフィールドに復帰できる場所」

 


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト