3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
「ワールドカップブラジル大会の主審・副審の候補156人のリスト」って、2012年8月の時点のものなのね。
 

2013年最後の更新です。まずは
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。

 

ネットに流れているニュースを追っかけてみたところ 

そのようなものがFIFAのサーバー上にあったのですねぇ・・・。

 

って、なんかアドレスが通常のルートからはたどり着けないような感じのものですが、リンク貼っていいのかなぁ・・・。(多分、一般には公開していないリストだと思われます。)

 

な~んだ。2012年8月に作成された資料じゃん。(PDFのフッター部分参照。)

 

どれどれ、日本人の審判団は何組リストアップされているのかな?

 

日本人の審判団としては、西村さん、相樂さん、名木さんの1組だけなのねぇ・・・。(このお三人のプロフィールはこちらでどうぞ。)

 

イギリス、ドイツ、フランス、イタリアなどは本大会を担当するかは別として、候補者リストには2組の審判チームがリストに掲載されているのに・・・。

 

2010年大会と同じようなスケジュールであれば、2月上旬にも西村さんたちが本大会に呼ばれる30組90名のメンバーとして指名されるかどうかが判明するハズ。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 参考になった、という方は、クリックのご協力を。

[アディダス]adidas J-LEAGUE OFFICIAL REFEREE ADP9021  【正規輸入品】
adidas(アディダス) (2013-02-25)
売り上げランキング: 7,429



 
>>続きを読む

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
元旦の天皇杯決勝と2月22日のゼロックススーパーカップは同一カードになることが確定。
 

 

元旦の天皇杯の決勝のカードが、

「横浜F・マリノス vs  サンフレッチェ広島」

に決定しました。

http://www.jfa.or.jp/match/matches/2014/0101tennouhai/match_page/m87.html 

 

ん、ということは、FUJIXEROX SUPER CUP 2014

http://www.j-league.or.jp/release/000/00005564.html

のカードも決定ですね。

 

サンフレッチェ広島が2013 Jリーグチャンピョンとして、出場が確定済み。横浜F・マリノスは天皇杯の決勝に勝てば、天皇杯王者として出場。

 

もし、サンフレッチェ広島が天皇杯も制した場合でも、

スーパーカップ 冠スポンサーに富士ゼロックス株式会社 ~ 大会名を「FUJI XEROX SUPER CUP」に変更 ~ 

の対戦カード規定に基づいて、2013 J1リーグ戦準優勝チームである横浜F・マリノス

にスーパーカップの出場権。

 

ま、2008年までの天皇杯準優勝チームという規定だったとしても横浜F・マリノスなのですが。

 

あとは審判団が楽しみですねぇ~。天皇杯の決勝を任される主審と、2014年のファウル基準などのスタンダードを示す意味合いの強いスーパーカップを任される主審。要チェックですよ~。 

 

なお、厳密に言うとスーパーカップは、 

「サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス」

になるので、本部(メインスタンド側)からピッチのほうを向いて左側にサンフレッチェ広島のベンチがくるはず。(天皇杯は、広島が右。) 

 

  
>>続きを読む

☆ 関連するタグ ☆

OSとブラウザの状況
 

このブログを見てくださっている方の閲覧環境の解析データを分析し、1本記事を書いておきます。(半分くらい自分用のメモみたいなものですが・・・)

 

まずはOSの状況。(直近1ヶ月間のデータ)
analyze_20131227_os.jpg


Windows が約50%で、iPhone と Android 合わせて約40%。スマートフォンでブログをチェックしてくださっている方が予想以上に多い・・・。

 

ブラウザの状況。(直近1ヶ月間のデータ)

analyze_20131227_browser.jpg

やはり Safari が多いですねぇ・・・。(画面サイズの解析値も小さい画面が多い・・・。タブレット端末と思われる画面サイズもあることはあるのだけれど・・・)

 

今後もスマートフォンからのアクセスにシフトしていくのでしょうねぇ・・・。だからアフィリエイトのクリック数が減っているのかなぁ・・・。

  

みなさん、購読料代わりにアフィリエイトフィーのご協力をよろしくお願いいたします!

 

 

そうそう、このブログを IE(Internet Explorer)でご覧になってくださっている方が、思ったより多かったのですが、記事の表示は重たくないですか?

 

Google Chrome のほうが、動作が軽いです。

 

特に、米国サッカー協会の映像を埋め込んでいる記事の表示の速さは、Google Chrome のほうが断然早いです。 

 

また、クリックのご協力をお願いしている「にほんブログ村のバナー」についても、IEでは「別ウィンドウ」が開くようにしてあるのですが、同じバナーをGoogle Chrome でクリックすると、「別タブ」で開いてくれるので、やはり「軽い」です。 

 

ちなみに、私の場合、「ブログ人」の編集画面が現在のところ IEのver.8までしか対応しておらず、IEのver.を上げるに上げられません(涙)。なので、記事の作成はIEで行い、UP後のチェックはGoogle Chrome です。

 

自宅のPCでご覧になっている方で、ブログの表示が重い(遅い)という方は、ブラウザをGoogle Chrome に変更してみる、というのも如何ですか。

 

ちなみに、その Google Chrome が重たくなってきたら、

最近Chromeが重いと感じたら…軽さを取り戻すための6つの爆速化設定 

あたりを参考に、チューニングをしてみてください。

  

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



☆ 関連するタグ ☆

そろそろ花粉症対策の準備をどうぞ
 

 

もうすぐスギ花粉のシーズン到来です。

 

環境省の予測(第1報)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17528

によると、

「平成25年春(前シーズン)と比較すると、一部の地域を除き、全国的に少なくなると予測」



「飛散開始時期は、全国的に前シーズンよりやや遅く、例年並みか例年よりもやや遅くなると予測」 

しているようです。

 

飛散量が少なくても、その人のキャパを越えるスギ花粉が体内に取り込まれると、花粉症の症状が発症してしまうようなので、いかに空中を飛んでいる花粉を体内に取り込まないようにして過ごすか、ということになります。

 

ところが審判活動中は、マスクを着用する訳にはいかないのでねぇ・・・。ということで昨年までは花粉の浴びまくり&取り込みまくりの状態でした。

 

前シーズン中、品切れ続出だった「アレルシャット」
arerushut001.jpg

を入手したので、これを試してみたいと思っているのですが、果たして効果は実感できるのでしょうかねぇ・・・。(もちろん、このアレルシャットだけでなくマスクを併用することで高い効果が期待できるのでしょうけど、審判活動中はマスクができないので、単独の使用では過度な期待は禁物でしょう。)

 

シーズン到来までまだ時間があるので、本日の段階では amazon で取り扱いがあるようです。今シーズンも店頭から在庫が消えるようなことがあるのかどうかは不明ですが、この商品を試そうと思っている方は、お早めにお求めを。

 ← シーズン前にお忘れなく。

メーカー(フマキラー)の商品情報ページはこちら。

http://www.fumakilla.co.jp/products/athome/kafun/-160.html 

 

それから、環境省発表のスギ花粉飛散開始予測図はこちら 

http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=23548&hou_id=17528 

にありますので、お住まいの地域の飛散開始時期をご確認ください。 

 

下の商品は amazon の「買い合わせ対象商品」なので、amazon で他に2,500円以上の商品を購入した際に、一緒に注文されると、298円になるようです。上の商品と組み合わせて使うことで、かなり高い効果が期待できるのかも。

 

メーカーの商品情報のページはこちら。 

http://www.fumakilla.co.jp/products/athome/kafun/-45ml.html
 

 

☆ 関連記事 ☆

「花粉症対策グッズ」 

 
>>続きを読む

☆ 関連するタグ ☆

オフサイドの判断・・・2010 Referee Week In Review Week 7 clip1~3 より
 


今日紹介する米国サッカー協会の2010年week7のreferee-week-in-reviewの映像は、すべてオンサイドである(オフサイドではない)ものです。

 

2010 Referee Week In Review Week 7 clip1

 

副審さん「Good Job」の一言に尽きます。ボールが出たタイミングを見誤るとオフサイドと感じてしまうかもしれません。(目の錯覚)

 

きちんと判定できればそれに越したものはありませんが、現実問題としては、しっかり集中して監視していても、「今の微妙~」とか「まったく判らなかった!」というケースがあります。

 

そんな時は、過去記事を思い出してください。

「「if doubt no flag」 という言葉。」 

 

その疑わしきを罰してしまったケースが、こちら。 

2010 Referee Week In Review Week 7 clip2

 

副審1から見てファーサイドの攻撃側選手と、副審1から見てニアサイドにいる守備側選手(が基準となるオフサイドライン)を見比べる必要がありました。米国サッカー協会は、芝生の目の向きが切り替わることで生まれている境界線をうまく利用しなさい、というようなことを書いているのですが、我々が普段担当することの多い土のグランドにはそのような線はないので、やはり 「if dought no flag 」 (疑わしい/自信がないならフラグアップしない)で行きましょう!

 

少し確認しにくいのですが、次の映像も疑わしきを罰してしまったケースです。恐らくボールが出たタイミングにおけるボールを受けた選手とオフサイドラインの位置関係を正しく把握できなかったものと思われます。

2010 Referee Week In Review Week 7 clip3

 

この映像では、ボールが出たタイミングが解りにくいので、米国サッカー協会の解説図も掲載しておきます。(厳密には著作権の侵害になるので、あまり載せたくはないのですが・・・。メールで使用許可を取れば良いのでしょうけど・・・。)
2010_referee_week_in_review_week_7_001.jpg

 

Clip2 やClip3 のように審判団が攻撃側チームのチャンスを潰すことのないようにしましょう!

 

これらの映像に関する、米国サッカー協会の見解など、詳しい内容はこちらで確認できます。  

http://www.ussoccer.com/news/referee-programs/2010/05/2010-referee-week-in-review-week-7.aspx 


☆ 関連記事 ☆

「「if doubt no flag」 という言葉。」

 
アディダス レフリーセット2 ブラック Z1187 770153
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 965



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


☆ 関連するタグ ☆

審判記録 副審 × 1.0
 

※ ご注意 この記事には、昨日の記事

「(問題)試合開始前のメンバー表提出時にメンバー表には記載されていたもののキックオフ後に到着した選手は試合に参加できる?参加できない?」

のネタバレが含まれています。回答入力がお済でない方は、先にこちらをクリックして、回答の入力をお済ませください。

 

 

所属する地区の協会から派遣されて、4種(U11カテゴリー)の公式戦(トーナメント方式)の副審(A2)を担当。

 

トーナメント表のかなり上のほうになってきて、そろそろ都道府県大会進出がチラチラつき始め、チームの力もあまり差がないので、協会審判団の出番です。

 

8人制の試合だけれど、審判は3人制。やっぱり1人制審判はそこらじゅうで問題が発生したようで、最近は8人制でも3人制の審判での運用をしている様子。

 

ということで、私がA2を担当した試合の主審はKさん(3級)。反対側の副審(A1)はOさん(3級)。いづれもよくご一緒する方。Oさんなんかは、つい先日もトレセン絡みのちょっと特殊な試合でご一緒させていただいた。(特殊すぎる試合なので、審判記録はUPしてませんが。)

  

ちなみに、私たちが担当する試合からは、交代ゾーンによる自由な交代とのことだった。(それまでは、3人制の審判でアウトオブプレーでの交代だったらしいのだけれど。)

 

交代ゾーン制なので、控え選手も含めて全選手の用具チェックを試合開始前に実施。私がチェックを担当したチームは、控え選手が1名だったので、合計9名の用具チェックを実施。

 

試合中の出来事など。

 

後半になって、私が用具チェックを担当したチームの選手が交代ゾーンから入場しようとしているのが目に入った。が、試合開始前の用具チェック時にはいなかった選手だ。

 

用具チェック後に本部に返却したメンバー表には、用具チェックを受けていないという印はしていないので、本部の方は、当然その選手も試合開始前に用具チェックを受けていると思っているようで、in/out の記録はしているものの、用具チェックをする気配がない。 

 

で、そのままその選手がインプレー中に交代してピッチ内に入ってきてしまった。その選手が用具チェックを受けていないということに気がついているのは、私だけ。

 

そのことをどうやって主審に知らせようか、と思った次の瞬間、ボールがちょうど私が担当しているほうのタッチラインを越えてアウトオブプレーになった。スローインのシグナルをしたあと、フラグを頭上で水平に保持して主審の注意を引き、

  

「今ピッチに入った、〇〇チームの△△番の選手、用具チェックを受けていないので、用具チェックをお願いします。」

と伝えると、主審は、

 

「ん?用具チェックは試合前に全員実施済みでしょ?」

という反応。

 

「用具チェック時に居なかったので。」 

と伝えることで主審も納得してくれました。 

 

(というような出来事があったので、昨日UPした問題を思いついた訳です。) 

 

試合は正規の時間では決着がつかず、PK戦に。

 

私は、ゴールライン上に立ちゴールキーパーの飛び出しと、ボールがゴールに入ったかどうかの監視を担当。

 

ゴールキーパーがキック前に飛び出してセービングしたケースはなかったし、ボールがゴールラインを越えたかどうかの判断が難しいものはなかった。

 

ま、この日の内容としては、遅れて到着したために試合開始前の用具チェックを受けていない選手の用具チェック問題がメインでした。

 

>>続きを読む

☆ 関連するタグ ☆

(問題)試合開始前のメンバー表提出時にメンバー表には記載されていたもののキックオフ後に到着した選手は試合に参加できる?参加できない?

 


久しぶりにブログパーツのアンケート機能を使って問題を出題します。

   

まだ、審判記録をUPしていないのですが、私が副審を担当した試合で起きた、珍しい出来事からの出題です。

 

2択なので、審判員資格をお持ちの方も、お待ちでない方も、奮ってご参加ください。

 

(問題)試合開始前のメンバー表提出時にメンバー表には記載されていたものの、キックオフ後に到着した選手は試合に参加できる?できない?  

1)参加できる

2)参加できない

 

 

正解が見えてしまわないように、改行をいれています。

 

あ、そうそう。最近バナークリックしてくださる方が、以前に比べるとかなり減っているような感じです。 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← ぜひともクリックのご協力をお願いいたします。 

 

回答の入力はお済ですか?

 

それから、バナーのほうもクリックはお済ですか?

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 

 

さて、それでは解説です。

  

普段審判を担当している方には、簡単な問題だったと思います。

 

競技規則を確認しておきます。 

  

競技規則 第3条 競技者の数

交代の進め方

すべての試合において、交代要員の氏名は試合開始前に主審に届けられなければならない。それまでに氏名が主審に届けられていない交代要員は試合に参加できない。

(後略) 


 

「届けられていないと試合に参加できない」ということは、裏を返せば「届けられてさえいればキックオフに間に合わなくても試合に参加できる」ということになります。

 

過去の競技規則には、もう少し問題文に近い表現が書かれていましたので、そちらも載せておきます。

 

過去の競技規則(2006/2007年度版のQ&A 第3条 競技者の数)より

Q23. 試合開始前に一方のチームが主審に交代要員の氏名を届け出たが、これらの交代要員はキックオフ後に到着した。主審はこれらの交代要員を認めるべきか?

A.23. 認めるべきである。 


   

ということで、正解は

1)の参加できる 

です。

 

キックオフ時は9人で、遅れてくる1人ないし2人を交代選手として登録しておき、到着次第試合に参加させて最終的に11人になる、なんてのは社会人の公式戦では当たり前のように行われているのですが、4種の試合しか経験のない方だと、この規則を意識したことがないかもしれませんね。

 

 

なぜ普段はあまり意識しなくてよいようなことを問題にしたのか、というと・・・。

 

3人制審判で、通常のアウトオブプレーのタイミングで行われる交代であれば、原則として副審1または主審(試合前の打ち合わせで、あらかじめ本部にサポートしてもらえるときは本部)から用具チェックを入場前に受けることができます。

 

しかし、交代ゾーンを使って自由な交代制を採用して行われる8人制サッカーの場合、試合中にタイミングよく交代ができるよう、試合前に控え選手を含めて用具チェックを済ませていておくことが多いのですが、試合前の用具チェック時に不在だった選手は、用具チェックを受けずに試合に参加してしまう可能性が出てきます。

 

ま、相手を怪我させるような用具を身につけていることはまずないと思いますが、すね当てを入れ忘れていて、選手本人が怪我をする、という事態は避けたいものです。

 



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


☆ 関連するタグ ☆

副審はシグナルをするために旗を持ち替えなければならなくなった場合、腰より低い位置で反対の手に持ち替えなければならない
 

右利きの人は、ボールがタッチラインを越えたことを主審に通らせるため、フラグを右手で真上に上げて合図をすることが多いと思います。

 

自分が担当しているサイドのゴールを守っているチームを守備側チーム(ディフェンス側)としたとき、攻撃側チームのスローインの場合は、右手で真上にフラグアップしたあと、そのままゆっくり右手を水平から30~45度になるようにシグナルすればOKなのですが、守備側チームのスローインの場合に、頭の上でフラグを右手から左手に持ち替えてシグナルしている方が非常にたくさんおられます。

 

「ダメ」ではないのですが・・・。

 

3級審判員を目指す方は、「腰より低い位置で持ち替えなおしてからシグナル」するように習慣つけましょう。 

 

というか、持ち替えしなくて済むように、「最初から左手で真上に上げて合図」できるのが理想です。

  

(ちなみに、インストラクターや上級の審判員の方に言わせると、「ボールがタッチラインを越えたときに、真上にフラグアップしなくて良い。そのままダイレクトに指して構わない。」という感じのようですが・・・。)

 

競技規則 ガイドライン 第6条 副審 副審のシグナル

フラグテクニックとチームワーク

(中略)

副審は、次のシグナルを示す方の手で旗を上げなければならない。状況が変り、次のシグナルをもう一方の手で行わなければならなくなった場合、副審は腰より低い位置で反対の手に旗を持ち替えるものとする。

(後略)


 

ちなみに、英語版(FIFA版)では、後半の文章は、

If circumstances change and the other hand must be used for the next signal, the assistant referee should move his flag to the opposite hand below the waist. 

 

となっていて、must ではなく should 、いわゆる「義務」を表すshould が使われているので、「腰より低い位置でフラグを反対側の手に動かすべき」となっています。

 

4級審判員の方は、努力目標という感じですが、3級昇格を目指す人はしっかり励行しましょう!

 

ちなみに副審は、フィールドに正対しているとき、原則として「フラグを左手」で持っていなければなりません。

 

競技規則には、「フィールドに正対しているときは、左手で」というようなことは書かれていませんが、これは、自分(副審)の身体で主審の視野からフラグを隠してしまわないよう、常に主審から見えるようにしなければならないので、必然的にそうなります。

 

これも、3級を目指そうと思っている方は、ぜひ覚えておいてください。

 

☆ 関連記事 ☆

「副審はフラグを頭上で持ち替えてはならない」 

 

[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS フィズ TIMERS11 RFT-100-1JF



>>続きを読む

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2013/12/23) 蹴り納め
  

本日は、2013年の団の最後の練習日。ということで、例年通り、全学年で鬼ごっこ系のウォーミングアップを約30分実施後、紅白戦。

 

今年は、2学年づつを混ぜて紅白に分かれて対戦。

 

最初は1&2年生。ちっちゃい集団がボールの動きに合わせて動くのだけれど、今日はグランドのフルサイズ(80m×60m)でのコートを使用して行っているので、選手のいない部分がひろーい。

 

1&2年生がそんなゲームをしている最中、私は3&4年生のウォーミングアップを担当。最初に30分のウォーミングアップをしているが、紅白戦までの間に身体が冷え切ってしまわないようにするためなので、軽めのメニュー。

 

コートが空いたので、2時15分から15分ハーフを2本。1チームに3年生が4人、4年生が9人。全部で26人による紅白戦。ちょっと人数が多めだけれど、仕方がない。

 

積極的にボールを取りにいかないと、ボールに触れない状態。

 

5&6年生の紅白戦の間はちょっと雑用を済ませ、最後に6年生対OBの試合(15分ハーフ×2本)の主審を担当。

 

OBには、「6年生を弾き飛ばして怪我させて年末・年始を病院で過ごさせるようなことには、絶対にならないように!」とハードなフィジカル・コンタクトは避けるようにクギを刺してから試合開始。

 

(ちなみに、今日はたくさん(12~13人?)のOBが遊びに来てくれたので、指導者はOB側の人数調整に入らずに済みました。サンキュ!)

 

初蹴りの時に、もう一度同じように紅白戦&OB戦を行うので、来れる人はまた来てね!

  

ということで、選手・OBの皆さん、良いお年を。

 

(ブログの更新は続きます。)

 

☆ 関連するタグ ☆

副審はゴールキックやオフサイドの合図を左手で行ってはならない
  

このブログを以前からお読みになってくださっている方には、何度か紹介している内容ですが、副審が、旗を使用して行うシグナルのうち、オフサイドとゴールキックの2つのシグナルについては、必ず「右手」で実施しなければならない、ということが競技規則で規定されています。

 

知らなかったという方、意識していなかったという方は、明日からは必ず「右手」でシグナルしましょう。

 

 
「何で左手じゃだめなの?」

 

→ 左手でフラグアップをしてしまうと、左肩や左腕越しに主審を見ることになり、主審とのアイコンタクトがとりにくい状況になってしまいます。

 特にオフサイドのフラグアップを左手で実施してしまうと、フラグアップした左腕が視野を邪魔してしまい、もし主審がフラグアップを採用しない(主審は「オフサイドではない」と判断した)場合、主審からのキャンセルのシグナルを見落としてしまう可能性があります。

 
 

「『競技規則で規定されている』なんて言うけど、競技規則にそんな細かいこと書いていないんじゃないの?」

 

→ 2006年までは「右手で」というような表現はありませんでした。しかし2007年の競技規則の改正から「右手で」という表現が追加されています。(2007年の改正は、内容的にはそれほど大きな変更はなかったのですが、競技規則の構成が大きく見直されました。)

 

競技規則 ガイドライン 第6条 副審 副審のシグナル

フラグテクニックとチームワーク

(中略)

コーナーキック/ゴールキック

副審に近い位置でボールがゴールラインを超えたとき、右手(良い視野を得るため)でゴールキックかコーナーキックかのシグナルをしなければならない。
(中略)

オフサイド

(中略)
副審は、良い視野を確保するため、旗を右手で上げなければならない。

(後略)

 
 

3級審判への昇格のための実技試験の場で「左手」で実施してしまったら、かなりの減点対象になると思われます。また、上記の競技規則の「右手」の部分が筆記試験の「穴埋め問題」として出されることもあったような・・・。

 

例題)下記の①②に入る適切な言葉を記入せよ。 

オフサイド・・・副審は、(    ①    )するため、旗を(  ②  )上げなければならない。

 

①主審に通知 ②音が鳴るように 

な~んて書いたらアウトです。

 

旗に関しては、もうひとつあるのですが、第3弾の記事にします。 

 ← ポールが伸縮式なので、固定式のフラグよりコンパクトに収納できます。 





 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



☆ 関連するタグ ☆