3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
女子アジアカップ2014決勝の映像


先日の記事で、女子アジアカップ2014決勝の試合終了間際の出来事(ファウルスロー)について、記事にしましたが、youtube 上で、その試合のフル映像がUPされているのを見つけましたので、紹介しておきます。


YouTube: 2014 AFC Women's Asian Cup - Japan vs. Australia





実況が英語なので、英語の勉強がてら見るという使い方もできますよ~。



日本語版のほうが良いという方は、こちらをどうぞ。


YouTube: 2014 05 25 女子アジアカップ決勝 日本VSオーストラリア





ショートハイライトはこちら。


YouTube: アジア杯決勝 日本vsオーストラリア ショートハイライト Japan vs Australia Highlight




 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
AQUOS PHONE ZETA SH-01F 用バンパー
  

今日の記事は、まったくサッカーとは関係ありませんので、あしからず。

 

スマートフォン用のカバーのお話です。

 

スマートフォン用にカバーなどをかけずに使用している状態で、手を滑らせてスマートフォンを落下させてしまうと、まず間違いなく傷をつけてしまいます。(落とした場所や、落とした高さにもよりますが。)

 

ここしばらくTPU素材(熱可逆性ポリマー)のカバーを使っていたのですが、スマートフォンの機種変更をしたのをきっかけに、カバーではなくてハイブリッドバンパーにしてみたら、思いのほか良かったので、いろいろカバーを試したけれど、満足のいくスマートフォン用カバーに出会わない、という方のために、ご紹介しておきます。

 

 

ハイブリッドバンパーのメリット

1)あくまでバンパーなので、「全体的な厚み」は増さず、もっさり感が少ない
 → ただし、バンパー部分(スマートフォンの端)は、商品の性質上どうしても厚みが増えます。 

2)あくまでバンパーなので、スマートフォン本体のカラー(デザイン)が活かせる
 → カバーだと折角選んで購入したボディーカラーを完全に覆い隠してしまっていることになってますからねぇ。 

 

ハイブリッドバンパーのデメリット

1)あくまでバンパーなので、エッジ以外の部分(特にボディー側)をざらざらした表面で擦ってしまうと、スマートフォンのボディーに傷がつく可能性が高い

 

 

その他おまけの情報

AQUOS PHONE ZETA SH-01F でハイブリッドバンパーやカバーを装着して利用する場合、「グリップセンサー」の「感度設定」を「強め」に変更しないと、携帯を握っても反応してくれませんので、ご注意を。

ハイブリッドバンパーに付属している画面用のフィルムは、気泡が入りやすい様子。それからフィルム表面の汚れも若干拭き取りにくいかも。(簡単に表面の汚れが落ちないような感じ)

  

 

ということで、現在私が使っているAQUOS PHONE ZETA SH-01F 用のハイブリッドバンパーは、こちら。

ELECOM AQUOS PHONE ZETA SH-01F ハイブリッドバンパ-  ブラック PD-SH01FHVBBK
エレコム (2013-11-02)
売り上げランキング: 6,886



 

AQUOS PHONE ZETA SH-01F 用以外にも、ELECOMから発売されているようなので、リンクを貼っておきます。 

SC-02F GALAXY J用

ELECOM SC-02F GALAXY J ハイブリッドバンパ-  01 PD-SC02FHVB01
エレコム (2013-11-18)
売り上げランキング: 148,488



 

S-02F Xperia Z1f 用

ELECOM SO-02F Xperia Z1f ハイブリッドバンパ- ブラック PD-SO02FHVBBK
エレコム (2013-12-12)
売り上げランキング: 30,649



 

Xperia Z1 SO-01F/SOL23用

ELECOM Xperia Z1 SO-01F/SOL23用 ハイブリッドバンパー パープル PM-SOZ1FHVBPU
エレコム (2013-10-25)
売り上げランキング: 122,528


 

Xperia A SO-04E用




 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



☆ 関連するタグ ☆

カードなしorイエローカードorレッドカード、さぁどうします? ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 14 のclip1より 

 

  

審判の勉強をしたい方は、下の映像をご覧になり、解説を読む前に回答を入力ください。(できれば、映像の音声はミュートしてご覧ください。)

  

2010 Referee Week In Review Week 14 clip1


 

上記の映像の中のファウルに対し、あなたが主審だった場合、懲戒罰はどうしますか?

1)カードなし(懲戒罰なし)

2)イエローカード

3)レッドカード 

 

 

下の解説を読む前に、回答を入力ください。 



 

 

正解・解説が見えてしまわないように、改行とブログ村のバナーをいれておきます。クリックのご協力をお願いいたします。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。

 

  

 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 下の解説を読む前にクリックのご協力を。

 

 

入力およびバナークリックはお済みですか?

  

それでは正解です。

 

米国サッカー協会の見解は、

3)レッドカード で一発退場とすべき

 

というものでした。

 

左サイドバックの選手が、ボールを手で扱って攻撃側競技者がボールをコントロールするのを阻止していなければ、センターバックの選手の戻りが遅れていたため、間違いなくゴールキーパーとの1対1の状況になっていました。

 

従って、決定的な得点の機会の阻止にあたる、ということです。

 

米国サッカー協会の解説図。

2010_referee_week_in_review_week_14_001.jpg

 

米国サッカー協会の詳しい解説は

http://www.ussoccer.com/stories/2014/03/17/13/14/2010-referee-week-in-review-14

でご確認ください。

 

競技規則を確認しておきます。 



競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

得点、または決定的な得点の機会の阻止

相手競技者の決定的な得点の機会の阻止で退場となる反則は 2 種類あるが、ペナルティーエリア内で発生するものだけが対象となっているのではない。

決定的な得点の機会があり、相手競技者がボールを手または腕で扱い、また相手競技者にファウルをしたにもかかわらず、主審がアドバンテージを適用し、その後、直接得点となった場合、その競技者は退場を命じられないが、警告されることがある。

主審と副審は、得点または決定的な得点の機会の阻止で競技者に退場を命じるとき、次の状況を考慮に入れなければならない。
●反則とゴールとの距離
●ボールをキープできる、またはコントロールできる可能性
●プレーの方向
●守備側競技者の位置と数
●相手競技者の決定的な得点の機会を阻止する反則が直接フリーキックまたは間接フリーキックとなるものであること


 

ゴールに向かっている流れの中で守備側競技者が反則を犯した場合、プレーの方向や攻撃側競技者がボールをコントロールできる可能性などについては比較的監視しやすいのですが、他の守備側競技者との位置関係や距離などに関しては、瞬時に確認/把握するのはなかなか難しいです。かなり意識していないと見落としてしまいます。(1~2秒タイミングがずれると、状況は全く変化してしまっています。)TV観戦やスタジアム観戦時など、普段から意識して見る癖をつけておきましょう!>審判を担当される方 

 

ただ、中(ピッチ内)に入ると、広い視野をもつのって本当に難しいんですよね~。

 


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



☆ 関連するタグ ☆

なでしこジャパン vs オーストラリア代表(2014/05/25)の試合から
 

 

女子アジアカップ決勝のお話。ネタ的には鮮度が落ちている試合なのですが、表題の試合から得られる教訓を1つだけ。

    

 

試合終了間際の出来事。

  

後半47分44秒。日本代表6番(阪口 夢穂選手)が大きくクリアしたボールが、ハーフウェーラインを大きく超え、日本チームのテクニカルエリアの中央の正面あたりでバウンドし、日本チームのテクニカルエリアの左端(オーストラリアゴール寄り)を過ぎたあたりで、タッチラインを割りました。

 

オーストラリア代表の選手は、ボールがタッチラインを割ったところからは大きく日本ゴール側に寄った場所(ハーフウェーライン付近?)からスローインを開始しようとしたようで、日本代表の宮間選手が再開場所が違うんじゃないか?というアピールをしています。

 

そのとき主審がどのようなアクションをとったのかということについては、TVの映像では映し出されていないので、不明なのですが、オーストラリアチームの選手は明らかに正しい再開場所とは違う場所からスローインを行ったため、「ファウルスロー」となり、日本チームのスローインで再開されることになりました。

 

結局、日本チームがスローインを行って間もなく試合終了のホイッスルが吹かれたので、オーストラリア代表は、正しい場所からスローインを行わなかったために、最後の攻撃のチャンスを自ら潰してしまった形になってしまいました。

 

急いでいる時ほど、正確な場所からスローインを実施しないといけません。(フリーキックもですが。)

  

「正しい再開場所からスローインを行わないとファウルスローになりますよ~」、というお話は、昨年11月に 2010 Referee Week In Review Week 4 の Clip 2 を紹介した記事で、触れています。

 

そちらの記事もご確認ください。

 

ちなみに、女子アジアカップ決勝の審判団などの詳しい情報をご覧になりたい方は、AFCのサイトのページでご確認ください。

 



☆ 関連記事 ☆

「スローインは正しい場所から再開させましょう ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 4 Clip 2」 

「ファウルスロー(主審が未然に防げないもの)」

「ファウルスロー(主審が未然に防げるもの)」

  

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


☆ 関連するタグ ☆

キリンチャレンジカップ2014 (日本代表 vs キプロス代表)の試合から

 

この試合の公式記録はこちら

http://www.jfa.jp/national_team/samuraiblue/20140527/schedule_result/pdf/m01.pdf
  

(途中経過のページ
http://www.jfa.jp/samuraiblue/20140527/match_page/m1.html#pankz ) 

 

 

テレビ放送の画面情報によると、試合を裁くのはポーランドの審判団。

 

 

前半28分、日本代表9番(岡崎 慎司選手)に出されたカードは、ラフプレー。

スパイクの裏を相手選手のほうに向けてスライディングタックルをしたため、相手競技者の安全を無視してプレーした、という判断。

 

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

不用意な、無謀な、過剰な力で

(中略)

〝無謀な〟とは、競技者が、相手競技者が危険にさらされていることをまったく無視して、または結果的に危険となるプレーを行うことである。
●無謀な方法でプレーした競技者は、警告されなければならない。

(後略)


 

 

あと、カードは提示されませんでしたが、カードが出てもおかしくなかったプレーを1つだけ紹介しておきます。

 

後半30分の日本代表8番(清武 弘嗣 選手)からのパスを日本代表10番(香川 真司 選手)が受け取ってオフサイドが確定し、主審が明確な笛を吹いてプレーを停止したにも関わらず、香川選手がそのままプレーを継続してループシュートを放ったシーン。

 

日本代表は「勝っている」状態だったので、遅延行為としてイエローカードが提示されていても不思議ではないプレーでした。

 

この試合は、ワールドカップ開催直前の親善試合という性質のものでしたから、主審は香川選手に近寄って、「口頭での注意」のみの対応でしたが、ワールドカップ本選だったら、間違いなくイエローカードが提示されていたと思います。

 





 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


☆ 関連するタグ ☆

バンテリン サポーター ふくらはぎアシストが少し安くなった様子

 

amazon 直の販売ではないため、支払い方法がamazon のギフト券を利用する、あるいはクレジットカード利用の2つしか選択できないamazon 上のショップなのですが、今ならバンテリン サポーター ふくらはぎアシスト がかなり安く買えますよ~、というお話です。 




 
実は、以前2セット購入し、ローテーションさせながら使っていたのですが、さすがに傷んできて毛玉だらけになってきたので、つい先日試合用として1セット追加で購入しました。

 

私の古いふくらはぎサポーターを試し履きした次男が、

 

「何これ。超楽じゃん。〇〇も欲しい!」(〇〇は次男の名前) 

 

と言ったので、私の分と合わせて2セットを家内の勤めている薬局の社員割引価格で購入したのですが・・・。

 

現在の価格が一時的なものなのか、この価格で安定的に供給されるのかは不明ですが、購入を検討されていた方は、この機会にぜひどうぞ。(使用感については、下の関連記事をご参照ください。)

 

 

最近はamazon のギフト券を扱っているコンビニが増えてきたので、あらかじめコンビニで購入したい商品より少し多めの金額分を購入して自宅のパソコン(あるいはスマートフォン)に登録しておけば、amazon 直の扱いじゃない商品も、決済が簡単になります。(クレジットカード番号をネット上に入力することに抵抗がある方は、ぜひギフト券での購入をお薦めします。)

  

このサポーター(ふくらはぎアシスト)を着用して審判するのとしないのでは、試合後半のパフォーマンスに雲泥の差が出ます。また、審判時だけでなく、長時間立ちっぱなしになる場合や、ロングドライブ時にも有効だと思います。(あくまで私個人の感想ですが。) 

 

  

☆ 関連記事 ☆

「バンテリン サポーター ふくらはぎアシスト の使用感(その1)」

「バンテリン サポーター ふくらはぎアシスト の使用感(その2)」 

 



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2014/05/25) 主審 × 2.0
 

  

本日は、二男の帯同で、3種(U-15カテゴリー)の練習試合を担当。

 

当初チームに割り当てられていた審判の担当は、最終試合の主審のみだったのだけれど、その2つ前の試合の主審も担当。(いずれもA戦。25分ハーフ。)

 

というのも、その試合の主審は、よく存じ上げている顧問の先生(3級)が担当することが予想されたので、私の方から申し出て、「ぜひ」という返事をいただいたので担当させてもらった。

 

で、その試合での出来事。

 

二男たちのチームのセンターバックの選手が、試合開始直後に、ひじを使って相手選手を押したので、ファウル認定。

 

しばらくたって今度はボールを受けた相手FWの選手を前に振り向かせないようにするために、「ポン」と後ろから押したので、やっぱりファウル認定。

 

通常の公式戦であれば、「2回目のファウルだよ。次はイエローだよ。」という注意を入れるのだけれど、今日は練習試合なのと二男達のチームの選手だったので、敢えて「注意」は入れず、3回目のファウルで「1回目はあそこでひじを使ったよね。2回目はそこで後ろから押したよね。これで3回目だから『繰り返し競技規則に違反した』ということで『警告』ね。」と、スパーンとイエローカードを提示するつもりにしていた。

 

しかし、その選手は前半はそれ以上のファウルを犯さなかった。

 

後半もそのままファウルはなく、結局イエローカードは出さずに終わるのかな?と思い始めた後半23分に、その選手に別の理由でイエローカードを提示することになった。

 

理由は「ラフプレー」。

 

ルーズボールに対し、相手FWの選手とほぼ同時にアプローチしたのだけれど、タッチの差で相手FWの選手のほうが先にボールに触れた。と思った瞬間、その二男のチームのセンターバックの選手の身体が相手FWの選手に当たったと思ったら、軽量なそのFWの選手の身体が浮き、次の瞬間腰から地面に落ちたのが確認できた。

 

完全にアフター(ファウル)チャージ。無謀にファウルチャージした(=ラフプレー)ということで、警告することに。

 

練習試合ではあるものの、一応私自身の練習のため、ファウルした選手を集団から少し離れた場所に誘導し、本部に背番号が見える向きに回り込んで、イエローカード提示。

 

イエローカード提示後すぐに、負傷した選手のケアに移ったのだけれど、ちょっと目を離したスキに、味方選手が腰を強打した選手を無理矢理引き起こそうとしているので、「まってまって。本人が起こしてくれって言った?」と聞いたら、やっぱり本人は痛くて何も言えない状況だったらしく、味方選手が手を離した瞬間、その選手は再び地面に崩れ落ちた。

 

そこで、ベンチの顧問の先生をピッチ内に招き入れて、選手の搬出は顧問の先生にお任せした。代わりの選手を入れるかどうか確認したところ、残り時間がほどんどない状況だったので、そのまま10人で戦うということだったので、すぐさまプレー再開。

 

2試合目は、ちょっとミス。

 

ファウルの笛を吹いた時に、二男達のチームの選手が足を痙攣させてしまっていたので、味方選手の肩を借りてピッチの外(A2側のタッチライン)に出るように指示。

 

そのケアをしていたら、再開場所や再開方法を完全に失念してしまった。選手に指摘されて思い出す始末。う~ん、いけません。選手のケアに入る前に、「〇〇で再開するからね~」と自分が覚えておくために言葉に出しておくべきでした。

 

それから、新調したシューズに関して。

1試合めが終わった段階では問題なかったのだけれど、2試合目の終了間際に、一瞬ふくらはぎが痙攣しそうになったので、やはり長時間は無理かも。ということは、困った・・・。安物買いの銭失いになってしまったかも。

 

ただ、もうひとつのF10 TRX TFよりは、少し楽。同じサイズだけど、幅が微妙に違うのかも。

 

保管時に、新聞紙などを固く詰め込んでおけば、少しは幅が広がってもう少し足への負担が減って、履いていて楽なシューズになるのかなぁ・・・。 






 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




 

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2014/05/24) U11
 

本日の低学年の全体練習の最初は監督が実施。

 

最初は、10ヤード四方のグリッド内で動きまわり、外から放り込まれるボールに当たらないようにする練習。最初はゴロ(インサイドキック)のボール。最大3個まで段階的に増やして実施。ボールに当たった選手は、グリッドの外に出て、ボールをあてるほうに回る。

 

ボールの種類をゴロからバウンドボール(頭上から両手で投げ入れる)に変更して実施。

 

ここで監督が体験入団に来た2年生の保護者の方の対応で外れたので、私が引き継いで実施。

 

ボールを使った運動神経刺激系メニュー。1年生1人に対し、必ず1人3年生をペアとして貼りつける形で実施。(指導したり、見本を見せるために。)

 

普段監督が実施している内容に、私がオリジナルで加えた内容を追加しながら実施。

 

1時50分に低学年の全体練習を終え、2時からは高学年の全体練習のサポート。全体練習時は、4年生の動きを確認。

 

2時40分からは、先週の土曜日と同様、5年生の練習をサポート。メインの指導は監督。練習内容としては、ほぼ先週土曜日と同じなので、今日は省略。

 

練習終了、5時10分。 



ジュニアサッカー 監督・コーチ入門

池田書店
売り上げランキング: 27,041



 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。





☆ 関連するタグ ☆

なでしこジャパン vs 中国女子代表(2014/05/22) の試合から
 

 

JFAのなでしこジャパンのサイト(ページ)の試合結果において、昨日の中国戦はもちろん、5月16日以降分(ベトナム戦、ヨルダン戦)がまったく更新されていません。

 

また、普通、試合結果のページのところにある、スコアのところをクリックすると、その試合の詳しい情報が表示されなければならないのに、リンクが出鱈目といっていいような状態だし。

 

これじゃぁ、1回見に来た人は、もう2度と見に来ないページになってしまいます。
(T_T)

 

ということで、仕方がないので、AFCのページから試合で出されたカードの状況を確認しながら、カードに絡む部分を中心にピックアップします。(ちなみに、AFCのページはIEで見るより、Chrome で見た方が見やすいです。)

 

ということで、カードが出たところを中心に review しておきます。

 

まず、前半26分に中国代表23番(REN GUIXIN 選手)に出されたカードは、ラフプレー。

日本代表2番(有吉 佐織選手)が先にボールに触れたにも関わらず突進し、アフターで思いっきり有吉選手の足を蹴ってしまったので、「無謀に」相手競技者をけった、という理由。

 

56分(後半11分)に中国代表20番(ZHANG RUI 選手)に出されたカードも、ラフプレー。

日本代表8番(宮間 あや選手)の後方から宮間選手の足を両足で挟みこむようにスライディングタックルを実施したため、やはり「無謀に」相手競技者にタックルした、という理由。

 

79分(後半34分)の日本代表12番(中島 依美選手)のPKとなったハンドは、明らかに不必要な位置にある腕にボールが当たっているので、ハンドリングを取られても仕方がない、という感じです。

 

83分(後半38分)に日本代表10番(澤 穂希選手)に出されたカードも、ラフプレー。

解説の松木氏が「なんにもしてない!」と解説していましたが、スロー画像で見ると、ボールを先にプレーした中国代表23番(REN GUIXIN 選手)の向う脛にアフターで思いっきりスパイクの裏を当ててしまっているので、「無謀」に相手競技者をけった、という理由。

PANNIPAR KAMNUENG主審は、よく見ていたと思います。(妥当なカードだと思います。)

 

85分(後半40分)に中国代表4番(LI JIAYUE 選手)に出されたカードは、遅延行為。

オフィシャル(日本の選手交代)の試合停止があったので、試合を再開(フリーキック)する笛を吹いたにもかかわらず、すぐにキックを行わなかった(試合を再開しなかった)という理由です。

 

笛を吹いて、約2秒弱で手(と恐らく口頭)でもキックを促しています。それでも、味方競技者のポジション修正をし続けていたので、遅延行為となりました。

笛→(2秒弱)→手で催促→(約8秒)→笛を口に→(約2秒)→笛

というような感じです。

 

試合の残り時間が少なくなってきたら、勝っているチームあるいは同点時の両チームの選手はは、遅延行為に対して慎重にならなければなりません。

 

逆に、主審を担当する場合は、遅延行為を厳しく取り締まる必要があります。

 

で、試合終了直前の120+1分(延長後半アディショナルタイム)にも同選手にやはり遅延行為でイエローカードが出てしまいます。

 

ただ、主審は2枚目であることに気がついていなくて、そのままプレーを再開させてしまうという、「やってはいけないミス」を犯してしまいます。

 

枚数の管理は、AFCなどのトレーニングなどでやっているハズだと思うのですが・・・。

 

ま、LI JIAYUE 選手が本来退場していなければならなかった時間に得点に絡むようなことがなくて、よかったですねぇ~。もし、得点に絡んでしまうと、大変なことになっていたでしょうから。

 

さて、我々が担当する試合でも、遅延行為は起こり得るので、ちょっと確認しておきます。

 

たとえば、スローインをしようとして、ボールを頭の上に持って行き、今にも「スローインをするぞ」という状態になって、「やっぱり他の人に任せよう」としたら、遅延行為で罰せられるのは、最初にスローインをしようとした選手です。

 

もし、いくら他の選手が「俺がスローインする」と半ば強引にボールを奪ったとしても、罰せられるは、「最初にスローインの直前の動作まで行った選手」です。

 

ボールを頭の上に持って行った時点で、代わることを申し出た選手に構うことなく、速やかに試合を再開させなければならない義務が生じています。(ピッチ外に出たボールを拾いに行き、自らの頭上に持って行くことなく、スローインの得意な選手にボールを手渡すという動作であれば、遅延行為にはなりません。)

 

(負けているほうのチームや、試合開始直後のタイミングであれば、口頭で「注意」だけでも良いとは思いますが。)

 

フリーキックの場合もしかり。明らかにキックを行う素振り(今回主審は、最初のLI JIAYUE 選手のキックが、ボールを停止させずに行われたと判断しているので、LI JIAYUE 選手にキックのやり直しを命じています。LI JIAYUE 選手は、自分はフリーキックをしたつもりではなかったと思っていると思いますが。詳しくは後述。)をしたあと、他の選手にキックを任せたり譲ったりした場合、遅延行為で罰せられるのは、あとからキックを行おうとした選手ではなく、最初にボールに近づいてフリーキックを行おうとしたものの、キックを行わなかった選手になります。

 

ということで、LI JIAYUE 選手が2枚目のイエローカードを提示されたにもかかわらず、ピッチ内でプレーを続けさせてしまったものの、次のアウトオブプレーでレッドカードを提示してLI JIAYUE 選手に退場を命じます。

 

選手の皆さんは、スローインあるいはフリーキック時に正しい場所から再開させる癖をつけておかないと、こういう大事な場面で、つまらないカードをもらうことになりますよ~、という教訓ですね。

 

LI JIAYUE 選手としては、中国代表20番(ZHANG RUI 選手)がLI JIAYUE 選手のほうに蹴ったキックがプレー再開のキックだと思ったので、そのままボールを蹴り返したのでしょうけれど、ZHANG RUI 選手がボールを蹴った場所は、正しい再開場所よりかなり「なでしこ陣地寄り」でした。

 

そこで主審は、LI JIAYUE 選手がZHANG RUI 選手が蹴ったボールに触れた場所付近が再開場所なので、LI JIAYUE 選手にボールをしっかり停止させた上で速やかにプレーを再開するように命じています。

 

LI JIAYUE 選手にしてみれば、「再開場所が違うの?もっと後ろ?じゃぁ、GKに蹴らせて自分はもう少し上がっておくか。」くらいの気持ちだったかもしれません。(選手寄りにかなり好意的に解釈した場合)

 

しかし、主審としては、「LI JIAYUE 選手がボールを完全に停止させずにプレーを再開した」という意識になっているので、LI JIAYUE 選手がキックをやり直しせずに、GKにキックさせようとしたことは、明らかな遅延行為であると感じて「警告」となった訳です。

 

録画していた方は、確認してみていただきたいのですが、主審は、最初の段階からボールが置かれている場所が、再開ポイントではないことを中国の選手に伝えています。

 

なので、主審の指示に従い20番のZHANG RUI 選手は、ボールの位置を下げるために、4番のLI JIAYUE 選手のほうに「足で」ボールを移動させます。しかし、LI JIAYUE 選手はこの指示を聞いていなかった(もしくは聞こえていないフリをした)ので、ZHANG RUI 選手がフリーキックを行ったと思い、そのままボールを蹴り返したのです。

 

(このとき、ZHANG RUI 選手が足ではなくボールをピックアップして手で投げ渡していれば、試合はPK戦までもつれていたかもしれません。) 

 

このフリーキックをやり直しさせることになった時点で、ある程度の時間が稼げたので、ここで止めておけばよかったのですが、更に欲張って時間を稼ぐべくGKに蹴らせようとしたことが、主審の心証を悪くしてしまいました。 

 

さて、このときに主審から警告を受けることなく、最大限の時間を遣うためには、どのようにすればよかったのか、ということを考えてみたいと思います。

 

以下、あくまで、参考程度にお読みください。

 

まず、最も主審とボールに近い場所にいて、主審から「再開場所が違う」と言われたZHANG RUI 選手は、おもむろにボールを手で拾い上げ、ZHANG RUI 選手が手を上に伸ばしてぎりぎり届くか届かないかという場所にアンダー(山なりのボール)で投げます。

 

ZHANG RUI 選手は、ボールをキャッチしようと試みますが、無理にはキャッチせず、手に当てるだけにしておきます。(ワザと落としたと見做されると主審の心証を悪くしてしまいますので。)

 

ここまでは、「トスミス」or「キャッチミス」なので、遅延行為にはなりにくい。

 

ZHANG RUI 選手は、ボールを足で運ばずに手で拾い上げ、今度は主審に「(再開場所は)どこですか?もっと後ろですか?」と聞きます。(主審に聞くことで、再開が遅くなっている理由を主審のせいにすることができます。)

 

まんまと主審が引っ掛かって再開場所を細かく修正してくるようであれば、その指示に従うことで時間が稼げます。(ま、普通は多少ずれていても、最初の場所から後方に下がっていれば、主審は速やかに再開させるほうを優先して、「(もう)そこからで良いよ」と言ってくると思いますけど。)

 

主審に再開場所を確認したら、きちんとボールを停止させたことをアピールすべく、ボールを手で押えるように置き、ロングキックを行うために必要で自然な距離の助走がとれる場所(4~5歩分)まで、ボールと主審の両方を視野に入れながら下がります。(主審を視野に入れておくのは、主審の笛を持っている手が口のほうに動き始めたら、下がるのをやめて、すぐに助走を開始し遅延行為として罰せられることを回避するためです。)

 

一連の動作は停止したり、ゆっくり過ぎると遅延行為として見做されるおそれがあるので、途中、急いでいる雰囲気を醸し出しながら、行うのがベストです。

 

といった感じ。 



このブログをご覧になられている選手の方は、機会があったら上記の方法をお試しください。ただし、この通りに実施して、カード喰らっても私のほうでは責任は負いかねますので、ご了承ください。
(笑)

 
 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




☆ 関連するタグ ☆

審判時のシューズを新調
 

 

今日の記事は自分用のメモです。

 

いつ頃購入して履き始めたのか、というようなことを記録として残しておくためのものです。ご了承ください。

 

 

現在使っている、mitre のシューズの表面などが傷んできたので、連休中に代わりのシューズを購入すべく、いろんなスポーツショップを見てまわっていろいろ探したのですが、やっぱり見つかりませんでした。(mitre のシューズは、丸2年使用。う~ん、ミズノのシューズに比べるとちょっと傷みが早いかなぁ・・・)

 

まず黒色系のウォーミングアップシューズがあまり「ない」のと、あったとしても「(幅広・甲高の)足に合わない」し・・・。

 

横(幅)に合わせようとすると、前後が隙間だらけになって、靴の中で足が滑ってしまうし・・・。 

 

 

諦めかけていたところ、連休明けに行ったお店のサイズがあえばお得という在庫処分品を集めて置いている棚の中に、いろんな意味で「これなら」というものを発見。

 

adidas の F10 TRX TF です。 

 

まず、値段が2,900円(税抜き。定価は6,500円)で、「この金額なら試してみる価値があるかな?」という感じ。

adidas_f10_trx_tf_001.jpg

adidas_f10_trx_tf_002.jpg

 

皮革は完全に合成皮革。別にボールをプレーする訳ではないので、雨だと水が浸みこんできやすい天然皮革よりもむしろOKで、問題なし。

 

ただ、底面は以前に購入して、現在は雨天時または人工芝グランド用としてしか使っていないシューズと同じ仕様(そちらもF10 TRX TF)なので、地面からの突き上げがきつく、長時間履いていることができないかも。

 

とりあえず買い置きしてあった、インソールに変更。今週末、二男の練習試合で使って様子をみることにしようっと。

 

使ってみてあまりにも足が疲れるようだったら、

  

この2つのどちらかかなぁ・・・。

  

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




☆ 関連するタグ ☆