3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2014/07/27) 副審 × 1.0
  

 

本日は、所属する地区の協会から派遣されて、シニアの都道府県リーグの試合の副審(A1)を担当。

 

主審はMさん、反対側の副審はTさんで、いづれも3級。 

 

試合開始早々、私のサイドでオフサイド。それ以外にもオフサイドのフラグアップ多数。DFの選手がうるさい。オフサイドポジションの選手が確実にボールに触れるのを待っていると、「オフサイド!」って。

 

解ってる、って。確実に触るのをWait & See しているだけですから!

 

オフサイドポジションの選手が単独で縦パスに反応したものの、パスが長すぎてGKが余裕をもって手で捕球できそうなので、やはりフラグアップを保留していると、「なんで(オフサイドなのにフラグアップしないの)?」というような声が・・・。

 

「だからぁ、ゴールキーパーが手で捕球できそうだから、フラグアップを保留しているんですよ。ゴールキーパーとの交錯(接触)が予想される時は、早めにフラグアップする約束になっていますからっ。」と言いたいのを、ぐっと堪えて笑顔で対応。

 

ま、あまりしつこく言ってくるようだったら、主審に来てもらって「警告」してもらおうと思っていたのだけれど、そういう事態にはならなかった。

 

都道府県リーグの試合なので、本来なら本部担当を割り当てられたチームが選手交代などをしっかり実施してくれるのだけれど、今日は本部担当チームの人手が不足していたようで、本部がバタついていた。

 

なので、A1担当だった私は、選手交代の度に選手の用具チェックがしっかり行われたかどうかを確認しにハーフウェーまで走ってこなければならず、ちょっと忙しかった。

 

大きなミスなどはなかったと思う。

 
adidas(アディダス) レフェリーフラッグ JH399
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 11,930




  
>>続きを読む

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
2人の競技者が同時に倒れた時には何か起きることをイメージしておく・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 16 のCLIP3より 
 

◆clip3

◆◆

 

米国サッカー協会の見解は、スライディングタックル自体は、ボールをキープしていた競技者の正面から、ボールに対して行われており正当なものだった、という感じです。 

 

「The referee, in this case, is well positioned to make a judgment that a sliding tackle is fair (the ball is played) for this level of play and, therefore, does not whistle a foul.」

 

う~ん、そうですか・・・。

 

(私個人としては、ボールに触れたあと、相手競技者の軸足である左足のほうにスパイクの裏を向け直しているような悪意を感じるのですが・・・。)

 

ということで、タックル自体は正当なものであったものの、2人の競技者が倒れます。この時、主審はファウルはなかったということで、そのままボールを目で追ってしまいがちですが、倒れた2人の競技者の動向にも注意をしなければならないですよ、というお話です。

 

アフターチャージ(ファウルチャージ)やアフタータックル(ファウルタックル)を警戒するのと同様、少しボールを目で追うのを遅らせましょう。(「目を残せ!」という表現が使われます。)

 

今回は起き上がる際に、偶然を装って相手競技者に「蹴り」をお見舞いしたので、「乱暴な行為」として退場が命じられています。

 

以前の記事 「ファウルされた選手が倒れながら報復的な行為をする場合もある・・・ 2010 Referee Week In Review Week 15 のclip1より」 で、倒れながら相手競技者に肘鉄を喰らわせていたケースを紹介していますので、そちらも合わせてご確認ください。

 

米国サッカー協会の元記事は、こちら。  

http://www.ussoccer.com/stories/2014/03/17/13/44/2010-referee-week-in-review-16 


 ← 思いっきりシーズンオフの商品ですが、シーズンオフなので「お得」な価格もあるようです。
  


☆ 関連記事 ☆
「ファウルされた選手が倒れながら報復的な行為をする場合もある・・・ 2010 Referee Week In Review Week 15 のclip1より」


 
>>続きを読む

☆ 関連するタグ ☆

シーブリーズ アンティセプティック
 

昨年の5月に、日焼け止め対策系の記事(過去記事 「審判時の日焼け対策を考えてみた(その1)」 )で、どうすれば審判時に日焼けしないか、ということについて少し考えたの(厳密には、UVのシャツと日焼け止めのHTML リンクを貼っただけ)ですが、今日は、日焼けしてしまったあとのお話です。

 
ま、みなさん、いろんな対策を講じられてはいると思いますが、私の場合、ということで。

 
シーブリーズが資生堂ではなく、まだブリストル・マイヤーズ社の製品だった頃、

 
「日焼けしてしまった日、入浴後にシーブリーズの薬用ローションを日焼けしてしまった部分に塗るといいよ。更に薬用ローションを冷蔵庫で冷やしておけば、塗ったときの爽快感はハンパないよ。」


ってな感じで誰かに薦められて以来、我が家の冷蔵庫には、夏冬問わずいつもシーブリーズの薬用ローションが入っています。


日焼けして赤くなった肌に塗ると、肌の火照りや突っ張った感覚を少し抑えてくれるような感じです。(あくまで私個人の感想ですが。)


薬用ローションがなくなると、新しいボトルを買っていたのですが、詰め替えが発売されているのを知らなかった・・・。


多分、ドラッグストアなどの店頭で、詰め替え用のパウチを見たことはあるのだけれど、シーブリーズのシャンプーやボディーソープ用の詰め替えだと勝手に思い込んでいて、薬用ローションの詰め替えだとは思わなかったのかも・・・。
 

このサッカーの審判で日焼けしたら、入浴後にシーブリーズの薬用ローションで肌のケアをすると良いですよ、という記事を書こうとして、勉強になりました。
 

次からは、シーブリーズの詰め替え用を買って補充することにしよう、っと。



 ← これ、下の製品の3本分の量なので、かなりお得。



肌の弱い方向けに、「センシティブ」という製品も出ていたのですねぇ~。(これも知らなかった・・・)あ、もちろんパッチテストをお忘れなく。



シーブリーズ 全身ローション センシティブ230ml
資生堂
売り上げランキング: 6,685



おまけのお話。


シーブリーズの現在の発売元は、資生堂になっていますが、元々はバファリン(現在日本での製造販売はライオン(株))の開発・製造元である、ブリストル・マイヤーズ社のパーソナルケア事業部の製品でした。


私の記憶が確かなら、2000年頃、資生堂が80億円ほどでシーブリーズブランドを買い取ったんじゃなかったかな。(← 2001年の3月期に、8.4億(10年間の定額法での償却)が計上されているのが確認できました。記憶は正しかった!なんで記憶していたか、って?それは・・・・・・。)


☆ 関連記事 ☆

「審判時の日焼け対策を考えてみた(その1)」


  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



☆ 関連するタグ ☆

5周年。


 

昨日、ブログ開設から丸5年が経過し、今日から6年目突入です。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 応援クリックをよろしくお願いいたします。 

 

毎年恒例で行っている、周年時のアクセスチェックです。ま、自分用のメモみたいなものになりますが・・・。

access_chart_20140728_001.jpg

 

ワールドカップ開催中は通常よりアクセスが多かったので、6月初めの付近を基準に考えると、1日600ユニークユーザー、1200ページビューくらいでしょうか。 昨年のこの時期は1日500ユーザーを越える日がポツポツという感じだったので、確実に増えています。来年のこの時期のチェック時も増えていると良いのですが・・・。

  

一応、FLAG Counter のChart (Last 3 Months)も載せておきます。

access_chart_20140728_002.jpg
 

Visitors

Yesterday: 503 

30 day average: 746

Record: 2,104 on January 28, 2014 

 

Flag Counter Views

Yesterday: 867 

30 day average: 1,354

Record: 24,878 on December 8, 2012 





ユニークユーザー数は増えているものの、ブログ村のバナークリックはいまいち増えません。amazon のアフィリエイトもぼちぼち、という感じでしょうか。皆様、ご協力をよろしくお願いいたします。
m(_ _)m

  

え~っと、最後にお知らせです。

 

OCNのブログサービスである「ブログ人」のサービス終了に伴い、2014年11月30日をもって、このブログが閉鎖になります。
 

プロバイダー系のブログサービスなので、まさかサービス終了になるなんてことは考えていませんでした。
 


で、とりあえずどこかのブログサービスに引っ越しすることを検討中なのですが、まだ決めていません。
 


ブログ人としてはgooブログに引っ越しするのを推奨しているのですが、編集画面の使い勝手とか、ブログパーツやアフィリエイト関係のこともあるので、現在いろいろ思案中です。

 

移行作業などが終わったら、このブログ上でお知らせいたします。(一応、他の場所で継続予定です。)

 

引っ越したら、アクセス数多少減るだろうなぁ・・・。

 

☆ 関連記事 ☆

「とりあえず第1ページ」

「なんだかんだで、1周年。」

「2周年。」

「3周年。」 

「4周年。」 

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2014/07/27) U11 U10

本日の練習は体育館。

 

午前中、シニアの試合の副審を担当していたため、練習には遅れて(午後2時頃から)の参加。

 

高学年の全体練習の最初は、マーカーを使ったアジリティー強化系のメニュー。その後、ストレッチ系メニュー。

 

3時頃からの学年別メニューで、4年生を単独で担当することになりかけたのだけれど、本日の4年生の参加が6名と少なかったので、監督と一緒に4&5年生を担当(基本的には監督のサポートに回り、楽をさせてもらった)。

 

最初は、2人組でパントキック、ドロップキック、スローインのボールをヘディングで返したり、インサイドでダイレクトに返したり、という基礎的な練習。

 

続いて、色んなパターンのボール(グラウンダー系、バウンド系、浮き球系など)を、ダイレクトもしくは2タッチ以内で右もしくは左のマーカー(のところにいる選手)に返す練習。

 

給水休憩後、1対1でのderayをする練習。

  

相手チームのカウンター攻撃になりそうな時に、味方競技者の戻りを待ち、守備の陣形や人数は整う時間を稼ぎたいときに、「(迂闊に飛び込まずに相手のプレーを)遅らせろ!」という意味で、Delay!という言葉が使われます。

 

具体的には、ボールをキープしている相手選手をマークするのだけれどボールを奪いにいくのではなく一定の距離を保って後ろに下がりながら相手選手に時間をかけさせて相手選手の前進を遅らせる守備の仕方の練習。

 

最後のメニューは3対3。味方選手がボールを保持している時に、残りの2人の味方選手が「縦と横」の位置を意識する練習。

 

練習終了、4時20分。(今日は少し早目の練習終了)。

 




 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



 

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2014/07/26) U9
 

本日の低学年の全体練習は、監督が実施。

 

じゃんけん系のゲームとボールを使った運動神経刺激系メニューをやっていたと思う。(倉庫内で雑用をしていたので、あまりよく見ていませんでした。)

 

1時35分からの学年別メニューで3年生を担当。本日の3年生の参加は9名。(3名休み)

 

最初にオリエンテーション。

 

本日は、近くで花火大会が開催されるため、家族で花火大会に行く家庭があるだろうから、という監督の配慮から、低学年は3時頃に練習を終了するように、という指示があった。 

 

ということで、練習メニュー終了時刻を2時55分に設定。逆算してミニゲームの開始時刻を2時35分頃、ミニゲーム以外の練習の終了を2時30分頃(ここで2回目の給水)、1回目の給水休憩を2時00分頃に設定。

 

練習をだらだら実施していると、時間が押してミニゲームの時間が短くなる、ということを3年生と確認して、練習開始。

 

最初はいつもの通り、ボールタッチ系メニュー。暑いので、回数は少なめ。合間にストレッチ系メニューを挟みながら実施。メニューを調整しながら、最初の給水休憩は予定通り、2時ジャスト。

 

2時5分から、1対1で30m先のゴールを目指すメニュー。守備側の股下を攻撃側がボールを通過させてスタート。攻撃側はボールをゴールに入れたら勝ち。守備側はボールをゴール以外の境界線の外に出したら勝ち。

 

2人1組で2回戦(攻撃側と守備側)するのを全員(8人)と実施したら、練習終了。9人いるので、常に1人あぶれる。あぶれる回数が多いと、練習終了が遅くなる。でも、全員が終わらないとミニゲームが開始できないんだよなぁ・・・。

 

相手(ペア)を早く見つけることができる選手は、予定通り2時30分には「終了」できていた。一番遅かった2人は2時35分に終了。

 

その時点で、全員に改めて指示。

「必ず全員給水すること」「戦力が偏らないチーム分け」「ゴール(コーン)の準備」「マーカーの片づけ」が終了次第、(コーチの私が戻ってこなくても)自分達でミニゲームを開始していいよ、という指示。

 

2時40分には、自分達でミニゲームを開始できていた。素晴らしい。(チーム分けで少し揉めていたようだったので、どうなるかなぁ・・・、と思っていたのだけれど。)

 

練習終了3時5分。(1&2年生の練習終了時刻と重なったので、トンボ掛けに少し時間がかかった様子。) 

 

3時20分頃からは、監督が指導している5年生(&4年生)の練習のサポート。ミニゲーム開始前の4時頃まで参加。(ミニゲームは不参加)

 

4時30分、全学年練習終了。(三男曰く、当初監督は4時頃練習を終える、と言っていたらしいのだけれど(笑))。

 

最速上達サッカー オフ・ザ・ボール

成美堂出版 (2014-05-08)
売り上げランキング: 644



 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



 

☆ 関連するタグ ☆

飲水(給水)タイムのとりかた(の例) 【再掲示】


本日は全国的に猛暑日となって、熱中症によるとみられる搬送者がかなり出た様子。

 

ご自分が担当しているサッカーの試合中に熱中症で救急搬送される選手が出ることのないように、飲水タイムをしっかりとりましょう!

 

ということで過去記事の再掲示です。審判初心者の方は、一通り目を通しておかれると、よろしいかと思われます。

 

ブログ右側サイドバーンにある「お薦め(?)のバックナンバー」のところにこの記事(の元となっている記事)へのリンクを用意しています。

 

担当する試合において飲水タイムを設けることが判明したら、スマートフォンからこのブログにアクセスし、右のサイドバーを探せばすぐにチェックできますよ~。

 

 

----- 以下、過去記事より転載 -----

 

そろそろ、飲水タイムが実施される季節になってきました。

 

飲水(給水)タイムに関しては、

「飲水に関する通達が改定されました」

「審判時の積極的な給水と、給水タイム中の監視項目など」 

「飲水(給水)タイムの際に選手交代は可能」 

「飲水タイムや選手交代などオフィシャル系の試合停止後は、笛の合図で再開しましょう」

といった記事を過去にUPしています。

 

審判初心者の方にとっては、「飲水タイムってどうすれば良いの?」という方もいらっしゃると思います。

 

通達や競技規則の確認については、上記の記事を見ていただくことにして、今日の記事では、実際に担当する試合で飲水(給水)タイムを実施する場合において、注意しなければならないことと、あらかじめ行なっておいたほうが良いことなどをまとめておこうと思います。

 

あくまで、1つの例としてお読みください。

 

 

◇試合前に確認しておくこと

 

1)飲水タイムを実施するかどうか決定する

試合中に飲水タイムを実施するか実施しないかについては、試合前に主審を中心とする審判団が決定をしましょう。(大会本部が設置されている場合は、大会本部も含めて協議します。)

 

2)空費された時間に加算するかどうかを確認する

飲水タイムを実施する場合は、飲水に要した時間を空費された時間として加算する(ロスタイム/アディショナルタイム扱い)か、加算しない(ランニングタイム扱い)を大会規程やリーグ規定で確認します。

 

大会規定などで定められていない場合、飲水タイムは空費された時間としてアディショナルタイムに加算するのが基本です。(30秒~1分が目安です。)

 

私の所属する地区では、原則として3種はアディショナルタイム加算扱い、4種はランニングタイム扱いです。

 

3)ベンチに通知する

飲水タイムを実施する場合、試合開始前に各チームの指導者に対し、飲水タイムを実施する旨を通達します。このとき、飲水タイム中に選手がフィールドの外に出ないよう、飲水タイムの合図後すみやかに飲水用のボトルをタッチライン上に並べるように依頼するとともに、飲水タイム中の選手への指示は認められないということも忘れず伝えておきましょう。

 

これは、できるだけ速やかに試合を再開させるための「事前の準備」です。

 

4)飲水タイム中の監視分担を確認する

副審1(A1)もしくは8人制の場合は補助審判と飲水タイム中にどちらがどちらのベンチを監視するのかを取り決めておきます。主審が本部から見て左(対戦表の左)側のベンチ、副審1(A1)または補助審判が本部から見て右(対戦表の右)側のベンチを監視するのが一般的です。

 

時々、本部のところまで戻らずに、「ぼけっ~」っとフィールド内に留まっている主審の方を見かけますが、選手が勝手に入れ替わっていたり、飲水タイム後に人数が増えていたりした場合は、主審の責任(任務を果たせていないこと)になりますので、しっかり監視できる位置に移動しましょう。(飲水タイム後の再開時の人数チェックを副審の方々にお願いしておいても良いと思います。) 

 

また、監視をしながら主審自身や副審(A1、A2とも)も飲水できる環境をあらかじめ作っておくことも重要です。

  

◇飲水タイムのために試合を止める

 

5)飲水タイムのタイミングを見計らう

試合の前半・後半の半分付近になったら、飲水タイムを視野にいれます。(20分ハーフの試合であれば、9分頃から。)

 

両チームにとって公平(EVEN)なアウトオブプレーのタイミングを見計らいます。理想は、本部(ベンチ側)のタッチラインでハーフウェーラインに近いところからスローインとなった時に飲水タイムを取れると良いのですが、そう都合よくボールは出てくれません。

 

ゴールキックや、本部に近いほうのコーナーアークから行なわれるコーナーキックの際に飲水タイムを実施しても良いと思いますが、本部に遠いほうのコーナーキックの場合は、多くの選手がベンチ前までの距離を走って往復することになるので、避けてあげた方が良いでしょう。

 

基本的には全てのアウトオブプレーのタイミングで飲水タイムにすることが可能ですが、ディフェンスファウルで攻撃側がフリーキックをクイックスタートする可能性が残っている場合は、ワンテンポ待ちましょう。

 

クイックスタートの可能性が消滅したら、フリーキックのタイミングで飲水タイムをとっても構わないと思いますが、その場合は再開場所をしっかり記憶しておきましょう。ちなみに、フィールドへのマーキングおよびボールの置きっ放しはNGです。

 

6)笛を吹いて試合を停止する

オフィシャル系の試合停止になりますから、選手交代同様、必ず笛を吹いて(オフサイドやファウルでアウトオブプレーになったタイミングで飲水タイムをとる場合は、改めて笛を吹き直して)試合が止まったことを通知します。

 

このとき、時計を止めて空費された時間の計測に入るのが理想ですが、再開時に時計を再始動させるのを忘れる可能性があるので、そのリスクを考えると時計は止めず、タイムアップ時に30秒~1分を空費された時間として加算したほうが無難だと思います。(私の場合、実際には時計を止めずに時計を止めたフリをする、ということがよくあります。)

 

7)再開ポイントを記憶し、ボールを主審の管理下に置く

主審が責任をもって再開ポイントを記憶しておきましょう。タッチライン上やフィールド上にボールを置きっ放しにしておられる方も見かけますが、再開時にボールがなくなっていた、なんてことにならないように、基本的には主審がボールを持って移動します。

 

場合によっては、再開場所に近い副審(A1あるいはA2)に持っておいてもらってもOKです。副審に預けている場合は、主審の管理下にあると言えますので。(間違っても観客には預けないように。主審の管理下にあるとは言えなくなりますよ~。)

 

8)審判自身も給水しながら監視する

事前に打合せした通りに飲水タイム中の監視を行ないます。選手に対して「水分を取った選手からすみやかにフィールドに戻りましょう。」と飲水タイム開始時に声掛けすれば、ベンチの指導者が選手に指示を出してフィールドへの復帰が遅れるという事態の予防になります。

 

それでも選手に指示を出している指導者に対しては、「(飲水タイム中の)選手への指示は禁止されていますよ。」と毅然とした態度で対応しましょう。

 

無いとは思いますが、指示を聞くためにフィールドに戻らないという状態が長く続いた場合は、速やかにフィールドに戻らなかった選手を「遅延行為」として警告することも視野に入れましょう。

 

審判自身もこのタイミングで給水できますが、あくまで監視をしながら飲水します。ボトルを探すなどのためにフィールドに背を向けた状態やフィールドから離れるという状態が継続することのないように、あらかじめ事前に準備をしておきましょう。

 

9)選手交代がある場合は、交代してINとなる選手をタッチラインの中央(ハーフウェーライン付近)で待機させる

飲水タイムはアウトオブプレーのタイミングで行なわれます。選手交代もアウトオブプレーのタイミングで認められます。ですので、飲水タイムのタイミングで選手交代を行なうことは可能なのですが、飲水中に選手に入れ替わられてしまうと、管理が難しくなるので、交代してINする選手を本部前(ハーフウェーラインのところ)で待機させ、OUTになる選手は他の選手と同様にフィールド内(タッチライン上)で飲水させます。

 

飲水を終えた選手をフィールドに戻し、最後にOUTとなる選手とINとなる選手を入れ替えて交代手続きを完了させます。(INする選手の用具チェックもお忘れなく。) 

 

◇飲水タイムを終えて試合を再開させる

  

10)再開ポイントを示し、選手がポジションについたことを確認する

飲水タイム時に人数を増やすような不正を行なう指導者はいないと思いますが、飲水タイム後にINすることを伝えられていた選手が、正規の交代手続きを経ずに勝手にフィールド内に立ち入っているかもしれません。(その場合、主審の許可なくフィールドに入ったということで、当該の選手を警告し、いったんフィールドの外に出す必要があります。)

 

副審と協力して人数チェックを速やかに実施します。(明らかに選手の人数に変化がないと思われる場合は、省略することも可能ですが、できればチェックしておいたほうが無難です。) 

 

11)副審(補助審判)がスタンバイできているかも確認する

試合再開前に副審が何か異常を知らせていないかどうか、きちんとオフサイドラインについて就けているかどうかを確認します。

 

12)試合を再開するための笛を吹く

笛で試合を止めたら、笛で再開するのが基本です。必ず笛を吹いて試合を再開しましょう。(ファウル時の笛はプレーを停止させますが、試合の停止はしていません。)時計を停止させていた場合は、再開の笛のあとに時計を再始動させることをお忘れなく。 

 

  

こんな感じかなぁ・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 参考になったよ、という方はクリックのご協力をお願いいたします。 

  

私自身、今シーズンは飲水タイムをまだ1度も経験・実施していないので、漏れがあるかもしれません。(その場合は、こっそり記事を加筆しておきます。)

 

※天候が大きく変化(曇り→晴天)して、後半からのみ飲水タイムを実施することは、スマートではありませんが、可能です(選手の安全を最優先に考えましょう)。ただし、その場合はハーフタイム時(後半開始前)に、必ず両チームのベンチに対し、後半は前半とは異なり飲水タイムをとる、という通知をしっかり実施しておきましょう。 

 

 

☆ 関連記事 ☆

「インプレー中に水分をとることはできない」

「飲水に関する通達が改定されました」

「審判時の積極的な給水と、給水タイム中の監視項目など」 

「飲水(給水)タイムの際に選手交代は可能」 

「飲水タイムや選手交代などオフィシャル系の試合停止後は、笛の合図で再開しましょう」




経口補水液 オーエスワン(OS-1) 500ml×24本
大塚製薬
売り上げランキング: 2,485



【BR-510 熱中症対策キット】
【BR-510 熱中症対策キット】
売り上げランキング: 221,388



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。





 

☆ 関連するタグ ☆

やっぱりW杯前の大会基準でペナルティーエリア内のホールディングは厳しく対応する約束になっていたようですねぇ・・・
  

 

日本サッカー協会が、2014年7月24日の理事会後に記者会見を開催し、W杯の審判団の一員として活躍された、チーム西村のお三人(西村雄一主審、相樂亨副審、名木利幸副審)も出席された様子。

 

以下、その会見を報じる記事(へのリンク)を2つ紹介しますが、記事を読んで受ける印象が、まったく違います。

 

フットボールチャンネルの記事

西村主審のPK判定、大会前にFIFAが基準として説明していた。試合中の“日本語疑惑”についても否定  

 

時事ドットコムの記事

西村氏「経験糧にしたい」=議論呼んだ開幕戦の判定-W杯サッカー

 

う~ん、それぞれの記者の興味のある部分だけ記事化されているような感じで、西村さんが本当に伝えたかったことが伝わってないんじゃないのか?、という気がします。

 

どこかに記者会見の映像ないかなぁ・・・。

 


トロフィーレプリカ (A)
ウェイゴン
売り上げランキング: 120,607



 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。





 

☆ 関連するタグ ☆

セットプレー時のコントロール ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 16 のCLIP2より 
 

 

2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 16 clip2


 

映像で、主審は1回目のフリーキック時に、壁になっている選手の手にボールが当たったということで、前進して再びフリーキックを行っていますが、米国サッカー協会はそのことを問題にしているのではなく、1回目の壁の後ろで行われた不正行為について述べているものと思われます。

  

米国サッカー協会の元記事は、こちら。  

http://www.ussoccer.com/stories/2014/03/17/13/44/2010-referee-week-in-review-16 

 

フリーキックをセレモニー形式で行う場合、壁の中や後で小競り合いが起きる可能性は非常に高いので、キッカーへの合図(フリーキックを行って良いという笛)を吹く前に、レフェリーはしっかり介入して、不正行為が行われないようにマネジメントをしましょう。

 

不穏な雰囲気を感じるときはもちろん、なんとな~く「ちょっとヤバそうかなぁ」と感じたら、早めにタンギングしながら笛を吹いて、「レフェリーは不正行為が行われないようにしっかり監視している。」ということを選手達に感じとってもらったほうが、あとあと楽です。

 

だって、インプレー後に不正行為が行われたら、場所や場合によってはペナルティーキックを与えなければならなくなるし、インプレー後に不正行為があったにもかかわらず、ファウル認定できなければ、選手のフラストレーションが溜まり、レフェリーへの不信感にもつながりますのでね。

 

フリーキック時の壁のコントロールの仕方については、過去記事 「フリーキック時の壁の操作(その2)」 をご覧ください。

 

☆ 関連記事 ☆

「フリーキック時の壁の操作(その2)」 




 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


☆ 関連するタグ ☆

審判員の登録数(日本協会分)


(公財)日本サッカー協会のホームページが新しくなって、前年との増減などが表示されなくなってしまいました。
(T_T)

http://www.jfa.jp/referee/system/ 



仕方がない。数字をブログ上に記録しておきますか。将来の記事のネタ用に。



2014年4月1日現在の登録数

1級     ・・・    171名

女子1級   ・・・     36名

2級     ・・・  3,228名

3級(一般) ・・・ 31,281名

3級(U-18) ・・・    323名

3級(U-15) ・・・     13名

4級(一般) ・・・116,098名

4級(U-18) ・・・ 28,412名

4級(U-15) ・・・ 13,116名 



合計 192,678名。 

ん?、以前は20万人を上回っていたと思うのだけれど・・・


フィンタ(FINTA) レフリー4点セット 005 FT5722
フィンタ
売り上げランキング: 37,245




 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




☆ 関連するタグ ☆