3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ドルトムントといえば
 

これ、なまで見たら感動しそうだなぁ・・・。


YouTube: Borussia Dortmund - bis in den Tod! CHOREO


 

デュッセルドルフから電車で1時間くらいでいけるところだったんだ・・・。へぇ~。

 

(ブログ引っ越し作業中につき、手抜き記事でごめんなさい。) 

 

☆ 関連記事 ☆

「フランクフルト国際空港は要注意」 

 
 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
練習内容(2014/08/30) U11 ほか
  

 

本日は監督がお休みだったため、低学年の全体練習は、私が実施。

 

最初はグランド全体を利用した鬼ごっこ。攻守を入れ替えたり、広さを縮小したりして約25分。軽く給水休憩を挟んで、次は10ヤード四方のグリッド内でのメニュー。

 

笛が鳴った時にボールを持っていたら罰ゲーム、逆の笛が鳴った時にボールを持っていなかったら罰ゲームなどのお遊び系のメニューを実施。

 

このゲーム、名前を呼ばれたら持っているボールを受け取る(or渡す)のがルールなのだけれど、もし名前がわからなかったら、その場で「聞く」ことができるというルール。これで、学年に関係なくお互い名前を覚えてもらうことを目的に実施。

 

(おんなじ子に何回も名前聞いていないよね???)

 

その他、笛の数と同じ人数の組を素早く作るゲームなど、低学年が学年でかたまらずにごちゃまぜにすることを意識しながらのメニューを実施。

 

2時からの高学年(本日は4&5年のみ)も、私が担当。

 

選手達たちから鬼ごっこをしたい、という要望があったので、いつもの高学年のメニューではなく、鬼ごっこと10ヤード四方のグリッド内でのボールタッチ系のメニューを実施。

 

低学年の全体練習で行った内容よりも難易度を上げたものを実施。

 

30分経過したところで、4年生の担当であるMコーチが来られたので、4年生をMコーチに引き渡そうと思ったら、6年生が不在で4&5年生でグランドの半面(60m×40m)を使えるなら、4年生対5年生でゲームをしましょう、ということになった。

 

4年生(9人)vs5年生(11人)で、8人制で対戦。15分ハーフを3本(インターバル10分)実施。

 

4時からは、5年生のみを担当。

 

先の4年生との試合で、オフサイドになったシーンが多かったので、今一度オフサイドにかからないようにするためのメニューを実施。(以前、やったことのあるメニュー。)

 

右サイドの選手から、中央の選手にパスを出し、中央の選手からディフェンスの裏にスルーパスが出てくるまでにオフサイドラインを越えてしまいそうになったら、中央のディフェンダーの方向に進路を変え、ボールが出てからディフェンスの裏に飛び出す。

 

ディフェンスの裏でボールを受け取ったら、中央にクロスを上げる。

 

そのクロスに対し、反対側からボールを追い越してオフサイドにならないように注意しながら飛び込んでシュート、という3人セットでの練習。

 

ディフェンスの裏に飛び出すタイミングでオフサイドにならないようにする練習。そしてオフサイドラインを突破してあげられるクロスに対して、クロスが上がる前にボールより前に出てしまってオフサイドにならないようにする練習の2つを同時に行えるメニュー。

 

最初はボロボロ。まずは味方がきちんと受け取れるようなスルーパスが出せない。スルーパスが出ても、反対側で受け取れるようなクロスが上げられず、直接ゴールにボールが入ってしまうのならまだしも、ゴールの右のネット(外側)にボールを当ててるし・・・。

 

やっとパスが通りはじめたと思ったら、オフサイドだらけだし・・・。

 

本当はディフェンス役として「置いている」コーンを、「人」に変えて、より実戦的な形で実施したかったのに・・・。

 

約40分。

 

最後の給水休憩をとって、5年生だけのミニゲーム。今日はオフサイドをテーマにしたので、ミニゲームもオフサイドあり。ただし、ゴールラインに仮想のGKが張り付いているものとして、ゴールラインから数えて1人目がオフサイドライン。

 

人数調整として、片方のチームに私が入って、6対6で実施。

 

練習終了、4時。

 

 




 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




☆ 関連するタグ ☆

8月20日付け記事のフォローアップ
  

 

8月20日付け記事 「オフサイドか否か・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 17 のCLIP2より 」 において、ブログパーツのアンケート機能を利用して、皆さんに回答を入力していただきました。

 

ブログのトップページに表示されなくなりましたので、集計結果の報告です。

 

 

本日までに、135名の方に回答を入力していただきました。回答の入力にご協力くださった皆様、ご協力ありがとうございました。

 

それでは、回答数の内訳です。

 

「あなたがこの試合の主審を務めています。上記の映像の得点シーンについて、あなたの直観に近いのは?」という問いに対し、

1)間違いなくオフサイドの反則。得点は認めない。
  ・・・ 50名

2)微妙だけれど多分オフサイドのような気がする。得点を認めちゃいけないよなぁ・・・。
  ・・・ 22名

3)わからない。
  ・・・  1名

4)微妙だけれど多分オフサイドではないような気がする。得点を認めないといけないよなぁ・・・。
  ・・・ 21名

5)まったくオフサイドではない。得点を認める。
  ・・・ 41名

 

という回答数でした。

 

自信をもってオフサイドではない、と言い切れた方が約30%。たぶんオフサイドじゃないと感じた方を含めると約46%の方が「得点を認める」という選択でした。

 

が~ん・・・。

 

まだまだオフサイドの「プレーに干渉する」、「相手競技者に干渉する」という概念・認識のズレが大きいようですよ。>日本サッカー協会さま。

 

先の記事のコメント欄でも、私が過去記事で紹介した

・ オフサイドポジションの競技者の位置や動きが相手競技者のプレーに影響を与えている、と副審が判断したとき旗を揚げる。 

という日本協会(元はFIFA)の言葉を広義に解釈されているのではないかなぁ、というコメントをいただきました。

 

過去記事では、その言葉を紹介したあとに、「相手競技者のプレーに影響」というのは、基本的に「身体的な接触を意味している※」という解説をしておいたのですが・・・。

 

それを裏付けるように(?)、2013年度の改正では、「ボールへ向う相手競技者にチャレンジすることによって」というような具体的な表現に修正されています。

 

ガイドライン側の「相手競技者に干渉する」の定義を載せておきます。

●〝相手競技者に干渉する〟とは、明らかに相手競技者の視線を遮る、またはボールへ向う相手競技者にチャレンジすることによって、相手競技者がボールをプレーするまたはプレーする可能性を妨げることを意味する。

 

※ゴールキーパーに対しては、身体的な接触だけでなく、ボールとの間に入り込んでボールに対する視線を遮るのも、「干渉」と見做されます。 

 

このあたりの誤解というか認識のズレというかをしっかり解消しておかないと、またどこかで選手・監督/サポーター/ファンから「誤審だ!」って騒がれることになると思うのですが・・・。

 

そういう意味では、この映像がオフサイドの「プレーに干渉する」&「相手競技者に干渉する」のいづれにも該当しない例の最も典型的なケースと言えるのではないでしょうか。

 

米国サッカー協会に少しお金を払って、「サンプル」として広く認知されるようにすればいいのに・・・。

 

ということで、もう一度映像を載せておきます。

◆CLIP2(2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 17)  

◆◆

  

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




☆ 関連するタグ ☆

amazon の「ポジティブ・レフェリング」の在庫が復活しているようです
 

 

amazon で在庫が復活しても、すぐに在庫切れになる「ポジティブ・レフェリング」。

 

時々amazon の在庫が復活していないかチェックし、在庫が復活しているのを発見次第、この記事を再掲示し、在庫がなくなったら記事を「下書き」に戻す作業を繰り返しています。

 

先月1か月で15冊(累計では40冊)の売上がありました。このブログ経由で購入してださった皆様、売上にご協力いただきまして、ありがとうございます。(本のアフィリエイト・フィーは税抜き価格の3%なので、1冊につき45円をいただきました。感謝。)

 

で、また在庫が復活しているようなので、記事を再びUPしておきます。 

 

もうそろそろ、このブログを経由して購入してくださる方はいらっしゃらなくなるかな?

 

(考えてみると、1日のアクセスが600人位のブログで40人の方が購入していて、他のルートで購入してお持ちの方もいらっしゃるはずなので、この本の所持率としては、すごいものがあると思います。)

 
 

さて、本日8月5日午後10時現在、20冊の在庫があるようです。(まだ、この本をお読みになっていないという方は、先に 「「ポジティブ・レフェリング」という本」 の記事をどうぞ。)

 

(2014.08.28 追記。

お盆前くらいにamazon の在庫がなくなって、2週間ほど「在庫なし」の状態だったようなのですが、やっと入荷したようです。本日現在、「入荷予定あり」との表示がでていますが、まだまだ入荷が安定していないような感じですので、今年3級昇格を目指す方などは、お早めにお求めを!ということで、再度記事を臨時でUPしておきます。

追記 ここまで。) 




--- 以下、過去記事の再掲示です。



 

先日の記事、 

「「ポジティブ・レフェリング」という本」

で紹介した、松崎 康弘(前審判委員長)の著書「ポジティブ・レフェリング」ですが、このところずっとamazon の在庫が「なし」の状態だったようなのですが、少しだけ復活したようです。(今現在、6冊)

→ 一旦、在庫ゼロになったのですが、今見てみると在庫数の表示がなくなっているようです。ある程度の入荷があったのか、今後しばらくは定常在庫品になったのかは不明です。) 


  ← 定価は1,620円(1,500円+税)です。

 
記事を読んだ時にクリックしてamazon の在庫切れだった方がいらっしゃるかも、ということで、臨時の記事をUPしておきます。(この記事は、夜の更新時にそのうち消す予定です。)

一応、少しの間、記事を復活させておきます。  

  

☆ 関連記事 ☆

「「ポジティブ・レフェリング」という本」


 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。





 

☆ 関連するタグ ☆

札幌ドームのホヴァリングサッカーステージ
  

 

日本代表が来週金曜日にウルグアイ代表と札幌ドームで試合をする、というJFAのニュースを見て、「ん、札幌ドーム?野球用のグランドじゃん。ドーム内にサッカー用のピッチ作れるの?」と思ってしまった私。

 

(恥ずかしながら、コンサドーレ札幌のホームスタジアムだっていうことを、知りませんでした。あまりJリーグのチームのホームスタジアムとかに興味をもっていなかったので・・・。)

 

JFAのサイトで座席図 

stadium_01_2.gif

を見て、さらに「?」の状態。 

 

で、調べてみたら、札幌ドームのHPに写真がありました。
hovering_new06_2.jpg
 

これ、試合のない時にオープンアリーナ(ドームの外)で育成している天然芝のピッチを、ドーム内に分速4mで移動させてつくるらしいです。

 

札幌ドームのHPで、野球モードからサッカーモードへの転換作業(「場面転換作業」と呼ぶそうです)の映像がQuickTime Player などで見ることができます。

 

かなりの早送り映像なのですが、感動します。一度はご覧になられておくことをお薦めします。この映像、札幌ドームのHPだけじゃなくて、youtube上で見ることができるようになると良いのに・・・。

 

 

おまけ。

youtube 上に有料のドームツアーで見せてもらうことのできる映像と思われるものがありましたので、リンクを貼っておきます。


YouTube: 札幌ドーム 野球場からサッカー場に変わるまで


 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



☆ 関連するタグ ☆

意図的なプレーかはね返りか・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 17 のCLIP3より 
  

先週の「オフサイドか否か」のフォローアップの記事は、金曜日の更新でUPする予定です。

 

で、今日は2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 17 のCLIP3の映像です。

 

昨年度(2013年度)の改正で定義の文章が見直された、オフサイドポジションにいることで「利益を得た」パターンに関係するお話です。

 

修正された内容について、今一度確認したい、という方は先に過去記事 「オフサイドの定義文章が見直されました!(2013/2014版 競技規則)」 をご覧ください。

 

それでは、映像を見てみましょう。ロングパスなので、厳密にはパスを受け取った選手がオフサイドポジションにいたのかどうかが映像では確認できませんが、今回はオフサイドポジションにいたのかどうかが問題ではありません。

 

オフサイドポジションにいた選手が味方競技者からパスを受け取っているのですが、その前に相手競技者がボールに触れています。

 

そのボールに触れたプレーが、「意図的なプレー」なのか、「当たっただけのはね返り(リバウンド)」なのかによって、オフサイドなのか、オフサイドではないのかの判断が分かれます。

 

ということに注意しながら映像をご覧ください。 

◆clip3

◆◆

 

この守備側競技者のプレー、ラストパスが出された位置からもう少し離れていれば、「意図的なプレー」と判断される可能性があります。

 

また、パスの出し手との距離が同じでも、ラストパスのスピードがもう少し遅いものであれば、「意図的なプレー」と判断される可能性があります。

 

そのように微妙な判断が要求されるシーンです。

 

 

あくまで私の感覚的な捉え方とお断りした上で、

「守備側競技者が、2~3歩ボールの軌道方向に動いた、あるいは実際には動いていなくても2~3歩動くだけの時間的な余裕があった、という場合は、頭部など身体のどこに当たったとしても『意図的なプレー』と判断され、オフサイドにはならない。」

しかし

「守備側競技者が、パスに対し時間的な余裕がなく、瞬間的な位置の修正だけを行って身体に当てた場合は、リバウンド(はね返り)とみなし、オフサイドの対象。」

として良いと思います。

 

今回紹介している映像では、パスが出される前に既に守備側競技者は自陣ゴール側に移動を開始しています。そしてパスに対して瞬間的に左足を投げ出してボールに当てているように見受けられます。

 

従って、ボールは守備側競技者に当たっただけで、意図的なプレーに該当せず、オフサイドポジションにいた攻撃側競技者は、その位置にいることで利益を得た、と判断されるのでオフサイドで罰せられます。

 

米国サッカー協会の解説も、

「As a result, the decision to penalize for offside is correct.」

(結果として、オフサイドの罰則を適用するという決定は正しい。)となっています。

 

詳しくは、

http://www.ussoccer.com/stories/2014/03/17/12/10/2010-referee-week-in-review-17 

をご確認ください。

 

ちなみに、オフサイドポジションにいた選手がボールに触れる前にオフサイドで罰せられている(副審がフラグアップしている)のは、ゴールキーパーが飛び出してきていて交錯する危険性があったためです。

 

詳しくは、 「続・ボールに触るまで待たずにオフサイドのフラグアップをしてもよい2つの例外(その2、GKとの接触が懸念される時)」 をご覧ください。

 

☆ 関連記事 ☆

「オフサイドの定義文章が見直されました!(2013/2014版 競技規則)」

「続・ボールに触るまで待たずにオフサイドのフラグアップをしてもよい2つの例外(その2、GKとの接触が懸念される時)」 

  
 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。
>>続きを読む

☆ 関連するタグ ☆

フラットなマーカー
 

本日も、指導者系の記事です。 

 

 

先週末の合宿の際、監督が新しい備品を使用。これで、次から気がねなく使える。まっさら(新品)だったので、倉庫に置いてあるのは知っていたのだけれど、使用するのは気が引けていたんだよなぁ、実は。

 

モノはマーカーです。(写真右端の赤色のもの)
flat_marker.jpg

 

普通の山型のマーカーの場合、ボールが当たってしまうとイレギュラーバウンドになってしまいます。そして、マーカーを踏んでしまうと、「踏んだ」ことが気になってしまいます。(動いて「ズレ」てしまうということもあります。)

 

しかし、フラットなマーカーの場合は、ボールが当たってもボールの軌道に変化は起こりません。また、もし踏んでしまっても、ほとんど気になりません。

 

 

フラットなマーカーは、いくつかのメーカーから発売されているのですが、このマーカーは、単純なフラットなタイプではなく、少し波を打たせた形になっています。

 

2枚重なっている状態のときに、くっついてしまうのを防止してはがれ易くするためなのか、あるいはフラットだと天然芝や人工芝の上に配置するとマーカーが沈み込んでしまって遠い位置から視認しにくくなるのを防止するためにあえて波を打たせた加工にしているのでしょうかねぇ・・・。



 

フラットなマーカーは、各メーカーで呼び名が違う様子。



メーカー名:商品名称

 ヤコ:ディスクマーカー
 ヒュンメル&モルテン:マーカーパッド
 ペナルティー:サークルマーカー





 

結構、良い値段です。amazonではヤコ製は1枚250円程度ですが、その他のブランドのマーカーは1枚400円程度します。

 

なので、卒団生が少ないなど少ない予算でお世話になったチームに贈る記念品(卒団記念)としてもよいかも、というような商品です。 

 

 

このマーカー、以下のような使い方もできます。

 

土のグランドで土砂降りの雨の中で試合を開催しなければならず、ラインを引き直したいが、ラインカーではラインが引けない、あるいはラインが引けてもすぐ消えてしまってエリアの境界が確認できない場合。

 

あるいは、

 

借りている会場(人工芝、天然芝グランド)の関係で、8人制のピッチのエリアをラインで描くことができない場合。

 

などに、境界線上に配置すると有効だと思われます。

  

もちろん、競技規則を杓子定規的に適用するならば、そのような運用はNGですけれど。

 

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




 

☆ 関連するタグ ☆

MHLアダプター でタブレットの映像データをテレビ画面に出力
 

 

先週末に行われた団の夏合宿において、毎年恒例のミーティング(ルール勉強会)を開催。時間は約1時間。

 

監督が用意してくださった、競技規則を抜粋した数枚のコピーをもとに、今年も私が選手達(4~6年生の約40名)にルールを説明。

 

アウトオブプレー/インプレーについては、白いタオルを三つ折りにした仮想のラインと5号球をテーブルの上に置いてデモ。

 

大半の選手が、ボールが仮想ラインであるタオルに接しなくなった時点をアウトオブプレーになると思っていた様子。

 

上から見てボールの全てがラインを越えたタイミングがアウトオブプレーだと正しく認識していた選手は約1割。(詳しくは、過去記事 「(問題)アウトオブプレーのボールは何個?」 参照。)

 



オフサイドについては、

『相手陣地内で「ボールより前」にいて味方からパスを受けると「待ち伏せ」したことになって反則になるよ。でも、自分よりゴール側に相手競技者が2人いるときは「待ち伏せにはならない」ので、反則にならないよ。」

ということを説明し、あとは競技規則と実践的審判法のDVDの映像を見てもらった。

 

毎年、ノートパソコンを持ち込んでコンポジット端子から旅館の広間の大画面テレビに映像出力をして見せていたのだけれど、ノートパソコンの持ち運びなどが面倒なので、なんとかしたいなぁ、と思っていました。

 

スマートフォンにリッピングデータを入れてmiroUSB端子からテレビのHDMI端子に接続して映像を見せることができれば、大変楽なのだけれど、残念ながら私のAQUOS PHONE SH-01F は、MHLに対応していない。

 

しかし、家内のタブレット(ARROWS Tab F-02F)は、MHL対応であることが判明したので、amazon で変換ケーブル(microUSB←→HDMI)を1,000円ほどで調達。 

 




 

これを使って、テレビに映像を出したときの写真がこちら。

mhl_001.jpg
 

接続はこんな感じ。

mhl_002.jpg

 

今回、isoファイルを、β版のvlc media player を使って再生しました。音声はまったく問題なく再生されていましたが、映像は若干コマ落ちしているようです。

 

タブレット上での再生ではコマ落ちしていないので、ソフトの問題ではなく、タブレットの処理能力の問題だと思われます。

 

前日に接続テストしたときに気がついていたのだけれど、見られなくはないということで、映像をmpgなどに変換せずに、そのまま使用。(時間がなかったので。)

 

忘れなかったら、来年までには、データの変換などを試してみますかねぇ・・・。 

 

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




 

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2014//08/24) 夏合宿 U11 と 審判記録
 

本日は、夏合宿の2日目。昨日の夜は、合宿恒例のミーティングを実施。ミーティングに関しては、ちょっと記事のネタにすることがあるので、後日別記事をUPします。

 

で、5年生は本日の午前中は近くの2つのチームをホームグランドに招いて練習試合。

 

我が団に関係のない試合を1試合我が団が審判することになっていたのだけれど、ちょっとした手違いがあって、審判の手配が出来ていなかった。ま、私が合宿前の打ち合わせ時に、「審判は最悪コーチ陣で担当すればいいですから、他の役割分担を決めましょう。」と言ったきり、審判の役割を決めてもらうのを忘れていただけなんですけどね。

 

ということで、私のミスなので、私が主審を担当。8人制の試合だったので、1人で審判してもよかったのだけれど、6年生のお父さんたちに副審に入ってもらうことにした。

 

練習試合ということもあり、オフサイドライン・キープと指し違い防止のあたりを簡単に確認。お二人ともアイコンタクトをしっかりとってくださったので、非常にやりやすかった。(お二人ともいつも私が実施している団の審判勉強会に熱心に参加してくださっている方なので。)

 

オフサイドのフラグアップもしっかり保留( Wait & See )をかけてくれていたのがわかった。ただ、ゴールキーパーとの接触が懸念されるシーンでもフラグアップを保留してくださっていたので、その1回だけは、フラグアップよりも前に、(オフサイドポジションにいた攻撃側選手がゴールキーパーに近づいたところで)笛を吹いて、オフサイドをコール。

 

あとは、攻撃側選手がファウルチャージされて身体を弾き飛ばされながらも頑張ってボールを追おうという姿勢をみせたので、「頑張れ!」というエールを込めてプレーオン(アドバンテージ)のコールをしたのだけれど、守備側競技者に囲まれてしまってあまり有利な状況にはならなかったので、ロールバックしてフリーキックで再開。

 

といったところが、審判時の主な内容。

 

午後からは、5年生は体育館に移動して練習。午後の最初のメニューはリフティングの試験だったらしい。(ちょっと自宅に戻っていたので見ていませんでしたが。)

 

で、そのあとは今5年生の練習で監督がメインで実施している「スクリーン・プレー」系のメニュー。

 

その後、もうひとつ別のパス&トラップ系のメニューを実施し、最後にミニゲーム。監督と私が入って、5人×3チームで実施。

 

ミニゲームを終え、グランドに戻って練習試合を終えた6年生のグランド整備を手伝って、最後におやつ(氷菓)を頂いて、合宿を終了。

 

お世話に携わってくださった保護者の皆さん、ありがとうございました&お疲れさまでした。(感謝)  

 


 
 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2014//08/23) 夏合宿 U11 と 審判ミニ勉強会
  

 

今週末は、団の夏合宿。6年生は昨日からの2泊3日の日程で、5年生&4年生は本日より1日2日の日程で開催。

 

 

私は、本日の朝から参加。午前中は、監督のサポートで5年生を担当。練習場所は体育館。

 

午後は、ベンチ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CS フォールディングベンチ グリーン M-3879
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) (2012-03-09)
売り上げランキング: 1,205
 

のメンテナンスと審判勉強会など。

 

最初はすべてのベンチのナットの締め直しを実施し、座面が破れたベンチからナットなどを取り外し、ナットが紛失したベンチに流用するなどを実施して、いくつかのベンチを復活させた。

 

午後3時からは、審判の勉強会。

 

今日は、オフサイドの判断の練習。単純にDF役がジョグでハーフウェーライン側に走り、FW役がゴールライン側にジョグで走る。

 

2人が交差するタイミングを狙ってパサーにボールを出してもらって、オフサイドだったかオンサイドだったかを副審役が判断する練習。

 

以前、審判のトレーニングでビデオを使って教えてもらったメニューを、そっくりそのまま実施。(ビデオでの撮影も試みたのだけれど、タッチパネルでの操作では一時停止などができず、その場でのすぐのチェックができなかったので、使用を断念。)

 

印象としては、私がそうだったように、みなさん目の錯覚に騙されて、オフサイドではないのにオフサイドだとフラグアップしてしまっているケースが多かった、という印象。

 

そこで、「間違いなくオフサイド」と思うもの以外は、フラグアップしないようにアドバイスしたところ、オンサイドのプレーをフラグアップしてしまうケースが減ったように思います。

 

過去記事「「if doubt no flag」 という言葉。」

に書いてあるようなこともお話させていただきました。

 

夕立に見舞われたので、途中になってしまいましたが、ご参加くださった皆様、お疲れさまでした。

  
 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



☆ 関連するタグ ☆