FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2015/01/11) 副審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ 




本日は、所属する地区の協会から派遣されて、社会人の市区町村大会の副審を担当。主審はYさん(3級)、反対側の副審はKさん。80分ゲーム。



記事には書いていませんでしたが、年末に担当した試合ではA1の担当だったので、選手交代の管理をしなければならず、ちょっと大変だったのだけれど、今日はA2だったので楽でした。



もちろん、ハーフタイム時の選手交代は手伝いましたが。



ファウルサポートは特になし。(サポートしようと思ったプレーは、主審が笛を吹いていた。)



ただ、個人的には後半に「今のプレーはイエローカードを出して警告しておいたほうがいいのでは?」というものが1回あったものの、カードを出す出さないの判断はあくまで主審の裁量ですので、主審の判断を尊重したいと思います。



私が担当するサイドのアシスタント側のゴールライン際で、攻撃側選手が中央へのクロスをあげる瞬間、その攻撃側選手の足元にDFの選手がクロスをブロックするような形でスライディング。



私には最終的にDFの選手の足にボールが当たってゴールラインを越えたように見えたので、コーナーキックのシグナルを出した。



すると、2~3人の守備側選手から「違うでしょ!」という声が。



内心、「DFの選手の足に当たったあと、再び攻撃側選手の足に当たったのか?」と思ったものの、私にはそのことが確認できなかったし、かなり自信をもってシグナルを出していたので、主審もそのシグナルを採用してくださっていたため、毅然とした態度で対応。



具体的には、手のひら開いて「待った!」の状態にした左手を前に突き出して、再びコーナーキックのシグナルを右手で出して判断を変える気はないことを選手に知らせた。



それでも異議を唱えてくるようなら、主審を呼んでイエローカードで警告してもらうことも考えなければならなかったけれど、選手たちはそれ以上異議を唱えてくることはなかった。



主審とは違い、副審は「最適な場所」からプレーを監視することはできず、立ち位置がかなり制限された場所からプレーを監視するため、選手のほうから明らかにワンタッチが見えても、副審には選手の身体がブラインドになってそのワンタッチがまったく見えていないこともあります。



主審と協力し、審判団としてできるだけ「ジャッジミス」しないように努力はしていますが、完璧(100%)は正直無理です。



「選手のプレーミス、指揮官の戦術ミス、審判のジャッジミス」これら全てを含めてサッカー、と割り切ってサッカーを楽しんでいただきますよう、お願いいたします。>選手の皆さま。


アディダス レフリーセット2 ブラック Z1187 770153
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 2,224

↑ 最近、ちょっと値段が下がったみたいです。(amazon 直扱い分)
 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト