3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
主審の視野外で行われたペナルティーエリア内でのディフェンスファウルにどう対応するか ・・・ 2010 Referee Week in Review Week 29 Clip2 より


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 



攻撃側チームがペナルティーエリア内にボールを運びこんだ場合、守備側チームによるディフェンスファウルがあった場合は、即ペナルティーキックとなるし、攻撃側がオフェンスファウルをしたにも関わらず、それを見逃したために得点となってしまっては、守備側チームの選手からの信頼を失いかねません。



なので、正しい位置からプレーを監視してあげたいのですが、プレーを監視するには正しい位置であっても、後方から飛び込んでくる攻撃側選手や、戻ってくる守備側中盤の選手の邪魔をする位置取りをする訳にもいかないので、主審のポジショニングは制約が多く非常に難しいものになります。



2010 Referee Week in Review Week 29 Clip2 は、運悪く主審の位置からは見えない位置で行われたファウルが、副審の位置からははっきり見えた場合に、どうするのか、という非常に難しいテーマです。



原則論としては、主審の視野外で行われたファウルに関して、副審のほうからはっきり確認できたのであれば、例えペナルティーエリア内で行われたディフェンスファウル(つまりPKを宣告しなければならないファウル)であっても、ファウルサポートすべきでしょう。



ただ、主審としては、自分がまったくファウルを感じなかったプレーに対して、副審の意見(シグナル)だけでPKを宣告できるかというと、なかなか難しいものがあります。



なので、実際のところ、主審の立場で考えると、試合前の打ち合わせでは、副審を担当してくださる方の技量というかレベルに合わせて依頼することのほうが多いです。



たとえば、

「オフェンスファウルは積極的にサポートをお願いします。ディフェンスファウルは、私自身の判断に任せてください。」

とか

「ペナルティーエリア内のディフェンスファウルについては、明らかに私の視野外で行われたと判断できる場合に限ってサポートをお願いします。」

とか

「ペナルティーエリア内のディフェンスファウルについては、選手・観客・ベンチには見えていて、主審である私だけが見えていなかった場合のみサポートをお願いします。」

とか

「ペナルティーエリア内のディフェンスファウルについては、懲戒罰が必要なファウルのみサポートをお願いします。」

というような感じで。



しかしながら、自分が副審を担当していた場合で、主審のほうが上級審判員だった場合に、主審には見えなったと思われるディフェンスファウルを勇気をもって進言できるかどうか・・・。見えていたのに流していた(ファウルとは認定しなかった)プレーを副審がフラグを振ってサポートしてきた場合、迷惑以外の何物でもないですからねぇ~。う~ん、難しい。



というようなことを考えながら、下の映像をご覧ください。(先頭から27秒付近でのファウルです)






米国サッカー協会の元記事
http://www.ussoccer.com/stories/2014/03/17/12/52/2010-referee-week-in-review-29
では、まずは主審と副審がアイコンタクトをとることが、正しい判定を導くファーストステップだ、というようなことが書かれていますが・・・。



ま、主審を担当する場合には、選手の邪魔をすることなく、できるだけ正しい角度からプレーを監視することを心がけるとともに、常に「何か起きる」という予測と準備をもって臨むしかないような気がします。



molten(モルテン) アシスタントレフェリーフラッグ 2本セット FLN
molten(モルテン) (2011-11-21)
売り上げランキング: 28,356



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
◆競技規則系の過去記事のまとめ(2014年度2Q分)

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




ブログ人ブログのサービスが終了することになったために、過去記事へのリンクを定期的にまとめてUPする記事の更新を中断していたのですが、やっと過去のまとめ記事のリンクの貼り直し作業が終了しました。



ということで、まだまとめとしてUPしていなかった期間の記事集です。



今日掲載分のものは、1年ほど前の記事集なので、記事タイトルを読んで、内容がイメージできないものがあれば、リンク先の記事をご確認していただければ、きっとよいルールの勉強になると思います。



ただ、残念なことに、記事内で利用しているyoutubeの映像などは既に削除されてしまっているものもあるようです。(なので、最近はできるだけGIF化して、このブログサービス上でGIFファイルで保管するように努めています。しかし、ファイルのサイズ制限などがあるため、ごく一部の映像しか保管できていませんが。)



連休中に、2014年度中に書いた、競技規則系の記事の残りのまとめ記事をあと2本(3Qと4Q分)をUPします。連休中に少し時間をかけて競技規則の勉強をしたいという方は、ぜひご利用ください。なお、この記事の最後に、2013年以前の過去記事にアクセスできる記事へのリンクを貼っておきますので、そちらもご利用ください。



2014.07.01 「ワールドカップ初のcooling breaks(飲水タイム)」

2014.07.02 「ファウルされた選手が倒れながら報復的な行為をする場合もある ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 15 のclip1より」

2014.07.09 「チアゴ・シウバ選手に出された警告に関して」

2014.07.10 「刻々と変化する状況の中での意思決定 ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 15 のclip2より」

2014.07.11 「6月30日付け記事のフォローアップ」

2014.07.13 「日本の放送では流れなかったオランダ vs アルゼンチン のPK戦の映像」

2014.07.14 「テクニカル・ニュース vol.60 (2014年3月26日発行)より」

2014.07.17 「こういうのホントに嫌!・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 16 のCLIP1より」

2014.07.23 「セットプレー時のコントロール ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 16 のCLIP2より」

2014.07.24 「やっぱりW杯前の大会基準でペナルティーエリア内のホールディングは厳しく対応する約束になっていたようですねぇ・・・」

2014.07.25 「飲水(給水)タイムのとりかた(の例) 【再掲示】」

2014.07.30 「2人の競技者が同時に倒れた時には何か起きることをイメージしておく・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 16 のCLIP3より」



2014.08.01 「ゴール前までしっかりボールを追っかけてますか?(2014 J1 18節 徳島ヴォルティス vs ヴァンフォーレ甲府 の試合から)」

2014.08.03 「競技規則 2014/2015年度版PDFファイルがUPされました」

2014.08.06 「2回連続して守備側競技者からはね返ったボールに触れてもやっぱりオフサイド」

2014.08.07 「テクニカル・ニュース vol.62(2014年7月25日発行) から」

2014.08.08 「adidas 主催の西村さんのトークショーがあったらしい」

2014.08.18 「フェアでタフなプレーを目指して」

2014.08.19 「富士ゼロックス スーパーカップ2010 のダイジェスト映像」

2014.08.20 「オフサイドか否か・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 17 のCLIP2より」

2014.08.21 「富士ゼロックス スーパーカップ2008 のダイジェスト映像」

2014.08.27 「意図的なプレーかはね返りか・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 17 のCLIP3より」



2014.09.01 「コイントスの映像集」

2014.09.03 「第4の審判員にできること・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 18 のCLIP1より」

2014.09.04 「いつのまにか youtube にJFAのオフィシャルチャネルが」

2014.09.05 「キリンチャレンジカップ2014(2014.09.05 日本代表 vs ウルグアイ代表)の公式記録ほか」

2014.09.08 「なぜカードが提示されているのか、を考えてみましょう」

2014.09.09 「キリンチャレンジカップ2014(2014.09.09 日本代表 vs ベネズエラ代表)の公式記録ほか」

2014.09.10 「ゴールキーパーに対する反則 ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 18 のCLIP2より」

2014.09.11 「決定的な得点の機会を味方選手が阻止してしまうという、ごく稀なケース」

2014.09.12 「幸いまだ副審時に顔でボールを受けた経験はありません。胸で受けた経験はありますが。」

2014.09.13 「得点が認められるのは?」

2014.09.16 「先日の記事のおまけ。」

2014.09.17 「スパイクの裏を相手に向ける行為はカードの対象です ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 18 のCLIP3より」

2014.09.18 「書店版の競技規則2014/2015 が発売に」

2014.09.19 「困った!競技規則のPDFファイルが今年度(2014/2015年度)版から画像化されていてcopy&paste ができない!」

2014.09.22 「主審担当時にシグナルが「他人の関係」の振り付けになってませんか?」

2014.09.25 「シミュレーションを見抜くには ・・・ 2010 Referee Week In Review - Week 19 の clip1 より」

2014.09.26 「審判のトレーニング(その20)」

2014.09.28 「2014J1リーグ 第25節 ベガルタ仙台 vs 鹿島アントラーズ の試合から」

2014.09.30 「これ、よく見極めたなぁ・・・ 2014 J1リーグ 第24節 ガンバ大阪 vs セレッソ大阪 の試合から」






 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。



☆ 関連記事 ☆

「◆競技規則系の過去記事(2013年度分)」

「◆競技規則系の過去記事(2012年度分)」

「◆ 競技規則系の過去記事のまとめ (2011年度分)」

「◆ 競技規則系の過去記事のまとめ (2010年度分)」

「◆ 競技規則系の過去記事のまとめ (2009年度分)」

「◆ Referee Week in Review 2011 のまとめ」
  


☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



ブログパーツ


☆ 関連するタグ ☆

審判のトレーニング(その22)



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




所属する都道府県の1・2級の審判員の方々が中心になって、自主的に行っているトレーニングに今回も参加させてもらった。このトレーニングは毎月行われているが、3級の私は、自宅から近い会場で開催される時のみ参加させてもらっている。 


最初は、フィジカルトレーニング。トレーニングリーダーはYさん。


まず、アジリティー(俊敏性)のトレーニング。(ラダーのかわりにマーカーを使用)

太ももを高く上げる
体幹(軸)をぶれさせない。
筋肉の収縮を最大限引き出す。跳ねる。

といったところを意識しながら実施。(途中、体幹系のトレーニングを交えながら。)




給水休憩をはさんで、プラクティカルトレーニング。トレーニングリーダーはKさん。



テーマは、ペナルティーエリアの境界付近でのディフェンスファウルが発生した場合のコントロール。クイックリスタートを認めるのか認めないのか。距離違反・遅延行為に対する懲戒罰がきちんと示せるのかどうか。セレモニー形式でフリーキックを行うとした場合に、笛で再開するまでに起こる様々なトラブルに対応できるかどうか、といったところを主審・副審チームと守備・攻撃役に分かれてロールプレイング。



セレモニー形式でフリーキックを行う場合の、壁の操作に関しては、以前このトレーニングで教わった内容をまとめた過酷時「フリーキック時の壁の操作 (その2)」をご確認ください。



最後に、参加者全員でミニゲームを楽しんで、本日のトレーニングは終了。



☆ 関連記事 ☆

「フリーキック時の壁の操作 (その2)」

「◆ 審判のトレーニング・勉強会などに参加した際のメモを集めた記事」




長友佑都 体幹×チューブトレーニング
長友 佑都
ベストセラーズ
売り上げランキング: 1,149



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ


☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2015/04/25) 副審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




本日は、所属する地区の協会から派遣されて、社会人(シニア)の都道府県リーグの副審(A2)を担当。



主審はAさん、反対側の副審Oさんともに3級。



前半10分を少し過ぎたあたり、私が担当するサイドでのお話。



左からのクロスが流れてゴールキーパーが手で捕球できそうなボールとなったが、少し前にファンブルした形になった。そこに、クロスに合わせて走り込んできていた相手FWの選手が、こぼれ球に反応して突っ込む形になったが、先にゴールキーパーが倒れ込みながらボールを保持した、と思った瞬間、FWの選手が交錯。


衝突されたゴールキーパーはボールを放した手で、顔面(あごの付近)を押さえこんだ。



私の方からは、明らかにFWの選手が遅れて突進したのが確認できたので、左手でフラグを振って、ファウル(オフェンスファウル)サポート。(ほぼ同時くらいに主審の笛も鳴っていたと思います。)



重傷の気配も感じられたので、私もゴール前に移動。ゴールキーパーは意識はあって、脳震盪などの気配はなさそうだったが、打撲による痛みでプレーを継続できる状態にはないようで、自ら「×」マークを出していた。



主審が担架を呼び入れ、ゴールキーパーは担架でゴール裏に退場。本人は担架に乗らなくても大丈夫だと言ったのだけれど、「折角準備したから」と、半ば強制的に担架に乗せられての退場。(その後、救急車が呼ばれた気配はなかったので、軽い打撲で済んだものと思われます。)



負傷者のケアを優先したため、私は警告されるべき選手にまだイエローカードが提示されていないと思ったので、記憶しておいた警告されるべき選手の番号を頭に描きながら、主審に「(ラフプレーとしての)警告はどうしますか?」と聞いたところ、警告はしないということだった。



私のほうからは警告すべきプレーに見えたものの、私より近い位置で見ていた主審が「警告しない」と判断しているので、その判断を尊重。



試合を通して私が担当しているサイドでのオフサイドは1回。ただ、当初主審が見落とした形になった。



主審がオフサイドのフラグアップを見落とした場合について、試合前の打ち合わせでは指示がなかったが、普段は「1)ゴールキーパーがボールを手で捕球した場合、2)ゴールキックまたは守備側チームのフリーキックとなった場合、3)ボールがハーフウェーラインを越えて、反対サイドに移動した場合」は、主審のキャンセル指示がなくても副審はフラグを自動的に下ろすと約束しておくことが多い。



フラグアップから少し時間が経過し、ボールがハーフウェーラインを越えて、反対サイドに移動しそうになった瞬間ギリギリのタイミングで、主審が気が付いてくれたので、自主的にフラグを下げずに済んだ。



後半、主審がこの試合唯一のイエローカードを提示。サイドとしては私が担当するサイド。ただ私がいるほうではなく、反対側のレフェリーサイドでのプレーに対して。



縦パスを受けて抜け出そうとしたFWの選手の足をDFの選手が引っ掛けて、FWの選手の体が宙に舞った(少しだけ)状態になった。反スポの可能性もあったが、DFの枚数は足りていたのでそれほどのチャンスではなかった。(試合後にどちらの理由で出したのか聞いておこうと思ったのだけれど、私自身が試合後に直ちに移動しなければならなかったため、バタバタしていて聞きそびれてしまった。)



といったところが、本日の主な内容。




アディダス レフリーセット2 ブラック Z1187 770153
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 710

↑年度替わりに新調してはいかがですか?


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2015/04/26) U12


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


本日は、今年度2回目の体験入団の日。本日も8人の1年生が遊びにきてくれました(うち、前回も来てくれた子が4人)。



夜7時からの入団説明会後、入団の手続きをしてくれたのは、6人。保護者の方の時間が合わず、説明会にお越しになれなかった方や、とりあえず説明だけ受けに来られた方などがいらっしゃるようなので、最終的には10人前後の入団になるのかなぁ、という感じ。(理想としては、12~13人くらいの1年生が入団してくれるとよいのになぁ、と思っているのですが。)



本日も、体験入団の受付や、体験入団に来られた保護者のケアをするため、低学年の指導はノータッチ。



体験入団の時間が過ぎてから、監督が指導を担当していた6年生の練習のサポート。ま、GK役をしながらのアドバイスの声かけ中心、といったところ。



本日は、人数調整が必要なかったので、ミニゲームには不参加。



練習終了、5時。



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法 (edu book)
池上 正
小学館
売り上げランキング: 3,414



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2015/04/25) U12


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。



本日は、午前中にシニアの試合の副審を担当したのですが、その記録は後日UPすることにします。



ということで、団の練習のお話。



本日の低学年の全体練習は、Kコーチが担当。私は監督と倉庫の簡単な清掃をしながら、育成会関係(明日の体験入団および夜行われる入団説明会など)の打ち合わせ。



そういう訳で、低学年の全体練習はほとんど見ていませんでした。



1年生はまだ入団していないので、2&3年生だけ。2学年合わせて10名程度の参加だったため、2時からの学年別メニューもそのままTコーチが担当してくださったので、私は高学年の練習のサポートに回る。



高学年の最初の全体練習は、監督が実施。



その後、学年別のメニューになってからは、監督の6年生の練習指導をサポート。



最初は10ヤードのグリッド内でのドリブル。18人。顔をあげて、グリッド内の「空き」スペースを見つけて移動を繰り返す。3分間を3セット。



続いて、ボディーシェイプのトレーニング。今日でボディーシェイプの練習は終了するということを6年生に伝えていた。



ボディーシェイプの基礎の練習後、後方からのボールをトラップと同時に体の向きをゴール方向に変え、2タッチ目でシュートを放つというボディーシェイプ後にシュート体勢に入る練習。



ボディーシェイプの練習のサポートをしている最中に、3月末で退団することになっていた兄弟がお母さんに連れられて現れた。先週末、監督のところに退団届を取りに来たお母さんに声を掛けてお話を伺ったところ、お母さんとしては2人にこの団でサッカーを続けることを強く希望されているとのことだった。



2人は別のサッカーチームに移籍したいという訳ではなく、週1回平日の夜に行われているサッカースクールにだけ通うという選択をしているようだった。



で、お母さんには、団を途中で退団することのデメリットを伝えるとともに、もう一度2人とよく話をしてもらうようにお願いし、もし2人の気持ちを変えることができなければ、私のところに連れてきて、と伝えていた。



その2人が私服で練習途中に現れたということは、説得に失敗したんだなぁ、と瞬時に理解できた。



兄弟2人と私の3人で車座になって(3人なので車座って言わない?)、もう一度「なぜ団を辞めようと思ったのか」というところから1つ1つ確認しながら、じっくり話を聞いた。



ここから先は、少しプライベートなお話になるので、詳しく書くことを控えますが、最終的におかあさんが希望される通り、2人とも退団はせず、明日からの練習に復帰することになった。



よかった、よかった。



で、復帰にあたり育成会の関係する担当に連絡などを済ませて、練習に戻ったのは4時30分だった。



人数調整のために私もミニゲームに参加。練習終了、5時。



少年スポーツ ダメな指導者 バカな親
永井 洋一
合同出版
売り上げランキング: 247,733




 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


☆ 関連するタグ ☆

あずきのチカラ(アイマスク)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。



今日の内容は、サッカーとはまったく関係ありませんので、あしからず。


目の疲れをとるため、そしてマイボーム腺の詰まりの予防をかねて、時々「あずきのちから 目もと用」を利用しています。

あずきのチカラ 目もと用
桐灰化学 (2008-10-14)
売り上げランキング: 120



電子レンジであたためて、繰り返し使える(※)ので、使い捨てのアイマスクより経済的です。(※使用は200回まで)



しかし、一旦温めると4時間以上空けないといけません。なので、使おうと思ったときに、誰かが使った直後だと使えません。最近、二男もこれを使い始めて気に入ったらしく、バッティングすることがしばしば。



ということで、仕方がないので、買い増ししようかとamazonで調べてみたところ、「ちっちゃいおっさん」とのコラボ商品が通常品よりかなり安く購入できることが判明。即注文を入れました。




本日現在、送料込みでこの価格なの?というような価格になっています。買って試してみようかなぁ、とお考えだった方で、「ちっちゃいおっさん」を気にしない方は、こちらを購入されるのがお得だと思います。(パッケージには、「数量限定」と書かれているので、なくなり次第終了かもしれません。)



いくつか写真を撮ったので、UPしておきます。


こちら ↓ は通常版。
eye_mask_001.jpg



数量限定版のパッケージ
eye_mask_002.jpg



数量限定版の商品
eye_mask_003.jpg



サイズは同じです。
eye_mask_004.jpg



温めすぎると、「キケン」のマークが現れます。
eye_mask_005.jpg


200回くらいの使用で、中のあずきが充分水分を保持できなくなって、温まりにくくなったり、こげやすくなるらしい。200回未満でも、異常を感じたら、使用を中止して破棄するようにということのようです。


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



☆ 関連するタグ ☆

アドバンテージを適用したファウルがイエローカードで警告すべき内容だった場合の例 ・・・ ・・・2010 Referee Week in Review Week 29 Clip1



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。





イエローカードの理由としては、スライド気味に左サイドに駆け上がってくる味方選手にボールをはたこうとしている選手の右足を「無謀に」蹴りあげているので、ラフプレーです。



ただ、ボールはその選手の意図した形に転がったので、主審はアドバンテージを適用しています。(画面上は見切れていますが。)



そして、これまた画面では確認できませんが、ボールがアウトオブプレーになった時点で笛を吹き直して、当該のファウルを犯した選手に対して、イエローカードを提示しています。



この、アドバンテージ適用後のイエローカードって、なかなかレベルの高い技術です。というのも、ファウルを犯した選手を、しっかり次のアウトオブプレーのタイミングまで覚えておかなければなりません。(間違えると大変なことになります。)



私は、3種の試合でイエローカード(反スポーツ的行為)で警告すべきファウルに対してアドバンテージを適用したものの、次のアウトオブプレーのタイミングで、どの選手に対してイエローカードを提示すべきなのかがかわからなくなってしまって、カードを提示し損ねた、という経験があります。



なので、イエローカードで警告すべきファウルに対してアドバンテージを適用した場合、単純に「プレーオーーン」とコールするのではなく、「プレーオーーン、〇〇番、警告!」と当該の選手の背番号もコールすると良いですよ、と上級レフェリーから教わりました。

松崎康弘・前審判委員長の著書


にも書かれています。



ただし、ファウルの内容が、レッドカードの対象となるものであったり、その選手にその試合で2枚目のイエローカードを提示しなければならない(つまり、これもレッドカードの提示となる)場合は、違反直後に得点の機会がない限りアドバンテージを適用すべきではない、とされています。



それは、次のアウトオブプレーになるまでの間に、本来であればレッドカードが提示されて「退場」していなければならない選手がプレーに参加することで、試合に大きな影響がでることになってしまう(例えば得点してしまう)ということが起こることを防ぐためです。



(2014.04.24 追記。ガイドラインのアドバンテージのところを載せておきます。


競技規則 ガイドライン 第5条 主審 

アドバンテージ

主審は、違反または反則のいずれかが起きたときにアドバンテージを適用することができる。

主審は、アドバンテージを適用するのかプレーを停止するのか判断するうえで、次の状況を考慮する。
●反則の重大さ。違反が退場に値する場合、違反直後に得点の機会がない限り、主審はプレーを停止し、競技者を退場させなければならない。
●反則が犯された場所。相手競技者のゴールに近ければ近いほど、アドバンテージはより効果的になる。
●相手競技者のゴールに向かって、素早く、また大きなチャンスとなる攻撃ができる機会にあるか。
●試合の状況(雰囲気)

戻って、そのもととなった反則を罰するのは、アドバンテージ適用後の数秒内に行われなければならない。

警告に値する反則の場合、次のプレーの停止時に警告しなければならない。しかしながら、明白なアドバンテージでない限り、主審はプレーを停止し、ただちに競技者を警告することとする。次の停止時に警告がなされなければ、その後に警告することはできない。



追記、ここまで。)



米国サッカー協会の元記事をご覧になりたい方は、こちら
http://www.ussoccer.com/stories/2014/03/17/12/52/2010-referee-week-in-review-29
でどうぞ。




☆ 関連記事 ☆

「アドバンテージを適用したファウルがイエローカードで警告すべき内容だった場合、次のアウトオブプレーのタイミングで必ずイエローカードが提示されなければならない ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 22 CLIP3 より」



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



ブログパーツ


☆ 関連するタグ ☆

決定機の阻止のサンプル(第2弾)



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




昨日同様、決定機の阻止のサンプル映像です。3月28日のナビスコカップ予選リーグ第2節、横浜FM対清水の試合から。



nabisco_2015_03_28_05_001.gif

もしかして、アデミウソン選手がオフサイドのように見えます?


アデミウソン選手へのパスが出た瞬間のキャプチャはこちら。

nabisco_2015_03_08_05_001.jpg

金井清一副審、錯覚に騙されず、しっかりオンサイドを見極められています。素晴らしい!



で、アデミウソン選手とGKの碓井選手との接触の拡大映像はこちら。

nabisco_2015_03_28_05_002.gif

これ、なぜ碓井選手の反則になるかが分からない方はいらっしゃいませんよね???



競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

相手競技者を押さえる

手、腕、または体を用いて相手競技者の進行や動きを阻止することは、相手競技者を押さえることである。

(後略)



碓井選手が体を接触させてアデミウソン選手の進行を阻止しなければ、ボールは無人のゴールの方向に向かっていて、あとはほぼ押し込むだけ(一応、清水のDFの選手が戻ってきてはいますが)でした。



なので、決定的な得点の機会の阻止と判断されました。



この試合の公式記録はこちら。

Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第2節 横浜FM vs 清水
http://www.jleague.jp/match/ync/2015/032805/live



碓井選手の退場(出場停止処分)に関するjリーグのプレスリリースはこちら。

2015Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第2節 退場に伴う 碓井 健平選手(清水)の出場停止処分について




上のGIF動画の元になっている、スカパー!Jリーグ[公式]アカウントがUPしている映像はこちら。





最後に、競技規則の決定機の阻止のところを載せておきます。


競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

得点、または決定的な得点の機会の阻止

相手競技者の決定的な得点の機会の阻止で退場となる反則は2 種類あるが、ペナルティーエリア内で発生するものだけが対象となっているのではない。

決定的な得点の機会があり、相手競技者がボールを手または腕で扱い、また相手競技者にファウルをしたにもかかわらず、主審がアドバンテージを適用し、その後、直接得点となった場合、その競技者は退場を命じられないが、警告されることがある。

主審と副審は、得点または決定的な得点の機会の阻止で競技者に退場を命じるとき、次の状況を考慮に入れなければならない。
●反則とゴールとの距離
●ボールをキープできる、またはコントロールできる可能性
●プレーの方向
●守備側競技者の位置と数
●相手競技者の決定的な得点の機会を阻止する反則が直接フリーキックまたは間接フリーキックとなるものであること







 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ



☆ 関連するタグ ☆

決定機の阻止のサンプル(第1弾)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。



以前、Jリーグの試合における決定機の阻止のサンプル集を作りかけたのですが、当時はオフィシャルアカウントの映像はほとんどなかったし、映像のGIF化も簡単には行えなかったので、1回記事をUPしただけで終わってしまっていました。



今年は、スカパーが公式アカウントでハイライト映像をUPしてくれているので、GIF化して保存しておこうかなぁ、と。



競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

得点、または決定的な得点の機会の阻止

相手競技者の決定的な得点の機会の阻止で退場となる反則は2 種類あるが、ペナルティーエリア内で発生するものだけが対象となっているのではない。

決定的な得点の機会があり、相手競技者がボールを手または腕で扱い、また相手競技者にファウルをしたにもかかわらず、主審がアドバンテージを適用し、その後、直接得点となった場合、その競技者は退場を命じられないが、警告されることがある。

主審と副審は、得点または決定的な得点の機会の阻止で競技者に退場を命じるとき、次の状況を考慮に入れなければならない。
●反則とゴールとの距離
●ボールをキープできる、またはコントロールできる可能性
●プレーの方向
●守備側競技者の位置と数
●相手競技者の決定的な得点の機会を阻止する反則が直接フリーキックまたは間接フリーキックとなるものであること


を踏まえた上で、


京都サンガF.C.×V・ファーレン長崎「J2リーグ 第7節」
http://www.jleague.jp/match/j2/2015/041106/live

の試合における、レッドカードが提示されたシーンをご確認ください。

J2_2015_04_11_06_001.gif


5項目

●反則とゴールとの距離
●ボールをキープできる、またはコントロールできる可能性
●プレーの方向
●守備側競技者の位置と数
●相手競技者の決定的な得点の機会を阻止する反則が直接フリーキックまたは間接フリーキックとなるものであること


すべてが満たされていると言えますね。



Jリーグのプレスリリース
2015明治安田生命J2リーグ 第7節 退場に伴う 宮吉 拓実選手(京都)の出場停止処分について 




GIF動画の元映像はこちら。先頭から1分20秒付近~





☆ 関連記事 ☆

「今季のこれまでの決定機の阻止(Jリーグ)」

「こんな決定機の阻止のパターンもあります・・・ 2010 Referee Week In Review Week 14 のclip1 より」

「やっぱりレッドカードかぁ … 2011 Referee Week in Review - Week 33 (米国サッカー協会)より」

「大きなチャンスとなる攻撃の芽を摘むファウルと得点の機会の阻止の「違い」 …  2011 Referee Week in Review - Week 26 (米国サッカー協会)より」
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  





☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆