3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2015/05/31) 主審 × 0.5



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。






本日は、三男の帯同でU12カテゴリーの公式リーグ戦の主審を前半だけ担当。(相互審なので、後半は相手チームの保護者の方が担当。)



私が主審を担当した際、副審は相手チームの保護者の方2名が担当。試合前に、ほんの少しだけ打ち合わせすることができたので、タッチジャッジの際の指し違い防止に関するところと、オフサイドライン・キープおよびオフサイドフラグの見落とし時、それからオフサイドのフラグアップをキャンセルする(下げてもらうように要請する)場合があるということなどを、ごく簡単に打ち合わせ。



この試合は、8人制で交代ゾーンを使用する自由な交代方式。(でも審判は3人制)自由な交代なので、試合開始前に、交代要員を含む全ての選手のメンバーチェックおよび用具チェックを実施。



試合中の出来事など。



三男のチームメイトが、アウトオブプレーのタイミングで出血(鼻血)を自己申告してきた。一瞬「交代ゾーンを利用した自由な交代」という大会規定が頭によぎったものの、8人制サッカー競技規則の11人制サッカー競技規則からの修正部分として、第5条は含まれていなかったハズという気がしたので、笛を吹いて試合を完全に停止しておいて、その選手に一応交代ゾーンからフィールドを離れるように指示。(負傷退場だから、最も近い場所からフィールドを離れてよいハズだとは思ったものの、自力で歩ける(小走りできる)状態だったので。)



あ、第5条というのは、これです。

競技規則 第5条 主審

職権と任務

主審は、
(中略)
●負傷によって出血した選手を確実にフィールドから離れさせる。その競技者は、止血を確認した主審の合図を受けてからのみ復帰できる。
(後略)




ということで、試合を停止して出血した選手をフィールドから離れさせたところまでは問題がないと思うのだけれど、代わりの選手の入場を待っていいんだっけ?待つべきなんだっけ?という疑問が。



ま、8人制の場合、
「競技者が退場を命じられた場合は、その競技者のチームは交代要員の中から競技者を補充することができる。」
と定められていて、レッドカードで退場させた場合でも、フィールド内の選手の人数を8人に戻してプレーを再開させるくらいなのだから、よほど交代選手の準備ができていない場合を除いて、プレーの再開は待つべきなのだろうなぁ、と思いながら出血した選手が交代ゾーンを経由してフィールドから離れるのを待っていると、ベンチ(といっても我が団の監督)に「出血しているので(ピッチの外に)出しま~す。」と声かけしていたこともあって、交代して入る選手が本部に交代を申請しているのが見えた。



「これならすぐに交代選手がフィールドに入れるだろう」ということで、ほんの少し再開の笛を保留。



11人制の通常の交代なら、交代して入る選手がピッチに入ったのち、得点の状況、交代して退く競技者の守っていたポジション、交代の時間帯、再開場所、どちらのチームが再開する権利を持っているのか、などを総合的に判断して「再開の笛」を吹くタイミングを若干調整するのだけれど、8人制の自由な交代の場合、どうするんだろう?と。



11人制のように多少状況を鑑みて再開するべきなのか、それとも交代ゾーンの趣旨を尊重して交代ゾーンからピッチ内に入った瞬間に笛を吹くべきなのか。



競技規則で定められていないことは、コモンセンス(常識)で考えなさい、って言われるのだけれどねぇ・・・。



ま、自分たちのチームの選手の交代なので、代わりに入る選手がピッチ内に入った瞬間に「再開の笛」を吹いて、プレーを再開するという方法を選択。



その他の出来事としては、グリーンカード(1枚)とか、オフサイドに関係する出来事もあったのだけれど、記事にして残しておきたいと思う最大の出来事はこれかな、ということで。




ところで、出血でフィールドから一旦離れることを命じられた競技者が交代ゾーンからフィールドに復帰してきたら、主審が止血されたことを確認して復帰させるということを履行するのがムリなのだけど、いいのでしょうかねぇ・・・(独り言)








 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ


☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
スコットランドサッカー協会の競技規則クイズ


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


今日は、三男の運動会だったため、早めの更新です。





↑32GのClass10でこの価格なら試してみる価値があるかも。もちろん、運動会当日までに、動作チェックしなければなりませんが。




さて、先日の記事で、スコットランドサッカー協会のHP上にある、オフサイドをきちんと見極めることができるかどうかのゲームを紹介しました。(過去記事 「副審のオフサイドの判断に文句を言ったことのある方は、ぜひチャレンジしてみて!」 参照。)



同じサイト内に、競技規則クイズがあります。



アドレスはこちら
http://www.scottishfa.co.uk/football_quiz.cfm?page=3157



ただ、以前紹介したAFCのサイト内にあるクイズのほうが、遥かに難しいです。(過去記事 「AFC のページで競技規則の問題集を見つけました。ただし英語です。」 参照。)



将来、国際審判員の取得までを視野に入れている方は、ぜひどうぞ。


☆ 関連記事 ☆

「副審のオフサイドの判断に文句を言ったことのある方は、ぜひチャレンジしてみて!」

「AFC のページで競技規則の問題集を見つけました。ただし英語です。」



(アディダスゴルフ)adidas Golf CLIMACOOL 3-ストライプ S/S ポロ
adidas Golf(アディダスゴルフ) (2014-11-28)
売り上げランキング: 15,290





 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2014年度 私の審判活動のまとめ(集計)



今日の記事は、自分用のメモみたいなもの、というかほとんど自分用のメモになりますので、ご了承を。

 

そうそう、3級審判員資格の取得を目指す方は、レフェリーズダイアリーへの記入を習慣づけておきましょう。3級受験時などに過去に担当した試合を申告しなければならない場合があります。

 

・・・ って、昨年&一昨年の記事の文章の使いまわしなのですが・・・。

 

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。

 

さて、本題に。

2014年度が終了したので、審判活動の集計です。

  
審判担当試合数と提示カード数。

2014年度 (3級 U15U11)

 社会人(主審)   ・・・  4.0
 社会人(副審)   ・・・ 16.0 
 社会人女子(副審)・・・  1.0
 2種(副審)     ・・・  5.0
 2種女子(副審)  ・・・  2.0
 3種(主審)     ・・・ 17.0
 3種(副審)     ・・・  8.0
 4種(主審)     ・・・ 12.0
 4種(1人制主審) ・・・  0.0
 4種(副審)     ・・・  2.0
 合計        ・・・ 67.0

(主審 33.0   副審 34.0)

イエローカード    ・・・ 3枚
レッドカード      ・・・ 0枚 

注)0.5の端数については、4種(小学生)の試合(リーグ戦)の場合、前半・後半で割り当て(主審・副審)が変更になるため。また、3種の場合はB戦の練習試合などでハーフ1本というケースがあるため。



メモ。3級になって丸6年が経過。7年目に突入。3級昇格後に担当した試合は通算346.5試合(練習試合を含む)。 



 

以下、過去記事より転載。



審判担当試合数と提示カード数。

2013年度 (3級 U14U10)

 社会人(副審)   ・・・  7.0
 社会人女子(副審)・・・  1.0
 2種(副審)     ・・・  1.0
 2種女子(副審)  ・・・  2.0
 3種(主審)     ・・・ 24.0
 3種(副審)     ・・・  5.0
 4種(主審)     ・・・ 11.5
 4種(1人制主審) ・・・  3.0
 4種(副審)     ・・・  1.5
 合計        ・・・ 56.0

(主審 38.5   副審 17.5)

イエローカード    ・・・ 6枚
レッドカード      ・・・ 0枚 

 

※2種・・・高校生 3種・・・中学生 4種・・・小学生 社会人・・・シニアを含む



  


2012年度 (3級 U13U9)

 社会人(副審)   ・・・  5.0
 社会人女子(副審)・・・  1.0
 2種女子(副審)  ・・・  1.0
 3種(主審)     ・・・ 25.0
 3種(副審)     ・・・ 12.0
 4種(主審)     ・・・  6.0
 4種(1人制主審) ・・・  4.0
 4種(副審)     ・・・  1.0
 4種(補助審判)   ・・・  4.0

 合計        ・・・ 59.0

(主審 35.0   副審 24.0)

イエローカード    ・・・ 5枚
レッドカード      ・・・ 0枚 

 

2011年度 (3級 U12U8)

 社会人(副審)     ・・・  3.0
 社会人女子(副審)  ・・・  2.0
 3種(主審)       ・・・  3.0
 3種女子(主審)    ・・・  1.0
 3種(副審)       ・・・  7.0
 3種女子(副審)    ・・・  1.0
 4種(主審)       ・・・  24.5
 4種(1人審判主審)  ・・・  2.0
 4種(副審)       ・・・ 16.5
 4種(4th、補助審判) ・・・  4.5

 合計          ・・・ 64.5

(主審 30.5   副審 29.5)

 イエローカード     ・・・ 6枚
 レッドカード       ・・・ 0枚 



   

2010年度 (3級、U15U11U7)

 社会人(主審)     ・・・  1.0
 社会人(副審)     ・・・  5.0
 3種(主審)       ・・・  7.0
 3種(副審)       ・・・  6.0
 4種(主審)       ・・・ 20.5
 4種(副審)       ・・・ 11.5
 4種(予備審/4th)  ・・・  3.0
 2種女子(副審)    ・・・  1.0

 合計          ・・・ 55.0

( 主審 28.5   副審 23.5 )

  

2009年度 (3級、U14U10)

 社会人(副審)     ・・・  4.0
 3種(主審)       ・・・  2.0
 3種(副審)       ・・・ 11.0
 4種(主審)       ・・・ 16.5
 4種(副審)       ・・・  3.0
 4種(予備審/4th)  ・・・  6.5
 社会人女子(副審)  ・・・  1.0
 2種女子(副審)    ・・・  1.0

 合計          ・・・ 45.0

( 主審 18.5   副審 20.0 )

 

2008年度 (4級、U13U9)

 社会人(主審)   ・・・  1.0
 社会人(副審)   ・・・  2.0
 3種(主審)     ・・・  5.0
 3種(副審)     ・・・ 11.0
 3種(4th)      ・・・  1.0
 4種(主審)     ・・・  3.0
 2種女子(副審)  ・・・  1.0

 合計        ・・・ 24.0

( 主審 ・・・ 9.0  副審 ・・・ 14.0 )

 

2007年度 (4級、U12U8)

 3種(主審)  ・・・  4.0
 3種(副審)  ・・・  9.0
 4種(主審)  ・・・ 13.0
 4種(副審)  ・・・ 10.0 

 合計     ・・・ 36.0 

( 主審 ・・・ 17.0   副審 ・・・ 19.0 )




↑ 競技規則には書かれていないレフェリングのコツが満載の本です。


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ


☆ 関連するタグ ☆

オフサイドのフラグアップはオフサイドポジションにいた選手がボールに触れたことが確実になってから・・・ 2010 Referee Week in Review Week 30 Clip3


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




今回紹介する、2010 Referee Week in Review Week 30 の Clip3の映像は、2015年5月12日付けの記事 「オフサイドポジションにいた選手がヘディングしようとしたけれどボールに触れられなかったらどうなるのか ・・・ 2015 J1 第11節 仙台 vs 浦和 の試合から」 とほぼ同じ内容です。



ですので、過去記事をご覧になっていない方、タイトルを見て「?」と思われた方は、過去記事から先にご覧ください。







米国サッカー協会・審判部も、「オフサイドポジションにいた選手のほうにボールが蹴られたが、副審は慌ててフラグアップししなかった。GOOD JOB!(その結果、オフサイドポジションにいた選手がボールに触れず、オンサイドから飛び出した選手が得点した。)」という感じです。(かなり意訳してますが。)



米国サッカー協会の元記事はこちら。
http://www.ussoccer.com/stories/2014/03/17/13/23/2010-referee-week-in-review-30



☆ 関連記事 ☆

「オフサイドポジションにいた選手がヘディングしようとしたけれどボールに触れられなかったらどうなるのか ・・・ 2015 J1 第11節 仙台 vs 浦和 の試合から」






 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ


☆ 関連するタグ ☆

前半が終了したと勘違いしたのならユニフォームを脱いでもイエローカードは提示されません ・・・ 2015年YNC 予選第5節 清水 vs 名古屋 の試合から


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 



Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第5節 清水 vs 名古屋
http://www.jleague.jp/match/ync/2015/052006/live



ナビスコカップで珍事があったようです。まずは、下の映像をご覧ください。






ベンチリポーターからの
「ま、ちょっとエスパルスの関係者も、いまのはイエローカードだったんじゃないか?という抗議をしてまして…」
というリポートを受けて、

解説および実況アナも
「ユニフォームを脱いだということでね。」
「ま、ルール上は確かにそうですよね。」

というようなことを言ってますが、正しくありません。



競技者が「得点の喜び」を表現する際に、ユニフォームを脱いで喜ぶのは認めません、ということは競技規則に書かれています。



これは、得点を喜ぶ行為が過度になると相手競技者に不快な思いをさせることになり、その後試合が荒れたり、ラフプレーに繋がったりする恐れがあるので、節度をもって喜びましょう、という趣旨です。



なので、別に得点の喜びを表現するためでなく、今回のように主審の笛を勘違いして、前半が終了したと思い込んでユニフォームを脱いでしまったというだけなら、イエローカードは提示されません。(カードが提示される理由が存在しない。)



競技規則を確認します。(※下線は私の方で施したものです)

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

得点の喜び

競技者が得点をしたときに喜びを表すことは認められるが、その表現は過度になってはならない。 

適度な喜びの表現は許されるが、大げさなパフォーマンスで表し過度に時間をかけてしまうものは勧められない。主審、副審および第4の審判員は、そのような状況に対して介入するよう求められる。 

次の場合、競技者は警告されなければならない。

●競技者が相手を挑発する、嘲笑する、また相手の感情を刺激すると主審が判断する。
●得点を喜ぶために周囲のフェンスによじ登る。
●ジャージーを脱ぐ、ジャージーを頭に被る。
●マスクや同様のものを顔や頭に被る。

得点の喜びのためにフィールドを離れること自体、警告の反則ではない。しかし、競技者は、できるだけ早くフィールドに戻らなければならない。

得点の喜びに対応するにあたって、主審、副審および第4の審判員は予防的に対応するとともにコモンセンスを用いることが求められる。




競技規則上、あくまで得点の喜びを表現するためにユニフォームを脱いではいけないだけで、例えば襟の部分から蜂などの虫が入り込んだので試合中にもかかわらず慌ててユニフォームを脱いだ、とか、今回のように主審のオフサイドの笛を前半終了の笛と間違えて脱いでしまったという場合には、通常警告されることはないハズです。



ただし、ユニフォームを脱いだままプレーに参加(ボールをプレーしようと)してしまうと、これは第4条の競技者の用具を満たしていないことになるので、警告される恐れが出てきます。



競技規則 第4条 競技者の用具

基本的な用具

競技者が身につけなければならない基本的な用具は次のものであり、それぞれに個別のものである。
●袖のあるジャージーまたはシャツ──アンダーシャツを着用する場合、その袖の色はジャージーまたはシャツの袖の主たる色と同じでなければならない。
(後略)



それから、

競技規則 第5条 主審

職権と任務

主審は、
(中略)
●競技者の用具を確実に第4条の要件に適合させる。
(後略)



このあたりに引っ掛かってしまいます。


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
  

以下、おまけ。


「具体的にシャツを使って得点を喜ぶパフォーマンスをした場合、どこまでがセーフで、どこからアウトか決めておかないとまずくない?」
「う~ん、じゃぁ、シャツの裾を首までまくりあげるのはOKにしましょう。だけど首より上までまくりあげた場合は(完全に脱ぎきらなくても)アウトにしましょう。」
って感じで決められた感じです。(あくまで私個人の想像です。)


現在の競技規則は「●ジャージーを脱ぐ、ジャージを頭に被る。」という言葉だけですが、昔の競技規則には、具体的な写真が例として掲載されていました。(2007/2008年度版、2008/2009年度版にのみ掲載されていました。)


shirts.jpg


ね、裾が首より上まで上げられているか、首の下で留まっているでイエローかイエローじゃないかが分かれているでしょ。




上で紹介した映像は、公式系のアカウントの映像ではないようなので、将来的に映像が削除されてしまった時のために一部をGIF化しておきます。

nabisco_2015_05_20_05_002.gif




残念ながら、スカパー!Jリーグ[公式]アカウントがUPしている映像には、このシーンは収められていません。





それから、「勘違い」といえば・・・。例えば観客が吹いた笛を選手がプレーが停止された笛だと勘違いして、ボールを手で拾い上げた、というようなケースもハンドリングの反則にはなりません。どうなるか、というと・・・、長くなったので別の記事にして、後日UPすることにします。



☆ 関連記事 ☆

「得点の喜び」





 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2015/05/23) 主審 × 2.0  イエローカード × 1  (その2)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


昨日の記事の続きです。



間に40分ゲームのB戦を挟んで、次の試合も主審を担当。試合時間はやはり50分(25-5-50)。



昨日の記事の最後に少し予告しましたが、この試合では公式戦じゃなくてよかった、というような出来事が起きました。



ペナルティーアークの外側付近からシュートとして放たれて、私にはクロスバーに当たって跳ね返ったように感じられたボールに対し、攻撃側の選手から「ゴール内の上部の細いバー(ゴールネットが垂れさがらないようにするためのバー)に当たって出てきた」というアピールが。



副審を担当してくれている1年生からは特にアピールがない。そりゃぁ、試合前にボールがゴールに入ったものの以前インプレー状態が継続していた場合のシグナルについては何も打ち合わせしていなかったので、無理もない。



インプレー状態が継続していたので、次のアウトオブプレーになったら、副審の1年生に聞いて確認しようと思ったものの、なかなかアウトオブプレーにならない。



やっとアウトオブプレー(スローイン)になったので、副審が得点を認めるならその時点で得点を認めてキックオフで再開しよう(プレーを再開するまでは、直前の決定が正しくないことに気付いた場合は訂正できるので)と思いながら、笛を吹いて試合を完全に停止しておいて、副審に聞いてみたが、副審の1年生は「分らない」とのことだった。



主審も副審も得点があったという認識がない以上、得点を認める訳にはいかない、ということでスローインで再開。



いや~、練習試合で良かった。公式戦の決勝点に絡むものだったら、と思うとぞっとする。ゴール内からボールが跳ね返ってくる、ということもしっかり想定して試合前の打ち合わせをしておかなくちゃ。



一応、一旦アウトオブプレーを待って、次にプレーを再開するまでは決定(判断)を変えることができることにはなっているものの、もしプレーが切れずにそのまま反対側のゴールにボールが入ってしまった場合、厄介なことになるので、やはり試合がアウトオブプレーになったタイミングまで待たずに、副審と際どいゴールについてお互いの見解が確認できるように試合前にしっかり打ち合わせをしておかなければならないな、ということを痛感。



この試合、前半はファウルも少なく、お互いクリーンにプレーしている、という印象だった。



ところが、後半の終盤にさしかかったあたりから、少し試合が荒れだした。



まず、コーナーキック時のポジション取りでちょっと小競り合いをしている選手が目に入ったので、コーナーキックが蹴られる前に笛を吹いてプレーを止め、当該の2人の選手を私の近くに呼んで「注意」を実施。



しばらくして、今度は反対側のペナルティーエリアの手前あたりのマッチアップでの体の当て方が、それまでに比べると、ややラフな当たり方になってきたように感じた。



そこで、フィールド内にいる全ての選手に聞こえるようなボリュームで

「落ち着いてプレーしましょう!」

という声かけをしておいた。



それから2~3プレー後、ハーフウェーライン付近で右SBの選手から縦パスを受けようとしていた右のMFの選手が、相手左SBの選手に軽く背中を押されたのが確認できたので、ボールの納まり具合ではアドバンテージを適用すべく「プレーオーーン」というコールをしようと思った瞬間、右のMFの選手が前のめりに崩れたので、笛を吹いてファウル認定。



そんなに強く後方から押された訳ではなかったので、すぐに起き上がるだろうと思いながらも、駆け寄ってみると、その選手は背中を押さえながら、苦悶の表情を浮かべている。



すぐに起き上がれそうな雰囲気ではなかったので、顧問の先生を呼び入れようと思って顔を上げたら、もう顧問の先生がいた。(練習試合だし、そのチームのベンチ前に近かったこともあったので、そのあたりは不問。)

 

後ろから不意打ち気味に押されたので、腰のあたりを痛めてしまったのかも知れない。やっぱ後ろから押しちゃダメだよね~。



負傷退場となった選手の代わりの選手のピッチへの入場を許可して、試合を再開。



ちょっと試合が荒れてきたことを感じたので、声かけをしたにも関わらず、負傷退場者が出てしまったのが非常に残念。(一応、たいしたことはない、という顧問の先生のお話でしたが。)



といったところが、2試合めの主な内容。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 参考になったよ、とか、面白かったよ、という方は励みになりますので、クリックのご協力を。
 

 






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2015/05/23) 主審 × 2.0  イエローカード × 1  (その1)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 



本日は、3種(U-15カテゴリー)の練習試合の主審を2本担当。



知り合いの中学校のサッカー部の先生にお願いして、担当させていただいた。中体連に向けての準備を兼ねたトレーニングです。



というのも、先週はシニアの主審を担当させてもらったものの、ここしばらく4種(U12カテゴリー)の試合ばかり担当しているので、試合勘を取り戻そうということで。



もともとU12カテゴリーとはプレーのスピードやファウルの質が違うところに、最近U12カテゴリーは8人制の試合がほとんどになって、1試合で動く量が少ないので(ピッチサイズが通常サイズの約半分なので)。



ということで、試合中の出来事など。



副審は、2試合とも各学校の1年生が担当。試合時間は50分(25-5-25)。



副審を担当してくれる1年生には、タッチジャッジなどは私が小さくシグナルしておくので、それに合わせてもらい、オフサイドライン・キープに努めてもらうとともに、選手には副審のフラグアップを私が採用しない場合もあり得るので、笛が鳴るまではプレーを続けるように伝えておいた。



Firstファウルは、足を高くあげてプレーしたために危険な方法でプレーとしてファウル認定。相手競技者の胸の付近まであげられた足に当たったボールが、ほぼ同じタイミングでボールにアプローチしてきた相手競技者の顔に当たったところで笛を吹いた。



ボールは相手競技者の顔(あごの付近)に当たったものの、足自体は相手競技者に当たったような気配はなかったので、出血(鼻血)が出ていないことを確認してから間接フリーキックで再開。(イエローカードはなし)



前半終了5分前(前半20分頃)、勝っているほうのチームのスローインになった。ボールを拾ってきた選手がタッチラインの外に出てきた味方選手にボールを手渡した。次の瞬間、ピッチ内にいた別の味方選手がその選手に近づいて、ボールを受け取ってスローインを実施。



「う~ん。」



遅延行為としてイエローカードを提示するか悩む。ボールを中継した選手が、一旦ボールを頭の上まで持っていってピッチ内に投げ入れる動作をしていたなら、間違いなくイエローカードを提示するのだけれど・・・。



ということで、プレーはそのまま継続したけれど、ボールを中継した選手に「今の(ピッチの外に出てスローワーにはならず、ボールを中継しただけの行為)は遅延行為としてイエローカードが出される可能性があるからね。」と簡単なアドバイス。



あくまでこのアドバイスは練習試合だったので実施。更に前半終了後のベンチに戻る際にも、「得点が相手チームより上回っている場合は、気をつけないといけないよ。」などもう少し詳しく説明しておいた。



後半。


負けているほうのチームがハーフウェーライン付近でフリーキックの権利を得た。ファウルした選手自身も倒れていたので、再開場所はやや混雑していた。フリーキックの権利を得たチームの選手が再開場所にボールを置いた次の瞬間、ファウルをした選手の味方選手が、足で軽く触れてボールを動かした。



パンツの右前に入れてあった(レフェリーウェアの場合は常に右のバックポケットに入れているのだけれど)イエローカードを取り出して、当該の選手に近くに来るように指示してから、プレーの再開を遅らせたという理由でカードを提示。



といったところが1試合め。



2試合めには、「公式戦じゃなくてよかった~。」という出来事があったのですが、それについては明日の更新で。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ


☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2015/05/24) U8


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




本日は、所用で約15分遅れて練習に参加。練習場所は、体育館。低学年の全体練習は、Kコーチが実施。



私が体育館に到着したときには、体育館全体を使って、4チームに分かれてボールを多く自分の陣地に運び込んだチームの勝ちという感じのゲームが行われていた。



その後は、ボールを使った運動神経刺激系メニュー。



1時50分からの学年別メニューでは、1年生を担当。本日の1年生の参加は、7名。



最初は、ボールタッチ系。マルセイユ・ルーレット



も教えてみた。



2~3人は、1回簡単に説明しただけでできていた感じ。あとの数人も、あと何回か練習すればマスターできるでしょう、という感じ。試合中に使えるようになるかどうかは別の話になるけれど。



給水休憩後は、バスケットゴールにボールを投げ入れたり、パントキックで狙う練習をし、簡単にスローインの方法を教えたあと、約15分間ミニゲーム。練習終了、3時。







 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ


☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2015/05/23) U8



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




本日は、午前中に3種(U15カテゴリー)の練習試合の主審を2本担当したため、練習には30分ほど遅れて参加。知り合いの中学校のサッカー部の顧問の先生にお願いして、担当させて頂いた。ま、自主トレのようなもの。その審判記録は、後日UPする予定です。



1時50分からの学年別メニューでは、2年生(本日の参加は6名)を担当。



最初は、ボールタッチ系。その後、7m四方のグリッド内でボールをドリブルし、私にボールを蹴り出されないようにするゲームを3本ほど。蹴り出された場合は、ボールを拾いに行ってすぐ復帰。1分間で蹴り出された回数が最も多い選手が罰ゲーム(腕立て伏せ1回)。



その後、6人でボール出し。ボールを蹴り出された選手は、ボールを拾ってきてから腕立て伏せ1回を行ってすぐグリッド内に復帰する。



給水休憩後の2時30分からは、7m四方のグリッドの四隅にコーンを立てて、2チーム(3人づつ)による対抗リレー。最初は、単純リレー。右回りおよび左回りを各1回。その後、ドリブル系やボールタッチ系をおりまぜながら、約25分間。



最後の給水休憩をとって、ミニゲーム。学年別メニューを開始する前に3年生を担当するKコーチと、3時からのミニゲームは2&3年生合同で実施しましょう、という打ち合わせをしていたので、3年生(本日の参加は7名)と一緒にミニゲーム。



2年生(6名)対3年生(7名)の対戦。普通は学年が1つ上で、しかも人数が1人多い3年生が勝って当然なのだけれどね~。



練習終了、3時40分。







↑ お買い得かも。





 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

オンサイドからの飛び出し ・・・ 2010 Referee Week in Review Week 30 Clip2



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。





パスが出た瞬間の認識を、ほんの少しでも間違えると、判定を間違えます。かなりの集中力が求められます。





ま、間違えることもありますが、Jリーグを担当される副審の方々は、日々間違いを減らす努力・トレーニングを実施しています。



そのトレーニングを疑似的に体験したいという方は、先日紹介したスコットランドサッカー協会のHPのゲームにチャレンジしてみてください。(過去記事 「副審のオフサイドの判断に文句を言ったことのある方は、ぜひチャレンジしてみて!」 参照。)



米国サッカー協会の元記事はこちら。
http://www.ussoccer.com/stories/2014/03/17/13/23/2010-referee-week-in-review-30







☆ 関連記事 ☆

「副審のオフサイドの判断に文句を言ったことのある方は、ぜひチャレンジしてみて!」

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ




☆ 関連するタグ ☆