3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
◆競技規則系の過去記事のまとめ(2015年度1Q分)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 

皆さん、防寒対策は万全ですか???
 




UPを忘れていた、2015年度4~6月分の競技規則系記事のまとめです。(7~10月分はまた後日UPします。)


2015.04.01 「ゲームマネジメントを考える ・・・2010 Referee Week in Review Week 28 Clip1」

2015.04.02 「JFA・Jリーグ サッカー用語集」 

2015.04.03 「2015 J2 第5節 千葉 vs C大阪 の試合から」

2015.04.07 「このストンピング(stomping/jumping on the opponent)、私なら現場で「故意」と見抜けたのだろうか・・・(2015 J1 第4節 鹿島 vs 鳥栖 の試合から)」

2015.04.08 「ゴールエリアラインから行う間接フリーキックからの得点の可能性を上げるには (2015 J3 第3節 町田 vs 秋田 の試合から)」

2015.04.09 「主審の許可がなくても副審がフィールド内に立ち入ることができるケース ・・・2010 Referee Week in Review Week 28 Clip2」

2015.04.13 「ちょっと足が高くないかなぁ・・・(2015 J1 第5節 清水 vs G大阪 の試合から)」

2015.04.14 「これはセーフ(反則ではない)。part2」

2015.04.15 「レッドカードが提示されるべきタックル  ・・・2010 Referee Week in Review Week 28 Clip3」

2015.04.20 「陰には審判のFine Play!があったことを皆さんお気づきですか?」

2015.04.21 「決定機の阻止のサンプル(第1弾)」

2015.04.22 「決定機の阻止のサンプル(第2弾)」

2015.04.23 「アドバンテージを適用したファウルがイエローカードで警告すべき内容だった場合の例 ・・・ ・・・2010 Referee Week in Review Week 29 Clip1」

2015.04.30 「主審の視野外で行われたペナルティーエリア内でのディフェンスファウルにどう対応するか ・・・ 2010 Referee Week in Review Week 29 Clip2 より」




2015.05.01 「決定機の阻止のサンプル(第5弾)」

2015.05.02 「決定機の阻止のサンプル(第3弾)」

2015.05.03 「決定機の阻止のサンプル(第4弾)」

2015.05.06 「磐瀬選手のハンドの前にオフサイドの反則はあったのかどうか」

2015.05.07 「フリーキックはオフサイドの対象です ・・・ 2010 Referee Week in Review Week 29 Clip3」

2015.05.11 「副審のオフサイドの判断に文句を言ったことのある方は、ぜひチャレンジしてみて!」

2015.05.12 「オフサイドポジションにいた選手がヘディングしようとしたけれどボールに触れられなかったらどうなるのか ・・・ 2015 J1 第11節 仙台 vs 浦和 の試合から」

2015.05.13 「ボールを手で扱って得点しようとしたらイエローカード ・・・ 2015年 J1 第11節 FC東京 vs 鹿島 の試合から」

2015.05.14 「後方から相手競技者を押すことはできません ・・・ 2010 Referee Week in Review Week 30 Clip1」

2015.05.18 「過剰な力(著しく不正なファウルプレー)のサンプル(その1)」

2015.05.19 「過剰な力(著しく不正なファウルプレー)のサンプル(その2)」

2015.05.20 「ホールディング(相手競技者を押さえる)の反則に「過剰な力で」という概念は存在しない ・・・ 2015年 J1 第12節 G大阪 vs 川崎 の試合から)」

2015.05.21 「過剰な力(著しく不正なファウルプレー)のサンプル(その3)」

2015.05.22 「オンサイドからの飛び出し ・・・ 2010 Referee Week in Review Week 30 Clip2」

2015.05.27 「前半が終了したと勘違いしたのならユニフォームを脱いでもイエローカードは提示されません ・・・ 2015年YNC 予選第5節 清水 vs 名古屋 の試合から」

2015.05.28 「オフサイドのフラグアップはオフサイドポジションにいた選手がボールに触れたことが確実になってから・・・ 2010 Referee Week in Review Week 30 Clip3」

2015.05.30 「スコットランドサッカー協会の競技規則クイズ」




2015.06.01 「決定機の阻止のサンプル(第6弾)」

2015.06.02 「キーパーチャージという名称の反則は現在の競技規則には存在しない(2015年 J2 第13節 札幌 vs 熊本の試合から)」

2015.06.03 「過剰な力(著しく不正なファウルプレー)のサンプル(その4)」

2015.06.04 「ファウルの強さのレベルは主審が決める ・・・ 2010 Referee Week in Review - Week 32 Clip1」

2015.06.08 「実は「戻りオフサイド」・・・キリンチャレンジカップ2015 日本女子代表 vs イタリア女子代表 の試合から」

2015.06.09 「FIFA女子ワールドカップ カナダ2015 日本女子代表 vs スイス女子代表 の試合(2015.06.09)の公式記録ほか」

2015.06.10 「PRO(Professional Referee Organization)がFIFAに確認をとったオフサイドかどうか悩ましいプレー集とそれらの判断(その1)」 

2015.06.11 「PRO(Professional Referee Organization)がFIFAに確認をとったオフサイドかどうか悩ましいプレー集とそれらの判断(その2)」

2015.06.12 「KIRIN CHALLENGE CUP 2015 (2015/06/11 日本代表 vsイラク代表)の公式記録ほか」

2015.06.14 「FIFA女子ワールドカップ カナダ2015 日本女子代表 vs カメルーン女子代表 の試合(2015.06.13)の公式記録ほか」

2015.06.15 「PRO(Professional Referee Organization)がFIFAに確認をとったオフサイドかどうか悩ましいプレー集とそれらの判断(その3)」

2015.06.16 「2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選(2016.06.16 日本代表 vs シンガポール代表)の公式記録ほか」

2015.06.17 「PRO(Professional Referee Organization)がFIFAに確認をとったオフサイドかどうか悩ましいプレー集とそれらの判断(その4)」

2015.06.18 「FIFA女子ワールドカップ カナダ2015 日本女子代表 vsエクアドル女子代表 の試合(2015.06.17)の公式記録ほか」

2015.06.23 「カード提示よりまずは負傷者のケアを ・・・ 2010 Referee Week in Review - Week 32 Clip2」

2015.06.24 「FIFA女子ワールドカップ カナダ2015 日本女子代表 vsオランダ女子代表 の試合(2015.06.24)の公式記録ほか」

2015.06.25 「どちらのコーナーからキックを行うべきか ・・・ 2010 Referee Week in Review - Week 32 Clip3」

2015.06.26 「副審の援助 ・・・ 2010 Referee Week in Review - Week 33 Clip1」

2015.06.29 「FIFA女子ワールドカップ カナダ2015 日本女子代表 vs オーストラリア女子代表 の試合(2015.06.27)の公式記録ほか」

2015.06.30 「Laws of the Game 2015/2016 がFIFAの公式サイトにUPされました」




 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
決定機の阻止かどうかとペナルティーエリアの内側か外側か ・・・ Play of the Week 2015 Week 33

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。



副審の任務はたくさんありますが、「オフサイドの判断」と「ファウルがペナルティーエリアの内側で行われたのか、外側で行われたのか」ということを見極めて主審を援助することが極めて重要です。



そのためには、常にオフサイドライン・キープに務めなければなりません。ラインから遅れると、正しい判定ができなくなります。





ちなみに、基本的にはファウルされた選手が倒れた場所が判定場所ではなく、あくまでファウルが行われた場所(今回の場合は、トリップされた場所であるエリアの外側)で判断します。



しかしながら、ホールディングの反則(相手競技者を押さえる)の場合のみ、押さえる行為がペナルティーエリアの外側から内側まで継続していた場合は、ペナルティーキックが与えられます。



競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

相手競技者を押さえる

相手競技者を押さえることは、手、腕、または体を用いて相手競技者の進行や動きを妨げることを含む。

(中略)

守備側競技者がペナルティーエリアの外で相手競技者を押さえ、そのままペナルティーエリア内でも押さえていた場合、主審はペナルティーキックを与えなければならない。

(後略)




米国プロ審判協会の元記事はこちら。
DOGSO and Penalty Area AR Positioning and Responsibility




↑ I-O DATAの安いWi-Fi ルーターが故障したので、今度はこれにしました。(今日手配!)


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

過剰な力(著しく不正なファウルプレー)のサンプル(その8)

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




J2_20151025_10_001.gif

拡大リプレイ
J2_20151025_10_002.gif




2015明治安田生命J2リーグ 第38節 退場に伴うユン ヨンスン選手(群馬)の出場停止処分について

処分理由】
2015年10月25日(日)2015明治安田生命J2リーグ 第38節(愛媛FCvs ザスパクサツ群馬)の試合においてユン ヨンスン選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、相手選手に対し、後方からタックルした行為が、「著しい反則行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。

 

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

著しく不正なファウルプレー

ボールがインプレーで、競技者がボールに挑むとき、相手競技者に対して過剰な力や粗暴な行為を加えた場合、著しく不正なファウルプレーを犯したことになる。

相手競技者の安全を脅かすタックルは、著しく不正なファウルプレーを犯したことで罰せられなければならない。

いかなる競技者もボールに挑むときに、過剰な力や相手競技者の安全を脅かす方法で、相手競技者に対し片足もしくは両足を使って前、横、あるいは後ろから突進した場合、著しく不正なファウルプレーを犯したことになる。

(後略)




完全に遅れて(アフターで)相手選手の後ろからタックルしているので、著しく不正なファウルプレーと認定されてしまいました。



この試合の試合データはこちら。
2015 J2 第38節 愛媛 vs 群馬



上のGIF動画の元になっているスカパー!Jリーグ[公式]アカウントのハイライト映像はこちら。





↑ amazon直在庫分が値下がりした様子。


☆ 関連記事 ☆

「過剰な力(著しく不正なファウルプレー)のサンプル(その1)」

「過剰な力(著しく不正なファウルプレー)のサンプル(その2)」

「過剰な力(著しく不正なファウルプレー)のサンプル(その3)」

「過剰な力(著しく不正なファウルプレー)のサンプル(その4)」

「過剰な力(著しく不正なファウルプレー)のサンプル(その5)」

「過剰な力(著しく不正なファウルプレー)のサンプル(その6)」


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

「攻撃的な、侮辱的な、または下品な発言や身振りをする」のサンプル



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 

J2_20151025_01_001.gif


拡大リプレイ
J2_20151025_01_002.gif


2015明治安田生命J2リーグ 第38節 退場に伴う河本 明人選手(栃木)の出場停止処分について

【処分理由】
2015年10月25日(日)2015明治安田生命J2リーグ 第38節(栃木SCvs 東京ヴェルディ)の試合において河本 明人選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手は審判員の判定を不服とし、侮辱的な行為をしたことにより、「主審及び副審に対する侮辱又は公然の名誉毀損行為」に相当すると判断、2試合の出場停止処分とする。



Jリーグではあまり見かけないタイプのレッドカードです。

ずっとサンプルを集めてきた「著しく不正なファウルプレー」「乱暴な行為」以外の一発レッドなので、退場となる反則の部分を競技規則で確認しておきます。



競技規則 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則

競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、次の7 項目の反則のいずれかを犯した場合、退場を命じられる。
●著しく不正なファウルプレー
●乱暴な行為
●相手競技者またはその他の者につばを吐く
●意図的にボールを手または腕で扱い、相手チームの得点または決定的な得点の機会を阻止する(自分のペナルティーエリア内でゴールキーパーが行ったものには適用しない)
●フリーキックまたはペナルティーキックとなる反則で、ゴールに向かっている相手競技者の決定的な得点の機会を阻止する
●攻撃的な、侮辱的な、または下品な発言や身振りをする
●同じ試合の中で二つ目の警告を受ける

退場を命じられた競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、フィールド周辺及びテクニカルエリア周辺から離れなければならない。





今回は、表題の通り、「攻撃的な、侮辱的な、または下品な発言や身振りをする」に該当する行為です。主審の真後ろで蹴る素振りをしていていますが、主審はスローアーを見ているはずなので、視野には入っていたのではないか、と。あるいは、行為よりも何か「暴言(侮辱的な発言)」が聞き取れた可能性もありますね。



ちなみに、再開方法ですが、


競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

プレーの再開
●ボールがアウトオブプレーの場合、プレーはその前の判定に基づき再開される。
●ボールがインプレーで、競技者がフィールド内で反則を犯した場合、
(中略)
─主審または副審に対しての反則の場合は、反則が起きた場所からの間接フリーキックで、プレーは再開される(第13条─フリーキックの位置を参照)。
(後略)



映像を見る限り、インプレー中の出来事のようなので、反則が起きた場所から東京Vの間接フリーキックで再開されるのが正解だと思います。(ただし、主審への暴言がスローインが行われる前から開始されていたのであれば、東京Vのスローインからやり直しになります。)



この試合の試合データはこちら。
2015 J2 第38節 栃木 vs 東京V

ちなみに警告・退場・出場停止 には、S6(侮辱)で記録されています。



上のGIF動画の元になっているスカパー!Jリーグ[公式]アカウントのハイライト映像はこちら。


 



↑ 私の予想では、年賀状が発売されたあと年末までは現在より少し値段が上がるんじゃないか、と。


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

フェアプレーワッペン自体の値段は250円です

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


昨日の記事では、書店版の競技規則2015/2016年度版の紹介がてら、KICKOFF(JFA ID経由)で競技規則の最新版が購入できることを紹介しました。



で、今日は同じKICKOFFで購入できるフェアプレーワッペンのお話です。

fair_play_wappen_002.jpg



下のイメージショットは、KICKOFFのフェアプレーワッペンの購入画面です。

kickoff_02_fairplay_001.jpg


買い物かごに入れて、確認すると、送料と合計金額が表示されます。


kickoff_02_fairplay_002.jpg



フェアプレーワッペンの場合、送料は210円のようです。そして、支払い方法に応じたシステム手数料(コンビニ支払いの場合は120円程度)がかかります。



つまり、フェアプレーワッペン1枚だけを購入しようとすると、600円弱かかってしまいます。



しかし、送料は、10枚でも210円です(100枚でも同じ様子)。システム使用料も恐らく変動しないんじゃないかな。

kickoff_02_fairplay_003.jpg



先日、二男用のフェアプレーワッペンを購入するにあたって、送料が割高になるので、来年中学生になったらすぐに4級審判員資格を取得すると宣言している三男用、それから予備用の1つの合わせて3枚を購入しました。

3枚で、1,076円(=250*3+210+116)。1枚あたり約359円。

fair_play_wappen_003.jpg
(クロネコDM便で送られてきました。)



フェアプレーワッペンを購入しようという方は、お仲間を見つけて共同で購入されるのがよろしいかと。



ついでにいくつか写真をUPしておきます。

fair_play_wappen_004.jpg
(左:表  右:裏)



fair_play_wappen_005.jpg
(左はホルダーに入れた状態)



フェアプレーワッペンのホルダーが必要な方は、下のリンクをどうぞ。

 


 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

競技規則2015/2016 の書店版が発売になりました

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。



10月8日に、ベースボール・マガジン社より書店版の競技規則2015/2016が発売になったようです。

ベースボール・マガジン社の商品検索&販売サイト
http://bookcart.sportsclick.jp/bbmshop01/7.1/BBM1980564/



表紙はこんな感じ
cover_2015_lawofthegame_bookstore_001.jpg
(ベースボール・マガジン社の商品検索&販売サイトより)



ちなみに、審判員資格保有者に郵送されてくる冊子の表紙はこんな感じ
kickoff_01_lawofthegame_001.jpg



書店版は、この審判員資格保有者に郵送されてくる冊子にカバーがついているような感じで、中身としてはほぼ同じです。(審判員向けに郵送されてくる冊子にはない、バーコードや出版社の名前、値段などが印刷されているだけです。)



なので、審判員資格を保有している方で、もう一冊欲しいという方は、書店版を購入するよりKICKOFF(JFA ID経由)で購入したほうが、若干安く(※)購入できます。



※競技規則の代金の他に、別途送料が210円、およびシステム使用料(コンビニ支払いの場合は120円位?)がかかります。




審判員資格をお持ちではなく、冊子の競技規則が欲しいという方は、下のamazonのリンクからどうぞ。(上で紹介しているベースボール・マガジン社のサイトでも購入できますが、送料がかなりかかってしまうようですので、通常配送無料のamazonのほうがお得です。)

サッカー競技規則〈2015/2016〉
日本サッカー協会審判委員会
日本サッカー協会
売り上げランキング: 186,613





別に冊子ではなくてもという方は、日本サッカー協会のHPからPDFファイルをダウンロードすることができます。(ただし、日本語版付録など、PDF化されていない部分が存在しています。)



サッカー競技規則 (JFAのサイトへの直リンク)




 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2015/10/25) 主審 × 2.0 + 副審 × 2.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


本日は、午前中に協会からの派遣で30分ゲームを3試合(主審1本、副審2本)、午後は50分ゲームの3種の公式戦1試合(主審)、全部合わせると140分の稼働という超ハードな1日。



前日の夜、芍薬甘草湯

を服用し、当日の朝食後にも服用するつもりだったのに、朝服用するのを忘れていたことを帰宅後に気がついた。



ま、前日の夜に飲んでおいた分が効いたのか、稼働中にふくらはぎが痙攣することはありませんでした。



前日の稼働のあと、しっかりふくらはぎと太もものクールダウンストレッチをしておいたし、寝る前にエアーサロンパス
【第3類医薬品】エアーサロンパスジェットα 300mL
久光製薬 (2010-07-06)
売り上げランキング: 1,821

を吹きつけて寝たので、ふくらはぎと太ももはまったく問題なし。ただ、現在、お尻の筋肉痛。う~ん、お尻の筋肉のケアを忘れてた。



午前中の協会派遣のほうは、特に何もなかったので、午後の3種の公式戦時のお話を少し。(二男が卒業した学校の帯同分)



ペナルティーエリア内で、オフェンスファウルがあったので、守備側チームにフリーキックを与えたところ、キッカーとなったディフェンダーが、ゴール前(ゴールエリア内)にいるゴールキーパーに対して、キックでパス。



競技規則 第13 条 フリーキック

違反と罰則

(中略)

ペナルティーエリア内で守備側チームがフリーキックを行ったとき、ボールが直接ペナルティーエリアから出なかった場合、
●キックは、再び行われる。



このルール、結構知らない選手がいます。で、試合中に見逃されていることも。




それから、サッカーで許される範囲のスクリーンを理解していないプレーに対してファウル認定。守備側選手がボールを追っている攻撃側選手とボールの間に入ったところまでは問題はなかった。しかし、ゴール方向に向かって行くボールに対し、ボールをまったく追わず、そしてまったくボールを見ず、左肩越しに相手競技者だけを見てその進路を防ぐことに専念している。(ボールはその守備側選手のプレイエリアに存在しているとは言えない状況。)



身体的な接触がなければ、インピーディング(昔のオブストラクション)

相手競技者の進行を妨げる

相手競技者の進行を妨げるとは、ボールが両競技者のプレーできる範囲内にもないとき、相手競技者の進路に入り込み、その進行を妨げる、ブロックする、スピードを落とさせる、進行方向の変更を余儀なくさせることである。

すべての競技者は、フィールド上においてそれぞれ自分のポジションをとることができる。相手競技者の進路上にいることは、相手競技者の進路に入り込むこととは同じでない。

体を相手競技者とボールの間に置くことは、許される。戦術的な理由で相手競技者とボールの間に自らを置くことは、ボールがプレーできる範囲にあり、相手競技者を手や体で押さえていない限り、反則ではない。ボールがプレーできる範囲にある場合、その競技者は正しい方法で相手競技者によりチャージされることがある。




に該当して、間接フリーキックになるのだけれど、今回は完全に相手競技者に身体を接触させてブロックしているので、ホールディング

相手競技者を押さえる

相手競技者を押さえることは、手、腕、または体を用いて相手競技者の進行や動きを妨げることを含む。

(後略)


で処理。




ただ、場所が厄介な場所でした。私の位置からはファウル(ホールディング)がペナルティーエリアの外で行われたのか、ペナルティーエリアの内側で行われたものかが判断しづらかったので、副審を担当してくださっていた副顧問の先生に「(ファウルが行われたのは)中ですか?外ですか?」と確認し、「外」という回答をもらったので、直接フリーキックで再開。



ゴールキーパーに安全にボールを捕球させる場合に限っては、自身がゴールキーパーと交錯してしまうのを避けるために多少ボールから離れた場所でスクリーンをかけても許容範囲として流す(ファウル認定しない)のだけれど、今回はゴールキーパーが出てきて捕球しようとしていた訳ではなかったので、アウトの判定です。




↑ 今日は芍薬甘草湯とエアーサロンパスの力を借りましたが、1試合程度ならふくらはぎサポーターだけで充分です(私の場合)。で、バンテリンのサポーターより毛玉がつきにくい、このMizuno バイオギアサポーター(ふくらはぎ用)を主に使ってます。ふくらはぎが痙攣しやすい方は、試してみてはいかがですか?


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2015/10/24) 主審 × 1.0 + 副審 × 2.0  レッドカード1枚

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


本日は、所属する地区の協会から派遣されて、とある企業というか団体の親睦のためのサッカー大会の審判を担当。



主審担当時の出来事。



審判活動初のレッドカードを提示したので、その時のお話を書いておくことにします。



攻撃側選手がペナルティーエリア付近(ペナルティーアークのやや外側)でフリーでボールを受け、即座にミドルシュートを放ちました。私は、その選手のやや左後方で、ゴールの左ポストの正面付近にポジショニングしていました。



ゴールキーパーはほとんど動けて(反応できて)いませんでした。



ボールはセンターバックの選手の頭を余裕で越えそうです。センターバックの選手はなんとか頭に当てようと後ろに下がりながら、ジャンプしますが、届かないのは明らかな状況。



「入った。」
と思った次の瞬間、センターバックの選手の頭の後ろから手が出てきて、ボールの軌道が変えられ、ボールはゴールから逸れてゴールラインを割ってしまいました。



「げっ」と思うと同時に「うそ~ん」の状態。



私が完全に「入った」と思ったのにもかかわらず、「入らなかった」ということは、完全に「手による得点の阻止」じゃん、と。

 

(ってか、ちょうど昨日、「手による得点の機会の阻止」の記事をUPしたところで、何たる偶然、という感じなのですが・・・。)



まずは先にPKであることを宣告し、何食わぬ顔でそのままPKの守備につこうとする当該の選手を捕まえ、「完全に枠を捉えていたボールなので、今のは決定機の阻止になってしまいます。」と言いながら、右胸のポケットから取り出したレッドカードを提示。



「いや~、初めてのレッドカードだ~。」と内心、ちょっとワクワクしながらも、「選手に退場を拒まれたらどうしよう。選手に取り囲まれるかな?」というような余計なことまで考えてしまいました。



ま、本人を含む守備側選手の味方選手のほとんどが、レッドカード相当のプレー(ハンドリングによる得点の機会の阻止)であると認識してくれていたようで、別に選手に取り囲まれたり詰め寄られるというようなことはありませんでした。



いやぁ~、「PK宣告」→「レッドカード提示」→「選手に対する退場の促し」→「(退場)記録の記入」→「PK実施」の流れを実際に経験できてよかった。



公式戦で初体験だと、緊張のあまりバタバタになっていた可能性があるのでね。



ま、これで公式戦でレッドカードを提示する事態に陥っても、慌てず対処できるかな。



競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

得点、または決定的な得点の機会の阻止

相手競技者の決定的な得点の機会の阻止で退場となる反則は2 種類あるが、ペナルティーエリア内で発生するものだけが対象となっているのではない。

決定的な得点の機会があり、相手競技者がボールを手または腕で扱い、また相手競技者にファウルをしたにもかかわらず、主審がアドバンテージを適用し、その後、直接得点となった場合、その競技者は退場を命じられないが、警告されることがある。

主審と副審は、得点または決定的な得点の機会の阻止で競技者に退場を命じるとき、次の状況を考慮に入れなければならない。
●反則とゴールとの距離
●ボールをキープできる、またはコントロールできる可能性
●プレーの方向
●守備側競技者の位置と数
●相手競技者の決定的な得点の機会を阻止する反則が直接フリーキックまたは間接フリーキックとなるものであること





☆ 関連記事 ☆

「決定的な得点の機会の阻止 ・・・ Play of the Week 2015 Week 32」


タケダ 芝生マット グリーン
タケダコーポレーション株式会社
売り上げランキング: 7,534


↑今、嵐にしやがれで、スマホケースの自作をやっていたのだけれど、この手の芝生シートを使ってました。芝生シートに白色のラインをペイントすれば、スマホのカバーがピッチにできるなぁ・・・。



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

決定的な得点の機会の阻止 ・・・ Play of the Week 2015 Week 32

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。



ゴールキーパー以外の守備側選手がゴールに向かっているボールを手で扱って、相手チームの得点を阻止した場合、その選手は退場を命じられます。





競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

得点、または決定的な得点の機会の阻止

相手競技者の決定的な得点の機会の阻止で退場となる反則は2 種類あるが、ペナルティーエリア内で発生するものだけが対象となっているのではない。

決定的な得点の機会があり、相手競技者がボールを手または腕で扱い、また相手競技者にファウルをしたにもかかわらず、主審がアドバンテージを適用し、その後、直接得点となった場合、その競技者は退場を命じられないが、警告されることがある。

(中略)




今回のケースの場合、青いユニフォームの2番の選手がハンドリングの反則を犯して得点を阻止した直後にプレーした白のユニフォームの13番の選手がボールをゴールに押し込むことができていれば、その得点が認められ、青いユニフォームの2番の選手は「退場」ではなく「警告」となります。



得点または決定的な得点の機会の阻止が行われても、すぐに笛を吹いてしまうことなく、ワンテンポ待ってボールの行方を確認することが肝要です。



米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Denial of an Obvious Goal in NY v MTL




↑安いかも。6色インクで無線LANつきでこの値段です。

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ドルフィンプロの限定色(2015年度版)が発売されているようです

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。


先日、別館側の記事で既に紹介しているのですが、こちらでも紹介しておきます。表題の通り、1年半ぶりにドルフィンプロの限定色が発売されたようです。



カラーは、メタリックブルーとメタリックレッドの2色。






 

どちらも限定3,000個らしいです。先日、自宅近くの大型のスポーツショップのホイッスル売り場を覗いたのですが、置いてありませんでした。



コルク笛ではないので、しっかり吹かないと音がかすれますが、しっかり吹けば良い音色が出ます。サンプル音を視聴されたい方は、モルテンの公式アカウントがUPしている下のyoutubeの映像を再生してご確認ください。



モルテンのドルフィンプロの製品情報のページはこちら



関連記事にUPしている過去記事に書いているのですが、バルキーンとほぼ同じ周波数特性のドルフィンFを購入したものの、結局私が現在メインで使っているのはドルフィンプロです。



↑黒色ならamazonが直接扱っているので、かなりお得です。



☆ 関連記事 ☆

「ドルフィンFという笛」

「ドルフィンFを調達」

「ドルフィンFを吹いてみた」

「モルテンの笛の音色(youtube)」




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆