3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2016/2017年度の競技規則の改正項目の紹介(その4)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2016/2017年度の改正では、オフサイドに関係する改正も2つほどあるようです。



1つはオフサイドの反則のあとの再開場所の変更(解釈の変更)。もう1つは、守備側競技者が負傷などによりインプレー中に主審の承認無くフィールドを離れた場合のオフサイドラインの時限的な取り扱いについて。



後者については、実際の試合では滅多に遭遇しないケースであるのと、記事にする前に確認したいことがあるので、今回の記事では前者のみ触れることにします。



オフサイドの反則が起きた時、これまでは
「オフサイドの反則が起きたとき、主審は、味方競技者の1人がオフサイドの反則を犯した競技者に対して最後にボールをプレーしたときにオフサイドの反則を犯した競技者がいた場所から行われる間接フリーキックを与える。」
となっていたために、簡単にいうと「ラストパスが出た時にオフサイドポジションにいた選手がいた場所」から相手チームが間接フリーキックで再開していました。



これからは、簡単にいうと「オフサイドの反則が確定した場所」から間接フリーキックで再開しますよ~、ということのようです。ま、そのほうが再開が速やかになるからだと思います。

 

なので、ハーフウェーラインを跨いで「戻りオフサイド」となった場合、オフサイドの反則を犯したチームの陣地内から相手チームの間接フリーキックで再開となります。




極端なケースとしては、GKのパントキックの際、ハーフウェーラインを越えたところでオフサイドポジションにいた攻撃側選手が、高~く上がったボール(あるいは強風で押し戻されたボール)を自陣ペナルティーアーク付近まで戻ってボールに触れてしまった場合、自陣ペナルティーアーク付近から相手チームが間接フリーキックで再開することになります。(とっても違和感がありますが・・・。)



molten(モルテン) アシスタントレフェリーフラッグ QF0020
molten(モルテン) (2012-03-29)
売り上げランキング: 175,223

↑アルミ伸縮式ポールなので、バッグに収まりやすいサイズになります。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
2016 UEFA チャンピョンズリーグ決勝でも判定ミスが・・・。


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



録画していた、2016 UEFA チャンピョンズリーグの決勝の試合を、予備知識なし(要するに結果を知らない状態)で見ました。録画予約をしたときには、2時間くらいの予定だったはず(?)なのに録画ファイルの時間が3時間を越えていたので、フルオプション(延長&PK戦)になったのか?と思ったら、やはりそうでした。
 


ところが、レアルの1点目(前半15分)を見た瞬間、ん?これマズいんじゃないの?と。



録画した画面をスマホのカメラで撮影した画像はこちら。
2016_uefa_cl_final_001.jpg
(Gareth Bale選手のヘディングの瞬間)



ただ、関心したのは「微妙な判定の場合、場内でのVTR再生を禁止(厳密には自粛要請かも)」しているFIFAの意向が遵守されたようで、中継を見ている限り、場内における大きな混乱はなかった様子。



ま、欧州においては、「(選手・指揮官そして審判の)ミスも含めてサッカー」という雰囲気は、日本に比べると多少あるようなのだけれど(あくまで私個人の感想です)、それでもこのシーンを場内で流していたら、どうなっていたのでしょうねぇ・・・。



GLTやビデオ判定の導入については、普段我々が楽しんでいるアマチュアレベルのサッカーとは別物の球技になってしまう感じがするので、個人的には「導入反対!」なのですが、こういう大一番でミスが発生してしまうと、今後導入されるのは致し方ないのかなぁ、という感じです。



万一導入されるとしても、「チャレンジはハーフにつき1回まで。チャレンジ成功の場合は、カウントされない(チャレンジ失敗の場合はカウント)。」というくらいのものがいいと思います。チャレンジばっかりで試合がぶつ切りになるのは興ざめだもの。



カードの理由で難しいものはなかったように思います。(ながら見だったので、あまりきちんと見ていませんが。)



たまたま目にとまったシーンをもう一つだけ写真に収めました。

2016_uefa_cl_final_002.jpg

Gareth Bale選手の左手首にあるのは何だろう。ヘアバンド代わりのゴム?(笑)



この試合の公式記録(Full Time Report)はこちら
Real Madrid 1-1 Atlético



☆ 関連記事 ☆

「FIFAが微妙な判定の場合、場内でのVTR再生を禁止することになったきっかけのシーン」







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2016/05/29) 親子サッカー


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、団のイベント(親子サッカー)の開催日。我が団では年に2回親子サッカーを実施している。ここ数年(8人制サッカーが主流になってから)は、学校のグラウンドに、40×60mのピッチを2面とって、2学年同時に試合を行う形で開催している。



ということで、私は2年生 vs 保護者の試合には監督の代わりに後半保護者側の選手(GK)として出場。その後3&4年生vs保護者の試合と、6年生 vs OB の試合の2試合の主審を担当。



今回、我が家の三男を含む16名のOBの選手たちが集まってくれて、にぎやかな親子サッカーとなった。



気温も肌寒くはなく、6年生の保護者の方々が用意してくださったカキ氷も、お代わりを希望する選手たちの長い行列ができていた。例年、この時期の開催時は天候に恵まれなかったりするのですが、今日は暑すぎず、寒すぎずでバッチリでした。



グランド設営およびカキ氷などの準備にご協力くださった保護者の皆様、ありがとうございました。



ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器 DCSP-1551
ドウシシャ (2015-03-23)
売り上げランキング: 4,876





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

フラットなLANケーブル


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



週末なので、サッカーとは関係のないお話です。





Wi-Fiや無線LANではなくて、どうしても有線でLAN接続したいのだけれど、扉への干渉を最小限にしたいし、一部天井なども経由しなければならないので、コードの長さに余裕が欲しい、という方にはうってつけの商品です。



フラットなLANケーブルで、長さが30mもあるのに安いです。




 
あわせ買い対象商品であるこの配線止め金具(30個入り)

を2セット同時に購入すれば、amazonの送料問題もクリアです。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2016/2017年度の競技規則の改正項目の紹介(その3)

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日の記事も、2016/2017年度版の競技規則の改正項目の紹介です。



今日のお話は、一時的にフィールドを離れる必要があった選手を、できるだけ速やかにフィールドに復帰させ、数的不利となる時間を減少させることを目的としている(と思われる)改正の紹介です。



競技規則の第4条の本文側に
●主審は、競技者のフィールドへの復帰を認める前に用具が正されたことを点検する。
と書かれていたために、これまでは競技者が用具(スパイクやすねあて)を交換した場合、アウトオブプレーのタイミングでしかフィールドに復帰できませんでした。

しかし、2016/2017年度の改正で、第4の審判員または副審による点検を受けることができた場合、主審の承認を得てフィールドに復帰できるようになりました。



ただし、インプレー中に副審に用具の点検を求めてもオフサイド監視中に点検できる訳はなく、拒否されると思いますので、選手の方はご注意ください。(何らかの理由でプレーがしばらく止まっていることが確実な場合以外のタイミングでの点検は、ほぼ無理です。第4の審判員に点検してもらった上で、第4の審判員から主審にコンタクトをとってもらいましょう。)




続いて、懲戒罰となるファウルを受けて負傷し、簡単な治療でプレーに復帰できる場合、いちいちフィールドの外に出る必要がなくなりました。



間違えてはいけないのは、「懲戒罰」(つまり「警告」または「退場」)が出されたプレーの被害者の場合だけ。自爆した(例えばアフターで突っ込んで自分が怪我をした)選手や、「注意」で済まされたプレーの被害者は救済されません。(ただし、被害者の処置が行われている間に、その加害者の処置が完了していれば、これまでのゴールキーパーの処置中にフィールドプレーヤーの処置が済んでいればフィールドの外に出なくてよいケースと同様の扱いになると思われます。)



 
なんか、4種の試合でドクター(=「チーム関係者」)をフィールド内に呼び入れて、フィールド内で治療させて(いったん外に出さなければならないケースなのに)そのままプレーを続けさせる、という競技規則の適用誤りが増えそうな予感が・・・。



それから、カードが出なかったプレーで負傷して処置が必要となった場合は、これまで通りいったんフィールドの外に出てインプレー後に復帰となるので、ファウルされたほうのベンチからは当然「カードだろ!」とか「カード出せよ!」というクレームが増えるでしょうねぇ・・・。ま、ちょっと4審と協力してベンチコントロールしなければならない機会は増えそうかな、と。



ちなみにインプレー中にフィールド内に復帰できるのはタッチラインからのみで、ゴールラインからの復帰は認められませんので、ご注意ください。



ということで、今日の記事は、選手の復帰に絡む部分の改正点という視点で記事を書いてみました。



FC ワンタッチパッド Lサイズ お徳用 12枚入
白十字
売り上げランキング: 15,187

↑指導者の皆様、お願いですからドクターバッグの中に必ず止血パッドをご準備くださ~い。出血した選手をベンチに戻した際、素早く止血パッドで止血されて速やかにフィールドに戻ってきた選手をあまり見たことがありません。だいたい、出血している選手をベンチに戻すとベンチはあたふたしてしてます。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2016/2017年度の競技規則の改正項目の紹介(その2)

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



昨日の記事で、2016/2017年度版の競技規則では、キックオフ時にボールが明らかに動いていれば、自陣側にも蹴ることが可能になったということを紹介しました。



「ボールは、けられて明らかに動いたときインプレーとなる。」という文章がキックオフのところに入ったようなのですが、フリーキック、ペナルティーキック、コーナーキックのところも統一された様子。(ゴールキックは、これまで通り直接ペナルティーエリアから蹴り出されてインプレー。)


 


そう、これで過去記事「トリックコーナーキック ・・・ Play of the Week 2015 Week 26」で紹介したようなトリックコーナーキックはもちろん、間接フリーキックのトリックプレーは基本的には認められなくなりました。



以下、2016/2017年度からは基本的に認められないプレー。









なかには「明らかに動いた」と言っても良いようなものもありますが・・・。上の4つのプレーが2015年度までのルールではどうなるか、ということに関しては、過去記事 「トリックコーナーキック ・・・ Play of the Week 2015 Week 26」 をご確認ください。



間接フリーキックのパターン。


こちらは明らかに「触れただけ」なので、アウトですね。(間接フリーキックのボールが直接ゴールに入っているので守備側ゴールキックで再開。)


☆ 関連記事 ☆

「トリックコーナーキック ・・・ Play of the Week 2015 Week 26」


[アディダス]adidas 腕時計 REFEREE ADP9026  【正規輸入品】
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 4,593





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。は
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2016/2017年度の競技規則の改正項目の紹介(その1)

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2016/2017年度版の日本語版の競技規則が発表になってから改正された部分を紹介するのが最善だとは思いますが、改正箇所が非常に多いということと、現場で審判を担当している人間からみて、「良い改正」と思われることと、「それほどではない」と思われることがあるので、そういうものを順次紹介していこうと思います。



まず、試合開始の直後に行われるキックオフに関して。



これまで、前方(相手陣地内)に蹴り入れなければならないという縛りがあったのですが、この縛りがなくなって、「明らかに動いたときにインプレー」となり、いきなり自陣側に蹴ることが可能になりました。



3種や4種の試合で、試合開始時や得点後のキックオフで何度笛を吹いて「前に蹴りましょう」とこれまで何度やり直しを命じてきたことか。これからはキックオフ時に全ての競技者が自陣側にいるかどうかということと、キッカーがボールに2度触れないかどうかを中心に監視すればよくなったので、監視が楽になるとともに、キックオフのやり直しを命じる機会は格段に減るでしょう。




 


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2016/2017 競技規則の改正について (youtube JFATV アカウントの動画より)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



昨日の記事の続きです。



本日は、日本サッカー協会の公式アカウントであるJFATVのアカウントがyoutube上にUPしている映像の紹介です。12分12秒の映像です。


あくまで、今回の改正の要点のみの紹介です。

 


以下、自分用のメモです。(メモに対してコメントされませんようにお願いいたします。)



疑問点。後日、私が日本語版の競技規則やインストラクターに確認するためのメモです。



1)主審はこれまでの、試合開始直前の入場時からではなく、フィールドチェックの段階から懲戒の権限を持つ、というところはOK。ウォーミングアップ中に暴力行為などを犯した選手に対して、(レッドカードは示さないものの)出場できないことを伝える、というところもOK。試合前に警告や退場に値する行為があったことを試合や大会主催者に報告というところもOK。で、試合前に「警告」に値する行為を行った選手が、試合中にイエローカードで警告された場合、「1試合で2枚目」として扱うのでいいの?



2)負傷した守備側競技者が主審の許可なくフィールドを離れた場合、オフサイドの判断のため、プレーが次に停止されるか、または守備側チームがボールをペナルティーエリアからクリアするまでゴールラインかタッチライン上にいるものとみなされることはOK。その(負傷して主審の承認なくフィールドを離れた)守備側競技者が、副審が(その選手が守備側競技者としてカウントしない)次のポジションをとった後、主審の承認を得ることなくフィールドに戻ったら警告される、というのもOKなんだけど、主審の承認なくフィールドを離れたことに対する懲戒罰は必要ないの?(許可なくフィールドを離れて「警告」、許可なく復帰して「2枚目の警告(つまり「退場」じゃないの?)



3)ゴールキーパーが1対1のシーンでボールをプレーしようとして攻撃側競技者に身体を当ててしまって倒してしまった場合は「PK+警告」というのはOK。では、ゴールキーパーがかわされたあと、手で相手競技者のユニフォームや身体を引っぱって倒してしまったら、これは「退場+PK」でいいんだよね?ではでは、相手競技者の足元にあるボールを手で止めにいったのだけれど、かわされて相手競技者の足を手ですくっちゃったらどっち?



もしかしたら、この私の疑問に対してご親切にお答えのコメントをくださる方がいらっしゃるかもしれませんが、私自身がしっかりしたところで「裏取り」できるまでは不確実な情報としてコメントは公開しませんので、ご了承ください。







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2016年度の競技規則の改正に関しての通達が出ました


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



JFA((公財)日本サッカー協会)のサイト内の競技規則のところに、今年度の競技規則の改正に関する通達が掲載されました。ちなみに、まだ日本語版の競技規則およびFIFAのサイトの英語版のLaws of the Game は2015/2016 年度版のままです。



例年だと、FIFAのサイトは6月中、JFAのサイトは8月中にその年度の競技規則がUPされるのですが、今年はどうでしょうかねぇ・・・。



先にお断りしておきますが、ご自分が担当する試合において「2016/2017年度版の競技規則を適用する」と言われるまでは、知らない方が良いかも、という感じです。それくらい大幅な改正になっています。



ただ、試合当日に2016/2017年度版の競技規則を適用してください、って言われると大変なことになると思われますので、ご自分が担当する試合が2015/2016年度版の競技規則を適用するのか2016/2017年度版の競技規則を適用するのか、を事前にチェックしておいたほうがよろしいかと思われます。



以下、JFAのサイトにUPされている3本の新しい通達へのリンクを貼っておきます。

2016/2017年競技規則の改正について(16.05.19)
(IFAB、国際サッカー評議会からの通達を、日本協会が日本語に訳したもの)


競技規則 新旧対照表(別紙1)
タイトル通り、競技規則の新旧を比較している表。新旧表だけで26ページもあります。今年度の競技規則の冊子はどんな厚さになるんだろう・・・。


2016/2017年競技規則の適用開始日について(別紙2)

国際的な適用開始日は6月1日ですが、日本の場合、既にリーグなどが始まっているので、適用開始日がまちまちです。ちなみにJFAが主催する各種全国大会(決勝)は原則7月23日(土)を適用開始日とするようなので、まもなく予選が始まる中体連の全国大会は恐らく2016/2017年度版になると思われます。はてさて、都道府県大会あるいは市区町村レベルの予選はどうするんでしょうねぇ・・・。



試合当日に、「2016/2017年度版の競技規則でお願いします」って言われたら絶対困るだろうなぁ・・・。情報収集しておかなくっちゃ。



ちなみに、かつーさんのところで、既に
競技規則の大幅改正(日本語版) その1

の記事がUPされています。



そういう切り口できたかぁ~、という感じ。私はどういう切り口で紹介しようかなぁ・・・。細かく全部紹介してもピントがぼけちゃうから、「三重罰(の解消)」と「ボールは明らかに動かしてインプレーにしなければならない」あたりの紹介に留める感じかなぁ・・・。1つの記事じゃなくて、それぞれ単独の記事にする、という方法もあるし、う~ん、どうしよう。



とりあえず、本日の記事はこの程度の紹介にしておきます。







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。


  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

過剰な力(著しく不正なファウルプレー)のサンプル(その3) (2016 J3 第6節 YS横浜 vs 長野)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2016明治安田生命J3リーグ 第6節 退場に伴う近藤 祐介選手(長野)の出場停止処分について 

【処分理由】
2016年4月24日(日)2016明治安田生命J3リーグ 第6節(Y.S.C.C.横浜 vs AC長野パルセイロ)の試合において近藤 祐介選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手が左足を高く上げ相手選手の右肩付近に当たった行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする。






いつも書いている通り、「スパイクの裏を向けて相手に突進した時点でイエロー確定、そのまま回避行動をとらずに衝突した時点でレッド確定」です。



相手競技者がボールにヘディングでアプローチしてくるのが明白な状況で、自分は足を高くあげてスパイクの裏面を相手競技者のほうに向けて接触してしまった場合、競技規則の

いかなる競技者もボールに挑むときに、過剰な力や相手競技者の安全を脅かす方法で、相手競技者に対し片足もしくは両足を使って、横、あるいは後ろから突進した場合、著しく不正なファウルプレーを犯したことになる。(ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為)

の部分に抵触します。



この試合の公式試合データはこちら。
2016 J3 第6節 YS横浜 vs 長野



上記GIF動画の元になっている、スカパー!Jリーグ[公式]アカウントがyoutube上にUPしているハイライト映像はこちら。




予備のGIF動画
j3_2016_04_23_13_001.gif







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆