3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ZAMST(ザムスト) TC-1 太もも という太もも用サポーターを使ってみた

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



先日痛めたハムストリング。



階段を上がるときに少し痛む、膝を伸ばした状態で前にかがむと痛む、という状態が継続中。



ということで、amazon のカスタマー・レビューの評価の高かった

 

を購入して試してみたのですが・・・。



商品説明のところに、サイズ目安としてMサイズの場合、ヒザのお皿の中心から16cm上の太ももの太さが44.0~49.0cmと書かれています。



私の太ももの太さを計測してみると、44.0cm。Mサイズの範囲の下限値。ということで、Mサイズを購入。



で、履いてみると・・・



自分がサポーターを当てたい部分までサポーターを引きあげると、サポーターの上側(脚の付け根側)で、サポーターがめくれてしまい、本来裏側で肌と密着しなければならない「ずり落ち防止シリコン」が表側に出てくる始末。
 


ん、私の太ももって、他の人と違うのか?どうもお尻がデカイので、脚の付け根が太いみたい。(付け根部分を計測してみたところ、55cmでした)



仕方がないので、シリコンがめくれないギリギリの場所までサポーターの位置を下げて着用したのだけれど、やはりサポーターの上側の締め付けがきつくなってしまうようで、シリコンが当たっていた部分が蚯蚓腫れになってしまいました。



ということで、私のように脚はそれほど太くないのだけれど、脚の付け根部分は太いという方は、商品説明に記載されているサイズを目安に購入すると、使い物にならないものを購入してしまうことになりかねませんので、くれぐれもご注意を。



さて、この商品のLサイズを購入し直すか、それともマジックテープ式のサイズフリーのサポーターにするかどうしようか。



Lサイズにした場合、サイズが大きくなることでハムストリングのサポート力が弱くなってしまう可能性があるし・・・。ということで、マジックテープ式のサポーターも購入して試してみたのですが、またそれは別の記事で。




↑2枚入りで、コストパフォーマンスは良いのですが、私の太ももには合いませんでした(涙)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
やってはいけないミス ・・・ 懲戒罰の人間違い


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第12節 FC東京vs 浦和レッズ 阿部 勇樹選手(浦和)の警告の取り扱いについて

【決定内容】
2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ
2016年9月17日(土)開催 第12節 FC東京 vs 浦和レッズ

47分 阿部 勇樹選手(浦和レッズ)に対する警告(C1:反スポーツ的行為)は、阿部選手の警告累積には算入しないものとし、本来の警告対象選手であった那須 大亮選手(浦和レッズ)に警告を付け替え、那須選手の警告累積に算入する。

※サッカー競技規則第5条〔主審〕
主審の決定「プレーに関する事実についての主審の決定は最終である」により、公式記録は変更しない。

【決定理由】
2016年9月17日(土)2016明治安田生命J1リーグ 2ndステー 第12節(FC東京 vs 浦和レッズ)の試合において阿部 勇樹選手(浦和レッズ)は警告を受けたが、(公財)日本サッカー協会審判委員会を通じて、警告処分の対象となる選手が「人違い」であることが確認されたため。



---


ファウルに対して、レッドカードを提示すべきであると思われるシーンで主審がイエローカードを提示した、というのであれば、ある意味主審の判定基準が尊重されるべきなのですが、懲戒罰を提示する相手を間違えてしまうというのは、絶対にやってはならないミスです。



イエローカードの出し間違いで、本来「退場」にならなければならない選手がフィールドに居続けることになったり、あるいは、本来「退場」する必要のない選手を「退場」させてしまう、というようなことになると、大変なことになってしまいます。



恐らく、試合後のインスペクターとの反省会において、かなりお叱りを受けたのではないでしょうか。





今回、那須選手は懲戒罰の提示を逃れるような動きをした訳ではないように見受けられますので、あくまで高山主審が勘違いしたものと思われます。



4種の試合で懲戒罰を逃れるような動きをする選手はほとんどいませんが、3種になると、するするするっと逃げていく選手もたまにいます。



ちょっとラフ気味なプレーだったから試合を止めて「注意」をすべく、こちら(主審である私がいるほう)に来るように促しても、なかなか寄ってこない選手とかはしょっちゅです。



そんな時は、こっちから駆け寄って、「注意をやめて警告」にしてやろうか、と思ったりもしますが、そんな理由で懲戒罰の基準を変えてしまうと、あとあと自分が困ることになるので、実際にはしませんけれど・・・。



さて、ペナルティーエリア内での守備側選手の反則の場合、PKの宣告と同時に懲戒罰の提示も行わなければなりません。ペナルティーマークを指すことに夢中になってしまうと、ファウルを犯した選手に逃げられてしまうかも。



じゃぁ、どうすれば良いかというと、ペナルティーマークを指すのはそこそこにしておき、懲戒罰を提示する必要のある選手を指さして視線から外さないようにしておきます。



この時、守備側選手に取り囲まれそうな気配がある場合は、ゴールラインを背にした状態になる場所まで移動します。選手が主審の許可なくフィールドの外側に立てないという心理を利用し、とり囲まれることを防ぎます。そう、ブラジルワールドカップの開幕戦での西村さんのパフォーマンスが、現在のFIFAのスタンダードです。詳しくは、過去記事 「西村主審はPK宣告直後、「逃げた」訳ではない。」 をご覧ください。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 今日の記事は参考になりましたか?



この試合の公式試合データはこちら。
2016 J1 2nd 第12節 FC東京 vs 浦和



上記GIF動画の元になっているスカパー!Jリーグ[公式]アカウントのハイライト映像はこちら。




☆ 関連記事 ☆

「西村主審はPK宣告直後、「逃げた」訳ではない。」









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

決定機の阻止のサンプル(その14) (2016 J3 第22節 琉球 vs 盛岡)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2016明治安田生命J3リーグ 第22節 退場に伴う畑本 時央選手(盛岡)の出場停止処分について

【処分理由】
2016年9月19日(月)2016明治安田生命J3リーグ 第22節(FC琉球 vs グルージャ盛岡)の試合において畑本 時央選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手は相手選手の決定的な得点機会を反則行為により阻止したことから、「著しい反則行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする。






このプレーも明らかに、
• 相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す
の反則なので、もし仮に反則がペナルティーエリア内で行われていた場合でも、「警告+PK」にはならず、「退場+PK」となってしまうプレーです。



ただ、盛岡の24番(鈴木選手)がボールもしくは琉球4番(知念選手)に追いついて対応できる可能性があったような気がしますので、
• 守備側競技者の位置と数
の条件を満たしていると判断するのかしないか、といったところが微妙かな、と感じます。



競技規則 2016/2017 ファウルと不正行為

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、意図的にボールを手や腕で扱う反則により、相手チームの得点、または、決定 的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所に関わらず、その競技者は退場を命 じられる。

競技者が自分のペナルティーエリア内で相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の 決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、反則を犯した 競技者は、次の場合を除き警告される:

• 相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則の場合。あるいは、
• 反則を犯した競技者がボールをプレーしようとしていない、または、その競技者が ボールに挑む可能性がない。あるいは、
• 反則がフィールド上のどこであってもレッドカードで罰せられるものであるとき(例 えば、著しく不正なプレー、乱暴な行為など)。

上記の状況すべてにおいて、その競技者は退場となる。

次の状況を考慮に入れなければならない:

• 反則とゴールとの距離
• プレーの方向
• ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
• 守備側競技者の位置と数

 


この試合の公式試合データはこちら。
2016 J3 第22節 琉球 vs 盛岡



上記GIF動画の元になっているスカパー!Jリーグ[公式]アカウントのハイライト映像はこちら。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

決定機の阻止のサンプル(その13) (2016 J2 第32節 FC岐阜 vs 愛媛FC)

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




2016明治安田生命J2リーグ 第32節 退場に伴う浦田 延尚選手(愛媛)の出場停止処分について

【処分理由】
2016年9月18日(日)2016明治安田生命J2リーグ 第32節(FC岐阜 vs 愛媛FC)の試合において浦田 延尚選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手は相手選手の決定的な得点機会を反則行為により阻止したことから、「著しい反則行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする。

 





これも明らかに、
• 相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す
の反則なので、もし仮に反則がペナルティーエリア内で行われていた場合でも、「警告+PK」にはならず、「退場+PK」となってしまうプレーです。



競技規則 2016/2017 ファウルと不正行為

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、意図的にボールを手や腕で扱う反則により、相手チームの得点、または、決定 的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所に関わらず、その競技者は退場を命 じられる。

競技者が自分のペナルティーエリア内で相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の 決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、反則を犯した 競技者は、次の場合を除き警告される:

• 相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則の場合。あるいは、
• 反則を犯した競技者がボールをプレーしようとしていない、または、その競技者が ボールに挑む可能性がない。あるいは、
• 反則がフィールド上のどこであってもレッドカードで罰せられるものであるとき(例 えば、著しく不正なプレー、乱暴な行為など)。

上記の状況すべてにおいて、その競技者は退場となる。

次の状況を考慮に入れなければならない:

• 反則とゴールとの距離
• プレーの方向
• ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
• 守備側競技者の位置と数





この試合の公式試合データはこちら。
2016 J2 第32節 FC岐阜 vs 愛媛FC




上記GIF動画の元になっているスカパー!Jリーグ[公式]アカウントのハイライト映像はこちら。




[アディダス] adidas レフェリーバッグ
adidas
売り上げランキング: 1,798

 ← クーポン15%OFF 対象商品!(ただし、29日まで)




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

乱暴な行為のサンプル(その11) (2016 J1 2nd 第12節 大宮 vs 川崎)

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



 

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第12節 退場に伴う大久保 嘉人選手(川崎F)の出場停止処分について

【処分理由】
2016年9月17日(土)2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第12節(大宮アルディージャ vs 川崎フロンターレ)の試合において大久保 嘉人選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手が相手選手の胸付近を頭で打った行為は、「乱暴な行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする。






流れとしてはこんな感じ。


大久保選手が家長選手から「不用意」レベルのチャージングを受けて、転倒。幸いにもファウル認定してもらうことができてフリーキックの権利を得ていたにもかかわらず、足を出して家長選手の後ろ足をトリップすることを試みる。

家長選手は、大久保選手の足に少し引っかかるもの、そのままスルー。(ファウル認定されたほうが残念だった雰囲気。)

それを見ていた横谷選手が、「何してんだよ!」と言わんばかりに、地面に足を投げ出した状態になっている大久保選手を後方から突き飛ばす。(←37分に出ているイエローカードは、この行為に対して提示されたものと思われます。)

フリーキックの権利が得られて、直接ファウルしていない選手にイエローカードが出るかもしれないという状況をうまく創り出して、川崎にとっては少し有利な状況になったと思った瞬間、大久保選手が立ち上がる動作を利用して横谷選手に報復の頭突き。

これで、逆に川崎は残り55分を1人少ない状態で戦わなくてはならないという、かなり不利な状況になってしまいました。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

乱暴な行為

乱暴な行為とは、身体的接触のあるなしにかかわらず、競技者がボールに挑んでいないときに相手競技者に対して、あるいは、味方競技者、チーム役員、審判員、観客またはその他の者に対して過剰な力を用いたり粗暴な行為を行う、または、行おうとすることである。

加えて、競技者がボールに挑んでいないとき、意図的に相手競技者やその他の者に対して頭や顔を手や腕で打つ場合、その力が微小なものでない限り、乱暴な行為を犯したことになる






この試合の公式試合データはこちら。
2016 J1 2nd 第12節 大宮 vs 川崎



上記GIF動画の元になっているスカパー!Jリーグ[公式]アカウントのハイライト映像はこちら。




サッカー日本代表がもっとよくわかるQ&A100

朝日新聞出版 (2014-05-08)
売り上げランキング: 845,600





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

決定機の阻止のサンプル(その12) (2016 J3 第21節 秋田 vs YS横浜)

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



 
2016明治安田生命J3リーグ 第21節 退場に伴う山本 真也選手(YS横浜)の出場停止処分について

【処分理由】
2016年9月10日(土)2016明治安田生命J3リーグ 第21節(ブラウブリッツ秋田 vs Y.S.C.C.横浜)の試合において山本 真也選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手は相手選手の決定的な得点機会を反則行為により阻止したことから、「著しい反則行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする。









私なら、秋田の29番(田中智大選手)が、100%クロスのボールに触れることができたとは判断しかねそうです。(多分、悩んだ上でイエロー止まりにするかなぁ、という感じ。)



おそらく主審は、事前に頭に入れていたチームの特色や選手の特徴(田中選手の足の速さ)、とプレーの状況(山本真也選手が手をかけ始めた場所)などを総合的に、瞬間的に判断し、決定機だった、という決断をしたのだろうと思われます。



競技規則 2016/2017 ファウルと不正行為

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、意図的にボールを手や腕で扱う反則により、相手チームの得点、または、決定 的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所に関わらず、その競技者は退場を命 じられる。

競技者が自分のペナルティーエリア内で相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の 決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、反則を犯した 競技者は、次の場合を除き警告される:

• 相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則の場合。あるいは、
• 反則を犯した競技者がボールをプレーしようとしていない、または、その競技者が ボールに挑む可能性がない。あるいは、
• 反則がフィールド上のどこであってもレッドカードで罰せられるものであるとき(例 えば、著しく不正なプレー、乱暴な行為など)。

上記の状況すべてにおいて、その競技者は退場となる。

次の状況を考慮に入れなければならない:

• 反則とゴールとの距離
• プレーの方向
• ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
• 守備側競技者の位置と数




この試合の公式試合データはこちら。
2016 J3 第21節 秋田 vs YS横浜



上記GIF動画の元になっているスカパー!Jリーグ[公式]アカウントのハイライト映像はこちら。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2016/09/24) U8


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は雨天のため全学年体育館での練習。低学年の全体練習は、Sコーチが担当。



ボールを使った運動神経刺激系メニューが中心だった(と思う。)色々雑用をしていたので・・・。



1時45分からの学年別メニューでは、Sコーチと一緒に1&2年生を担当。本日の1&2年生の参加は計12名。基本的には、Sコーチのサポート。



最初はグリッド内でのボールタッチ&ボールコントロール系のメニュー。続いては1年生(6名)と2年生(6名)を学年別に分け、それぞれ2人組×3チームに分けて、2対2。



最後に、学年別に3対3のミニゲームを実施して、低学年の全体練習終了、3時。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ハムストリングのテーピング


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



月曜日にやや痛めたと思われるハムストリング。急遽依頼を受けた木曜日の副審に備えて、テーピング方法を調べました。いろんなテーピングの仕方があるようなのですが、参考になりそうな映像を3つだけUPしておきます。
 


まずは、バンテリンコーワでおなじみの興和株式会社がUPしている映像。



さすが、キネシオテープの製造メーカーだけあって、たくさんテープをお使いになられる(笑)。



続いて、キネシオテーピング協会がUPしている映像。



人にテープを貼ってもらえるなら、この貼り方がおすすめかも。自分でも貼れなくはないかな。



最後は、自分1人でハムストリングをサポートするテープを貼りたい、という場合におすすめな貼り方。



昨日は、このテーピング方法を採用して副審を担当。



皆さん、万一、現場でハムストリングを痛めてしまって、キネシオテープで応急処置したいという場合は、ご参考にどうぞ。



  
↑ 手で切れるキネシオテープ。これがあれば、ハサミ不要!



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2016/09/22) 副審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、知り合いの3級審判員さんからの依頼を受けて、3種(U-15)カテゴリーのクラブチームの公式リーグ戦の副審を担当。



昨日の記事のHTMLリンクのところに書いたのですが、どうも、右の太ももの裏、いわゆるハムストリングを痛めてしまった様子。(月曜日の3試合目の途中に、ちょっと違和感を感じてはいたのですが・・・。)多分、肉離れの第一段階。



出かける直前に、自分でテーピングを施して(まだamazonから太もも用のサポーターが届いていないため)、副審の任務にあたったので、任務には問題なかったのですが、自宅に帰ってきてテーピングを外して歩くと少し痛む状態。



とりあえず、今週末は団の練習だけで派遣も帯同もない予定なので、治すことに専念したいと思います。



さて、試合中の出来事。



主審も反対側の副審も3級。試合時間は70分(35-10-35)。人工芝のグランド。天候は雨。



開始早々、私の担当するサイドで得点となった。結構早い展開で、最終的にゴールラインまでダッシュで走り込む形になった。途中2回のオフサイドの判断をしっかり確認して、得点もほぼ真横で確認。さて、反転して主審とアイコンタクトをとってゴールの合図である、ハーフウェー方向に20m程度のランニングを、と思った瞬間、思いっきりすっころんでしまった。



審判のトレーニングで、ターンの前に細かくステップを刻んでターンすることを教わっていたのに・・・。



細かくステップを刻んで減速してから反転。この基本を怠ったために、雨で滑りやすくなった人工芝でスリップして、後頭部を打撲することになってしまった。恥ずかしいのも多少あったが、それより結構後頭部が痛い。2~3分痛みを引きづったまま任務。



2回同じ失敗はできないので、それ以降は、ゴールラインまでダッシュして走り切った際には、細かくステップを刻んで減速してから反転。



私の担当するサイドにおけるゴールラインジャッジ(CK or GK)や、ペナ内のファウル判定に関して、若干ベンチが騒がしいというケースがあったものの、執拗な抗議があったわけではなかった。



そうそう、先日、魚の目の原因となったことを疑った
「puma evoSPEED 5.4TT というシューズ」
ですが、途中結構雨が降ってきて、人工芝の表面はかなり濡れていたものの、やはりシューズ内への水の浸潤はほとんどありませんでした。雨の日に履くシューズでお困りの方には、お薦めのシューズですね。



☆ 関連記事 ☆

「puma evoSPEED 5.4TT というシューズ」



 





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

乱暴な行為のサンプル(その10)(2016 J2 第31節 讃岐 vs 金沢)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



 
2016明治安田生命J2リーグ 第31節 退場に伴う仲間 隼斗選手(讃岐)の出場停止処分について

【処分理由】
2016年9月11日(日)2016明治安田生命J2リーグ 第31節(カマタマーレ讃岐 vs ツエーゲン金沢)の試合において仲間 隼斗選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手が相手選手を蹴り、上半身、顔を打った行為が「乱暴な行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする。








次にボールをプレーするためのポジション取りの動きの中で、相手競技者と動線が重なることは、よくあること。この動線が重なったときに、やはり多少の相手競技者に対する配慮が必要です。仲間選手の行為は、偶発的に動線が重なったことを利用した、あるいは偶発的に動線が重なったように見せかけた暴力行為とみなされても仕方のない行為です。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

乱暴な行為

乱暴な行為とは、身体的接触のあるなしにかかわらず、競技者がボールに挑んでいないときに相手競技者に対して、あるいは、味方競技者、チーム役員、審判員、観客またはその他の者に対して過剰な力を用いたり粗暴な行為を行う、または、行おうとすることである。

加えて、競技者がボールに挑んでいないとき、意図的に相手競技者やその他の者に対して頭や顔を手や腕で打つ場合、その力が微小なものでない限り、乱暴な行為を犯したことになる




この試合の公式試合データはこちら。
2016 J2 第31節 讃岐 vs 金沢








↑昨日、ちょっとハムストリングを痛めてしまったかも。ということで、これを試すことにしました。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆