3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
異議に対しては過度に反応せず毅然とした態度で対応する ・・・ Play of the Week 2017 Week 3


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






ラフプレーで警告を受けた際、攻撃的で侮辱的な発言を繰り返したために一発レッドとなってしまった様子。





この映像、赤いユニフォームの19番の選手が、アウトオブプレー時にファウルを犯した相手競技者を突き飛ばして反スポで警告を受けているほうはあまり問題がなく、映像の先頭から22秒付近で赤いユニフォームの5番の選手が主審に「何か」を言ったため異議として警告を受けています。(映っていませんが。)



その5番の選手が10分後に、相手競技者の後方からアプローチし、「無謀な」ファウルで警告となり、同じ試合で2枚目の警告となり退場となってしまいました。





競技規則の審判に対する異議に関係する部分を抜粋しておきます。



競技規則 2016/2017 ファウルと不正行為

3.懲戒処置

警告となる反則
競技者は、次の場合警告される:
(中略)
• 言葉または行動により異議を示す。
(後略)

交代要員または交代して退いた競技者は、次の場合警告される:
(中略)
• 言葉または行動による異議を示す。
(後略)

退場となる反則
競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、次の反則のいずれかを犯した場合、退 場を命じられる:
(中略)
• 攻撃的な、侮辱的な、または下品な発言や身振りをする。
(後略)




実際のところ、選手の多少の不満は聞き流したり、「それ以上は警告の対象となりますよ」というような牽制を入れるというゲームマネジメントもあると思います。



異議っぽいものが聞こえた際、「ん?よく聞こえませんでしたが何か言いましたか?」と、あえて聞き直す方法もあります。それでも異議を唱えてくるようなら、警告する。言葉が攻撃的あるいは侮辱的なら一発レッドという感じでしょうか。



米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 3: Dissent/offensive, insulting or abusive language








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
(問題)オフサイド? or オンサイド? 【CLIP07】

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




さぁ、本日もオフサイド判定に勤しみましょう。



本日も、過去記事 「米国プロ審判協会版のオフサイド判定テスト」 で紹介した、米国プロ審判協会が作成したオフサイドの判定テストの映像の紹介です。



ファイルサイズの関係で映像が少し小さいので、よ~く目を凝らしてご覧ください。
赤い服の選手がオフェンス役、黄色い服の選手がディフェンス役です



(クリックでGIF動画がスタートします。動画は2回だけ繰り返します。)



あなたの判断は?(どなたでもご参加いただけます。)

1)間違いなくオフサイドであると判断しフラグアップ。
2)オフサイドのような気がするのでフラグアップ。
3)オフサイドではないような気がするので何もしない。
4)間違いなくオンサイド。何もしない。



回答の入力にご協力ください。







正解の前に、本日もバナークリックのご協力のお願いです。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですか?




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 下の正解をご覧になる前に必ずバナークリックをお願いいたします。





それでは、正解です。



正解は「オフサイド」です。これはオフサイドっぽく見えてオフサイドのパターンでしたね。



(クリックで解説映像が2回流れます。)



皆さん正解を選ぶことができましたか?



非常に微妙なので、元の動画の問題側の映像をGIF化してオフサイド判定の瞬間の映像にウェイトをかけたものをUPしておきます。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 記事の作成にかなり手間がかかっているのでクリックのご協力をぜひ。
  


[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード W-735H-1AJF メンズ
CASIO(カシオ) (2014-10-17)
売り上げランキング: 206
  ← バイブレーション機能のついた格安な時計。




☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判のトレーニング(その28)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




所属する地区の1&2級の審判員の方々が自主的に行っている合同トレーニングに、今回も参加させてもらった。3級の私は自宅に近い会場で行われる場合のみ参加させてもらっている。



最初はフィジカルトレーニング。



最初はラダーを使ってのトレーニング。俊敏性というよりも体軸を意識した体幹系のトレーニング。



続いては、インターバル走。今年度(?)から変更になった審判員の体力テスト(75m走+25m歩)の形で実施。本日実施したセット数は10セット。



実施したセット数は、本番の体力テストより少ないのだけれど、それぞれの規定秒数は1級の基準(75m走/15秒、25m歩/15秒)で実施だった。



最初の4本くらいは1級基準で頑張ったのだけれど、このペースでは最後までついていけないと判断し、途中からは75m走を17秒くらい(その代わり25m歩は13秒)という形で最後まで完走。



給水休憩後は、プラクティカルトレーニング。



最初は、タッチライン沿いの際どいタッチジャッジの判定の練習。最初は副審のみ。2巡目は主審との連携もテーマ。



最初の副審のみの練習の際、トレーニングリーダーが主審の位置で赤または黄色のカードを瞬間的に頭上に掲げているのを確認して、その色をコールしながらタッチジャッジをシグナル。そうシグナルを出す前に、必ず主審を確認するという練習。



2巡目の主審との連携の練習では、副審が判断つかない場合にどのようにして主審との指し違いを防止するかということなどを練習。ま、試合前の打ち合わせである程度の取り決めをしておく必要があるのですが、アイコンタクトや旗の持つ手で副審の意見を伝える方法などを確認。ちょっと言葉ではうまく説明できませんが・・・。)



続いては、ペナルティーエリア付近でのディフェンスファウルの判定。



オフェンス役、ディフェンス役、審判(主審&副審)役の3チームに分かれ、ロールプレイング。ペナルティーアーク付近へ走り込むオフェンス役入る縦パスに対してディフェンス役がファウルして止める。主審は副審と協力をして、PKなのか直接フリーキックなのかを判断し、必要があれば懲戒罰も提示する。



2回ほど主審役を務めさせてもらうことができた。



1回目、パスが遅くなりゴールとの距離もそこそこあったので、フリーキックをコールしたあとイエローカードを提示したのだけれど、チェックしてくださった上級審判員(かつインストラクターなのだけれど)さんから、「確かに距離はありましたが、本当に決定的な得点の機会ではありませんでしたか?」と質問されて、気が付いた。



ボールおよびプレーの方向はゴールの方向だったし、そのディフェンダー以外に他の守備側選手はいない状況だった。ファウルがなければ確実にゴール前でゴールキーパーと1対1になっていた。う~ん、レッドカード相当でした。(涙)



2回目はディフェンス役がペナルティーエリア内でオフェンス役の後方から手で押さえてプレーを阻止したので、レッドカード提示。3重罰の対象外のプレーということで。



最後に、参加者全員でミニゲームを楽しんで、本日のトレーニングは終了。



 




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2018FIFAワールドカップロシア アジア最終予選(2017.03.28 日本代表 vs タイ代表)の公式記録ほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




AFCがUPしている公式ハイライト映像。




この試合の公式記録PDFはこちら。
http://www.jfa.jp/national_team/samuraiblue/worldcup2018_final_q/groupB/schedule_result/pdf/m20.pdf




AFCの公式記録はこちら。
http://www.the-afc.com/afcasfeeds?fixtureid=10244&stageid=404&tMode=H&view=ajax&show=matchsummary




Referee
KIM DONG JIN (KOREA REPUBLIC)

Assistant Referees
PARK SANGJUN (KOREA REPUBLIC)
PARK INSUN (KOREA REPUBLIC)

Fourth Official
KIM DAEYONG (KOREA REPUBLIC)

韓国の審判団。



キム・ドンジン主審によって提示されたカード類はなし。



後半40分付近の長友選手がPKをとられたシーン。皆さん納得されているのでいいのかな?



長友選手は、スリップしてクリアが空振りとなったことで転倒しました。転倒したままの状態から、相手競技者にボールをプレーさせないように自らのからだを相手競技者の前に投げ出した結果、相手競技者をタックルしたことでトリップさせる形になりました。



相手の前に身体を入れてるだけじゃん!という方がいらっしゃるかもしれませんが、身体の入れ方が悪いので反則となってしまいました。



長友選手の身体の入れ方は、「自らの身体を危険に晒す」プレーなので、競技規則上、反則と定義されています。



「危険な方法でのプレー」については、競技規則の「間接フリーキック」のところに記載されているのですが、「直接フリーキック」のところに、「身体的接触を伴う反則が起きたときは、直接フリーキックまたはペナルティーキックで 罰せられる」という文章が、2016/2017年度版の競技規則に追加されました。



単純にファウルタックルあるいはトリッピングと考えても間違いではないと思うのですが、それだと「長友選手のほうが蹴られたり踏まれたりしているじゃん!」という見方を明確に否定できないので、ここは、「身体的接触を伴う『(自らを危険に晒すという)危険な方法でプレー』をしたことで、タイにPKが与えられた」と考えるほうが、しっくりくると思います。(蹴られたり踏まれているのは、自らを危険に晒した結果なので、相手競技者が反則行為を犯した訳ではない。)



競技規則2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

2.間接フリーキック
(中略)

危険な方法でのプレー

危険な方法でプレーするとは、ボールをプレーしようとするとき、(自分を含む)競技者を負傷させることになるすべての行為であり、近くにいる相手競技者が負傷を恐れてプレーできないようにすることも含む。
(後略)




ただし、

1.直接フリーキック
(中略)

身体的接触を伴う反則が起きたときは、直接フリーキックまたはペナルティーキックで 罰せられる。
(後略)


という文章が効いてくるので、間接FKではなくPKが与えられました。



参考までに、2015/2016年度版までの記述を載せておきます。



競技規則 2015/2016 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

危険な方法でのプレー

危険な方法でプレーするとは、ボールをプレーしようとするとき、(自分を含む)競技者を負傷させることになるすべての行為である。この反則は、近くにいる相手競技者が負傷を恐れてプレーできないようにすることである。

主審が相手競技者に対して危険でないと判断した場合、シザーズキック、バイシクルキックは行うことができる。

危険な方法でのプレーには、競技者間の身体的接触がない。身体的接触があった場合、 直接フリーキックやペナルティーキックで罰せられる反則となる。身体的接触がある場合、主審は不正行為も犯される可能性が高いことを十分考慮しなければならない。

懲戒の罰則
●競技者が危険ではあるが〝通常の方法〟で相手に挑んだ場合、主審は懲戒の罰則を与えるべきでない。その行為により明らかに負傷を引き起こす可能性がある場合、主審は競技者を警告する。
●競技者が危険な方法でプレーすることにより、(相手競技者の)決定的な得点の機会を阻止した場合、主審は、その競技者に退場を命じる。




本日はカードの提示がなかったので、PKとなったシーンを掘り下げてみました。



 





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

(問題)オフサイド? or オンサイド? 【CLIP06】

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




皆さんフラッシュラグ錯視の補正ができるようになってきましたか?



本日も、過去記事 「米国プロ審判協会版のオフサイド判定テスト」 で紹介した、米国プロ審判協会が作成したオフサイドの判定テストの映像の紹介です。



ファイルサイズの関係で映像が少し小さいので、よ~く目を凝らしてご覧ください。
赤い服の選手がオフェンス役、黄色い服の選手がディフェンス役です



(クリックでGIF動画がスタートします。動画は2回だけ繰り返します。)



あなたの判断は?(どなたでもご参加いただけます。)

1)間違いなくオフサイドであると判断しフラグアップ。
2)オフサイドのような気がするのでフラグアップ。
3)オフサイドではないような気がするので何もしない。
4)間違いなくオンサイド。何もしない。



回答の入力にご協力ください。







正解の前に、本日もバナークリックのご協力のお願いです。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですか?




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 下の正解をご覧になる前に必ずバナークリックをお願いいたします。





それでは、正解です。



正解は「オンサイド」です。



(クリックで解説映像が2回流れます。)



皆さん正解を選ぶことができましたか?



念のため、元の動画の問題側の映像をGIF化してオフサイド判定の瞬間の映像にウェイトをかけたものをUPしておきます。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 記事の作成にかなり手間がかかっているのでクリックのご協力をぜひ。
  


  ← Sサイズの方必見!



☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

作業記録(ウッドデッキ)





本日は、昨日の続きで大会の2日目だったのだけれど、審判は担当しなかったので(PK戦の主審は何本か担当しましたが・・・)、サッカーとは関係のないお話です。



ほぼ自分用のメモですので、サッカー関係の記事をお読みになりたい方は、

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ または
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

のどちらかに登録されているブログなどをご覧ください。



過去記事 「igarden アイガーデン ウッドデッキ2点セット という商品」 で仮置き状態にしたウッドデッキのお話の続きです。



wooddeck_004.jpg

砂利を引っ剥がして、ホームセンターで購入した防草シートを敷いて、雑草対策。



amazon ではこちらの防草シート



がベストセラーになってます。



ピンコロの上にウッドデッキを置いて、水準器


シンワ測定 ブルーレベル マグネット無し 300mm 76370
シンワ測定
売り上げランキング: 483
 を置いて水平チェック。




wooddeck_005.jpg




でも、まだ仮置きです。

wooddeck_006.jpg

訳あって少し窓と距離を取りたいので、その距離をどの程度にするのか思案中。



その距離を決めるのと、もう一つ「割れ」

wooddeck_007.jpg

の問題も残っています。



そのうち作業したら、また記録に残しておこうと思います。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2017/03/25) 主審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、わが団が幹事チームの1チームになっている4種のとある大会の主審を1本担当。



8人制だったけれど、審判は3人制。副審はわが団のAコーチとSコーチ。Aコーチは何度もペアを組んだことがある方なのだけれど、Sコーチは今年度からコーチになられた若い指導者で、副審の経験もほとんどない方。(といっても、サッカー選手としては経験豊富な方。)



ということで、Sコーチとは試合前に旗の持ち方、シグナルの仕方というごく基本的な副審の動作からレクチャー開始。その後、オフサイド関連のところを入念に打ち合わせ。



試合の序盤はSコーチの動きやオフサイドラインキープの状況などにやや注意を払って見ていたが、まったく問題はなかった。きちんとアイコンタクトをとってくれたし、ゴールキック/コーナーキックのシグナルもきちんとゴールライン(コーナーエリア)まで走り切ってからシグナルしてくださっていた。



試合中の出来事を少々。



前半、前線のFWに送られたボールがやや長いものだった。ボールと相手攻撃側競技者の間に身体を割り込ませたDFがボールが自身のプレイエリアからかなり外れた状態になっているにもかかわらず、相手FWを身体的な接触を用いてブロック。いわゆる接触ありのインピーディング。



ということで、ファウル認定して、直接フリーキックを与えた。キッカーから守備側選手の壁が近いというアピールが入ったので、セレモニー形式でフリーキックを行うべく、歩測。



セレモニー形式でフリーキックを行ったのはこの1回のみ。



後半開始直後、左サイドからのシュート(もしかしたらクロスだったかも)を横っ飛びしてパンチングでクリアしたゴールキーパーの倒れ込んだところに、ちょうど運悪く相手FWが飛び込んで来ていた。そのFWのひざあたりにGKの頭が接触。両者が負傷で動けなくなったしまった。



GKのセーブ後に遅れてFWが飛び込んだのであれば、レイトチャージもしくはレイトタックルとしてイエローカードで警告する必要があるのだけれど、今回はどちらかというとクリアしたGKが倒れ込んだところに、たまたまFWのひざがあったという感じ。でも、ボールに触れたのはGKだけでFWはボールにまったく触れることが出来ていないので、一応、FWのファウルチャージを認定。



即座に、両チームの指導者をピッチ内に招き入れ、両選手のケアをしてもらった。GKは脳震盪を起こしていないか心配したが、問題なさそうだった。FWは一時的にピッチから退出させたが、こちらもすぐに復帰。



一瞬ヒヤッとしたけれど、大きなけがにはならなくて良かった良かった。



といったところが、本日の主な出来事。



ZAMST(ザムスト) IW-1アイシングセット 肘・膝・足首用 378301
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 776
 ← 冬季でもアイシング用品を用意しておいてあげてよ~、と言いたかった私。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2018FIFAワールドカップロシア アジア最終予選(2017.03.23 UAE代表 vs 日本代表)の公式記録ほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



AFCがUPしている公式ハイライト映像。





日本で開催されていないため、日本語版の公式記録PFDはありません。マッチページのみ。

http://www.jfa.jp/samuraiblue/worldcup2018_final_q/groupB/match_page/m17.html



AFCの公式記録はこちら。

http://www.the-afc.com/afcasfeeds?fixtureid=10241&stageid=404&tMode=H&view=ajax&show=matchsummary




Referee
RAVSHAN IRMATOV (UZBEKISTAN)

Assistant Referees
ABDUKHAMIDULLO RASULOV (UZBEKISTAN)
JAKHONGIR SAIDOV (UZBEKISTAN)

Fourth Official
PISLEGIN DMITRIY (UZBEKISTAN)

ウズベキスタンの審判団。
アジアNo1.レフェリーの呼び声高いイルマトフさんだったので、安心でした。



イルマトフ主審が試合中に提示したイエローカードを確認しておきます。



前半32分27秒付近。

UAE代表21番(オマル・アブドゥルラフマン選手)に出されたイエローカードはラフプレー。ボールを捕球する体勢に入っていた日本代表1番(川島永嗣選手)に対して、スパイクの裏を向けて突進したことが、無謀なキッキングと判断されました。



後半8分17秒付近。

ちょっとごちゃごちゃしていたシーン。



先にボールの落下点に入ってジャンプしてヘディングしようとしていた日本代表8番(原口元気選手)を、その後方から遅れて争点に入ってきたUAE代表9番(アブドゥルアジズ・フセイン・ハイカル選手)がジャンピングアットしたところで主審がファウル認定。



ファウル認定によってアウトオブプレーになっていたのを知っていてか知らずにか日本代表15番(大迫勇也選手)がそのままボールをキープしてプレーを継続。そのボールを奪うために、UAE代表8番(ハムダン・アルカマリ選手)が大迫選手を突き飛ばした行為が、反スポーツ的行為(• サッカーに対してリスペクトに欠ける行為を行う。 )に該当するという判断。



派手に突き飛ばしているので、「乱暴な行為」として「退場」処分になる可能性もあったのですが、笛が鳴っていたにも関わらずプレーを止めなかった大迫選手にも責任の一部が存在しているということで、「警告(反スポーツ的行為)」止まりになったと推測します。





後半9分13秒付近。

日本代表14番(久保裕也選手)に出されたイエローカードはラフプレー。UAE代表15番(イスマイール・アルハマディ選手)の斜め後方から無謀なタックルを実施したという判断だと思います。



反スポーツ的行為(チャンス潰し)の可能性もありますが、UAEのカウンターのチャンスであったことは間違いはないのだけれど、場所的および他の守備の選手(山口選手など)がじゅうぶん対応できる状態だったことを考えるとラフプレーのほうをとっているのではないか、と感じます。



後半13分54秒付近。

UAE代表9番(アブドゥルアジズ・フセイン・ハイカル選手)に出されたイエローカードは反スポーツ的行為。戦術的に日本代表8番(原口元気選手)の後方から抱きついて押さえたプレー。



分かりやすい文章が2016/2017年度版の競技規則から消えてしまったので、2015/2016年度版の文章を掲載しておきます。

●相手競技者を押さえて、相手競技者がボールを保持すること、または有利な位置を得 ようとすることを妨げる競技者は、反スポーツ的行為で警告されなければならない。 (競技規則2015/2016 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為 「相手競技者を押さえる」 懲戒の罰則 より)



後半35分51秒付近。

UAE代表16番(モハメド・アルラキ選手)に出されたイエローカードは、恐らく異議。

後半35分42秒付近に、モハメド・アルラキ選手が、負傷した日本代表15番(大迫勇也選手)のケアをしているイルマトフ主審のところにやってきて何か言っているのが確認できます。主審がそれ以上の異議を認めないようなジェスチャーをしたのが確認できたあと画面が岡崎選手に切り替わった直後に主審の笛が聞こえます。



で、画面が主審のところに切り替わった後半35分58秒付近に、主審がイエローカードへの記入を終えています。なので、恐らく異議で間違いないでしょう。



このイエローカードに関しては、実況&解説はもちろん画面のテロップもなし。誰も気づいてないんか~い。
ったくもう。

(ちなみに、BSのNHKでは、グランドレベルにいた(?)レポーターからきちんと異議でイエローカードが出たことが報告されてました。)







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

主審によるオフサイドを示すフラグアップのキャンセル ・・・ Play of the Week 2017 Week 2


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




誰に向けたお話で話をすすめましょうか。



選手に向けた形で話を進めます。



オフサイドの反則が成立するには、味方競技者がパスしたまたは触れたボールをオフサイドポジションにいた攻撃側競技者が受け取ると、オフサイドの反則が成立します。



オフサイドポジションにいること自体は反則ではありません。ですので、オフサイドポジションにいて相手競技者がプレーしたボールを直接受け取った場合は、当然オフサイドの反則にはなりません。



争点(ボール)を適正な場所で監視している主審には、どちらの選手がどのように触れたボールなのかは明白であっても、オフサイドラインキープしている副審の位置からは、誰がどのように触れたボールなのかが判断できないケースがあります。(特にボールがレフェリーサイドにある場合)



審判団は試合前に、「オフサイドポジションにいた攻撃側競技者が受け取ったボールの出所が副審の位置から確認できなかった場合、念のためフラグアップする。」というような打ち合わせをしておくことが多いです。



そして、主審が守備側競技者によって意図的にプレーされたボールをオフサイドポジションにいた攻撃側競技者が受け取ったと判断した場合、主審が副審のフラグアップをキャンセルする、という形になります。



ですので、副審がオフサイドのフラグアップをしても、主審がキャンセルする可能性がじゅうぶんあるので、副審がフラグアップをしてもすぐにプレーを止めず、主審の笛がなってからプレーを止めましょう。>選手(特にディフェンダー系)の皆様へ。



というような映像です。では映像をどうぞ。






米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 2: Offside – Referees’ responsibility




ノーズマスクピットR 14個入
バイオインターナショナル (2011-12-13)
売り上げランキング: 1,095





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

(問題)オフサイド? or オンサイド? 【CLIP05】

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ





本日も、過去記事 「米国プロ審判協会版のオフサイド判定テスト」 で紹介した、米国プロ審判協会が作成したオフサイドの判定テストの映像の紹介です。



ファイルサイズの関係で映像が少し小さいので、よ~く目を凝らしてご覧ください。
赤い服の選手がオフェンス役、黄色い服の選手がディフェンス役です



(クリックでGIF動画がスタートします。動画は2回だけ繰り返します。)



これまでCLIP01からCLIP04まで4問紹介しましたが、正解率が低いです。



まず、目が錯覚しているということを認識する必要があります。(フラッシュラグ錯視、フラッシュラグ効果)。ですので、フラッシュラグの補正をしなければなりません。CLIP01~04の映像でどの程度の補正が必要なのか、ということをご確認ください。



そして更に、過去記事を1つ紹介しておきます。

「「if doubt no flag」 という言葉。」

このリンク先の記事をご確認ください。



フラッシュラグ錯視の補正と、「if doubt no flag.」。



この2点を踏まえた上で、あなたの判断は?(どなたでもご参加いただけます。)

1)間違いなくオフサイドであると判断しフラグアップ。
2)オフサイドのような気がするのでフラグアップ。
3)オフサイドではないような気がするので何もしない。
4)間違いなくオンサイド。何もしない。



回答の入力にご協力ください。







正解の前に、本日もバナークリックのご協力のお願いです。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですか?




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 下の正解をご覧になる前に必ずバナークリックをお願いいたします。





それでは、正解です。



正解は「オンサイド」です。



(クリックで解説映像が2回流れます。)



かなり「オンサイド」を選択するように誘導したつもりですが、皆さん正解を選びましたか?



まだオフサイドに見えてしまうという方は、「目は錯覚を起こしている。補正が必要なんだ。」 ということを意識して映像をご覧になり、実際の現場でもフラッシュラグ錯視を補正した上でオフサイドの判定を行ってください。

(実際の現場では、DFがFWと同じ方向に動いているケースも多いので、フラッシュラグ錯視の補正が必要なケースはそれほど多くはありませんが、まったく無い訳ではありません。)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 記事の作成にかなり手間がかかっているのでクリックのご協力をぜひ。
  


ダヴ ボディウォッシュ プレミアム モイスチャーケア つめかえ用 360g×4個セット
ユニリーバ・ジャパン (2016-10-05)
売り上げランキング: 68
 




☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆