3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
第4の審判員の備え ・・・ Play of the Week 2017 Week 10


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




Play of the Week 2017 の Week 10 では、第4の審判員に関する内容です。



第4の審判員の主な任務は、なんらかの理由で他の審判員がその任務を継続できなくなった時に、代わりを務めることです。




この映像、試合の88分過ぎに、ラフプレーで2枚目のイエローカードと同時にレッドカードが提示されているだけなのですが、実はこの主審、このプレーの10分前に主審から任務を引き継いだ第4の審判員を務めていた方でした。



代わりを務めるということは、それまでの主審が提示したイエローカードもきちんと把握していなければならない、ということです。



ま、普通は主審がカードを提示した場合、第4の審判員だけでなく、副審も予備的に記録を取るように指導されているので、3級以上の審判員資格を持っている方にとっては、当たり前といえば当たり前のお話なのですけれど・・・。(4種のお父さん審判員さんで、副審を務めている際に、得点の記録さえも予備的に取っている方をあまり見かけませんが・・・。)



ちなみに、日本国内での試合において、日本サッカー協会が主催する試合において、主審と2人の副審が1級審判員で、第4の審判員が2級審判員が務めていた場合、2級審判員は主審を務めることができないので、どちらかの副審が主審の任務を引き継ぎ、第4の審判員を務めていた2級審判員が主審となった副審の代わりに副審の任務を引き継ぎます。



というのも、2級審判員は日本サッカー協会が主催する試合の副審を務めることはできますが、主審を務めることはできないので。



続いて。第4の審判員が副審の任務を引き継いだ例。



こちらも、副審の任務を引き継いだあとに際どいオフサイドの判定を完璧に見極めています。



ちなみに、この副審の任務を引き継いだ方は、Caleb Mendez さん で、米国プロ審判協会では、第4の審判員としての登録のようです。



Jリーグの場合、第4の審判員は通常、主審系の方がアサインされるのですが、MLSの場合は4th Official 登録の方と主審登録の方が担当されるようです。もちろん、4th Official 登録の方も米国国内の資格としては、日本における1級審判員相当の資格をお持ちだと思われます。



米国プロ審判協会としては、こういうケースに備え、主審にもプレシーズンのフレンドリーマッチなどで年に数回は副審の練習をするよう推奨しているようです。




molten(モルテン) レフェリーグッズ 選手交代ボード PCB
molten(モルテン) (2011-11-21)
売り上げランキング: 192,143




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
(問題)オフサイド? or オンサイド? 【CLIP13】

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




久しぶりにフラッシュラグ錯視の補正のトレーニングをどうぞ。



過去記事 「米国プロ審判協会版のオフサイド判定テスト」 で紹介した、米国プロ審判協会が作成したオフサイドの判定テストの映像の紹介です。



だんだん、実際の試合でよくみかけるシーンに近いパターンになってきました。



ファイルサイズの関係で映像が少し小さいので、よ~く目を凝らしてご覧ください。
赤い服の選手がオフェンス役、黄色い服の選手がディフェンス役です。今回の映像は、現場でもありがちなディフェンス役の動きです。



(クリックでGIF動画がスタートします。動画は2回だけ繰り返します。)




あなたの判断は?(どなたでもご参加いただけます。)

1)間違いなくオフサイドであると判断しフラグアップ。
2)オフサイドのような気がするのでフラグアップ。
3)オフサイドではないような気がするので何もしない。
4)間違いなくオンサイド。何もしない。



回答の入力にご協力ください。







正解の前に、本日もバナークリックのご協力のお願いです。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですか?




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 下の正解をご覧になる前に必ずバナークリックをお願いいたします。





それでは、正解です。



正解は「オンサイド」です。きちんと判定できましたか?



(クリックで解説映像が2回流れます。)



今回も、元の動画の問題側の映像をGIF化してオフサイド判定の瞬間の映像にウェイトをかけたものをUPしておきます。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 記事の作成にかなり手間がかかっているのでクリックのご協力をぜひ。
  


[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS TIMERS11国内メーカー1年保証つき  RFT-100-1JF
CASIO(カシオ) (2007-03-22)
売り上げランキング: 41
  ←安定のレフェリーウォッチ




☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

プレーするつもりがなくても当たってしまえばオフサイド ・・・ Play of the Week 2017 Week 9


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ





競技規則 2016/2017 第11条 オフサイド

2. オフサイドの反則

ボールが味方競技者によってプレーされたか触られた瞬間にオフサイドポジションにいる競技者は、次のいずれかによってそのときのプレーにかかわっている場合にのみ罰せられる:
• 味方競技者がパスした、または、触れたボールをプレーする、または、触れることによってプレーを妨害する。または、
(中略)



と、定義されているので、本人にがっつりプレーして触れるつもりがなくても、ボールに当たって(触れて)しまうとオフサイドの反則が成立してしまいます。



今回のケースの場合、主審はオフサイドポジションにいたと思われる選手にボールが当たってオフサイドの反則が成立したと感じていますが、副審からの明確なシグナルがありませんでした。



副審がシグナルできなかった大きな理由としては2つ。
1)本来、ゴールラインから数えて2人めの守備側競技者と同じレベルについていなければならない(いわゆる、オフサイドライン・キープ)が、オフサイドポジションにいた攻撃側競技者と同じレベルに位置してしまっていた。
2)オンサイド側から放たれたシュートがオフサイドポジションにいた攻撃側競技者に当たったことが明確には認識できなかった。



これらの複雑なジグソーのピースを正しく合わせて正しい決定に達している、素晴らしい例、だと米国プロ審判協会は絶賛しています。



ちなみに、映像の先頭から39秒付近にバニシング・スプレーのラインが確認できます。試合中に主審が副審のところに行くと、しばしば選手が追いついてきて、判定に影響を与えかねない状況に陥ります。



映像の主審は、副審から10ヤード離れた位置にバニシング・スプレーでラインを描き、両チームの選手に対して、そのラインを越えるとイエローカードで警告となるということを伝えて、選手が近寄ることを排除しています。



米国プロ審判協会は、主審はバニシング・スプレーの使い方の新しいトレンドを作ったかも、と好印象の様子です。



日本代表の試合やJリーグでこのようなバニシング・スプレーの使い方を見る日が来るかもしれませんね。



モルテン バニシングスプレーホルダー
モルテン
売り上げランキング: 457,713





米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 9: Offside - referee awareness



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2017/05/21) 主審 × 2.5


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、三男の部活のホームグランドでの練習試合の主審を5本(すべて25分ハーフ)担当。



というのも、対戦相手は、私がお手伝いしている少年団と付き合いのあるクラブチームのジュニア・ユースのチーム。先日、わが団主催の招待試合に来られた際、そのチームを引率されていたコーチに、三男が中学の部活でサッカーをしていることを話したら、ぜひ中体連のチームを紹介してほしい、ということだったので、顧問の先生に預かった名刺を渡しておいたのだけれど、先生がコンタクトをとってくださって、今日の練習試合が実現。



朝からクラブのバスで遠征に来てくれた。



ただ、主力選手数名が修学旅行で不在だったのが残念でした。実は、その修学旅行で不在だった選手たちが、わが団のOBの選手たちと顔見知りで、残念ながら今回は旧交を温めることができませんでした。



ということで、朝から25分ハーフのゲームをトータルで10本。うち、4,5.8,9,10の5本を担当。



と、まぁ125分主審を担当したものの、アドバンテージの適用が3~4回くらいで、PKもイエローカードもありませんでした。



三男のチームの選手が相手ペナルティーエリア内にドリブルで切り込んでいった際、守備側の選手がユニフォームを引っ張ってプレーを邪魔しようと試みた。明らかに戦術的に、露骨に引っ張っているので、瞬間的に警告+PKをコールすることも考えたのだけれど、その選手は構わずドリブルでゴールキーパーのほうに突進していく気配を感じたため、ほんの少しWait&See。(ペナの内なので、アドバンテージのコールはなし。)



シュートのタイミングで引っ張られている影響が残っていて、そのせいでシュートが外れたり、ゴールキーパーにセーブされた時点でPKのコールにしようと考えていたのだけれど、ユニフォームを引っ張るディフェンダーを振り切って放たれたボールは見事ゴールに吸い込まれた。



ということで、ゴールをコールしたのち、自陣ペナルティーエリア内で相手競技者のユニフォームを引っ張った選手のところに行き、得点につながったので、警告はしなけれど、もしシュートが外れたりゴールキーパーにセーブされていた場合、警告+PKをとられても文句が言えないプレーだったので、気を付けるように、という厳重注意のみ実施。



といたところが本日の主な内容。







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

競技規則 2017/2018 の英語版の改正案の最終版がIFABのサイトにUPされました


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



かつーさんのところで、日本協会のサイトにUPされている通達、

2017/18年サッカー競技規則の改正について [17.05.18]

が紹介されています。今回の改正のポイントに関しては、かつーさんのところで詳しく紹介されているので、ぜひそちらでご覧になってください。



例年、英語版の競技規則が6月上旬にFIFAのサイトに、日本語版は8月上旬に日本協会のサイトにUPされるので、UPされたのを確認後、記事で紹介しています。



しかし、IFABのサイトには、2017/2018年度版の英語版の競技規則が、5/9付けでUPされていました。



UPされているサイトはこちら。
LAWS OF THE GAME 2017/18 INCL. LATEST CHANGES AND ADDITIONAL EXPLANATORY DOCUMENTS



ファイルへの直リンクはこちら。
Laws of the Game 2017/18 - English

(ファイル名をチェックすると、修正版のファイナル版という位置付けのファイルのようです。)



一刻も早く、英語版の修正版を読みたい!という方向けに紹介しておきます。



紹介はしますが、私はまだ英語版に目を通すつもりはございません。ですので、この英語版の内容に関する質問はこの記事のコメント欄に書き込まないでくださいませ。w




 ← 今ならクーポンコード入力で割引価格に!



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2017/05/20) U8 U7


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、所用で2時15分までしか練習に参加できないということで、Sコーチが担当する低学年(2年生&1年生)の練習をサポート。



最初は、ボールを使った運動神経刺激系メニュー。私は新入団の1年生を中心にサポート。



2時からはシュート練習。私はゴールキーパー役としてゴール前に立った。1年生はまだまだだけど、2年生は何人かしっかりボールをとらえることができていた。うち2人くらいは、私のいない方向・コースに蹴ることができていた。



シュート練習はまだまだ続いていたのだけれど、時間になったため、練習場所を後にした。



ジュニアサッカー 監督・コーチ入門

池田書店
売り上げランキング: 143,261





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

よく見てたなぁ ・・・ PKの2度蹴り (Manchester City vs Leicester 2017/05/13 の試合から)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






上の映像では、キッカーが足を滑らせただけのように見えますが、実は、





滑ってボールより前に出ていた軸足に効き足で蹴られたボールが当たっているので、反則になります。



競技規則を確認しておきます。

競技規則 2016/2017 第14条 ペナルティーキック

1.進め方
(中略)
ボールは、けられて明らかに動いたときインプレーとなる。
他の競技者がボールに触れるまで、キッカーは再びボールをプレーしてはならない。
(後略)


本人に2度ボールに触れる意志がなくても当たってしまっているので、2度プレーしたと見なされます。



基本的にサッカーでは、リスタートに携わった選手が連続してボールに触れてはいけない、というルールがあります。(詳しくは、過去記事 「リスタート者がインプレー後に続けてボールに触れてしまったら・・・」 参照。



分かりやすい2度蹴りなら、誰でも気が付くのですが、上の映像のように、瞬間的に2度連続して触れた場合と、ゴールポストあるいはクロスバーから跳ね返ったボールに触れた場合は、見逃してしまいがちですので、皆さん現場でお気を付けください。



ちなみに、ゴールポストやクロスバーから跳ね返るのはペナルティーキックの時だけとは限りません、フリーキックやコーナーキックでも起こりうるので、注意が必要です。





上の映像は、2014.10.14 日本代表 vs ブラジル代表 の親善試合で起きた出来事です(ちなみに、主審は見逃しています。過去記事  「サッカーにはリスタート者が連続してボールに触れちゃいけない、というルールが存在する」 参照。)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 今日の記事は参考になったよ、という方は、すみませんがクリックのご協力を。



☆ 関連記事 ☆

「リスタート者がインプレー後に続けてボールに触れてしまったら・・・」

「サッカーにはリスタート者が連続してボールに触れちゃいけない、というルールが存在する」







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

決定機の阻止のサンプル(その5)(2017 J2 第12節 金沢 vs 千葉)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



同じ試合で、同じ理由で別のレッドカードが出ています。(昨日付けの記事 「決定機の阻止のサンプル(その4)(2017 J2 第12節 金沢 vs 千葉)」 参照)




2017明治安田生命J2リーグ 第12節 退場に伴う若狭 大志選手(千葉)の出場停止処分について

【処分理由】
2017年5月7日(日)2017明治安田生命J2リーグ 第12節(ツエーゲン金沢 vs ジェフユナイテッド千葉)の試合において若狭 大志選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、
同選手は相手選手の決定的な得点機会を反則行為により阻止したことから、「著しい反則行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする。






Jリーグ公式チャンネルのハイライト映像には、拡大リプレイがないので、若狭大志選手が相手競技者を押さえているのか押しているのかがはっきりしませんが、、少なくとも自分ではボールをプレーできる可能性がないので、例え反則が行われた場所がペナルティーエリア内であっても、レッドカードが提示されます。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、意図的にボールを手や腕で扱う反則により、相手チームの得点、または、決定的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所に関わらず、その競技者は退場を命 じられる。

競技者が自分のペナルティーエリア内で相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、反則を犯した競技者は、次の場合を除き警告される:
• 相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則の場合。あるいは、
• 反則を犯した競技者がボールをプレーしようとしていない、または、その競技者が ボールに挑む可能性がない。あるいは、
• 反則がフィールド上のどこであってもレッドカードで罰せられるものであるとき(例 えば、著しく不正なプレー、乱暴な行為など)。

上記の状況すべてにおいて、その競技者は退場となる。

次の状況を考慮に入れなければならない:
• 反則とゴールとの距離
• プレーの方向
• ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
• 守備側競技者の位置と数



この試合の公式試合データはこちら。
2017 J2 第12節 金沢 vs 千葉



上記GIF動画の元になっているJリーグ公式チャンネルがUPしている公式ハイライト映像はこちら。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。


アンブロ レフリー3点セット BLK UAS6608S
デサント
売り上げランキング: 26,525



  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

決定機の阻止のサンプル(その4)(2017 J2 第12節 金沢 vs 千葉)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2017明治安田生命J2リーグ 第12節 退場に伴う野田 紘史選手(金沢)の出場停止処分について

【処分理由】
2017年5月7日(日)2017明治安田生命J2リーグ 第12節(ツエーゲン金沢 vs ジェフユナイテッド千葉)の試合において野田 紘史選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、
同選手は相手選手の決定的な得点機会を反則行為により阻止したことから、「著しい反則行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする。






金沢の5番(太田 康介選手)がプレーの方向がゴール方向から逸れているというようなアピールをしているように見えます。(あくまで私個人の推測です。)



確かにプレーの方向が少しゴール方向からずれているようにも感じられるのですが、ゴールキーパーがそれほど前に出てきてはいない状況であるため、じゅうぶんゴール方向に軌道を修正できる余裕(スペース)があったという判断だと思います。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、意図的にボールを手や腕で扱う反則により、相手チームの得点、または、決定的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所に関わらず、その競技者は退場を命 じられる。

競技者が自分のペナルティーエリア内で相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、反則を犯した競技者は、次の場合を除き警告される:
• 相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則の場合。あるいは、
• 反則を犯した競技者がボールをプレーしようとしていない、または、その競技者が ボールに挑む可能性がない。あるいは、
• 反則がフィールド上のどこであってもレッドカードで罰せられるものであるとき(例 えば、著しく不正なプレー、乱暴な行為など)。

上記の状況すべてにおいて、その競技者は退場となる。

次の状況を考慮に入れなければならない:
• 反則とゴールとの距離
• プレーの方向
• ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
• 守備側競技者の位置と数





この試合の公式試合データはこちら。
2017 J2 第12節 金沢 vs 千葉




上記GIF動画の元になっているJリーグ公式チャンネルがUPしている公式ハイライト映像はこちら。





[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード W-735H-1AJF メンズ
CASIO(カシオ) (2014-10-17)
売り上げランキング: 940




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

アドバンテージの適用とクイックリスタート ・・・ Play of the Week 2017 Week 8


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




この週の米国プロ審判協会の記事ではファウルが行われたあとの主審の対応に関する映像が3本UPされています。それぞれの映像をご覧になって、米国プロ審判協会が何を言いたいのかを考えてみてください。考えることで、あなたのレフェリング力の向上につながると思いますので、ぜひ。



映像のあとに、ところどころ米国プロ審判協会の文章を挟む形で紹介したいと思います。(訳すのが難しい部分があるので、この記事の中では全文は紹介いたしません。



元記事の全文をご覧になりたい方は、元記事をご覧ください。



まずは、1つめの映像。



守備側競技者の手にボールが当たりますが、ドリブルしていた攻撃側競技者がそのままボールをキープできたのを確認した主審は、アドバンテージを適用しました。その結果、アウトオブプレーを経由することなく得点が生まれました。

an example of every referee’s dream!

と大絶賛しています。



続いて、2つめの映像。



アドバンテージを適用しても良さそうなシーン。



アドバンテージを適用しても、それほど得点が生まれる可能性は高そうではない。ファウルされたチームが相手チームより2点上回った状態で、試合の時間帯としてはのこり7分+αといったところ。



この状態で、ファウルされたチームにとって、何が「より有利」になるのかを考える必要がある。



確実に取れるとは言い切れない3点目につながる攻撃を許可するのと、通常再開までに1分程度はかかってしまう、セレモニー形式でのフリーキックの権利を与え、確実に残り時間を減らしてから、更に3点目を目指すプレーをさせる(セットプレーにはなるが、フリーキックから直接相手ゴール前にボールを供給することで、ある程度のチャンスになる)ほうが良いのか。



There is also a case to consider the following: 
(以下のようなケースも考慮する必要がある。)

- State of the match? (e.g. score and time) 
(試合の状態(得点状況や残り時間など)
- Referee’s Match Control? 
(主審のゲームコントロール、つまり荒れ始める予兆・気配やゲームの雰囲気など)
- What does the offended team want?
(ファウルされたチームが何を望んでいるか、例えば負けているなら素早い再開、勝っているなら時間の消費など)



試合の温度が上昇し過ぎないように、あえて「間」を取ることも。
(このあたりのことまで試合中に瞬時に判断できなければ、2級や1級にはなれないのかもしれませんね。)



最後の映像。



先の2つの映像の主審の判断に対しては、評価をしている形でしたが、この映像に関しては疑問を投げかけています。



競技規則の 第12条に
カードの提示とプレーの再開
主審が警告または退場と判断した場合、懲戒処置を実施し終えるまでプレーを再開させてはならない。

とあるので、一旦主審が懲戒罰を提示すると決めたなら、イエローカードやレッドカードの提示が終わるまで、プレーを再開させることはできないのですが、上のケースの場合、本当にイエローカードで警告すべきファウルだったのかどうか。



競技者の安全が明らかに脅かされるようなファウルの場合、(負傷の程度を確認する必要があるケースも存在するので)競技者はイエローまたはレッドカードが提示されるべきだが、今回のケースの場合、「明らかにイエロー」というようなファウルではなかった。



米国プロ審判協会は、元記事の中で

This was not an unequivocal yellow card, though, so if the referee had allowed the play to proceed and a goal was scored this would have been regarded as amazing vision and utilization of the advantage clause from the referee.
(しかしこのケースの場合、明白なイエローカードではなかったので、もし主審がプレーを続けること(クイックリスタート)を認めていれば、主審によるアドバンテージ項目の利用(=クイックリスタートの承認)からの驚くべきビジョンとしてのゴールが生まれていたことでしょう。)

Galaxy would have been delighted and there wouldn’t have been any complaints from the Sounders either.
(Galaxy は大喜びしただろうし、見ている人からの苦情もなかっただろう。)

というような見解を示しています。




米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 8: Advantage and quick free-kicks







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆