3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2017/05/03) 主審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



連休の初日、三男の部活の練習試合の配車当番(午後は団の練習があったため、往路のみ担当)のついでに、練習試合の主審を1本担当。



試合時間は25-5-25。副審は三男のチームの2年生の選手たち。



いつもの通り、ポケットにはイエロー&レッドカードを準備して担当するも、カードの提示はなし。



ただ、前半、相手チームのディフェンス系の選手が、オフサイドの再開場所をしっかり示さなかったA2に対して、ややイラついた態度を示した。



そりゃあ、細かい打ち合わせしていないし、そもそも4級審判員資格を取得しているかも不明なので、そこまで期待するほうが無理ってもの。



ということで、「あ、いいよ、(再開場所は)こっち(主審)側で指示するからっ」と声掛けして対応。あんまりしつこく副審に対して不満をあらわにするようであれば、審判員に対する異議としてイエローカードで警告することも考えたが、それ以上激しい不満の表情は確認できなかったので、カード提示はなし。



ま、他校の下級生とはいえ、その試合の副審を務めてくれている選手に対するリスペクトが足りませんね。



もしかすると、その前にそのA2を担当してくれた選手のオフサイドのフラグアップをキャンセルしてフラグを下げさせた(ディフェンスの選手が意図的にヘディングしたボールをオフサイドポジションにいた攻撃側選手が受け取った)シーンで、オフサイドにならなかったことを、私のフラグキャンセルの指示があったことを知らずに、勝手に不信感を募らせたのかも。



フラグアップを予測していた私は、副審のフラグアップを速攻でキャンセルし、そのキャンセル指示をすぐさま理解してくれて、フラグはすぐに下げられたので、守備側選手にしてみればなぜオフサイドのフラグアップがないのか、と思うのも仕方がないかも。



ただ、残念ながらきわめて正しい判定が行われていたので、もしその判定に対して恨みを抱いているのであれば、逆恨みでしかないのだけれどね。



といったところが、本日の主な内容。



最新版 覚えやすい サッカールールブック (学研スポーツブックス)
三村 高之
学研プラス
売り上げランキング: 42,494





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト