3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ハンドリングによる決定機の阻止はこれまでもそしてこれからもレッドカード ・・・ Play of the Week 2017 Week 7


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







明確に手がボールの方向に動いたとは言い切れないように感じますが、当たることを期待して上げられた(広げられた)手であると判断されても文句が言えない位置に手があります。



ゴールキーパーは先のシュートに反応して右側のポストのところにいる状態だったので、このハンドリングは完全に「得点の阻止」と言えるでしょう。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

得点、または、決定的な得点の機会の阻止
競技者が、意図的にボールを手や腕で扱う反則により、相手チームの得点、または、決定的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所に関わらず、その競技者は退場を命 じられる。

(後略)


この文章には、例外規定はありません。



例外規定があるのは、ペナルティーエリア内で守備側競技者があくまでボールをプレーしようとした動きの中で、相手競技者に反則を犯してしまった場合のみです。(詳しくは、過去記事 「内?外?懲戒罰は? ・・・ Play of the Week 2017 Week 6」 をご覧ください。)



米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 7: DOGSO Law change - Handball



☆ 関連記事 ☆

「内?外?懲戒罰は? ・・・ Play of the Week 2017 Week 6」




↑レフェリーウェアではありませんので、あしからず。


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト