3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2018 FIFA World Cup Russia に向けたレフェリーの取り組み


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



日本代表を含む各国の代表が最終予選を戦っています。



国際審判員の皆さんも、大会に向けて頑張っている様子が、FIFAのサイトにUPされていました。



記事の中で紹介されている映像のリンクを貼っておきます。このブログ上では再生できないので、youtube上で再生してご覧ください。



FIFAの元記事はこちら。
Referees' road to Russia continues









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
(問題)オフサイド? or オンサイド? 【CLIP17】

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日はフラッシュラグ錯視の補正のトレーニングをどうぞ。



(過去記事 「米国プロ審判協会版のオフサイド判定テスト」 で紹介した、米国プロ審判協会が作成したオフサイドの判定テストの映像の紹介です。)



ファイルサイズの関係で映像が少し小さいので、よ~く目を凝らしてご覧ください。
赤い服の選手がオフェンス役、黄色い服の選手がディフェンス役です。



(クリックでGIF動画がスタートします。動画は2回だけ繰り返します。)




あなたの判断は?(どなたでもご参加いただけます。)

1)間違いなくオフサイドであると判断しフラグアップ。
2)オフサイドのような気がするのでフラグアップ。
3)オフサイドではないような気がするので何もしない。
4)間違いなくオンサイド。何もしない。



回答の入力にご協力ください。







正解の前に、本日もバナークリックのご協力のお願いです。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですか?




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 下の正解をご覧になる前に必ずバナークリックをお願いいたします。





それでは、正解です。



正解は「オフサイド」です。余裕でオフサイドだと感じた方が多いと思いますが、実際にはかなり際どいオフサイドでした。



(クリックで解説映像が2回流れます。)



一応元の動画の問題側の映像をGIF化してオフサイド判定の瞬間の映像にウェイトをかけたものをUPしておきます。



オフサイドラインは、守備側競技者のもっともゴールライン側、つまり「守備側競技者のかかとの位置」です。



ほら、ウェイトがかかっているとかなり際どい感じでしょ?



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力をぜひ。
  

[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS TIMERS11国内メーカー1年保証つき  RFT-100-1JF
CASIO(カシオ) (2007-03-22)
売り上げランキング: 76





☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

過剰な力のサンプル(その5)(2017 J3 第12節 鹿児島 vs 福島)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ








ボールと一緒に相手競技者の足もすくってしまう「深いタックル」。スパイクの裏面の向きや、突っ込む(飛び込む)スピード、プレーの方向、その「深さ」などが総合的に判断されて、相手競技者の安全を脅かすタックルと判断されると、退場が命じられます。




競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則
競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、次の反則のいずれかを犯した場合、退場を命じられる:
(中略)

著しく不正なプレー
相手競技者の安全を脅かすタックルまたは挑むこと、また過剰な力や粗暴な行為を加えた場合、著しく不正なプレーを犯したことで罰せられなければならない。いかなる競技者もボールに挑むときに、過剰な力や相手競技者の安全を脅かす方法で、 相手競技者に対し片足もしくは両足を使って前、横、あるいは後ろから突進した場合、著しく不正なプレーを犯したことになる。






2017明治安田生命J3リーグ 第12節 退場に伴う茂木 弘人選手(福島)の出場停止処分について

【処分理由】
2017年6月10日(土)2017明治安田生命J3リーグ 第12節(鹿児島ユナイテッドFC vs 福島ユナイテッドFC)の試合において茂木 弘人選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、相手選手の左足に向かって足の裏を向け過剰な力を用いてスライディングを行った行為は、「著しい反則行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。





この試合の公式試合データはこちら。

2017 J3 第12節 鹿児島 vs 福島



上記GIF動画の元になっている福島ユナイテッドFC【公式】アカウントのハイライト映像はこちら。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

相手競技者の視野を遮ったのかどうか ・・・ Play of the Week 2017 Week 14


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






オフサイドポジションにいた競技者が相手競技者(主にゴールキーパー)の視野を遮ることでボールをプレーする可能性を妨げたかどうかを判断するには、主審と副審の情報を重ね合わせる必要があります。



副審には、オフサイドポジションにいた攻撃側競技者が存在していたことは確認できますが、その競技者が相手競技者の視野を遮っていたのか、遮らない位置にいたのかは判断しかねる場合があります。



逆に、正しいポジショニングをしていた主審には、攻撃側競技者が相手競技者の視野を遮る位置にいることは確認できますが、その攻撃側競技者がオフサイドポジションにいたかどうかは、判断しかねる場合があります。



そのような場合に、主審と副審の情報を共有することで、正確な判定が可能となります。



ボールがゴールに入ったものの、オフサイドポジションにいた攻撃側競技者が相手競技者の視野を遮った可能性がある場合、副審は何もせず(フラグアップしてオフサイドであることをシグナルしたり、ハーフウェーライン方向に走って得点のシグナルをしない、という意味)、主審と協議するようにすることを、あらかじめ試合前の打ち合わせ時に確認しておくのが一般的です。





ボールがゴールに入っても、副審はフラグアップしたり得点の合図をせずに主審と会話をしています。インカムで話しても内容は伝わるはずですが、選手・ベンチ・観客に対してきちんと主審と副審の情報を共有して判断したことであることを知らせる目的も兼ねて、あえてインカム越しではなく直接対話をしています。



そして、2人の持つ情報を共有して得た結論である「オフサイド」という判定を知らせるべく、会話を終えてから副審はフラグアップしてオフサイドのシグナルを出し、主審は笛を吹いて片手を上げて「間接フリーキック」で再開することを合図しています。



米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 14: Offside jigsaw



molten(モルテン)サッカー アシスタントレフェリーフラッグ 2本セット FLN
molten(モルテン) (2011-11-21)
売り上げランキング: 8,601





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

過剰な力のサンプル(その4) (2017J1 第14節 仙台 vs 甲府)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ








他の競技者がボールを頭で扱おうとする可能性が非常に高い場所およびボールの種類(浮き球)で、相手競技者の安全を脅かすこのプレー(ボールへの挑み方)はいただけませんね。



2017明治安田生命J1リーグ 第14節 退場に伴う阿部 翔平選手(甲府)の出場停止処分について

【処分理由】
2017年6月4日(日)2017明治安田生命J1リーグ 第14節(ベガルタ仙台 vs ヴァンフォーレ甲府)の試合において阿部 翔平選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、コーナーキック後の浮き球の競り合いの際に、過剰な勢いでジャンプし相手選手の胸付近を足裏で強く蹴った行為は、「著しい反則行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。




競技規則を確認しておきます。といっても、昨日の記事と同じ文章ですが・・・。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則
競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、次の反則のいずれかを犯した場合、退場を命じられる:
(中略)

著しく不正なプレー
相手競技者の安全を脅かすタックルまたは挑むこと、また過剰な力や粗暴な行為を加えた場合、著しく不正なプレーを犯したことで罰せられなければならない。いかなる競技者もボールに挑むときに、過剰な力や相手競技者の安全を脅かす方法で、 相手競技者に対し片足もしくは両足を使って前、横、あるいは後ろから突進した場合、著しく不正なプレーを犯したことになる。




この試合の公式試合データはこちら。

2017J1 第14節 仙台 vs 甲府



上記GIF動画の元になっている、ベガルタ仙台の公式チャネルのハイライト映像はこちら。





クリップマグネット スヌーピーモデル ベガルタ仙台
クリップマグネット
売り上げランキング: 363,589




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

過剰な力のサンプル(その3) (2017 YBCルヴァンカップ 第7節 磐田 vs 大宮)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ





2017JリーグYBCルヴァンカップ 第7節 退場に伴う大前 元紀選手(大宮)の出場停止処分について

【処分理由】
2017年5月31日(水)2017JリーグYBCルヴァンカップ 第7節(ジュビロ磐田 vs 大宮アルディージャ)の試合において大前 元紀選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、相手選手に対し過剰な力及び安全を脅かすチャレンジをした行為は、「著しい反則行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。




競技規則を確認しておきます。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則
競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、次の反則のいずれかを犯した場合、退場を命じられる:
(中略)

著しく不正なプレー
相手競技者の安全を脅かすタックルまたは挑むこと、また過剰な力や粗暴な行為を加えた場合、著しく不正なプレーを犯したことで罰せられなければならない。いかなる競技者もボールに挑むときに、過剰な力や相手競技者の安全を脅かす方法で、 相手競技者に対し片足もしくは両足を使って前、横、あるいは後ろから突進した場合、著しく不正なプレーを犯したことになる。




大前選手は、ゴールキーパーにスパイクが当たってしまうことを回避する行動をとらなければなりませんでした。



この試合の公式試合データはこちら
2017 YBCルヴァンカップ 第7節 磐田 vs 大宮



上記GIF動画の元になっている ジュビロ磐田公式チャンネルの公式ハイライト映像はこちら。





クリップマグネット スヌーピーモデル ジュビロ磐田
クリップマグネット
売り上げランキング: 138,409




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2016/06/24) 主審 × 1.0 イエローカード × 1


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、長男&二男が卒業した学校の部活の顧問の先生から依頼されて、3種カテゴリーの公式戦の主審を1本担当。



50分(25-5-25)ゲーム。副審は別の学校の関係者の方々。試合前の打ち合わせは、オフサイドのところを中心に実施。



試合中の出来事。



後半、ヘディング(ジャンピングヘッド)でボールをクリアしたセンターバックの選手に対し、相手FWの選手が遅れてレイトチャージ。センターバックの選手がジャンプして浮いている状態のところにチャージしたので、強さの割りには激しくセンターバックの選手が倒れる形になった。



実はこの倒されたセンターバックの選手、以前私が担当した試合中に「熱く」なりかけた選手だったので、ファウル認定の強めの笛のあと、間髪入れずにタンギングしながら強めの笛を吹くと同時に、ダッシュで2人のところに駆け寄った。(ちなみに、以前の試合の時は、その選手と会話することで『ガス抜き』して対応。)



見ていた限り、FWの選手のプレーには悪質さは感じられなかったので、ラフプレーとして警告するつもりはなく、あくまで「厳重注意」をするつもりで。



先にセンターバックの選手の状況を確認したところ負傷などはなく、すぐにプレーできる状態であることを確認。



横で同じく接触して倒してしまった相手競技者のケアをしていたFWの選手に対し、「(クリアするためにジャンピングヘッドしようと)浮いた状態の選手に遅れてチャージすると、大変危険なので、(そのようなプレーをしないように)注意しましょう。」と注意を実施。



しばらくして、かなりの得点差で負けているほうのチームのカウンターとなった。先ほどとは別のFWの選手が自陣側からのパスを受け取って抜け出ようとしたところ、先のセンターバックの選手がそのFWの選手のユニフォームを引っ張って倒してしまった。



「あ~、かなりの得点差があるのに、なんで引っ張って止めちゃうのかなぁ・・・。」と内心思いながら、長めの強い笛を吹きながらダッシュで当該のセンターバックの選手のところに駆け寄る。



ダッシュの途中でパンツの右後ろのポケットから取り出しておいたイエローカードを提示しながら、
「あの状況で、相手競技者を引っ張って止めてしまうと、『戦術的に押さえた』ことになってしまうんだよねぇ~」
と、選手に聞こえるようにつぶやいておいた。



そうそう、試合前に、いつもきちんと確認して右胸のポケットにはレッドカード、そしてパンツの右後ろのポケットにはイエローカードを入れるようにしておくのだけれど、試合開始時のキックオフの直前に、なんか無造作にカードを仕舞ったように感じたのでチェックし直したら、やっぱり逆に入っていて入れ直しの作業をしていました。



よかった~、もうちょっとで再びイエローのつもりでレッドを出すというミスをしてしまうところでした。(笑)



といったところが、本日の主な出来事。



反省材料としては、今日はちょっとプレーに巻き込まれた回数が多めだったかも。もう少しプレーの予測の精度を上げて早めにバックステップで抜けておきたかったなぁ・・・。




↑なんだか魅力のないセットになってしまっています。(この笛いらないから値段を安くしてもらいたい、って感じです。)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

6月14日付け記事のフォローアップ


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




6月14日付け記事、
「(問題)ノーファウル or イエローカード or レッドカード。(あなたの判断は?)」
において、ブログパーツのアンケート機能を使って問題を出題いたしました。



本日までに、204名の方に回答の入力をいただきました。回答の入力にご協力くださった皆様、ご協力ありがとうございました。



それでは、アンケートの集計結果の報告です。



相手競技者がボールに寄せてきている状況で、スパイクの裏を向けた状態で突進し、ボールに触れた後、回避行動を取らずにそのままスパイクの裏を相手競技者に強く当てたというプレーに対し、



1)ボールに先に触れているのでノーファウル      ・・・ 19名
2)無謀な方法でタックルしているのでイエローカード  ・・・ 76名
3)著しく不正なプレーなので一発レッド          ・・・ 109名 ←正解!

という結果でした。



きちんと、レッドカードを選択できた方が109名もいらっしゃいました。ノーファウルだと思われた方は、少しファウルの考え方を変えていただく必要があるように思います。



もし過去に、「相手より先にボールに触れることができれば、どんなプレーをしても良い。」というような内容をどなたかから教わっていたのでしたら、それは間違いですので、今後は常に相手競技者の安全に配慮しながらプレーしていただくようお願いいたします。



☆ 関連記事 ☆

「(問題)ノーファウル or イエローカード or レッドカード。(あなたの判断は?)」



  ← 洗濯機で洗えるすね当てです!



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

著しく不正なプレーのサンプル ・・・ Play of the Week 2017 Week 13


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



先週紹介した、2つのGIF動画





の元になっている映像が紹介されている米国プロ審判協会の記事の紹介です。(今日の記事には先週の記事と重複している部分がありますので、ご了承ください。)



元記事はこちら。
Play of the Week 13: Serious Foul Play


上のGIF動画の元になっている映像はこちら。





上のGIF動画を紹介した過去記事
「ノーファウル or イエローカード or レッドカード。(あなたの判断は?)」
で書いた通り、タックルしたグレーのユニフォームの競技者は、本来レッドカードで退場となるべき反則を犯していました。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

退場となる反則
(中略)

著しく不正なプレー

相手競技者の安全を脅かすタックルまたは挑むこと、また過剰な力や粗暴な行為を加えた場合、著しく不正なプレーを犯したことで罰せられなければならない。 いかなる競技者もボールに挑むときに、過剰な力や相手競技者の安全を脅かす方法で、相手競技者に対し片足もしくは両足を使って前、横、あるいは後ろから突進した場合、著しく不正なプレーを犯したことになる。




いつもこのブログで書いているのですが、スパイクの裏を向けて相手競技者に突進した時点でイエロー確定。回避行動をとらずにそのまま接触してしまった時点でレッドカードの対象となります。ボールに先に触れたかどうかは関係ありません。



上の映像のケースも、ボールに触れたあと、前からアプローチしている相手競技者に配慮して回避行動(=スパイクの裏が当たらないように足を引くような動作)をしていれば、イエローカード止まりとなる可能性はありますが、まったく相手競技者の安全を考えずにボールに挑んでいるので、アウトです。



ちなみに、実際にはこのときの主審は「イエローカード」を提示してしまっています。米国プロ審判協会は、本来レッドカードが提示されなければならないシーンで、イエローカードになってしまった理由について、ポジショニングが悪い(プレーに対して近すぎた)という分析をしています。



元記事では、もう一つサンプル映像を紹介しています。



こちらの映像では主審は正しくレッドカードを提示しています。



米国プロ審判協会は、このときの主審は適切な距離から見ることができているので、両者のボールへのアプローチの方法や接触の強さを正しく見極め、結果としてきちんとレッドカードを提示できた、としています。



また、元記事では、きちんと「当該の選手が立ち上がるのを待ってから」レッドカードが提示されていることにも言及しています。



さて、先の記事のアンケートの集計結果については、明日更新予定の記事で報告します。



☆ 関連記事 ☆

「ノーファウル or イエローカード or レッドカード。(あなたの判断は?)」


 



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判のトレーニング(その30)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




所属する地区の1&2級の審判員の方々が自主的に行っている合同トレーニングに、今回も参加させてもらった。3級の私は自宅に近い会場で行われる場合のみ参加させてもらっている。



フィジカルトレーニングはOさん。



各自で各自の状態に合わせてウォーミングアップ。(約15分間)



最初はラダー&ミニハードルを使った、アジリティー強化メニュー。



続いて、3人組でのトレーニング。



1人はライン上をサイドステップで左右に移動。もう1人が直交する別のライン上を前後に移動。最後の1人(主審役)は自分と先の2人とラインの交点で長方形になる位置に位置取りする。(主審役には広い視野が要求される。)



youtube 上に、審判団が試合前にウォーミングアップのメニューとして実施している映像がありましたので、載せておきます。





フィジカルトレーニングの最後は、体幹トレーニング。



給水休憩後は、プラクティカルトレーニング。



最初のメニューのトレーニングリーダーはKさんで、メニューはペナルティーキック関連。



試合中にペナルティーキックを宣告したあとの、セレモニーの手順の確認。更に、実際にペナルティーキックを行い、キッカー、ゴールキーパー、守備側競技者、攻撃側競技者が単独もしくは複数で違反をした場合の、再開方法と再開場所の確認。必要があれば、懲戒罰も提示しながらロールプレイング。



続いては、Uさんがトレーニングリーダーで、副審系のトレーニング。



連続する判定への対応。



まずは、タッチライン側でオフェンスとディフェンスが最後にどちらが触れたか微妙なボールを瞬時に判断してシグナルし、すぐにオフサイドラインにつき直して、今度はゴールライン側でオフェンスとディフェンスが最後にどちらが触れたか微妙なボールを瞬時に判断してシグナル。このとき、オフサイドの判定も。



最後に、参加者全員でゲームを楽しんで、本日のトレーニングは終了。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆