3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
乱暴な行為のサンプル(その4)(2017 J1 第19節 札幌 vs 浦和)


8周年記念週間につき、バナークリックの協力をいつもより強めにお願いしています。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力をお願いいたします


2017明治安田生命J1リーグ 第19 節 退場に伴う槙野 智章選手(浦和)の出場停止処分について

【処分理由】
2017 年7 月29 日(土)2017明治安田生命J1リーグ 第19 節(北海道コンサドーレ札幌vs 浦和レッズ)の試合において槙野 智章選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の行為は、「乱暴な行為」に相当すると判断、1 試合の出場停止処分とする。




まずは札幌の公式アカウントがUPしている映像のGIF。



この映像を見ると、「ん、これは故意か?偶発か?」という気がしないでもありません。



しかしながら、Jリーグの公式アカウントがUPしている映像を見ると、これは「退場」が妥当だった、と感じます。



この映像を見ると「首投げ(引き倒し)」からの「蹴り」という感じですね。(個人的には出場停止は「1試合で良いの?」という気がします。)



槙野選手が「首投げ」をしていなければ、身体的な接触を用いて槙野選手の進路を妨害した(妨げた)都倉選手の反則となる可能性の高い状況だったのですが、恐らくアドバンテージが適用されたことでしょう。



ところが、逆サイドへのへの展開を気にしていた佐藤主審には、槙野選手の「首投げ」は見えていなかったのではないか、という感じです。(ちょうど鹿島の選手の死角に入り込んでいたようですし。)



なので、佐藤主審には槙野選手と都倉選手が倒れているのは、都倉選手が槙野選手の身体的な接触をして妨げたのだろうという判断をし、そのまま浦和のチャンスが継続していたので、特にアドバンテージのコールをせずにそのまま流す形でアドバンテージを見ていたのかも知れません。(あくまで私個人の推測です。)



「首投げ」と「(身体的接触のある)進路妨害」がほぼ同時に起きているので、もし、しっかり主審がプレーを確認できいれば「首投げ」をした槙野選手の反則がとられたと思います。(どちらも直接フリーキックとなる反則ですが、より重大な反則である「首投げ」側が罰せられたハズです。)



「確認できなかった」ので、プレーが続いてしまいます。



で、その後槙野選手が都倉選手の顔面に蹴りを入れるのですが、今度は浦和の選手が主審の前を横切っているため、やはり主審はその選手の死角に入り込んでしまっているようです。



ちょっとこのあたり佐藤主審の危機感というか危険予測に対する意識が不足していたように感じます。(上級審判員に向かって3級審判員が偉そうなことを申しますが・・・。笑)

過去記事 2人の相手選手が同時に倒れたら、何かが起きると思ってダッシュで寄る ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW - WEEK 20 の CLIP4 より

で紹介している米国のレフェリーのように、2人の相手選手が同時に倒れたのを確認した時点で、現在の争点や次の争点の監視よりも、倒れている2人の動向をしっかり確認できるポジションに移動しておくべきだったのではないのかなぁ・・・、と。



ただ、今回は第4の審判員や副審のサポートを受けて、審判団として試合中に正しい判断が下されたため、大きな問題にならずに済んだようで、何よりなのですが。



この試合の公式試合データはこちら。
2017 J1 第19節 札幌 vs 浦和



上記GIF動画の元になっている、コンサドーレ札幌の公式アカウントがUPしているハイライト映像はこちら。





Jリーグのハイライト映像はこちら。





☆ 関連記事 ☆

2人の相手選手が同時に倒れたら、何かが起きると思ってダッシュで寄る ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW - WEEK 20 の CLIP4 より








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト