3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
フラッシュラグ錯視を正しく処理できなかったのが原因ではないかな、と。(C大阪 vs 横浜FMの試合から)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




コメント欄に情報をいただいたので。(柿谷選手のオフサイドの件です。)



正直なところ「判定ミス」だと思います。



審判員のブログですので、なぜ「判定ミス」が起きたのか、ということを少し推測してみたいと思います。



ネットでは、このケースの場合、オフサイドラインは「ボールの位置」であり、the second-last opponent(相手のゴールラインから数えて2人目の相手競技者で、今回のケースの場合は中澤選手)と勘違いして判定したのではないか、という指摘があるようです。



比較的審判経験の浅い方なら、そういうミスもあり得るかな、という気がしますが、J1を担当できるカテゴリーまでカテゴリーアップされた方が、そのような根本的なミスをするとうのは、3級になってもうすぐ10年になる私に言わせると、ちょっと考えられません。



試合終了直後の柿谷選手と作本副審の会話を聞き取ると、あくまで作本副審は「ボールの位置と柿谷選手の位置を比べて柿谷選手がちょっと前だったと感じた」と話しています。


(音声をONにできる環境の方は、音声をどうぞ。)



じゃぁ、なんで「柿谷選手のほうが前に感じた」のか。



それは、副審が正しいオフサイドラインに着けていなかったことも原因の1つです。(その理由は後述します。)正しい位置に着けていなかったために、脳内で補正する必要が生じました。ボールが本当の意味でマイナスの(ゴールラインから遠ざかる、ハーフウェー側に戻る)ボールであったなら、恐らく判定を誤ることはなかったと思います。



ボールは真横よりやや斜め前に送られ、柿谷選手がボールを受け取った瞬間、柿谷選手があたかもオフサイドポジションにいたように見えるというフラッシュラグ効果(フラッシュラグ錯視)が起きています。このフラッシュラグを補正して正しくオフサイドを判定するトレーニングは、私が参加させてもらっている1&2級審判員の方々の合同自主トレでもテーマとしてとりあげて時々練習するメニューですので、上級審判員の方は、私なんかよりももっとトレーニングを受けているはずです。



にもかかわらず、なぜフラッシュラグ錯視を補正できなかったのか。



おそらくゴールキーパーが前方に大きく飛び出していたためじゃないかな、と。柿谷選手がボールを受けた瞬間、ゴールキーパーも前に飛び出していて、ゴールラインに最も近い位置にいたのが柿谷選手となっていることで、フラッシュラグがより強調された形になったように思います。



強調されたフラッシュラグ錯視に対する視覚の補正を、自分の位置の補正して判断しなければなりませんでした。(頭の中は補正だらけの状態。)



その結果、ラストパスが出た瞬間の映像を脳内でうまく再生処理しきれず、「ボールよりも柿谷選手のほうが前にいた」と誤認識につながったのではないかな、と。(もちろん、私個人の勝手な推測ですので、あしからず。)




さて、正しいオフサイドラインに着けていなかったことについてですが、ラストパスの1つ前のプレーの際、ディフェンスラインがオフサイドトラップをかけるような形(意図的か偶発的なものかは不明)になったため、作本副審はラインに合わせるべくハーフウェーライン側にサイドステップで移動しています。



次の瞬間、ディフェンスのギャップを突く短い縦のスルーパスが出たため、ほんの少し作本副審が逆を突かれた形になります。時間にしてコンマ数秒なのですが、逆を突かれた分、遅れてしまっています。理想は常にオフサイドラインの真横ですが、現実としてはこの程度はやむを得ないところがあると思います。(主審はプレーを予測しながらある程度先回りしたポジションをとることができるのですが、副審はそれができませんので。)



審判員としては、その逆をつかれた形になってラインキープが若干ずれたところよりも、セレッソのディフェンディング・サードからの素早いカウンターに対応して、選手と一緒にハーフウェーからペナルティーエリアラインまで約36m(52.5m-16.5m)のダッシュのあと、選手の切り返しに即座に反応して停止した際、身体の軸がまったくブレていないことに注目してあげてほしいなぁ、と思います。(結構すごい技術なんですよ~。)



なぜこう見える? どうしてそう見える? <錯視> だまされる脳
新井仁之
ミネルヴァ書房
売り上げランキング: 76,543





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト
2018シーズンの競技規則スタンダード(判定基準)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




今シーズンの競技規則スタンダード(判定基準)も、ネット上にUPされました。毎年Jリーグの開幕前にこの競技規則スタンダードは作成され、Jリーグの各クラブや報道機関向けには公開されていましたが、昨年からその一部が一般にも公開されるようになりました。(詳しくは、下の過去記事をご覧ください。)



12分弱の映像ですので、ぜひご覧になってご自分の判定基準作りの参考になさってください。



上の映像に含まれているトピックの中から1つだけピックアップして紹介しておきます。



このブログ上でも何度も取り上げているのですが、現場でよく「ボールに先に触れているのだから反則ではない」と考えてプレーしている選手あるいはそのような指導をしている指導者をみかけます。



例え先にボールに触れていても、そのアプローチの方法に相手競技者への配慮がない場合は反則であり、その際過剰な力が用いられたと判断されれば「退場」もあり得るということを広く知っていただきたいと思っています。上の映像から、その解説の部分だけを取り出してGIF化しておきます。(GIF化の制限のため、前半少し欠けていますが。)





猛烈ではあるが正当なタックルなのか、相手競技者の安全に配慮していない危険なタックルなのか。審判を担当する我々は、しっかり見極められる目を養う必要があります。

過去記事 
「ボールに先に触れても反則(退場)となるケース … 2011 Referee Week in Review - Week 21 (米国サッカー協会)より」
「猛烈ではあるが正当なタックル ・・・ 2010 Referee Week In Review - Week 19 の clip2 より」
をぜひどうぞ。



☆ 関連記事 ☆

「2017シーズンの競技規則スタンダード」

「2016シーズンスタンダードについて ・・・ 岡田正義(JFA審判委員会委員/トップレフェリーインストラクター)」

「2013シーズンスタンダード(判定基準)」








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2018/02/25) 副審 × 2.0



昨日の更新で触れましたが、審判資格の更新手続きは完了しましたか?


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 手続きが完了した方も、まだ完了していない方も、クリックのご協力を。




所属する地区の協会から派遣されて、本日は2試合の副審を担当。2試合合わせて170分というかなりハードな割り当て(笑)。



1試合目。

1種(社会人)の市区町村大会の試合で、80分(40-5-40)ゲーム。主審(3級)、反対側の副審(2級)という審判団。私は交代管理を担当しなくてはならない側の副審(A1)だったので、交代が多いと大変になるなぁ、と思っていたら、試合前に提出されたメンバー表には交代要員が1名づつしか記入されていなかったため、ちょっと安心。



実際には片方のチームしか選手交代を行わなかったし、しかも私がたまたまハーフウェーラインに近い位置にいた時に交代することになったので、ダッシュでハーフウェーまで走ってきて交代手続きを実施しなければならないということもなかった。



私の担当するサイド側で比較的得点シーンがあったのだけれど、ほとんどがオフサイドを含む反則の判定が要求されるものではなく、クリーンなゴールが多かった。1本だけゴールキーパーから跳ね返ったボールを攻撃側選手が押し込んだケースがあったものの、オフサイドの判断のもとになる最初のシュートの時点ではオンサイドにいた選手だったので、主審としっかりアイコンタクトをとってゴールの合図。



ということで、特に大きな問題もなく試合は終了。



会場を移動して、2試合め。



こちらも1種(社会人)の試合。こちらは都道府県大会の試合で、試合時間は90分(45-15-45)ゲーム。途中でふくらはぎを痙攣させてしまうと大変なことになるので、試合前に



を服用。



先日、コメント欄で、「即効性があり、攣った後でも効くとのこと」と教えていただいたのと、昨夜就寝前に服用したものの、今朝服用するのを忘れていたので。



昨夜および、2試合目の直前に服用したこともあり、ふくらはぎは170分間の激務(?)に耐えてくれました。



この試合は、主審が2級、反対側の副審は3級という組み合わせ。私はA2担当だったため、直接交代管理をすることはなかったのだけれど、試合前の打合せで、主審より審判団全員が交代の回数(登録7名までで5人まで)を含むチェックをしっかり実施してください、という依頼があったため、きちんと記録をとった。



本部担当(チーム)が置かれていたため、交代ボードでOUTになる選手の背番号を反対側にいる私にも見えるように掲示してくれていたものの、INになる選手の背番号は表示されず、選手のユニフォームの小さい数字を読み取るしか術がなかったので、ちょっと苦労。



カードもレッドカード(イエロー累積2)を含む5枚ほど提示されたので、記録カードには文字がてんこ盛り状態となった。



この試合、私の担当するサイドで何度かオフサイドの反則が発生。



試合前の打合せで、オフサイドのフラグアップは「(オフサイドの反則が)成立するまで確実に保留」するように主審から指示されていた。



後半の出来事。



攻撃が終了し、ボールがハーフウェーライン付近まで戻ったところで、攻撃側チームの中盤の選手がボールを奪取することに成功した。2人の攻撃側選手(2人とも左側に位置していた)が戻り切れておらず、オフサイドポジションにいた。中盤からその2人の選手のちょうど中央めがけて縦パスが通された。



オフサイドポジションにいた2人の選手のうち、中央寄りにいた選手は自分がオフサイドポジションにいたことを把握していたため、自陣側に戻り、見かけ上オンサイドのポジションに位置した。外側(左側)にいた選手は自分がオフサイドポジションにいたとは感じておらず、縦パスに反応してボールを追い始めた。



他にオンサイドから飛び出してくる攻撃側選手はおらず、見かけ上オンサイドにいる2番目にボールに近い攻撃側選手もボールに触れればオフサイドになるため、「オフサイドが成立した」と判定しフラグアップした。



しかしこのフラグアップに関して、3級インストラクターでもある主審からは「フラグアップが早すぎる」と指摘されてしまった。どうも主審には見かけ上オンサイドにいた選手も実はオフサイドポジションにいたということが分かっていなかった様子。(ま、当然と言えば当然なのですが。)



ということで、前述のような状況を説明したので、それ以上のお叱りを受けたわけではないのですが、確かに主審から見て見かけ上オンサイドに見えてしまう選手がいるような場合には、もう一段のwait&Seeをかけて、フラグアップを更に遅らせる、ということも必要なのかな、と。



ただ、あまり遅らせると、選手からは「オフサイドならもっと早く知らせろよ。無駄に走らせんなよ(怒)。」と言われそうな気もするので、そのあたりの「さじ加減」が難しいところではあります。



といったところが、本日の主な内容。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2018年度用審判員資格の更新手続きはお済みですか?


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2018年度も引き続き審判活動される方で、審判資格更新のための手続きをお済ませになっていない方は、必ず2月28日までにKICKOFFにて更新手続きをお済ませになった上で、更新費用のお支払をお済ませください。



この手続きおよび支払いをなさいませんと、審判員資格が失効となります。(2018年度に再び審判員資格を取得し直すのは、費用も時間も余分にかかってしまいますので、くれぐれもお忘れになりませんように。)











にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判のトレーニング(その33)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



所属する地区の1&2級の審判員の方々が自主的に行っている合同トレーニングに、今回も参加させてもらった。3級の私は自宅に近い会場で行われる場合のみ参加させてもらっている。



最初はフィジカルトレーニング。
トレーニング・リーダーはTさん。



各自ウォーミングアップのあと、ストレッチ系&アジリティー系のメニュー。



ラダーを使ったアジリティー系のメニューの際に、主審の動作(笛、ファウルシグナル、イエローカード提示、レッドカード提示、退場指示)を組み合わせた形も実施。



続いて
ARIET(Assistant Referee Intermittent Endurance Test)
を実施。(体調に合わせて各自無理のない範囲で実施)



Ariet Testの音源↓はこちらで入手できます。




実施している状況はこんな感じ。




後半はプラクティカル・トレーニング。
トレーニング・リーダーはNさん。



カウンターに対応したポジショニング。
サイドを深く抉るような攻撃(マッチアップ)からゴールキーパーにボールが渡り(バックパスorシュート)、そこからのカウンターとなってボールの落ちる場所で起きるファウルに対応するポジショニング。



マッチアップでのファウルの見極め、ゴールキーパーからのボールの落下点で起きるファウルを見極める。次の争点をどこから見るのか。ま、基本的にはきちんと副審と挟んでプレーを監視できる場所まで移動できているか、というような感じ。



主審・副審役、オフェンス・ディフェンス役に分かれて、1人数回づつ担当して、終了。



最後に参加者全員でミニゲームを楽しんで、本日のトレーニング終了。




 ← 3/2までならクーポンがあるようです。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2018/02/17) 主審 × 2.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



先週末の審判記録です。



朝から三男の学校で他の2校を招いて練習試合が行われるということで、団の練習の前にちょっと立ち寄って審判のお手伝い。最初のA戦は他のお父さんが担当してくださることになったので、私は続いて行われるB戦(40分ゲーム)を担当することに。



その後、三男たちの学校以外の学校同士でA戦が行われることになっていたので、よく存じ上げているほうの学校の顧問の先生に、B戦のハーフタイム中に「次のA戦のボランティア審判要りませんか?」とお声をかけさせてもらって、連続して審判することになった。



40分+50分でトータル90分。トレーニングとしては、ちょうど良い時間。



2試合を通して、PKも懲戒罰もなかった。ファウルやアドバンテージの適用は数回あったものの、特筆すべきような出来事はなかった。



PK、懲戒罰ともになし。



最初のB戦での出来事。ゴールキックになったので、転がったボールの行方を目で追いながらゴールキックの合図を行った次の瞬間、白いウェイト(重し)が目に入った。



「ん、なんでゴールのウェイトがここに?」と思ってゴールを見ると、ゴールに全くウェイトが乗っておらず、ゴールから外れたところにウェイトが3つ転がっている。おそらくゴールを格納場所から移動させただけで、誰も近くに置かれた状態のままだったウェイトを置き直す、ということに気が付かなかったのだろう。う~ん・・・。



今日は風が強く、再開場所にセットしたボールが風でどんどん動いてしまうような状態なのに、万一ゴールが強風で倒れてケガ人が出るようなことになっては、安全を確認しないでゲームを行った主審の責任も問われかねないということで、笛を吹いて試合を止めて、きっちり重しの効果が発揮されるように自ら3つのウェイトを移動させた。(反対側のゴールは据え置きだったため、ウェイトはきちんと置かれた状態でした。)



練習試合だとフィールドチェックがおろそかになりがちですが、風の強いときは、きちんとゴールに重しが乗っているかだけは確認しないといけませんね。



molten(モルテン) ゴールウェイト砂袋タイプ ZWSB
molten(モルテン)
売り上げランキング: 122,942






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ファウルと不正行為の判定(その16~20)の記事のフォローアップ


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




現在、ファウルと不正行為の判定の問題に関しては、第25問までUPしています。第25問がトップページに表示されなくなったら、第20問から第25問までのフォローアップをUPしますので、まだ回答の入力をされていない方は、お早めに回答の入力をどうぞ。



ということで、本日は第16問から第20問までのフォローアップをしておきます。



各問題の映像と、本日までの回答数および正解率のみ表示しておきます。正答率が50%に満たなかった問題(5問中2問)については、正解率を赤文字で表示しておきます。

(ファウルと不正行為 問題16)


FIFAの決定は「No Foul + No Card」
回答数100、正解率72%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その16)」 をご覧ください。



(ファウルと不正行為 問題17)


FIFAの決定は、「Penalty Kick + Yellow Card」
回答数105、正解率10%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その17)」 をご覧ください。



(ファウルと不正行為 問題18)


FIFAの決定は「Direct Free Kick + Yellow Card」
回答数102、正解率58%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その18)」 をご覧ください。



(ファウルと不正行為 問題19)


FIFAの決定は「Direct Free Kick + Red Card」
回答数107、正解率45%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その19)」 をご覧ください。



(ファウルと不正行為 問題20)


FIFAの決定は「No Foul + No Card」
回答数105、正解率52%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その20)」 をご覧ください。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2018シーズンがまもなく開幕。


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2月10日から12日の日程で、2018シーズン開幕に向けて1級審判員の皆さんがそれぞれのカテゴリーごとに分かれて研修を受けたようで、JFAのサイトに、それらの研修会の様子がニュースとしてリリースされました。



2018シーズン Jリーグ担当審判員開幕前研修会を開催

2018シーズンJFL担当審判員開幕前研修会を開催

2018シーズン ナショナルコンペティション(NC)担当審判員開幕前研修会を開催



ご存じない方がいらっしゃるかも、ということで書いておきますが、1級審判員になると、

NC担当→JFL担当→Jリーグ担当

という形でカテゴリーアップしていきます。(もちろん悪いパフォーマンスが続いてしまうと、カテゴリーダウンとなることもあるようです。)



エルゴラッソ Jリーグプレーヤーズガイド2018
サッカー専門新聞 エルゴラッソ
スクワッド (2018-02-16)

 ← 審判名鑑がついています





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ファウルと不正行為の判定(その25)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、ファウルと不正行為の判定問題です。映像をご覧になって、正しい再開方法と懲戒罰の組み合わせを選んで回答を入力してください。どなたでもご参加いただけます。回答入力後にバナークリックのご協力もよろしくお願いいたします。






(ファウルと不正行為 問題25)

1)No Foul + No Card
2)Indirect Free Kick + No Card
3)Indirect Free Kick + Yellow Card
4)Indirect Free Kick + Red Card
5)Direct Free Kick + No Card
6)Direct Free Kick + Yellow Card
7)Direct Free Kick + Red Card
8)Penalty Kick + No Card
9)Penalty Kick + Yellow Card
10)Penalty Kick + Red Card




解説が見えてしまわないように、改行およびバナーを挟んでおきます。本日もバナークリックのご協力をお願いいたします。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






FIFAが示す考慮項目

競技者は、相手競技者がボールを保持するのを妨げるために相手競技者を押さえましたか?
競技者は、相手競技者が有利な位置を得ようとするのを妨げましたか?
競技者は相手競技者を手で押さえていますか、それとも身体で押さえていますか?
競技者は相手競技者をボールから引き離すという戦術的な目的のために相手競技者を押さえていますか?



FIFAの解説
白の33番はボールを保持しようとしている相手競技者を押さえている。



関係する競技規則の文章
相手競技者を押さえることは、手、腕、または体を用いて相手競技者の進行や動きを妨げることを含む。
懲戒の罰則
●相手競技者を押さえて、相手競技者がボールを保持すること、または有利な位置を得 ようとすることを妨げる競技者は、反スポーツ的行為で警告されなければならない。


(これらの文章は2015/2016年度版には存在していましたが、2017/2018年度版には存在していません。存在はしていませんが、このファウルがファウルではなくなったわけではありません。)



ということで、正解(FIFAの決定)は、
6)Direct Free Kick + Yellow Card
です。



この記事は、
WV Soccer Association Referee Program (West Virgina Soccer Association)
のサイト内の
Videos 21 - 25 >>
を参考にして作成しています。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですよね?







  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

試合引率記録(2018/02/18)  U9


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、早朝からU9カテゴリーの試合(3試合)を引率。本日の3年生(U9カテゴリー)の参加者は、全員参加(8名)。



審判員資格を持っている保護者が仕事の関係で帯同することができないということで、審判も担当。久ぶりの8人制1人審判。U9カテゴリーなので、ボールの大きな移動はそれほどないものの、かといってオフサイドが無い訳ではないので、展開を読みながら最適なポジションに移動しておくことに留意した。



ファウルはほとんど無いので、ファウル判定にはほとんど頭を使わなかったが、ポジショニングには非常に頭を使った。選手に接触してしまえば、こちらはケガをしないが選手をケガさせてしまう可能性が高いため、その部分にもかなり注意を払った。



相互審なので、3試合分(12分ハーフ3本)を担当する予定だったが、2試合目のチームの審判を担当してくださった相手チームの保護者の方が、前後半とも審判を担当してくださるという申し出をしてくださったので、お言葉に甘えさせてもらったため、12分ハーフ2本を担当した。(うち、オフサイドの反則を罰したのは1回だけだったと思う。)



以下、3年生の選手たちの様子。



1試合目。前半私が主審を担当したため、何も指示ができなかったのだけれど、あらかじめ伝えてあった指示通りのことをやってくれていた。ちなみに、フォーメーションも選手たちが自分たちで決めたもの(3試合とも)。フォーメーションに関して私が口を出したのは、3試合ともGKを3人の別の選手が担当すること、ということくらい。



ハーフタイム中に、主審を担当しながら気が付いたことをちょっとアドバイスしたが、前半にリードしていたので、同点に追いつかれるまでは黙ってプレーを見守っていようと決め、結局試合中のコーチングは一切しなかった。



試合後に、得点シーンを全員で振り返って、それらのシーンでもっと改善できることや工夫できそうなシーンを確認。



2試合目は、前述の通りず~っとベンチにいることができることになったので、失点するor得点が相手チームより下回るまで黙っていようと思っていたのだけれど、試合開始早々に立て続けに失点してしまったので、ズルズルと大量失点してしまわないように、ちょっとコーチングを実施。



相手チームがわが団同様、パスではなく個人の力でボールを運ばせるタイプのチームだったので、ハーフタイム中に各選手に対してボールを奪われてもしつこくボールを奪い返しにいくよう指示し、後半の間もその点に絞ってコーチング。



選手たちは、指示された通りに動き、後半は失点することなく1点差まで追い上げたが、同点までにはならなかった。(ちょっと前半に失点し過ぎたかな。)



1試合目のあとの振り返りで、得点したときに、もしゴールキーパーなどに当たって跳ね返ってくることを考えて動いていた選手がいなかったことに触れていたのだけれど、2試合目の途中にそれが起きた。



わが団の選手が放ったシュートがクロスバーに当たって跳ね返ってきたが、詰めていた選手がおらず、遅れての対応となった。それでも攻撃が続いていたが、そのボールが今度は左ポストに当たって戻ってきて、最後は相手チームの選手にタッチラインに蹴り出されてしまった。



残念だったけれど、これで味方選手のシュートの際に、跳ね返ってくるボールに備えて詰めていることの大切さを8人のうち何人かは感じてくれたかな。



3試合目は、比較的早い段階で先制&追加点となったので、コーチングは必要最低限なものに留めておいた。選手たちのフォーメーションを見ると、何も指示をしていないのに1&2試合目とは大きく変わっていた。恐らく自分たちで話し合って変えてきたのだろう。なかなかやるな~。



ということで、本日の戦績は2勝1敗。



ジュニアサッカー 監督・コーチ入門

池田書店
売り上げランキング: 346,974
 





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆