FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2018FIFAワールドカップロシアに山内宏志副審が選出


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



「公益財団法人 日本サッカー協会は、5月29日(火)付で、国際サッカー連盟(FIFA)より2018FIFAワールドカップロシアの審判員として山内宏志副審が選出されたとの通知を受けましたのでお知らせします。これを受け、同大会には佐藤隆治主審、相樂亨副審との日本人レフェリートリオで臨むこととなります。」



JFAのニュースリリース
2018FIFAワールドカップロシアに山内宏志副審が選出 より転載。



JFAも連絡を受けて慌ててニュースリリースを作成したようで、上のニュースリリース上における、山内宏志 副審のプロフィールのところの出身地が、本来、

「出身地:愛媛県東温市」

とすべきところ、

「出身:地愛媛県東温市」

と訳の分からない表記になっています。



さて、山内宏志副審が追加で選出された背景には、八百長に関わったとしてサウジアラビアサッカー連盟から資格をはく奪された Fahad AL MIRDASI 氏がリストから除外された関係で、トリオとして一緒に選出されていた2人の副審(AL ABAKRY 氏および Abdulah ALSHALWAI 氏)も同じくリストから除外されたということがあります。



その件に関するFIFAのニュースリリースはこちら
FIFA statement on the situation of the Saudi Arabian referee Fahad AL MIRDASI



ということで、最新の
「2018FIFAワールドカップワールドカップロシア の審判員リスト」
こちら








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト



キリンチャレンジカップ2018 日本代表 vs ガーナ代表 (2018.05.30) の公式記録ほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



この試合の公式記録PDFはこちら。
キリンチャレンジカップ2018 日本代表 vs ガーナ代表 (2018.05.30)



審判団は、JFAのサイトで発表されていました

・主審:Christopher BEATH
・副審1:Matthew CREAM
・副審2:Owen GOLDRICK
・第4審判員:飯田淳平
・VAR:Craig ZETTER
・AVAR:Luke BRENNAN

オーストラリアの審判団。



Christopher BEATH主審が提示したイエローカードは1枚のみ。



後半35分56秒付近。

日本代表18番(大島 僚太選手)に出されたイエローカードは、反スポーツ的行為。日本代表27番(井手口 陽介選手)のパスがパスミスとなってガーナ代表21番(エマニュエル・ボアテング選手)らのカウンター攻撃をファウルで止めたことが、反スポーツ的行為の
◦ 相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにファウルを犯す。ただし、ボールをプレーしようと試みて反則を犯し、主審がペナルティーキックを与えた場合を除く。
に抵触したという判断。



(ま、斜め後方からのタックルなので、ラフプレー(競技規則的には、これも反スポーツ的行為の1つ)の可能性もありますが、恐らく戦術のチャンス潰しのほうで出ていると思われます。)



「国内で行われる日本サッカー協会主催試合として初めてVAR(ビデオアシスタントレフェリー)が適用」という試合でしたが、残念ながらVARの出番はありませんでした。



以下は余談。

後半3分43秒付近の、川島選手のファウルはDOGSO(決定機阻止)にならないのかどうか。

競技者が相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、その反則がボールをプレーしようと試みて犯された反則だった場合、反則を犯した競技者は警告される。それ以外のあらゆる状況(押 さえる、引っぱる、押す、または、ボールをプレーする可能性がないなど)においては、反則を犯した競技者は退場させられなければならない。

(中略)

次の状況を考慮に入れなければならない:
◦ 反則とゴールとの距離
◦ プレーの方向
◦ ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
◦ 守備側競技者の位置と数



確かに
◦ ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
◦ 守備側競技者の位置と数
の2つの項目が微妙なので、

◦ 相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにファウルを犯す。ただし、ボールをプレーしようと試みて反則を犯し、主審がペナルティーキックを与えた場合を除く。(反スポーツ的行為)

に該当するという判断かな。

20180530_samurai_blue_001.jpg



JFAのサイト
http://www.jfa.jp/samuraiblue/20180530/match_page.html#pankz

Jリーグのサイト
https://www.jleague.jp/match/japan/2018/053001/preview/#live








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ドルフィンプロ


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




少し前にamazon でパープルのドルフィンプロを購入しました。(まだ使っていません。)



これ↓です。

dolfin_pro_pur_001.jpg

dolfin_pro_pur_002.jpg



私が購入したときは、このパープルが一番安かったのですが、本日現在は状況が変わっています。





本日現在で一番安かったのは、このクリアブルーでした。



 

こちらはシルバー。



 

定番の黒は、マウスグリップ付き(右)のほうがノーマル(マウスグリップなし)より安いという逆転現象中。





こちらは数年前に限定カラーとして発売されたクリアースケルトン。とってもきれいで魅力的なのですが、メンテナンスが大変そうですね。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ファウルと不正行為の判定(その40)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、ファウルと不正行為の判定問題です。映像をご覧になって、正しい再開方法と懲戒罰の組み合わせを選んで回答を入力してください。審判資格の有無にかかわらず、どなたでもご参加いただけます。回答入力後にバナークリックのご協力もよろしくお願いいたします。




(ファウルと不正行為 問題40)

1)No Foul + No Card
2)Indirect Free Kick + No Card
3)Indirect Free Kick + Yellow Card
4)Indirect Free Kick + Red Card
5)Direct Free Kick + No Card
6)Direct Free Kick + Yellow Card
7)Direct Free Kick + Red Card
8)Penalty Kick + No Card
9)Penalty Kick + Yellow Card
10)Penalty Kick + Red Card






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← バナークリックがお済の方のみ、スクロールして正解をご確認ください。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ




FIFAが示す考慮項目

1)チャレンジの際、競技者は注意や配慮を欠いていましたか?
2)競技者はフェアな方法でボールをプレーする機会がありましたか?
3)競技者はチャレンジの際、どの程度の速さや強さを用いましたか?
4)競技者は身体のどの部分を使って接触をしましたか?
5)相手競技者のどの部分に接触が行われましたか?
6)チャレンジはチャンスとなる攻撃を阻止しましたか?



FIFAの解説

白の5番は不用意な方法で相手競技者をタックルしている。

(競技規則の関連文章)

◦ 不用意とは、競技者が相手に挑むとき注意や配慮が欠けていると判断される、または、慎重さを欠いてプレーを行うことである。懲戒処置は必要ない。



ということで、正解(FIFAの決定)は、
8)Penalty Kick + No Card
です。



この記事は、
WV Soccer Association Referee Program (West Virgina Soccer Association)
のサイト内の
Videos 36 - 40
を参考にして作成しています。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2018/05/27) 主審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、所属する地区の協会から派遣されて、都道府県の女子のリーグの主審を担当。試合時間は70(35-10-35)分。副審は次の試合で対戦するチームの帯同の方々で、うちお1人は3級。



試合開始より少し前に副審の方々が来てくださったので、今日は少し試合前の打合せを実施することができた。



試合中に大きな出来事は特に起きなかった。



昨日はオフサイドのフラグアップに気が付くのが遅れたのが1回あったけれど、今日は気が付くのが遅れるというケースはなかった。選手のドリブルのコースに入ってしまったのは1回だけ。昨日よりは出来がよかったと思う。(ま、ゲームのスピードやファウルの数などが圧倒的に違ったので、単純に比較はできないのですが。)



副審を務めてくださった3級審判員さんのお話。



常に高い集中力で任務を遂行してくださっていた。全てのミドルシュートをきちんとゴールラインまでダッシュしてシグナルしてくださったし、ゴールキック時にはボールセットが確実に実施されたのをしっかり確認後にダッシュでオフサイドラインに就き直してくださるということをしっかり励行してくださっていた。



試合中に、私がワンタッチを見逃してゴールキックをシグナルしようとした際も、試合前の打合せ通りにアイコンタクトなどで知らせてくださったので、審判団として良いチームワークを発揮できたと思う。




 ← 昨日より運動量が少ないはずなのに脚の疲れがハンパないと思っていたら、今日は朝食後にこれを飲み忘れていました。夕方服用したところ、足の「だるさ」は若干改善しました。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2018/05/26) 主審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、知り合いの3級審判員さんから依頼されて、とあるクラブチームの公式戦の帯同分の主審を1本担当。試合時間は70(35-10-35)分。人工芝のグラウンド。



試合前に副審を担当してくださる方々との打ち合わせはまったくできなかった。(涙)



試合開始早々、中盤の選手同士のマッチアップ。片方の選手が相手選手の肩付近を露骨に押さえながら伸ばした足にボールを当てたためにボールを保持していた選手がボールを失った。肩付近を押さえ始めた瞬間に「プレーオン(アドバンテージ)」のコールをかけていたが、ボールを失ったのでロールバックするために笛を吹いた瞬間、こぼれたボールがそこそこフリー状態だったチームメイトの足元に収まったのが確認できた。



「ごめん、そのまま流しておけばよかったね、申し訳ない。」と詫びを入れて、フリーキックで再開。



もうワンテンポ待つ余裕があれば、試合が切れずに済んだのに・・・。



このミスを筆頭に、細かいミスが結構あった。



選手のドリブルのコースを空けるつもりで逃げたはずが、結果として邪魔してしまっていた。オフサイドのフラグアップに気が付くのが遅れた。カウンターとなってシュートが放たれたとき、私自身がまだハーフウェーライン近くにいた。試合終盤、レフェリーサイドへのワイドな動き(追い)が明らかに足りていない(体力、走り込み不足)。などなど



なんだか今日は感覚が冴えなかったなぁ、と思って調べてみたら、ほぼ1か月ぶりの主審だった。(このところ、ず~っと副審ばっかりだった。)中体連までに感覚と体力をベストな状態にもっていかなくては。



ま、明日協会から70分ゲームの主審の割り当てを頂いているので、今日よりは良いパフォーマンスが発揮できるようにしよう、っと。



[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード W-735H-8AJF メンズ
CASIO(カシオ) (2014-10-17)
売り上げランキング: 171

y← PHYS RFT-100-1JF が生産中止になったようなので、とりあえず現時点でのサッカーの審判用としてのベストバイはこれかなぁ・・・。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

週末なのでオフサイド・テストです


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




以前、過去記事 「オフサイド・テスト ・・・ このテストが全問正解できた人だけは副審の誤審に文句を言っても構いません(笑)」 において、実際の副審の目線でプレーを見てオフサイドの判定をする、という米国プロ副審協会のオフサイド・テストを紹介しました。



下に、そのテストへのリンクを貼っておきますが、回答の仕方については上の過去記事を参照ください。

https://www.proassistantreferees.com/perception-test-5/



さて、閑話休題。



今日紹介するのは、同じく米国プロ副審協会のサイトにある 「Referee Offside Test for Camp」 というオフサイド・テストです。



前述の副審目線のテストとは異なり、単純に「オフサイド」か「オンサイド」か、という問題です。(一部、副審目線のテストと同じ映像が使われている設問もあります。)

https://www.proassistantreferees.com/deliberate-deflection

問題はランダムに10問出題される形式となっているようです。(全部で何問あるのかは不明)



負傷して動けなくなっている守備側選手の扱いや、意図的なプレー、あるいはセービングに該当するのかしないのか、といういわゆる「微妙なプレー」についても、米国プロ審判協会の判断が示されていますので、ぜひ皆さんチャレンジしてみてください。

https://www.proassistantreferees.com/deliberate-deflection




 ← 6/3 までなら15%OFFクーポンが利用できるようですよ~(amazon直分のみですが)




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

【再掲示】 フリーキック時の壁の操作 (その2)


今年度から審判活動を始めた方もいらっしゃると思います。そういう方の参考になればということで、このところいくつか過去記事を再掲示していますが、今日は直接ゴールが狙える位置で攻撃側チームにフリーキックを与えた場合の主審が考慮すべき項目や動き方についての過去記事の紹介です。




審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



ということで、以前、「審判のトレーニング」に参加させてもらった際に、上級審判員の方からプラクティカルメニューの1つとして教えていただいた、セレモニー形式でのフリーキックの際の手順をまとめたものです。



ファウルの笛(ファウル認定)してから、フリーキックによりプレーが再開されるまでには、いろんなことが起こり得ます。それらを想定しながら主審としてどのようにプレーを再開させるか、という形で書いているため、少し読みづらいかもしれませんが、一番最後に基本的な流れを「まとめ」ていますので、ぜひ最後まで読んでいただければ、と思います。




---

 

直接ゴールが狙える位置で、攻撃側のフリーキックで試合を再開する場合の手順

(あくまで一つの例としてお読みください。)

 

セレモニー形式のフリーキック時の手順


手順1)攻撃側のクイックスタートを保障(※1)しつつ、守備側選手をボールから遠ざける(※2)。 

 

ここで、守備側選手が規程の距離(9.15m)以上離れている、または既定の距離以内に守備側選手が留まっているが、攻撃側が構わずプレーを再開しようとしている場合は、そのままプレーを再開させる(※3)。

 

もし、再開ポイントを示した際に「(クイックぎみにスタートしたいので)笛で(試合を)止めないでくれ」というような要請を受ける場合もあります。そのような場合は、既定の距離離れていない守備側選手に対して「(ボールから)離れましょう!」とだけ声をかけて、『壁』の操作は行わないほうが良いでしょう。(壁の操作をしている最中にスタートされてしまうと、守備側選手やそのベンチから非難されて揉める原因になります。そのようなことを防ぐために、後述の手順2にある「契約」が重要になります。)

  

なお、ファウルの笛が吹かれて、明らかにボールから離れた所にいた守備側選手が、相手チームにクイックスタートされることを防ぐ目的のためにボールに近寄って来た場合は、「遅延行為」として警告(イエローカード)します。

 

 

以下は、攻撃側のキッカーにより守備側選手によって作られた『壁』が近いのでは?というアピールや「壁を(きちんと規定の距離まで)下げてほしい」という要請があった場合の手順です。

  

この段階で2度目の「笛」を吹いて、完全に試合を停止し、笛での再開となることを両チーム選手に周知しておくと良いと思います。(笛を目の高さ以上まで掲げ、もう片方の手で笛を指差しながら「笛で再開しま~す」と声かけすればOK。)

 

手順2)攻撃側選手と「契約」

まず、壁の操作中に主審の目を盗んでボールを前方にずらすようなことがないよう、攻撃側選手に正しい再開場所でボールをセットさせ、セット後は笛が吹かれるまでボールを動かさない/ボールに触れないという契約を交わします。(その対価として、壁を作る相手側選手を競技規則で既定されている9.15m以上しっかり引き離します。)

 

手順3)ボールを監視しながら壁の操作

次に壁の操作に移りますが、セットされたボールが動かされないよう、ボールに正対しながら後ろ向きに歩いて壁を下げる位置まで移動(※4)し、ボールに目を向けたまま手を真横にあげて、壁となる守備側選手に「手にあたるまで下がりましょう」と声をかけ、壁の位置を確定させます。

 

手順4)壁を監視しながらポジショニング

壁の位置を確定したら、今度は、手に当たった守備側選手を壁の基準(※5)として監視しながら(正対して後退しながら)、主審がとるべき位置(※6)まで移動する。このとき、視界の端で、キッカーを含む攻撃側選手が再びボールを置き直したり、位置をずらしたりしないかどうかもチェック。(そのような場合は、「遅延行為」としてイエローカードを提示した後、手順2以降をやり直します。)

 

手順5)ボールと壁以外のチェック

主審がとるべき位置へ移動が完了したら、壁の前後やゴール前において両チームの選手がポジション争いをして小競り合いをしていないかチェック(※7)し、最後に副審がフラグアップして異常を知らせていないかも確認します。(副審に何をサポートしてもらうかなどを、事前に打ち合わせしておく必要があります。)

 

手順6)再開の笛を吹く

全ての条件がクリアになったら、攻撃側チームが攻めるゴールを示しながら(副審と挟んだポジショニングをしているので、原則「左手」で指します)、笛を吹いてプレー再開の合図をします。但し、インプレーになるのはボールが蹴られて動いた時点です。

  

手順7)壁などからの飛び出しがないことを確認

笛を吹いた後で、フリーキックが行われる前(インプレーになる前)に、守備側選手が既定の距離より近い位置に飛び出した場合は、ボールが直接ゴールに入らないことを確認(※8)して、笛を吹いて試合を停止し、「飛び出した」選手に「イエローカード(既定の距離を守らない)」を提示した後、フリーキックのやり直しを行う。 

 

 

※1・・・クイックスタートを主審が認めるのは、次の3つの条件が揃っている場合のみ

①正しい再開位置にボールがセットされ再開される。
②ボールがきちんと静止した状態から再開される。
③元となる反則がカード(イエロー/レッド)提示の対象となるようなプレーではない。
  

※2・・・攻撃側にクイックスタートさせないように、ファウルした選手を含む守備側選手がボールから離れようとしない場合は、まず「(ボールから)離れて!」と声をかけ、それでも離れようとしない場合は笛を吹いて試合を完全に停止して「イエローカード」で警告します。(警告の理由は「遅延行為」または「既定の距離を守らない」。)
  

※3・・・既定の距離を離れきっていない守備側選手が、クイックリスタートを妨害する形でボールに対し故意に触れた場合は、「既定の距離を守らない」(反則)となり、イエローカードの対象となります。ただし、守備側選手がボールから離れようとしている最中に偶然ボールがあたった場合や、ボールが蹴られてから反応してボールに触れたは、反則とはならず、主審はそのままプレーを継続させます。


(ごく稀に、攻撃側選手のキッカーがクイックスタートしてわざと守備側選手にボールをあてて、あわよくば守備側選手にイエローカードをくらわそうとするようなプレーをする場合がありますので、主審は常にボールから目を離さず、しっかりプレーを見極めましょう!このような場合は、守備側選手が故意にボールに触れていないので、主審は毅然とした態度でそのままプレーを続けさせましょう。) 
 

※4・・・壁を下げるために移動する際、後ろ向きに歩いて「歩測」しても構いませんし、自信があれば目測でも構いません。ただし、移動時の動線がブレないよう、一直線に歩きましょう。またこの時、壁が9.15mより遠い場合は問題ありませんが、9.15mよりも近い場合は問題(主審のミス)となりますので、必ず9.15m以上壁を遠ざけましょう。もし、壁側の(守備側)選手から「(壁の距離が)遠いよ~」と言われた場合は、「競技規則上、9.15m『以上』離れていればOKなので、この距離で問題ありません。」と答えれば良いです。(もちろん、同じ試合の中では壁の距離に差がないようにしなければなりませんが・・・。) 
 

※5・・・(U-12以下のカテゴリーなどで教育的要素の強い試合であれば、)壁の基準となる選手に、「貴方が壁の基準になるので、インプレーになる前に貴方もしくは他の選手が前に出た場合はイエローカード(既定の距離を守らない)になるので注意してね。」という声掛けもアリだと個人的には思います。
 

※6・・・主審がとるべき位置とは、「次の争点」となるゴール前を副審と挟んで監視できる位置で、キッカーおよび壁の選手の動きも見渡せる位置。ただし、ペナルティーエリア内やその周辺の攻撃側選手がボールに合わせて走り込んでくるような場所は避けてポジショニングします。
 

※7・・・フリーキック開始前にポジション取りで小競り合いをしている場合は、早めに介入し、双方に声掛けして注意を促すことも必要になります。(ボールと壁の両方が動かないように注意しながら。) 
 

※8・・・「飛び出した」守備側選手にボールが当たって、明らかにゴールに入らない場合は、直ちに笛を吹いて試合を停止しても構いませんが、直接ボールがゴールに入った場合は、得点が認められるので、慌てて笛を吹かないようにしましょう。 
  
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
   

壁の操作に絡む手順の中で、予想される様々なシーン(パターン)があり、その注意事項などを挟みながら書いたため、少し読みにくい文章になってしまいました。ですので、最後に、基本的な流れだけを確認しておきます。
 

手順1)攻撃側のクイックスタートを保障しつつ、守備側選手をボールから遠ざける
手順2)攻撃側選手と「契約」
手順3)ボールを監視しながら壁の操作
手順4)壁を監視しながらポジショニング
手順5)ボールと壁以外のチェック
手順6)再開の笛を吹く
手順7)壁などからの飛び出しがないことを確認

 

こんな感じになると思います。










にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

乱暴な行為のサンプル(その3)(2018 Jルヴァンカップ GS 第6節 神戸 vs 鳥栖)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






2018JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第6節 退場に伴う郷家 友太選手(神戸)の出場停止処分について

【処分理由】
2018年5月16日(水)2018JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第6節(ヴィッセル神戸 vs サガン鳥栖)の試合において郷家 友太選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手のファウルされた勢いでフィールドに倒れた際、相手選手の下腹部付近を両足で蹴った行為は、「乱暴な行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。




競技規則 2017/2018 第12条 ファウルと不正行為

3.懲戒処置
(中略)
退場となる反則
競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、次の反則のいずれかを犯した場合、退場を命じられる:
(中略)

乱暴な行為
乱暴な行為とは、身体的接触のあるなしにかかわらず、競技者がボールに挑んでいないときに相手競技者に対して、あるいは、味方競技者、チーム役員、審判員、観客またはその他の者に対して過剰な力を用いたり粗暴な行為を行う、または、行おうとすることである。 加えて、競技者がボールに挑んでいないとき、意図的に相手競技者やその他の者に対して頭や顔を手や腕で打つ場合、その力が微小なものでない限り、乱暴な行為を犯したことになる。




立っている相手選手の腹をスパイクで蹴る、という行為ですか・・・。こういうことも起きうる、ということを頭の引き出しに入れておきましょう。



この試合の試合データはこちら。
2018 Jルヴァンカップ GS 第6節 神戸 vs 鳥栖



上記動画GIFの元になっている、ヴィッセル神戸の公式アカウントのハイライト映像はこちら。










にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ファウルと不正行為の判定(その39)



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、ファウルと不正行為の判定問題です。映像をご覧になって、正しい再開方法と懲戒罰の組み合わせを選んで回答を入力してください。審判資格の有無にかかわらず、どなたでもご参加いただけます。回答入力後にバナークリックのご協力もよろしくお願いいたします。






(ファウルと不正行為 問題39)

1)No Foul + No Card
2)Indirect Free Kick + No Card
3)Indirect Free Kick + Yellow Card
4)Indirect Free Kick + Red Card
5)Direct Free Kick + No Card
6)Direct Free Kick + Yellow Card
7)Direct Free Kick + Red Card
8)Penalty Kick + No Card
9)Penalty Kick + Yellow Card
10)Penalty Kick + Red Card





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ




 このプレーには懲戒罰が必要かどうか、というところだと思います。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← バナークリックがお済の方のみ、スクロールして正解をご確認ください。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ








FIFAが示す考慮項目

1)チャレンジする際、競技者が注意を払わずに行動しましたか?
2)相手競技者は危険な状況に置かれていますか?
3)競技者はチャレンジの際、どの程度の速さや強さを用いましたか?
4)競技者は身体のどの部分を使って接触をしましたか?
5)相手競技者のどの部分に接触が行われましたか?



FIFAの解説

黄色の5番は、無謀な方法で相手競技者にタックルしている。反スポーツ的行為。

(競技規則の関連文章)

◦ 無謀とは、相手競技者が危険にさらされていることを無視して、または、結果的に危険となるプレーを行うことであり、このようにプレーする競技者は、警告されなければならない。




ということで、正解(FIFAの決定)は、
6)Direct Free Kick + Yellow Card
です。








この記事は、
WV Soccer Association Referee Program (West Virgina Soccer Association)
のサイト内の
Videos 36 - 40
を参考にして作成しています。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆