FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ボールからは絶対に目を離してはいけない


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



4種の試合などを見ていると、ボールから目を離してしまっている4級審判員の方が結構いらっしゃいます。試合中にボールから目を離してしまうと、こんな出来事が起きてしまったときに困りますよ、という観点で映像をご覧ください。





ゴールキーパーがボールを手に持った瞬間、ボールに背を向けて移動されている方をよく見かけます。次の争点(パントキックの落下点)の監視に備えて急いでハーフウェーライン方向に戻っておこう、という意識はとっても良いのですが、バックステップもしくはサイドステップ気味で、完全にはボールから目を離さないようなランニングをすることが肝要です。(この時、選手にぶつからないことも大切。)



次の争点に走って移動しようという意識のない、上から目線のレフェリングをしている方は、論外ですが。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト



ファウルと不正行為の判定(その68)


本日は、ファウルと不正行為の判定問題です。



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



映像をご覧になって、正しい再開方法と懲戒罰の組み合わせを選んで回答を入力してください。審判資格の有無にかかわらず、どなたでもご参加いただけます。回答入力後にバナークリックのご協力もよろしくお願いいたします。




(ファウルと不正行為 問題68)

1)No Foul + No Card
2)Indirect Free Kick + No Card
3)Indirect Free Kick + Yellow Card
4)Indirect Free Kick + Red Card
5)Direct Free Kick + No Card
6)Direct Free Kick + Yellow Card
7)Direct Free Kick + Red Card
8)Penalty Kick + No Card
9)Penalty Kick + Yellow Card
10)Penalty Kick + Red Card




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← バナークリックがお済の方のみ、スクロールして正解をご確認ください。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 正解をご覧になる前に1回だけで結構ですのでクリックしてくださいますよう、お願いいたします。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ




FIFAの示す考慮項目
1)チャレンジの際、競技者は注意や配慮を欠いていましたか?
2)競技者はフェアな方法でボールをプレーする機会がありましたか?
3)競技者はボールに触れたあと、相手競技者に公平または不公平な接触をしましたか?



FIFAの解説
Blue 8 plays the ball in a fair manner.
青の8番は公平にボールをプレーしている。



(競技規則の関連文章)
元記事には、過去の競技規則に掲載されていた(現在の競技規則には掲載されていない)文章が引用されています。そのまま日本語版の文章を載せておきます。


競技規則 2015/2016 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

ファウルとなるための基本的条件
反則をファウルとして判断するためには、次の条件が満たされなければならない。
●競技者によって犯される
●フィールド内で起きる
●ボールがインプレー中に起きる




ということで、正解(FIFAの決定)は、
1)No Foul + No Card
です。



この記事は、
WV Soccer Association Referee Program (West Virgina Soccer Association)
のサイト内の
Videos 66 - 71 >>
を参考にして作成しています。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

日本代表 vs イラン代表(2019.01.28 AFC アジアカップ UAE 2019 決勝トーナメント)の試合データほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




この試合のハイライト映像は、AFCのサイトにUPされています。

AFC版のマッチレポートはこちら

Jリーグの日本代表のサイトの試合情報はこちら

日本協会の試合情報はこちら



主審:クリストファー ビース さん
副審1:マシュー クリーム さん
副審2:アントン シュチェティニン さん
第4の審判員:アントン シュチェティニン さん



前半23分48秒付近。
イラン代表11番(バヒド アミリ選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー。スパイクの裏というよりは、日本代表19番(酒井 宏樹選手)に対してのタックルがレイト気味でしかも深く入ったものであったため、「無謀なタックル」と判断されました。



前半42分59秒付近。
イラン代表9番(オミド イブラヒミ選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー。拡大リプレの途中で画面がライブ映像に切り替わってしまったため、よく確認できませんが、恐らく日本代表15番(大迫 勇也選手)の足をスパイクで強く踏みつけたという判断だろうと思われます。



後半0分10秒付近。
日本代表19番(酒井 宏樹選手)に出されたイエローカードは、反スポーツ的行為。
・相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにボールを手または腕で扱う。に該当すると判断されました。



この判定厳しいんじゃない?と思われた方が多いと思いますが、FIFAはアウトの基準を示しています。同じような動作がペナルティーエリアの内側で行われている映像


に対して、
「Penalty kick、Yellow card」
・Hand moving towards the ball
・The handball offence prevents an opponent gaining possession of the ball
・The player uses his hand to deliberately touch the ball

という解説をしています。(過去記事 「ハンドリングか否か(問題集その2)」 参照)



もちろん、後半17分21秒付近のPKの判定となったプレーも、FIFAはアウトの基準を示しています。



ゴール前に供給されるクロスをブロックするためにスライディングした際の手にボールが当たっているケースに対して、
「Penalty kick、Yellow card」
・The handball offence prevents an opponent gaining possession of the ball
・Hand moving towards the ball
・The player uses his hand to deliberately touch the ball

という解説をしています。(過去記事 「ハンドリングか否か(問題集その3)」


(南野選手のクロスに関しては、中の状況がそれほど優位な状況(=大きなチャンス)ではなかったということで、カードなしのPKのみでしたが。)



後半48分付近。
イラン代表20番(サルダル アズムン選手)および日本代表5番(長友 佑都選手)に出されたイエローカードは、恐らくどちらも「反スポーツ的行為」。アウトオブプレー中に、相手競技者に触れて対立を引き起こした行為が、◦ サッカーに対してリスペクトに欠ける行為を行う。に抵触したと判断されたものと思われます。








☆ 関連記事 ☆

「ハンドリングか否か(問題集その2)」

「ハンドリングか否か(問題集その3)」




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ケーブル内蔵のスマホ充電器


代表戦のカードの理由などについては、明日、記事が出来上がり次第UPする予定です。



ということで、今日の更新は自分用のメモです。



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2年半ほど前に購入したANKER製のモバイルバッテリーの更新用として、新たにmicroUSBとLightningケーブルの両方を内蔵した 10000mAh のモバイルバッテリーを購入。




厚さ約1.28cm*横幅約7cm*縦幅約13.5cm。重量:169g。(Anker PowerCore 10000 より10gほど軽い)



以下、スナップショット。

powerbank_001.jpg



iPhone8とほぼ同じサイズですが、残念ながら厚さはiPhone8のほうが薄いです。

powerbank_002.jpg













にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ファウルと不正行為の判定(その61~65)の記事のフォローアップ



本日はファウルと不正行為の判定(その61~65)の記事のフォローアップです。今回の5問中正解率が5割に達しなかったのは1問(その61)のみでした。ってか、(その61)は超難問だったように思います。



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



各問題の映像と、本日までの回答数および正解率のみ表示しておきます。正答率が50%に満たなかった問題については、正解率を赤文字で表示してあります。



ファウルと不正行為の判定(その61)


正解(FIFAの決定)は、
1)No Foul + No Card
回答数86、正答率37%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その61)」 をご覧ください。




ファウルと不正行為の判定(その62)


正解(FIFAの決定)は、
6)Direct Free Kick + Yellow Card
回答数39 、正答率58%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その62)」 をご覧ください。




ファウルと不正行為の判定(その63)


正解(FIFAの決定)は、
6)Direct Free Kick + Yellow Card
回答数87、正答率73%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その63)」 をご覧ください。




ファウルと不正行為の判定(その64)


正解(FIFAの決定)は、
6)Direct Free Kick + Yellow Card
回答数91、正答率72%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その64)」 をご覧ください。




ファウルと不正行為の判定(その65)


正解(FIFAの決定)は、
6)Direct Free Kick + Yellow Card
回答数92、正答率63%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その65)」 をご覧ください。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2019/01/26) 副審 × 1.0 + 主審 ×1.0 イエローカード 1


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、もともと先週同様、長男&二男が卒業した学校の部活の顧問の先生から依頼されて3種の公式戦の副審を担当することになっていました。



先週、同じ会場で行われる試合の主審を担当してくれる審判員を探しているというお話があり、副審の前に、主審を1本担当することに。



ということで、まずは主審を担当したときのお話。副審は、割り当てチームの保護者の方々(4級)。試合直前にほとんど打ち合わせすることができなかったものの、特に大きな問題はなかった。



試合開始早々、イエローカードを出すことになってしまった。



攻撃側中盤の選手が、少し浮いてしまったボールを、相手ゴールを背にした状態で、相手ゴール前方向に蹴ろうとした際、相手DFがボールを頭で処理しようとしているのを感じながらも無理に足を高く上げてボールをプレーしようとし、結果として相手DFの鎖骨付近に足を当ててしまった。



相手選手は、鎖骨付近を押さえながらその場に崩れた。足が直接相手DFに当たらなければ、守備側チームに間接フリーキックを与えて「注意」で済ませるつもりだったけれど、完全に足が相手DFに当たったことが確認できたので、「直接フリーキック+警告(ラフプレー)」を選択。



カードを提示しながらも、鎖骨付近を蹴られてしまったDFが気になったので、カードへの記録などを後回しにして、ケガのケアを優先。幸い、DFはすぐに起き上がって、そのままプレーに復帰する意思をみせてくれたので、「ホッ」と一安心。



さて、記入をしようと思ったら、カード提示した選手の背番号を覚えていなかったことに気が付いた(汗)。顔を見て提示したので、顔はなんとなく覚えていたのだけれど、その顔が付近にいない・・・(大汗)。



仕方がないので、反則を犯した選手のチームの選手に、「あれっ、今の何番だったっけ?」と聞いたところ、選手たち数人が「〇番です。」と正直に教えてくれたので、助かりました。(ありがとう!もちろん、ハーフタイム中にいろんなところに確認はいれました。)



負傷の程度を把握することに気を取られ過ぎてしまいました。カード提示しながら、きちんと声に出して「〇番、警告ね。」って言っておけば、頭の中に番号の記憶が残っていたんだろうなぁ、と反省。



あとは、パスコースに入ってしまい、至近距離から蹴られたボールを避けきれずに、左肩に当ててしまうというミスも。シュートコース側を開けたつもりが、選手の選択は、右サイドへの展開でした。(涙)



副審担当時の出来事。



3級チャレンジ中の副顧問の先生のサポートで副審を担当。オフサイドフラッグなどは見落とされることはなかったものの、ゴールキック時にボールがゴールエリアから直接蹴り出される前に、守備側選手がボールに触れたケースでフラグアップして主審に知らせたのだけれど、気が付いてもらえなかったことがあった。



激しくフラグを振って知らせてもよかったのかもしれないけれど、実は、そのチームは相手チームより得点が上回っていて、しかも同じようなプレーが少し前にもあった。(その時は、主審自身が気が付いて、やり直しを命じていた。)



しばらくフラグアップして主審に知らせたものの、主審の意識は完全に争点のほうに移ってしまっていたようだった。かなり時間が経過してしまったこと、ペナルティーエリア内でボールに触れたことで、若干のピンチになり、得点が下回っているチームが若干有利な状況になったこと、ゴールキックのやり直しを命じることで、得点が上回っているチームの時間稼ぎにつながってしまうということもあり、結局フラグを下げることにした。



(守備側チームが、ゴールキックのやり直しをさせる目的で「わざと」ペナルティーエリア内でボールに触れたのであれば、当然「遅延行為」で警告すべきなのだけれど、土のグランドの最終試合だったということで、ゴールエリアラインの境界線がよく確認できない状況になっていたため起きたプレーだと判断し、あえて主審に知らせて「警告」させることもないかな、という判断もありました。)




 ← 乾いた土のグランドでは、主審でも副審でも問題なく使用できました。(トレーニングシューズより「楽」かどうかは、「なんとな~く楽かなぁ・・・」という感じです。)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

日本代表 vs ベトナム代表(2019.01.24 AFC アジアカップ UAE 2019 決勝トーナメント)の試合データほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



この試合のハイライト映像は、AFCのサイトにUPされています。

AFC版のマッチレポートはこちら

Jリーグの日本代表のサイトの試合情報はこちら

日本協会の試合情報はこちら



主審:モハンメド アブドゥラ ハッサン さん
副審1:モハメド アルハマディ さん
副審2:ハサン アルマフリ さん
第4の審判員:アンマル アルジネイビ さん



後半7分13秒付近。
ベトナム代表4番(ブイ ティエン ズン選手)に出されたイエローカードは、反スポーツ的行為。日本代表8番(原口 元気選手)からのパスを受け取って、ベトナム代表のペナルティーエリア内に侵入した直後に足をかけて倒してしまったプレーが、日本代表の決定的な得点の機会を阻止した(ファウルが無ければGKと1対1になっていた)という判断。ただ、ボールをプレーしようと試みて犯した反則で、日本代表にペナルティーキックが与えられたため、反スポーツ的行為として、警告されました。



競技規則 2018/2019 第12条 ファウルと不正行為

反スポーツ的行為に対する警告
(中略)
◦ ボールをプレーしようと試みて反則を犯し相手競技者の決定的な得点の機会を阻止 し、主審がペナルティーキックを与えた場合
(中略)

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、意図的にボールを手や腕で扱う反則により、相手チームの得点、または、決定的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所にかかわらず、その競技者は退場を命じられる。

競技者が相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、その反則がボールをプレーしようと試みて犯された反則だった場合、反則を犯した競技者は警告される。それ以外のあらゆる状況(押 さえる、引っぱる、押す、または、ボールをプレーする可能性がないなど)においては、反則を犯した競技者は退場させられなければならない。

競技者、退場となった競技者、交代要員または交代して退いた競技者が主審から必要な承認を得ることなく競技のフィールドに入り、プレーまたは相手競技者を妨害し、相手 チームの得点あるいは決定的な得点の機会を阻止した場合、退場の対象となる反則を犯したことになる。 次の状況を考慮に入れなければならない:
◦ 反則とゴールとの距離
◦ プレーの方向
◦ ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
◦ 守備側競技者の位置と数




(個人的には、カード(決定機阻止)は厳しい判定だと思いましたが、VARの進言にはカードも含まれていると思われます。複数の国際審判員の基準としては、これは「決定機阻止にあたる」ということなんだろうと思われます。)



後半14分13秒付近。
ベトナム代表5番(ドゥアン バン ハウ選手)に出されたイエローカードはラフプレー。足元にボールを収めてボールをキープしようとしていた日本代表19番(酒井 宏樹選手)に激しく突進し酒井選手にひざを入れてしまった行為が、「無謀なファウルチャージ」と判断されました。



ということで、例によってカードのところのみ記事にしておきます。



主審が結構パスコースに入ってしまっていたような気がしましたが・・・。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

更新手続きをお忘れなく


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




審判員資格を保有されている方には、KICKOFFに登録しているメールアドレスに対して、「年度更新手続きのご案内」という件名のメールが届いていると思いますが、一応、このブログでもお知らせしておきます。



更新手続きの申込期間は、2019/01/15 ~ 2019/02/28 となっています。(所属されている都道府県協会によって異なっている可能性がありますので、各自ご確認ください。)



手続きを忘れてしまうと、再取得のために時間もコストもかかります。お手続きはお早めに。



molten(モルテン) 折りたたみ式 作戦盤 SF0070
モルテン(molten) (2011-11-25)
売り上げランキング: 36,592





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ファウルと不正行為の判定(その67)


本日は、ファウルと不正行為の判定問題です。



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



映像をご覧になって、正しい再開方法と懲戒罰の組み合わせを選んで回答を入力してください。審判資格の有無にかかわらず、どなたでもご参加いただけます。回答入力後にバナークリックのご協力もよろしくお願いいたします。




(ファウルと不正行為 問題67)

1)No Foul + No Card
2)Indirect Free Kick + No Card
3)Indirect Free Kick + Yellow Card
4)Indirect Free Kick + Red Card
5)Direct Free Kick + No Card
6)Direct Free Kick + Yellow Card
7)Direct Free Kick + Red Card
8)Penalty Kick + No Card
9)Penalty Kick + Yellow Card
10)Penalty Kick + Red Card






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← バナークリックがお済の方のみ、スクロールして正解をご確認ください。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 正解をご覧になる前に1回だけで結構ですのでクリックしてくださいますよう、お願いいたします。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ




FIFAの示す考慮項目
1)チャレンジする際、競技者が注意を払わずに行動しましたか?
2)相手競技者は危険な状況に置かれていますか?
3)競技者はチャレンジの際、どの程度の速さや強さを用いましたか?
4)競技者は身体のどの部分を使って接触をしましたか?
5)相手競技者のどの部分に接触が行われましたか?



FIFAの解説
白の12版は相手競技者を無謀に蹴っている。反スポーツ的行為。

(競技規則の関連文章)
◦ 無謀とは、相手競技者が危険にさらされていることを無視して、または、結果的に危険となるプレーを行うことであり、このようにプレーする競技者は、警告されなければならない。



FIFAの解説は、いつも通りざっくりとした解説のみで、突っ込んだ解説がありません。

敢えて突っ込んだ解説をしてみます。
これ、白の12番の選手が左足で赤の8番の選手の右足をトリップしただけだったなら、直接フリーキックのみ(カードなし)だった可能性が高かったと思いますが、右足で相手競技者の左足まで蹴ってしまっているので、その部分まで含めて「後方からであること、チャレンジのスピードや強さが『不用意レベル』とは言えない」、ということから「無謀に」に該当する、という判断だと思います。



ということで、正解(FIFAの決定)は、
6)Direct Free Kick + Yellow Card
です。



この記事は、
WV Soccer Association Referee Program (West Virgina Soccer Association)
のサイト内の
Videos 66 - 71 >>
を参考にして作成しています。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

日本代表 vs サウジアラビア代表(2019.01.21 AFC アジアカップ UAE 2019 決勝トーナメント)の試合データほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ





この試合のハイライト映像は、AFCのサイトにUPされています。

AFC版のマッチレポートはこちら

Jリーグの日本代表のサイトの試合情報はこちら

日本協会の試合情報はこちら



主審: ラフシャン イルマトフ さん
副審1:アブドゥハミドゥロ ラスロフ さん
副審2:ジャホンギル サイドフ さん
第4の審判員:セルゲイ グリシュチェンコ さん
追加副審1:バレンティン コバレンコ さん
追加副審2:ナワフ シュクララ さん




前半38分41秒付近。
日本代表13番(武藤 嘉紀選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー。ボールをプレーし終えた直後のサウジアラビア代表 4番(アリ アルブライヒ選手)の斜め後方から激しくチャージしたことが、「無謀なファウルチャージ」と判断されました。(スパイクの裏面を当てたという判断の可能性も。)



後半10分付近。
サウジアラビア代表19番(ファハド アルムワラド選手)に出されたイエローカードもラフプレー。ボールをプレーし終えた日本代表19番(酒井 宏樹選手)に遅れて突進し、スパイクの裏を同選手の右すねに当てた行為が、「無謀なファウルタックル」と判断されました。



後半35分54秒付近。
サウジアラビア代表13番(ヤシル アルシャハラニ選手)に出されたイエローカードもラフプレー。クリアのこぼれ球を追い、ボールをプレイエリア内に収めていた日本代表14番(伊東 純也選手)の後方からタックルを行い、ボールに触れることができずに伊東選手の右足に左足を接触させた行為が、「無謀なファウルタックル」と判断されました。



ということで、とりいそぎイエローカードが出たところのみ。



 ← 2/3までなら10%OFFクーポンが使えるようですよ~。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆