FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
日本代表 vs ウズベキスタン代表(2019.01.17 AFC アジアカップ UAE 2019 グループステージ)の試合データほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




この試合のハイライト映像は、AFCのサイトにUPされています。

AFC版のマッチレポートはこちら

Jリーグの日本代表のサイトの試合情報はこちら

日本協会の試合情報はこちら



主審:モハンメド アブドゥラ ハッサン さん
副審1:モハメド アルハマディ さん
副審2:ハサン アルマフリ さん
第4の審判員:フー ウェイミン さん
追加副審1:アンマル アルジネイビ さん
追加副審2:アリ サバ アルカイシ さん




前半.32分33秒付近。
日本代表13番(武藤 嘉紀選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー(反スポーツ的行為)。ウズベキスタン代表15番(イゴール クリメツ選手)の横方向からスパイクの裏を見せた状態で突進し、ボールを蹴り終えたイゴール クリメツ選手の足にスパイクの裏を当てた(イゴール クリメツ選手のキック時の足の軌道上にスパイクの裏面を置いた)行為が、無謀なキッキングと判断されました。



後半2分35秒付近。
日本代表18番(塩谷 司選手)に出されたイエローカードは、反スポーツ的行為。ウズベキスタン代表19番(オタベク シュクロフ選手)の高速ドリブルから、ウズベキスタン代表チームの大きなチャンスとなる攻撃(右サイドの14番エルドル ショムロドフ選手にパスが出ていれば、かなりのチャンスとなるところ)を、ファウルで妨害したことが、
◦ 相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにファウルを犯す。ただし、ボールをプレーしようと試みて反則を犯し、主審がペナルティーキックを与え た場合を除く。 (反スポーツ的行為)
に抵触したという判断。



後半23分33秒付近 
ウズベキスタン代表4番(ファルフ サイフィエフ選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー(反スポーツ的行為)。ボールをプレーし終えた日本代表14番(伊東 純也選手)に遅れて突進し、伊東選手の右足を強く踏みつけたことが、「無謀なキッキング」と判断されました。



後半26分26秒付近。
ウズベキスタン代表15番(イゴール クリメツ選手)に出されたイエローカードは、反スポーツ的行為。ウズベキスタン代表のパスミスのボールを奪ってウズベキスタン代表チームのペナルティーエリア内にドリブルで侵入しようとした日本代表13番(武藤 嘉紀選手)に足を掛けるのと同時に肩付近を押さえて倒した行為が
◦ 相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにファウルを犯す。ただし、ボールをプレーしようと試みて反則を犯し、主審がペナルティーキックを与え た場合を除く。 (反スポーツ的行為)
に抵触したという判断。



とりいそぎカードが出たところのみ。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト