FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2019 SheBelieves Cup(2019.02.28 日本女子代表 vs アメリカ女子代表)の公式試合データほか


BSフジでの放送に気が付かず、録画をし損ねました。(涙)



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



youtube にはこの試合のオフィシャル系のハイライト映像は見つからなかったのですが、米国サッカー協会のサイト内にはハイライト映像がUPされていましたので、リンクを貼っておきます。





米国サッカー協会の記事の情報によると

Officials:
Referee: Melissa Borjas (HON)
Assistant Referee 1: Shirely Perello (HON)
Assistant Referee 2: Lidia Ayala (SLV)
4th Official: Tatiana Guzman (NCA)

となっています。



USA TIES JAPAN 2-2 IN TEAMS' FIRST 2019 SHEBELIEVES CUP MATCH

この米国サッカー協会のサイトの記事を見ると、日本協会のサイトの情報の薄さに泣けてきます。



前半37分20秒付近。

日本女子代表4番(熊谷 紗希選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー。ボールをプレーし終えたアメリカ女子代表13番(Alex Morgan選手)に遅れて突進したことが、無謀なファウルチャージと判断されました。



個を生かし和を奏でる: 世界一に挑む45の流儀
高倉麻子
徳間書店
売り上げランキング: 354,366





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト



[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード W-735H-1AJF メンズ がお買い得な状態になっています


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



審判中に、ハーフ時間が満了したことを選手に気取られる(=察知される)ことは、余計なトラブル※の元となってしまうので、タイムアップ時にアラームを鳴らす行為は自らの首を絞める行為と言えます。(その試合の審判団として活動している場合のお話。)



カシオの W-735H-1AJF という腕時計は、タイムアップ時(カウントダウンタイマー使用時)に、バイブレーションで通知可能な腕時計ですので、お薦めです。



※正規の時間が満了しても、主審が「追加するつもりの時間」と選手の「追加されるであろうと考える時間」に当然差が生まれます。そのズレの間に得点されてしまったチームの選手がどう思うかを考えれば、無用なトラブルを招きかねない「アラーム」は避けるべきであることは、想像に難くないと思いますが・・・。


[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード W-735H-1AJF メンズ

[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード W-735H-1AJF メンズ
CASIO(カシオ) (2014-10-17)
売り上げランキング: 184





amazon 直で取り扱いできなくなる(=amazon直の在庫がなくなる)と、他のベンダーの商品がカートに入るのですが、値段が結構違います。



要するに、amazon 直の販売価格が「かなり安い」のです。「かなり安い」ので、結構「在庫切れ」になります。



このところしばらく「在庫切れ」だったですが、とりあえず本日現在「在庫復活」しているようなので、ご案内しておきます。(カートに入れることができる数量から察するに、この記事を書いている時点で残り3本くらいの状態のようです。必要な方はamazon直の在庫があるうちにお早めにどうぞ。)



この腕時計の詳しい情報については、過去記事 
「[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード W-735H という腕時計」 
および 
「casio W-735H-1AJF と W-735H-8AJF というバイブレーション機能のついた時計」
で詳しく紹介していますので、そちらもぜひご参考にどうぞ。





☆ 関連記事 ☆

「[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード W-735H という腕時計」 

「casio W-735H-1AJF と W-735H-8AJF というバイブレーション機能のついた時計」




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

乱暴な行為のサンプル(その1)(2019 J2 第1節 長崎 vs 横浜)



今年度も、Jリーグにおける一発レッドとなったシーンをサンプル化しておこうと思います。



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2019明治安田生命J2リーグ 第1節 退場に伴う田代 真一選手(横浜FC)の出場停止処分について

【処分理由】
2019年2月24日(日)2019明治安田生命J2リーグ 第1節(V・ファーレン長崎 vs 横浜FC)の試合において田代 真一選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の相手選手との接触の後、太ももを故意に蹴った行為は「乱暴な行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。



拡大リプレイの映像がないのが残念です。



これ、アフターでの接触、さらにはその後「何かあるかも」という意識をもっているかどうかで、「見落とす/見逃す」という可能性が激減します。このあたりさすがJの審判員さんです。しっかりと目を残されていて、見逃しませんねという感じ。現在の争点、つまり現在のボールの位置ばかりを意識し過ぎると見逃しがちですので、皆さんくれぐれもご注意を。



競技規則 2018/2019 第12条 ファウルと不正行為

3.懲戒処置
(中略)
退場となる反則
競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、次の反則のいずれかを犯した場合、退場を命じられる:
(中略)

乱暴な行為
乱暴な行為とは、身体的接触のあるなしにかかわらず、競技者がボールに挑んでいないときに相手競技者に対して、あるいは、味方競技者、チーム役員、審判員、観客またはその他の者に対して過剰な力を用いたり粗暴な行為を行う、または、行おうとすることである。 加えて、競技者がボールに挑んでいないとき、意図的に相手競技者やその他の者に対して頭や顔を手や腕で打つ場合、その力が微小なものでない限り、乱暴な行為を犯したことになる。




上記動画GIFの元になっている、Jリーグの公式チャネルのハイライト映像はこちら。






リボンマグネット スヌーピーコラボ V・ファーレン長崎
リボンマグネット
売り上げランキング: 259,225





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ファウル(ハンドリング)と不正行為の判定問題(その1)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ





2019シーズンの判定基準「競技規則スタンダード」において、今シーズンは「ハンドリング」がテーマの1つとしてピックアップされています。



ということで、FIFA FUTURO - Learning Modules - の Handball - Video Quizzes を1問づつ出題していこうと思います。ちなみに、過去に1つの記事で5問を一気に紹介するという形で紹介済みではあるのですが、何度も繰り返して学習することで、FIFAの基準が身に着くということを信じて、再び1問づつの形での記事化です。



FIFAは審判員に対し、ハンドリングか否かを考える際、下に紹介する項目を考慮しなさいと言っています。(ちなみに、訳語は私が勝手に訳したものですので、気になる方は、元記事のサイトをご確認ください。)



(ハンドリングではない)
・ボールが手のほうに向かって動いた
・手や腕が「自然な位置」にあった
・競技者はボールが手に当たらないようにしようとしていた
・至近距離からのボールが手にあたった

(ハンドリング、懲戒罰なし)
・手がボールのほうに向かって動いた
・手や腕が「不自然な位置」にあった
・競技者が故意にボールに触れるために手を用いた
・遠くからのボールが手に当たった

(ハンドリング+イエローカード)
・ハンドリングの反則を犯すことで相手競技者がボールを保持することを妨げた
・競技者が意図的にボールを手で扱うことで得点することを試みた
・競技者がゴール方向に向かっているボールを手で扱った(決定的な得点の阻止ではない)
・競技者がボールを手で扱うことで審判員を欺くことを試みた

(ハンドリング+レッドカード)
・競技者が手でボールを扱って得点を阻止した
・競技者がボールを手で扱うことで、決定的な得点の機会を阻止した



これらの項目を踏まえた上で、それぞれのプレーは、ハンドリングかどうか、ハンドリングの場合に再開方法および懲戒罰が必要かどうかをお考え下さい。なお、元記事とは若干異なる回答形式となっていますので、ご了承を。



Video 1



「ファウル(ハンドリング)と不正行為の判定問題(その1)」

1)No Foul + No Card
2)Indirect Free Kick + No Card
3)Indirect Free Kick + Yellow Card
4)Indirect Free Kick + Red Card
5)Direct Free Kick + No Card
6)Direct Free Kick + Yellow Card
7)Direct Free Kick + Red Card
8)Penalty Kick + No Card
9)Penalty Kick + Yellow Card
10)Penalty Kick + Red Card





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← バナークリックがお済の方のみ、スクロールして正解をご確認ください。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 正解をご覧になる前に1回だけで結構ですのでクリックしてくださいますよう、お願いいたします。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ



Video 1 FIFAの判定と解説

・手や腕が「自然な位置」にあった
・ボールが手のほうに向かって動いた
・至近距離からのボールが手にあたった



ということで、正解(FIFAの判定)は、
1)No Foul + No Card
です。



この記事は、
FUTURO 2013 - Learning Modules - Handball - Video Quizzes
のサイト内の
Videos 1 - 6 >>
を参考にして作成しています。



☆ 関連記事 ☆

「2019シーズンの判定基準「競技規則スタンダード」がUPされました」

「ハンドリングか否か(問題集その1)」







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2019/02/24) 副審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、所属する地区の協会から派遣されて、1種(社会人)の公式戦(トーナメント)の副審を担当。試合時間は、90(45-15-45)分。マネミ(マネジャーズ・ミーティング※の略)つき。

※試合開始前に、大会本部の運営担当者、審判団、両チームの監督&キャプテンが一堂に会し、
1)自己紹介
2)持ち寄られたホーム&アウェー用のユニフォーム(FP用2種、GK用2種)の確認および当該試合で着用するユニフォームの最終決定(あらかじめチームの監督どうしの話し合いで決まっていても、審判団が両チームの選手をより見分けやすい組み合わせにすることもあり得ます。)
3)大会規定の確認。(ベンチ入りできる選手・役員の数の確認、交代できる人数(回数)、試合前あるいは試合中のウォーミングアップに関係する場所や時間、ロッカーアウト時間なども含まれます。)
というようなことを実施します。

なお、審判員証、全選手の選手証、指導者証などの確認はマネージャーズ・ミーティングの場、あるいはそれよりも前に大会本部の運営担当者によってあらかじめ確認が行われます。



審判団は3人制。私以外(主審と反対側の副審)は2級審判員。この試合、インストラクターによるパフォーマンスチェック付きの割り当てでした。



私は、A1側の担当。本来なら、私よりも上級の審判員である2級審判員さんがA1側を担当する割り当てになるのだけれど、パフォーマンスチェックを受けるための、A1割り当てでしょう、きっと。



4審が配置されない3人制の審判団なので、選手交代時には、私がハーフウェーラインまで走ってきて、交代管理。交代票を受け取り、試合前に受け取っているメンバーリストとの突合せ作業を実施してから、交代してフィールドに入る選手の用具類を素早くチェック。



私の場合、この交代票を使った選手交代に慣れていないので、主審には試合前の打合せ時に、他の都道府県リーグ担当の審判員に比べて、交代が完了してから私が副審の定位置に戻るまで少し時間がかかるかもしれないので、交代手続きの後、私がスタンバイ状態になったのを確認してから再開してね、ってお願いしておいたところ、主審はしっかりアイコンタクトをとってから試合を再開してくれたので、助かりました。(たまに、スタンバイできていないのに再開されてしまって、焦ることがあります。←なので、自分が主審の時は気を付けるようにしているのですが。)



試合後の反省会で私がインストラクターから指摘された内容。



スローイン時のポジションが正しくないシーンがあった、と。そう、自分でも「あっ、しまった。」とは思っていました。ディフェンス側のスローイン時のお話。



ほぼほぼ再開ポイント付近にいた私。守備側競技者の味方競技者がボールを拾い、私のすぐ前にいた守備側競技者にボールを投げてパス。受け取ったその競技者が、最短距離でタッチラインの外に出るため、私の方に向かって進んできて素早くスローインをしようとた。



タッチライン上にいた私は、その選手に押し出されるように、タッチラインの外側に移動してしまった。素早くスローインを行うのを妨げてしまわないように、後方に下がってしまったのだけれど、本来はゴールライン側に身体を逃がして、あくまで頭をタッチライン上に残した状態でスローインを監視しなければならなかった。



私の記憶では、そうなってしまったのは1回だけだったとおもうのだけれど、しっかりチェックされていた。
orz



常に基本に忠実でなければなりませんね。



といったところが、本日の主な内容。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

JFAや千葉県FAの女性審判員の育成・強化における技術関係者との連携(テクニカル・ニュースvol.88 より)



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



先週に引き続き、指導者資格保有者に、隔月で郵送されてくる「テクニカル・ニュース」のコラム「審判員と指導者、ともに手を取り合って・・・」の紹介です。



本日の記事は、 vol.88(2018年11月26日発行)に山岸佐知子さん(JFA審判委員会女子部会長/千葉県FA審判委員長)が寄稿されている記事を転載します。



テクニカル・ニュース vol.88の元記事のPDFファイルは、こちら。(指導者資格が紐づけされているJFAIDが必要です。)



--- これより 転載 ---


JFAや千葉県FAの女性審判員の育成・強化における技術関係者との連携
 山岸佐知子(JFA審判委員会女子部会長/千葉県FA審判委員長)



はじめに
 より良い審判員を育成するために、技術との連携は欠かせません。今回は、直接的あるいは間接的に技術と審判が関わりを持っている機会について紹介します。

JFAの取り組み
(1)取り組み①
 審判技術を向上させるためには、競技規則の理解を深めることはもちろんですが、サッカーそのものの理解を深めることも非常に大切です。その取り組みの一つとして、女子1級審判員に対し、研修会や全国大会の休息日を活用しながら、技術関係者の方に講義を行っていただく機会を設けています。今年度の女子1級審判員研修会では、FIFA U-20女子ワールドカップを目前に控える中、U-20日本女子代表の池田太監督にお越しいただき、講義をしていただきました。本大会中は、U-20日本女子代表の活躍を今まで以上に身近に感じながら応援したことは言うまでもありません。

 講義では、ホワイトボードを利用しながらの戦術解説、女子サッカーのトレンドや大会へ向けての選手との関わり、指導者から見た判定についてなど、映像を用いながら分かりやすく、かつ楽しく話をしていただきました。食い入るように聞いている審判員の様子からも、興味の高さがうかがえました。ざっくばらんな雰囲気をつくっていただいたため、審判員にとっても日頃疑問に感じていることを質問できる貴重な機会にもなりました。

 基本的な競技規則の理解は大前提ですが、互いの考え方を理解した上で審判をすることで、より共感を得られるような判定につなげられればと考えています。

(2)取り組み②
 試合を振り返るときに映像を用いることは有効な手段です。特にフィールド上で審判員自身が感じたことと選手やその他の方が感じたことにずれが生じているときは、客観的に事実を見つめ直してギャップを埋める作業に役立ちます。
 女子1級審判員の主な活動の場であるなでしこリーグでは、1部リーグのほとんどの試合を公式Webサイトで見ることができますが、その他のカテゴリーの試合映像を入手することは困難でした。しかし、今シーズン途中から、リーグを通じてチーム側より審判員のスキルアップに役立ててほしいと、スカウティング用に撮影した映像提供の提案をいただきました。

 担当審判員は会場でアセスメントを受けた後、各自で受け取った映像を自己分析し、担当インストラクターとやり取りをすることで、さらに理解を深めていくという取り組みを行っています。審判員からは、映像で現実を見ることにより、今まで自分が感じていたものとの違いがはっきりと理解でき、改善に非常に役立つという声が聞かれています。

千葉県FAにおける取り組み
 女子だけの取り組みとして、技術関係者と連携をとりながら何かを行うという段階までは至っていませんが、できるだけ互いに関わりを持てるような機会を創出することに努めています。

(1)研修会
 女性審判員が各自のレベルに合わせて参加できるよう、普及・育成・強化の3段階に分けて研修会を開催しています。研修で使用する試合は、各地区やチームの協力のもとで開催が実現しています。
 この3つの研修会の中でも、普及を目的とした研修会は、主に初めて資格を取得した方や、資格を取得したものの、あまり審判をする機会のない方が対象です。参加者の中には、選手をしながら資格を保有している方も含まれています。ユースの選手がチーム単位で参加してくれることもあり、選手以外の立場を実際に経験できる機会にもなっています。本格的な審判活動へすぐにつながるわけではないですが、互いの立場を理解できるという意味では大変意義のある研修会となっています。

(2)帯同審判員のサポート
 千葉県の女子2部リーグでは、主審のみ千葉県FAが派遣し、副審はチームの帯同審判員で運営されています。派遣審判員だけでなく、帯同審判員も現場で疑問が解決できるようなサポートができればと、今シーズンより一部の試合にインストラクターを派遣しています。

終わりに
 サッカーの発展には審判員の育成は欠かせません。良い審判員の条件は人によってさまざまだと思いますが、競技規則の範囲内において、より共感を得られる選択ができるような審判員もその条件の一つではないでしょうか。一方向から物事を見るだけでなく、さまざまな角度から物事を考えられるような環境が日常にあることが大切であり、そのために重要な一つとして、「技術関係者との密な連携、協調」が挙げられます。JFA、そして千葉県FAとして、女性審判員のさらなる向上を目指し、技術関係者の皆さ
んとの協調をさらに強めていきたいと思います。




--- 連載 ここまで ---



molten(モルテン) サッカー用 立体作戦盤 SF0080
モルテン(molten) (2012-03-29)
売り上げランキング: 43,911





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2019年度更新手続きはお済ですか?


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



約1ヶ月前に、2019年度用の更新手続きの申込期間について案内をUPしましたが、皆さん手続きはお済ですか?



更新手続きの申込期間は、2019/01/15 ~ 2019/02/28 となっています。(所属されている都道府県協会によって異なっている可能性がありますので、各自ご確認ください。)



申込期間は、あと1週間です。忘れていた方は、今日明日中にもお手続きをどうぞ。



ちなみに、支払いに関してはクレジットカードも利用することができますが、費用を少年団などが負担してくださる方は、領収書が発行される「コンビニ払い」を選択されることをお薦めします。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2019シーズン開幕記念?


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



Jリーグをテーマにした漫才が2本、Jリーグの動画サイトにUPされています。臨場感(?)を持たせるためか、極端なステレオ録音になっているようです。イヤホンなど片側だけで音声を聞く場合は、相方の声が聞き取りにくいので、ご注意を。









T T兄弟ならぬ、JJ兄弟も。



この映像は、予定されていた企画だと思われます。



で、JJ兄弟の直撃を受けた大久保選手が・・・










にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ファウルと不正行為の判定(その71)


本日は、ファウルと不正行為の判定問題です。



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



この問題(その71)が、ファウルと不正行為の判定の問題の最後の問題です。



映像をご覧になって、正しい再開方法と懲戒罰の組み合わせを選んで回答を入力してください。審判資格の有無にかかわらず、どなたでもご参加いただけます。回答入力後にバナークリックのご協力もよろしくお願いいたします。




(ファウルと不正行為 問題71)

1)No Foul + No Card
2)Indirect Free Kick + No Card
3)Indirect Free Kick + Yellow Card
4)Indirect Free Kick + Red Card
5)Direct Free Kick + No Card
6)Direct Free Kick + Yellow Card
7)Direct Free Kick + Red Card
8)Penalty Kick + No Card
9)Penalty Kick + Yellow Card
10)Penalty Kick + Red Card






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← バナークリックがお済の方のみ、スクロールして正解をご確認ください。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 正解をご覧になる前に1回だけで結構ですのでクリックしてくださいますよう、お願いいたします。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ




FIFAの示す考慮項目
1)チャレンジする際、競技者が注意を払わずに行動しましたか?
2)相手競技者は危険な状況に置かれていますか?
3)競技者はチャレンジの際、どの程度の速さや強さを用いましたか?
4)競技者は身体のどの部分を使って接触をしましたか?
5)相手競技者のどの部分に接触が行われましたか?



FIFAの解説
緑の4番は、相手競技者を無謀にけっている。反スポーツ的行為。

(競技規則の関連文章)
◦ 無謀とは、相手競技者が危険にさらされていることを無視して、または、結果的に危険となるプレーを行うことであり、このようにプレーする競技者は、警告されなければならない。



ということで、正解(FIFAの決定)は、
6)Direct Free Kick + Yellow Card
です。



この記事は、
WV Soccer Association Referee Program (West Virgina Soccer Association)
のサイト内の
Videos 66 - 71 >>
を参考にして作成しています。



molten(モルテン) レフェリーグッズ ホイッスル ドルフィンプロ 黒 WDFPBK
モルテン(molten) (2011-08-24)
売り上げランキング: 1,141





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

Jリーグジャッジ「リプレイ」VAR編(その1)&(その2)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2019シーズンも、Jリーグジャッジリプレイは継続するようです。
\(^o^)/



今シーズンの第1回は、VARに関するもので、2本の動画がUPされています。今回は原さんと2017シーズンで1級審判員を引退された扇谷健司さんです。



最初の映像のほうでは、レフェリーとVARの具体的なやりとり(日本語!)の映像が収録されています。2つ合わせて30分弱あります。



まずは1つめの映像。

これを見ればすべて分かる。VARを徹底解説!原 博実&上川 徹がJリーグの気になるジャッジを徹底解説!【Jリーグジャッジ「リプレイ」VAR編(その1)】


ここで、私がとある信頼できる筋から聞いた情報を補足しておきます。VARがチェックを行っている部屋は、「無音の状態」らしいです。スタジアムの場内の音などに心理的に影響されないような環境にしているそうです。もちろん、審判団とのやりとりを行うコミュニケーションシステムから、多少の音は漏れ伝わってくるとは思いますが。




それでは、2つめの映像です。

これを見ればすべて分かる。VARを徹底解説!原 博実&上川 徹がJリーグの気になるジャッジを徹底解説!【Jリーグジャッジ「リプレイ」VAR編(その2)】




VARとは?
 VARの対象となる事象は、①得点か否か、②PKか否か、③退場(2枚目の警告を除く)、④人間違い(主審が反則を犯した選手を間違えて他の選手に警告や退場を命じる)の4つに限定されています。これらの事象における「はっきりとした明白な間違い」に加え、乱暴な行為や唾吐きなど退場に相当する「重大な事象が見逃された」という場合にのみVARが使用されます。VARの目的は「判定が正しかったか?」ではなく、「判定がはっきりとした明白な間違いであったか?」を問うものであり、「ベストな判定」を見いだすものではありません。
(テクニカル・ニュースvol.85より。過去記事参照。)



☆ 関連記事 ☆

「Howard Webb 氏による VAR セミナー」

「VARがチェックしている間に反対側チームが得点したら ・・・ Play of the Week 2017 Week 20」

「へぇ~、ペナの内か外かの判定の場合、いちいちレビューエリアに見に行かずVARからの伝達だけで済ませるんですねぇ ・・・ Play of the Week 2017 Week 25」

「VARと主審の判定(テクニカルニュースvol.85より)」

「ビデオアシスタントレフェリー(VAR)について」

「FIFAのVARシステム説明」









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆