FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2019/09/15) 主審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、所属する地区の協会から派遣されて、1種(社会人)の都道府県リーグの試合を1本担当。試合時間は90(45-15-45)分。



副審は、対戦チームとは別のチームの方々2名。試合前にある程度打ち合わせすることができた。



試合開始時間が近づいても、両チームともロッカーアウトしてくる気配がないので、5分前に笛を吹いて招集をかけても、急いで本部前まで来てくれる気配がない。



仕方がないので、メンバーチェック中に両チームのキャプテンとコイントスをしてエンドを決定。その後のセレモニーも対面式(昔の選手権方式???)で時間短縮。



折角の対面式なので、

「私(主審)からのお願いです。まずはご自身がケガをしないプレーを心掛けてください。そうすれば、相手選手をケガさせてしまう可能性は限りなく減少しますので。それから、副審の方々とは試合前に入念に打ち合わせを実施してサポートしてくださるようにお願いしていますが、あくまで最終決定は主審である私が行います。副審がフラグアップしても(主審である私が吹く)笛が鳴るまでプレーを止めないようにお願いいたします。」

というようような感じの内容を伝え、「前の方2~3人と握手をして挨拶してください。礼。」といってセレモニー終了。



試合中の主な出来事。

カードの提示はなし。カードを検討するようなシーンもなし。対戦した両チームとも、非常にフェアにプレーしてくれた。特に、私がゴールライン際の判定(レフェリーサイドで副審からはほとんど見えていない状態だった)を「コーナーキック」とジャッジし、守備側チームの多くの選手からクレームを受けたものの、クレームを受けたからといって判定を変えることができないため、「私には、最後に守備側選手に当たってラインを割ったように見えたので、(判定が間違っていたなら)申し訳ないけれどコーナーキック。」と伝え、判定を変えない姿勢を貫こうとしていると、攻撃側の当事者の選手が、「レフェリー、相手選手にボールは当たってないよ。ゴールキックだよ。」と攻撃側の味方選手にも聞こえる大きな声で申し出てくれたので、遠慮なく判定を変更させてもらった。

素晴らしいFair Play。4種ならグリーンカード。(胸ポケットに入れていなかったので出せなかったけど。)



本当に感謝。



山善(YAMAZEN) 宅配BOX SPB-1 ホワイト
山善(YAMAZEN)
売り上げランキング: 6,109






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

『【Jリーグジャッジリプレイ番外編】ビデオアシスタントレフェリー特集!』 がUPされました!


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



まだご覧になっていない方は、ぜひ1度ご覧ください。



このブログの熱心な読者さまは、扇谷さんの「APP」と言う言葉を、ひっかからずにそのまま聞き流せたはずですが・・・(笑)。



APP( = Attacking Possession Phase)
The point at which the attacking team advanced which the ball towards their opponents' penalty area and at which a clear forward / attacking phase of play starts.

という文章を、

5月8日付けの過去記事 「Inside Video Review: MLS Week 5(2019)」
で紹介して以降、もう何度もこのブログ上で出現させていますから。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

Inside Video Review: MLS Week 23 (2019)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ





上記映像の元記事は、米国プロ審判協会のこちら
WATCH // Inside Video Review: MLS Week 23



1つめの映像は、先日の「(問題)このゴールは認めるべき?それとも認めない?」 の記事で紹介した映像ですので、省略します。



2つめの映像について。いわゆるハンドオフ系の反則。争点に入ろうとしている、あるいは既に争点に入っている相手競技者をあらかじめ押しておいて自分が優位にプレーしようとするのは、反則です。この反則は、「ボールの出所とボールの納まり所の両方を同時に見る(※)」ということを常に意識していないと見落としがちになる反則です。

※ボールの出所で行われる可能性の高いアフター系の反則と、ボールの納まり所で行われる主に手の不正な使用となる相手競技者をあらかじめ押したり押さえておくような反則の、両方が行われる可能性があるということを意識して、その両方(ボールの出所と収まり所)を同時に視野に入れるようなポジショニングや身体(主審自身の身体)の向きで対応させることが重要になります。



3つめの映像の話は、ちょっとややこしいです。まず、コーナーキックが行われて、守備側選手が倒されてボールをプレーする機会を不正に奪われたと判断した主審が笛を吹いたのとほぼ同時にボールがゴールに入ります。VARは攻撃側チームの反則はなかったと判断し、主審にビデオレビューを確認することを推奨し、主審もファウルはなかったことを確認します。そこで次は主審の笛が、ボールがゴールに入る前だったのか後だったのかという問題になります。VARは笛はボールがゴールに入った後(ボールがゴールに入った時点で主審は笛を口に当てていなかった)ということが確認されて、得点が認められました。



4つめの映像について。

競技規則 2019/2020 第12条 ファウルと不正行為

ゴールキーパーがボールを手でコントロールしていると判断されるのは次のときである:
◦ ボールがゴールキーパーの両手で持たれているとき、または、ボールがゴールキーパーの手と他のもの(例えば、グラウンド、自分の体)との間にあるとき、ボールに手または腕のいずれかの部分で触れているとき。ただし、ボールがゴールキーパーからはね返った、または、ゴールキーパーがセーブした場合を除く。
◦ ゴールキーパーが広げた手のひらでボールを持っているとき
◦ ボールを地面にバウンドさせる、または、空中に投げ上げたとき

ゴールキーパーが手でボールを保持しているとき、相手競技者はゴールキーパーに挑むことができない。


ゴールキーパーが両手で持ったあと、攻撃側競技者が挑んだ、という判断ですね。



これらの4つの映像については、米国プロ審判協会の別の独立した記事
The Definitive Angle: MLS Week 23
でも触れられていますので、ぜひそちらもご覧ください。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

[アディダス] リュック EPS 2.0 バックパック 40L がお得な価格になっているようです。


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



9月に入りました。これからは審判活動時に荷物がだんだん増えます。で、タイトルのバックですが、40Lの容量があるので、結構入ります。




2019年05月04日付け記事
「[アディダス] リュック EPS 2.0 バックパック 40L FST61 という商品」 で詳しく紹介しましたが、その時の記事を転載しておきます。


--- これより転載 ---


昨日紹介した、aidas のリュック。一昨日の夜注文して、今朝届いたので、写真をUPしておきます。(クーポンの期限が5/7までなので、ちょっと早めの更新。)



開封状態。

adidas_ruck_sack_001.jpg



購入の決め手となった、広い開口部。かなり下まで開きます。

adidas_ruck_sack_002.jpg



最下部に、メインコンパートメントとは異なるシューズ用コンパートメントがあります。

adidas_ruck_sack_003.jpg



ただ、メインコンパートメントの床面は薄い布1枚なので、使う場合は工夫が必要かも。

adidas_ruck_sack_004.jpg



メインコンパートメント内にアシスタントレフェリーフラグがすっぽり入ります。

adidas_ruck_sack_005.jpg



メインコンパートメントのカバーの裏側の収納はメッシュ素材。(外側にも収納があります。)

adidas_ruck_sack_007.jpg



バッグの外側の横のポケットには、競技規則がちょうど収まるサイズのポケットが左右に1つづつあります。

adidas_ruck_sack_008.jpg



ある程度荷物を入れれば、バックは簡単に自立します。

adidas_ruck_sack_009.jpg


--- 転載ここまで ---



 ←とりあえず今なら「アディダスフェア特別クーポン」(5%OFF)も使えるようですよ~(amazon 直在庫分)。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ホンダ車用のクリップ 【ノーブランド品】プッシュ型 クリップ リベット ナイロン製 ホンダ 91503-sz3-003用 30個


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



サッカーのビデオクリップではなく、車のクリップのお話です。



先日、車のボンネットを開けてみると、フロントグリルの上部を固定しているはずのクリップが3つ外れていて、1個しかついていないことが判明。

clip_010.jpg clip_020.jpg



何か力が加わった?バンパーの下を擦った?と思い返してみるものの、思い当たる記憶はなし。



ディーラーにお願いすると、1個100円くらいになるらしい。(あくまで伝聞推量)



古い車なので、まだまだいっぱいクリップが外れているところがありそう、ということで、ネットで30個購入。

clip_030.jpg

とっても安いのですが、中国から郵送されてくるので、忘れた頃に届くような感じです。



更に、ショップによっては「違うもの」が送られてくる可能性もあるようです。事実、私も最初に購入したショップからは、別の商品(役に立たない商品※)が送られてきました。



※マイナスドライバーを差し込むへこみが無いだけなら許せたのですが、径が細くクリップがフロントグリルの穴から抜けてしまうシロモノでした。



とりあえず、2回目にチャレンジした「STKショップ」というショップからは正しい商品が送られてきました。




ご参考まで。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

Inside Video Review: MLS Week 22 (2019)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






上記映像の元記事は、米国プロ審判協会のこちら
WATCH // Inside Video Review: MLS Week 22



1つめの映像。主審は、ボールをコントロールできる可能性が低かったと判断して、レッドカードではなくイエローカードを提示しましたが。ゴールからの映像では、攻撃側競技者はボールをコントロールできる可能性が高かったことが推測された、ということで、「手で相手競技者を押さえたことで、相手チームの決定的な得点の機会を阻止したとして、レッドカードになりました。



2つめの映像。守備側競技者は、ボールに触れることなく(あるいはボールに笛っる前に)相手競技者に接触をして、プレーを妨害しています。決定的な得点の機会の阻止に当たるのですが、ボールをプレーしようとして反則を犯しているので、「PK+警告」となりました。(主審は、当初ノーファウルとしてプレーを流しています。)



3つめの映像。守備側競技者が自陣ペナルティーエリア内でハンドリングの反則を犯しているように見えますが、実は攻撃側競技者によってシャツを引っ張られていたために、ボールを手で扱ってしまった形になりました。従って、主審は守備側チームの直接フリーキックで再開しました。



4つめの映像。至近距離から跳ね返ったボールが守備側競技者の腕に当たっているのですが、守備側競技者の手や腕は不自然な位置で、守備側競技者を不自然に大きくしているので、アウト(PK)です。



これらの4つの映像については、米国プロ審判協会の別の独立した記事
The Definitive Angle: MLS Week 22
でも触れられていますので、ぜひそちらもご覧ください。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

日本代表 vs ミャンマー代表(2019.09.10 FIFAワールドカップ・アジア予選 2次予選)の公式記録ほか 


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



Jリーグの日本代表のサイトはこちら




取り急ぎ、イエローカードの理由のみを簡単に。(のちほど、いろんな情報を追加しておくつもりです。)



アフマド イブラヒム 主審が提示したイエローカードは2枚。



前半19分12秒付近。

ミャンマー代表5番(ナンダ チョー選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー。日本代表21番(堂安 律選手)に対するタックルが「無謀に」行われた、という判断(アドバンテージの適用あり)。




前半27分 秒付近。

ミャンマー代表7番(ゾー イェートゥン選手)に出されたイエローカードも、ラフプレー。日本代表15番(大迫 勇也選手)に対する後方からのタックルが、「無謀に」行われた、という判断。




FIFAのサイト

AFCのサイト

日本協会のサイト

う~ん、日本協会のサイトの内容がしょぼい。



[カシオ] 腕時計 スタンダード W-735H-1AJF ブラック
CASIO(カシオ) (2014-10-17)
売り上げランキング: 213






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

(問題)このゴールは認めるべき?それとも認めない?


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



米国プロサッカー協会の映像を借りて、出題します。下の映像をご覧になり、回答を入力ください。




(問題)黒チームの得点を
1)認める。
2)認めない。

なお、黒チームにオフサイドの反則はありません。(要するに赤の選手が倒れたことに対して、どう考えるべきか、という問題です。)







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← バナークリックがお済の方のみ、スクロールして正解をご確認ください。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 正解をご覧になる前に1回だけで結構ですのでクリックしてくださいますよう、お願いいたします。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ



それでは、正解です。

正解は、
「2)認めない。」
です。



皆さん正解を選ぶことができましたか?



米国プロ審判協会は、「接触は意図的なものではなかったが、不用意に相手競技者を躓かせていて、その相手競技者が躓いたことで、マークが外れ、躓かせた張本人である攻撃側競技者がリターンボールに対してフリーな状態で走り込むことができ、ボールをゴールに押し込むことができた。」というような感じの見解です。



上の文章は、米国プロ審判協会のこちらの記事に記載があります。



一応、元記事から関係する部分を抜粋しておきます。

PRO’s Decision: This action, which was off-the-ball and had not been seen by the on-field officials, was almost certainly unintentional; however, it was careless and took Davis out of the play as it caused him to fall, thereby giving Kaye a clear unmarked run onto a return ball from which he scored.

The referee correctly canceled the goal and awarded a direct free kick to New York Red Bulls.



これ、普通ならオフ・ザ・ボールの動きの中での偶発的な接触として、ノーファウルで処理されるような接触です。なので、上の映像でもレフェリーはそのままプレーを流していますが、VARがAPP(Attacking Possession Phase)が継続している中で、接触があり、相手競技者を躓かせたことでフリーになった競技者がシュートを放ったことを確認して、レフェリーにビデオレビューすることを推奨しました。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 今日の記事は参考になりましたか?
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2019/09/07) U8 U7


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日も、低学年(1&2年生)の練習は、体育館で実施。Bコーチと一緒に担当。本日の1&2年生の参加者は、1年生14人、2年生8人。



最初は、体育館の縦の長さを使って、ランニング系。ジョグ、スキップ、2ステップスキップ、サイドステップ、バックステップ、キャリオカなど。しばらくしっかり汗をかかせた後、軽い給水休憩をとって、2人組で手押し相撲。ペアを替えながら、数回戦。そのあと、2人組でじゃんけんをし、負けたほうが少しずつ足を開いて足を開けなくなったり、バランスを崩して手をついてしまったほうが負け。これも数回戦。



続いて、ラダーを使ってアジリティー系の強化メニュー。2年生は単独、1年生は2班に分け、計3つの場所で実施。2年生はこれまで2~3回ほどラダーを使った経験があるのだけれど、1年生は初めてということで、基本的な動きというか、お遊び的なメニューを中心に、じっくり実施。



そのあと、10ヤード四方のグリッドの中で、ボールを動かしながら、笛の数と同じ人数の組を作ったり、長い笛のあとはボール出し(他の選手のボールをグリッド外に蹴り出すゲーム)などをしばらく実施。



最後の練習メニューは、10ヤードの距離で2人で向き合ってボールを蹴るのだけれど、その中央付近を選手たちのパスコースと直交する形で私とBコーチでパス交換しているボールに当てる、というメニュー。



私やBコーチに近いほど有利になるので、ボールに当てた選手が出るたびに、場所を反時計回りにローテーションして数回戦実施。



ミニゲームは、それぞれ学年別に分かれて実施。練習終了、4時5分。







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #25-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #25-2】


2019年9月6日に、Jリーグ公式チャンネルなどにUPされた映像の紹介です。



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



新競技規則ハンド特集①(守備側) 三竿選手はハンド?【Jリーグジャッジリプレイ2019 #25-1】

2019/2020年競技規則で改正があった「ハンドの反則」。ハンドの反則に関する文章が修正され、“意図なく”ボールが手に当たったときに“反則とする”(反則としないのか)場合のガイドラインがより明確になりました。今回は明治安田生命J1リーグ 第25節 清水vs鹿島、FKの壁に入った三竿選手(鹿島)のプレーを題材に、守備側についてハンドの反則について考えます。






新競技規則ハンド特集②(攻撃側) ジェイ選手はハンド?【Jリーグジャッジリプレイ2019 #25-2】

明治安田生命J1リーグ 第25節 神戸vs札幌、CKの流れから混戦の中でジェイ選手がヘディングで押し込んだシーンをジャッジリプレイ。このシーンはジェイ選手に肘でのファウルはなかったか、ハンドの反則はなかったか、そしてゴールラインを割っていたのかについて議論を呼びました。2019/2020年競技規則改正で変更があった、攻撃側のハンドの反則。今回のジェイ選手のようなシーンは新競技規則ではどのようにジャッジされるのか?





「偶発的であっても、手や腕から相手チームのゴールに直接得点する」のは反則、というのは明確でわかりやすいルールになったと思いますが、やはり「手や腕を用いて競技者の体を不自然に大きくした」かどうかの判断は、人によって判断が分かれてしまうということですねぇ・・・。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆