FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
【Jリーグジャッジリプレイ2019 #25-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #25-2】


2019年9月6日に、Jリーグ公式チャンネルなどにUPされた映像の紹介です。



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



新競技規則ハンド特集①(守備側) 三竿選手はハンド?【Jリーグジャッジリプレイ2019 #25-1】

2019/2020年競技規則で改正があった「ハンドの反則」。ハンドの反則に関する文章が修正され、“意図なく”ボールが手に当たったときに“反則とする”(反則としないのか)場合のガイドラインがより明確になりました。今回は明治安田生命J1リーグ 第25節 清水vs鹿島、FKの壁に入った三竿選手(鹿島)のプレーを題材に、守備側についてハンドの反則について考えます。






新競技規則ハンド特集②(攻撃側) ジェイ選手はハンド?【Jリーグジャッジリプレイ2019 #25-2】

明治安田生命J1リーグ 第25節 神戸vs札幌、CKの流れから混戦の中でジェイ選手がヘディングで押し込んだシーンをジャッジリプレイ。このシーンはジェイ選手に肘でのファウルはなかったか、ハンドの反則はなかったか、そしてゴールラインを割っていたのかについて議論を呼びました。2019/2020年競技規則改正で変更があった、攻撃側のハンドの反則。今回のジェイ選手のようなシーンは新競技規則ではどのようにジャッジされるのか?





「偶発的であっても、手や腕から相手チームのゴールに直接得点する」のは反則、というのは明確でわかりやすいルールになったと思いますが、やはり「手や腕を用いて競技者の体を不自然に大きくした」かどうかの判断は、人によって判断が分かれてしまうということですねぇ・・・。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト